日常生活の中で可能な 

2016年04月18日(月) 20時57分
毎日 、変化のある食生活をキープ し、生活習慣 への意識の基準 を高めることです。 統計 によると、日本人 の死亡原因の2位が心疾患 ですが、その中でも多いのが心筋梗塞です。

特に 成人病 に影響が大きいのが、食べ過ぎと運動不足だから 、食生活 とスポーツ をチェック するとよいです。 ところで 近年 は、高脂血症は脂質異常症と呼ばれるのが一般的 ですね。

あと 喫煙 は、肺がん、食道がん、喉頭がん、膀胱がんなど 、多く の悪性腫瘍 の最も大きい 原因 のひとつとなります。 煙草 は悪性新生物 の発病 や動脈硬化の促進 に関連 したり、近頃 増えつつある慢性閉塞性肺疾患(COPD)の最も大きい ファクター です。

たいていの場合 過食や運動不足は日常的に 続くと、内臓脂肪が体内 に蓄積されて、要するに 、メタボリック になります。 生活習慣病 の要因 として遺伝や老化 等 がありますが、それらよりもやはり成人病 の主だったファクター は日ごろの生活環境 ですね。



ただ 意気消沈 することに、医療 が飛躍 しても多種多様な 根拠 から、成人病 予備軍と呼ばれるひと の数は上昇 する一方なのです。 できれば 日常生活の中で可能なシンプル なセルフチェックの手法 を一考 しましょう。

それと、食べ物 が正常 でなくきちんと してなかったり、あるいは 肥満であると、高血圧症になるリスク が増加 します。 それはそうと 多食 と疾患 がどの程度関連 しているかは、様々な 統計 を見るとたいていは 明らかです。


目の健康にも気を使ってほしいですね。