出会い ご縁 思い出

December 01 [Sat], 2007, 15:40
昨日は職場の研修で、旅行セミナーに行った。
内容は興味深く、つい最近まで、この業界にいた私としては、
思わず、頷きながらメモをとったが、今の仕事にはそれほど関係ないかも。
私、やっぱり業界に未練があるのかしら?

会場で、懐かしい人を見かけた。
10年位前に、大手旅行社でツアーの手配をしていたSさん。
添乗員の間では手厳しいと言われていた人だが、
私はあまりそういう印象はない。
でもたった一度だけ、チクリとやられた記憶がある。

色々不運が重なったツアーだった。
提供すべきツアーの内容が一つも提供出来ず、
現地ガイドは遅刻して現われ、責任を放棄して途中で逃げやがった。
代わりのガイドはいなくて、現地旅行社の責任者がお詫びに来た。
事前に「人数が多いから」と旅行社にリクエストして
スルーガイドをつけといて良かったよ。
42名のお客様の半分以上が、下痢をして、
そのうち一人は僻地のヤブ医者に「盲腸だから今すぐ手術」と言われ、
危うく開腹されるところを、医者を押しとどめて、首都まで連れ帰った。
結局盲腸じゃないし。
一連のトラブルの指示を仰ごうと、旅行社の現地の支店長に電話したら、
自分では判断がつかないとか抜かしやがるし。役立たず

ついでに言うと、帰国後、1週間後くらいに、ツアー参加者に、
今度は本当の赤痢患者が出て、添乗員の私を含む参加者全員43名が、
保健所で法定伝染病の検査を受けたという、オマケまで付いたツアー。

このツアーのトラブルは多すぎるから、
話し始めたら、愚痴も含めてきっとエンドレス。
忘れられないわ。まったく。

そのツアーの時、お客様のクレームを回避する為に、
私は現地で、金で解決するという手段を取った。
私は、添乗員に預けられる仮払金を全額使い果たした上、
更にマイナスにして、その代わりクレームは持たずに帰国した。

そんな私に、担当のSさんは
「あなたほどの添乗員がここまでお金を使うのは、余程の事なのでしょうね?」
と言った。
とても冷たく感じた。
Sさんは、金を使わずに解決出来なかったのかと私に問うたのだろう。
まだ、私が中堅添乗員だった時の話。

後になって、「派遣添乗員が、仮払金をマイナスにして、
差額を会社に請求したのは、その会社始まって以来初めての事」だと、
派遣会社のアサイナーに、言われた。
しかし、私は咎められもしなかったし、差額の数万円もその場で支払ってくれた。
仕事のアサインはその後もあった。

そのSさんが、昨日のセミナーで2列前の席に座っていたので、休憩時にご挨拶した。
Sさんは、10年も前のたくさんいた中の、一添乗員の私を覚えていて下さった。
私は「その節は大変お世話になりました」と、お礼を述べ、
Sさんは、異動された近況などを少し話した。
もちろん、その仮払金の話は、これっぽちもしなかったけどさ。

思いがけないところで、懐かしい人に会うと、
ずっと心の奥にしまっていて、
普段余り引っ張り出した事のない思い出が飛び出してくる。
過去に囚われるのは良くないけど、たまに引っ張り出して浸るのは、良いかも。
そんな事を思うなんて、私も年を取ったな。

夜は同期入社の25歳の女の子と2人で飲みに行った。
すっかりタメグチで、私も25歳になったよう???
同日入社は2人しかいないのに、私が彼女に全然話しかけないから、
彼女は気にしていたそうだ。
ごめんね。私は、自分から人に話しかける事は苦手なので、滅多にしないんだよ。
でも楽しく飲んで、すっかり意気投合。

今、この瞬間から未来までも大切にしなきゃね。
過去も現在も、全て未来に繋がる私の歴史だから。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

きのう、色気提供する?

by BlogPetのたんぽぽ December 04 [Tue], 2007, 10:05

anmimiさん
添乗員なら誰でも、必ず「武勇伝」と言いたいツアーに遭遇してるよ。
トラベルの語源はトラブルだからね。
でもこのツアーは、私が添乗したツアーの中でも、
上位3位にランクインする大変さだった。
そうそう、中国・内蒙古のツアーだよ。

金で解決したくないけど、せざるを得ない場合もあるね。
特に、ツアー内容の提供が出来ない場合、
旅行社は帰国後にお客様に対して、その度合いに応じて、
旅行代金の数十%を賠償しなければいけないという法律もあるの。
法律違反をして、帰国後に42人のお客様に賠償するよりは、
現地で金を使う方が、安くつくと私は判断したのね。
幸い、法律内で許容されるツアー内容を辛うじて提供したし、
クレームもなかったから、旅行社も許してくれたんだろうけど、
もし、これでクレーム持ち帰っていたら、
仮払金も自腹でと言われたかもしれないし、
その後の私の添乗員人生はなかっただろうな。

そう、人に話しかけるのは、確かに面倒くさいの。
悪気は全然ない。
若い子に限らず、誰でも話しかけてくれたら、親しく出来るんだけど。
ものぐさになってるねー。

by しゃお December 02 [Sun], 2007, 12:34

そ、そんなすごいツアーを経験したの!?それって中国だよね?どこ行った時?私ならそんなことになったらパニックっちゃってきっともっと悲惨な結末になるわ。しかもお金で解決するなんて方法があるんだ・・・やっぱ私のような機転の利かない奴は添乗員は無理だなあ・・・
25歳くらいの子になかなか話しかけづらいというのは分かるわ。若い子にしたら結構ビクビクもので、話しかけられたらすごく嬉しいんだと思う。自分も若いときはそうだったから。でも今になると、単にめんどくさいとか、どっちでもいーか、とか悪気はなく思ってるだけなんだよねー。

by anmimi December 02 [Sun], 2007, 9:10
P R
月別アーカイブ
free counters
Free counters
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:しゃお
読者になる
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31