ホームレス支援施設が開所へ=地域も応援「きずな回復したい」−福岡(時事通信)

April 30 [Fri], 2010, 13:37
 ホームレスの自立を支援する拠点施設「抱樸(ほうぼく)館福岡」が5月1日、福岡市東区に開所する。運営に協力する特定非営利活動法人(NPO法人)北九州ホームレス支援機構(北九州市)理事長の奥田知志牧師(46)は「地域の理解と応援を得た全国でほとんど例のない施設。人間関係から疎外されている人を支えるきずなを回復していきたい」と話している。
 施設は、社会福祉法人グリーンコープ(福岡市)が事業主体となり、同機構の全面協力を得て運営。定員は81人で、すべて個室(うち女性用6室)だ。
 入所期間中は3カ月以内の就職決定を目指し、面接指導などの自立支援プログラム、債務整理の基礎知識などの各種セミナーを受講できる。入居費は3食付き受講料込みの9万1000円で、生活保護費から支払ってもらう。
 スタッフは生活相談員や調理員など約18人。4月下旬には住民が開所祝いに桜の苗木を贈呈、職員と一緒に敷地内に植えた。
 奥田さんは「地域の方々は『困窮者のふるさとに』と受け入れてくれた。自立することを視野に入れて、国や地元自治体などとも連携していきたい」と話している。 

【関連ニュース】
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か
生活保護受給者に薬物入手依頼か=ネット転売、立件へ
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か
背後に覚せい剤国際密輸網=赤野死刑囚、判決に不満も

高速新料金、深まる対立…内閣一元化揺らぐ(読売新聞)
米兵放火の賠償金8年未払い、防衛省作業遅れ(読売新聞)
同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)
超党派で県内移設反対、きょう沖縄県民大会(読売新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
  • URL:https://yaplog.jp/x8ulkhz9/archive/68
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。