日記

December 04 [Sat], 2010, 21:45
前向きとかよく言われるけどそんなんじゃない。めちゃめちゃネガティブや。ただ生きているだけ。また自由に飛び回ることを夢見て信じて。絶対なりたくなかった。体が動かないという今。そんなんポジティブになれるわけないやん。遊び、恋、仕事。何か別のもので補うようにしても必ず体のことがいて回ってくる。なにもかも物足りない。物理的には歩くこともできない。大好きなバスケットもサッカーもできない。ご飯を自分で食べることができない。排せもできない。起き上がることもできない。外に出て星空眺めることもできない。マスターベーションができない。好きな女を抱き締めることもできない。手をなぐこともできない。なにより悲しいのは体の感覚が肩から下がくらいないこと。単純な生きている感覚がえにくい。精神面でも、やっぱり、障害を持と自分の見方も他の人の見方も変わる。それでいなくなった友人もいる。友人に紹介されなくなったりとか、恋人ができても友人に紹介してもらえないとか、親に紹介してもらえないとか、自分を認めてくれてないわけではないけど、障害というものが、障害になる。その言葉そのままなのだなと思う。でも、悪いことばかりいてはない。国、家族、友人に恵まれていることに気づかされた。受傷したときは、病院にそれまでと全く変わらない感じで顔見に来てくれたり。動けないもどかしさから友達にあたって、自分から縁を切ったのに落ち着いてから、前と変わらないように仲直りしてくれたり。連絡くれたり、相談してくれたり、相談にのってくれたり、遊びに来てくれたり、遊びに行くのにきあってくれたり、新しい友達を連れて来てくれたり、結婚式呼んでくれたり、子供が生まれたら連れてきてくれたり、心配してくれたり、治療法の記事があったら教えてくれる。当たり前なことが、当たり前じゃなくなって、自分の中では何もなくなって、すごく悲しくて、すごくらくて情けなくて。自分の存在価値というものがないのではないかと思う。そんな自分。それでも自分を認めてくれる。そんなうれしいことは他にはない。なのに自分の存在価値を認められない、あれから度も。毎日、どうにもならない現実に押しぶされてこの命が終わったらいいのにと思ったりする。だからといって終わりにしたいわけじゃない。ただただ、以前のように動けるようになりたいのだ。そして、大好きな仲間と家族と大切な人といきたいだけなのである。そのために未来を信じて生きる。ただただ生きる。唯一自分でできることがあるこうやって削除パソコンで文章を書いたり、いろいろできることかなパソコン作った人。声で動かせるソフトを作った人はまじ天才。偉い感謝。こうやって何かを自分ですることができる。やりたいことがあるけど勇気がなくてできない人。やりたいこともない人、やりたい仕事がない人は何でもいいからやった方がいいと思うぞ笑できなくなってから、では遅いから。何を偉そうにってね。笑あ早く自分で何でもやりたいなーあすっきりした。笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xfo3ehkwov
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/xfo3ehkwov/index1_0.rdf