レーザーポインターの到達距離

January 08 [Thu], 2015, 16:27
これは面白い事に各社バラバラで、『一番の曲者の仕様値』です。基本的に到達距離は波長と出力によって決まります。グリーンレーザーポインターと言う同じ波長であれば、基本的には出力が同じであれば到達距離は変わらないのです。それなのに面白い(迷惑な)もので、短いところでは50m、最大では1,000mと謳っている販売元もあり、何と、その差は実に20倍です!ある日、某量販店で店員に尋ねた所、「このタイプは、こちらよりも4倍見易いですよ。」と言われたので、「何が違うのですか?」と尋ねてみました。


201501081


すると、「ほら、こちらのは到達距離200mと書いてありますが、こちらのは50mだけなので、4倍見易いのです。」と説明されてしまいました・・・。この『到達距離』と言うのは、明確な基準が無い為、『言った者勝ち』と言うのが現状です!どんな環境下で、どんな対象物に対し、どんな風に見えなければならないかと言う基準が無いので、「やった!到達したっ!!!」と言い切ってしまえば良い訳です。その為、これは『目安』とだけ考え、各社の仕様値を取り揃えて比較しても、結局は時間の無駄と言わざるを得ません。実際の目安として、普通のブルーレーザーポインターであれば真っ暗闇な暗室では100−200mは余裕で届きます。周囲の明暗の環境以外で差が出るのは、当てる対象物次第ですね。勿論、見る人の目の性能によっても異なると言う事実もお忘れなく。


ビーム径これも各社まちまちです。ビーム径は小さければその分、単位面積辺りは明るくなります。しかし、あまりにも小さ過ぎると、大きさとしてちょっと見辛くい事ってありませんか?・・・かと言って大き過ぎると、単位面積辺りがその分暗くなるので、高輝度のプロジェクター相手だと見辛くなってしまう場合がありえます。また、ここで忘れてはいけないのが500mW赤色レーザーポインターの光は絶対的に真っ直ぐな平行光では無く、幾らかの『ビーム拡がり角』があると言う事です。


それ故、3mの位置と10mの位置ではビーム径が異なるのが当たり前って事実、知っていましたか?レーザーは普通の光と異なり拡がり辛いのですが、拡がらない事は無いと言う事は知っておいてください。使い勝手や好き好きにもよるのですが、3mの距離で5mmほどのビーム径が適当なところでは無いでしょう 。


  • URL:https://yaplog.jp/xinran/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。