かわっていく。

2006年10月31日(火) 0時44分
君と出会って知ったモノ。
ゲームセンターにあるスロット。
どこが面白いのか最初はさっぱり分からなくて、
だけど、ボタンを押す君の手がスキだった。
それを写真に撮ってみたりだとか、ムービーに撮ってみたりだとかして
結構それはそれで楽しかった。
何回もそうやって側でスロットを見てる内に、
私も少しずつするようになって、
やっぱり今でも何が面白いのかはさっぱり分からないけれど、
パチンコよりも、スロットの方が楽しいような気がする。
スロットの北斗の拳の音楽を聞いて、
もう聞きなれている気がして、
私、そんなにスロットに来てるんだと思った。
少しずつ想い出が増えていくのは嬉しい。
でも、君にとっての私はきっとヒマな時に誘えば来てくれる
都合が良い存在なんだろう。な。とか。
記念日だとかはきっと覚えてないのだろうし、
クリスマスとかも何もしなかったりするんだろう。

私も今しか見てないから、
君との未来を考えていないから、
でもだからといって、いつまでこの状態でぼんやりしてていいのかな。
君と出会った時は、君のことをとてもお兄さんだと感じていたけど、
今は昔ほどお兄さんだとは感じなくなった。
多分それは君の無邪気なところだとか、いつも楽しいことを探してるところだとか、
そんなところを見て、だんだんそんな風になっていったのだけど。

信用してないのだ。

2006年10月26日(木) 19時08分
君も私を信用していないのかもしれない。
私が君を信用しきれていないのとおんなじように。
なんだか裏切られたような気がした。
私が言ってるコトはそんなに信用できないですか。
私、そんなに頼りないですか。
別にそれをしてもいいのだけれど、私の目の前でしなくても
良いのじゃないかと思った。
それは少し私の仕事に関係することだから、
余計にイライラした。
君にそのままイライラをぶつけそうになった。
少しずつ、うまくいかない。ようになってきた。
イライラがたまっていく。
多分、それは君もおなじなんだろうけど。
しゃべれない私を見て、イライラするでしょ。
いつもドンくさい私を見て、イライラしてるでしょ。
もう、君が私に接するときは、すごくちっさい子供に接するみたいだよ。
それはとても嬉しく、ない。
対等、は難しいのだけれど、せめてもう少し近づきたい。

シアワセのかたち。

2006年10月16日(月) 19時09分
私、後ろから抱きしめられたり、触れられたりするのがスキ。
だけど、それはあなたからもされたコトで、あの人からもされたコトで、
なんだか君にそうされるのはとても嬉しいのだけれど、昔の記憶が
蘇ってきたりして、ちょっとヘンな気分だった。
だけど、昨日の君は、なんだか付き合う前か付き合い始めの頃の君みたいで
一緒にいて嬉しくて楽しくて、とにかく大事に大事に私をしてくれてる気がして
シアワセだった。
帰る前に、君の胸の上でガラス越しに星を見て、あぁ付き合い始めのころみたいだ、
と思ったりした。
そのときがシアワセだった。


あなたから電話があった。
久しぶりに、ゆっくりと話をした。
あぁ・・この人とならきっとずっと未来も見据えてシアワセになれるんだろうなぁと思った。
何も知らないあなたと話をするのは、心が少し痛んだ。
私との結婚の話をする。
結婚式はどういう風にしたい?
何の曲を流したい?
その話をするのはとても楽しくて、想像もいっぱい膨らんで。
まだ先のことだから、どうなるのかはわからないけど、
たとえばあなたが卒業して働くようになって、
そうなったときに私はどうするんだろう。


正直、今はまだそこまで考えていない。
考えようともしてない。
純粋なころに戻りたい。
今の私は、きっと昔の私から見れば、
とても最低なヤツに見えるんだろうなぁ・・・。

なんだかなー

2006年10月12日(木) 20時26分
なんで君の周りはいつも女の子の影があるの?
まぁそれがイヤなら離れれば良いんだって言われそぅだけど…
嫌いになる方法を教えてほしい。
君に魅力なんて無ければいいのに。

今日ほんとに帰ったら君から連絡あるのかな。
とか疑ってしまう…

けっこん。

2006年10月12日(木) 2時04分
大学のときの仲良しの友達が結婚して。
結婚式もとてもとても良くて、かわいくて。
それを見てたら、私まで結婚したくなってきて。

イロイロ考える。
君と結婚はとても考えられなくて、
それは経済的な面だとか、身体のことだとか、仕事のことだとかで。
でもスキだから離れたくもなくて。
だけど私も早く結婚したい。
誰と、と聞かれたら、たぶん、相手として考えるのならあなたとなのだけれど、
今私の気持ちのほとんどが君へ行ってしまっているから
あなたとの結婚が浮かんでこなくなってしまった。


友達がシアワセオーラを放ってて、
それがとてもとてもうらやましい。
私もシアワセになりたいよ。
もちろん、今もシアワセなのだけれど、
夢に見てるシアワセは、私にとっては今はきっと結婚だから。
結婚、というか、結婚式をしたい。
皆に祝福をされたい。
ウェディングドレスを着たい。

いろいろ。

2006年10月12日(木) 0時15分
香川に行ったときのビデオをもらった。
ハンディカムでずっとビデオを撮った。
とてもとてもいい思い出。になった。と思う。
ビデオの中の私はとても楽しそうで、
君も楽しそうに見えて、
あーシアワセそうだなぁ、と自分で思った。
そんな毎日が続けばいいのに。

君が求めているもの。
新鮮なこと。
楽しいこと。
わくわくすること。

私が求めているもの。
変わらないもの。
平穏なもの。
だけど楽しくてわくわくするもの。

少し、ずれているけど、それでも進める限りは一緒の方向を
見ていけたら、と思えるようには、なった、気がする。


今日は、君のバイクで海へ行った。
なんとかうまく息も吸えるようになった。吐けるようになった。
そしたらバイクの後ろから見る景色も眺めれるようになって、
なんだか楽しかった。
風を感じれるから、いつも走っている道も全然知らない道みたいで、
楽しかった。
また乗せてね、と伝えたら、いいよ、と言ってくれた。
ほんのささいなことだけれど、それでもうれしかった。

珍しく、今日で会うのは3日連続。
珍しく君が友達と会わなかったから。
それはたまたま今回だけなのかもしれないけれど、
それに少し感謝。したい気分。


でもひとつ気になったこと。
病院についていったときに、「重症」ってなっていた君の病気。
来月は精密検査、らしい。

違う

2006年10月08日(日) 14時20分
昨日の夜はマクドで話をした。
前の彼女と別れたのは3年前だと君は言った。
だとしたら君が連絡をとっている女の子はその間に知り合ったのだろうし、私と知り合う前だったとしたら私にそれを嫌だと言う権利はない。気がする。
価値観、考え方、相手に求めるもの。
そんな話をした。
私とは違いすぎるのだと思う。
一人の人にまっすぐその人だけを想う、とか君はそういう人じゃない。
もっとぼんやりしてて、私に対しても好きとか強い気持ちはなくて、私に対して束縛もしないし、私はただ時間がある時に一緒に暇つぶしする相手のような気がする。
付き合ってからは好きだと君から言われたかな。とかふと考えた。
だからきっと私は不安になってしんどくなるのだろうし、君のコトばかり考えてしまうのだと思う。
もっとラクに考えられたらいいのに。
そうなれるようになりたい。

会いたい。

2006年10月07日(土) 13時12分
連絡なーい。
信じれないけどなんとか信じようとしたのに、また信じれない方向に気持ちが向かってる。
今日だめだ。
今日会いたい。
けど君は友達と会ったりするんだろうし、あのコとも連絡をとったりするんだろうし、とか思い始めるともうだめ。
会いたいよぅ。

見てしまった

2006年10月06日(金) 17時43分
こっそり見てしまった。
別に履歴を消していないから隠すつもりはナイのかもしれないけど。
着信も発信もどっちにもその子の名前があった。
私には電話してない日にその子に電話してた。
このあいだ私のことを間違えて呼んで、それはその子だと今日分かった。

間違えた名前がまさにその子だったから。

きゅうけい

2006年10月06日(金) 17時28分
うどん巡りで香川にきてます。
君が隣りで寝てるから、起きるまで待ち中。
朝5時から今までいっぱい運転させてしまったから疲れたよね。
ごめんね。
でもおかげで、いい思い出になったよ。
君とは初めての遠出だしもう帰るのが嫌になるくらい。
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:y-82
読者になる
Yapme!一覧
読者になる