今後のFX注目通貨?トルコリラ

October 18 [Mon], 2010, 23:32
トルコはVISATAの1つにあげられている今後の注目通貨です。
(VISTAについては「今後のFX注目通貨?南アフリカランド」を参照してください。)

トルコの特徴としては、もちろん、17.5%の高い金利があげられます。
最近は日本でもかなり人気で、買っている人も増えてきているのでは・・・。

私もTRY/JPNを2万通貨(買)
GBP/TRYを1万通貨(売)を保有しています。

国的には、鉱物資源が豊富なようで、ボロンやボーキサイト、銅、鉛などが主要な鉱産物です。
現在EUへの加盟を申請していて、実現すれば欧州の工業生産の拠点として発展を見込むことが出来るようですが、トルコはイスラム教圏のため、EU加盟の実現は難しいと見られているようです。

どちらにしても、トルコは非常に高金利のため、当分日本人のトルコリラ好きは続くのではないでしょうか?
実際、ドル円を購入しても160円ぐらいのスワップに対し、トルコリラ1万通貨では400円以上のスワップが発生します。
これは、スワップ派にとっては非常にうれしいですね。

ということで、FX-naviで扱っているトルコリラを含むポジションを調べてみました。
( ミスター証券 のEcois Proでも同じポジションを扱っています。全てではないですがアトランティック・トレードでも扱っていますよ。)


ポジション 買いスワップ 売りスワップ
GBP/TRY -840円 781円
EUR/TRY -646円 609円
TRY/JPY 432円 -457円
CHF/TRY -446円 418円
USD/TRY -448円 415円
CAD/TRY -433円 406円
TRY/DKK 337円 -369円
AUD/TRY -347円 318円
NZD/TRY -283円 188円


結構ありますね。
しかもどれも高いスワップが発生します。

ただし、注意するのは売りでプラススワップが発生するものが多い点ですね。
売りでプラススワップのポジションと、買いでプラススワップが発生するものがあるので購入する際には気をつけてください。
TRYが左にあるポジションは買い、右にあれば売りですので・・・。
(TRYのスワップについては、「GBP/TRYのスワップが高い訳」を参照してください)

このポジションの中から、トルコの方が今後発展するであろう国を選んでポジションを選択して下さい。
ロスカットに合わないためには、どのポジションを選ぶにしてもトルコの方が今後レートが上がっていく国でないと為替差益がマイナスになってしまうからです。
例えば、ドルは長い目で見ると今後は下がっていくだろうと思えばUSD/TRYの売りですね。

どちらにしてもスワップ派にとっては、トルコリラは非常にありがたい通貨です。
今後多少日本の金利が上がって行っても、トルコリラの金利よりも高くなることはないと思われるので、当分プラススワップが発生します。
どの国とトルコの組み合わせにするのか、レバレッジはどのくらいにするのかは、慎重に考えてくださいね。

今後のFX注目通貨?南アフリカランド

October 12 [Tue], 2010, 20:54
今日は今後の注目通貨、南アフリカランド(ZAR)について考えてみたいと思います。

既にかなり人気の南アフリカランド、持っている人も多いのではないでしょうか?
私もセントラル短資とFX Onlineで10万ランドずつ持っています。

ランドの人気は9.5%という高い金利だけでなく、VISTA通貨としてもあげられている、今後の発展に期待してというところも大きいのではないでしょうか。

ここでVISTA通貨について少しだけ説明しておきます。
VISTAとは、2006年10月に提唱された、BRICsに続く今後の発展国を表す言葉です。

V・・・ベトナム
I・・・インドネシア
S・・・南アフリカ共和国
T・・・トルコ
A・・・アルゼンチン

その中で、南アフリカは高い経済成長率と、
金やプラチナなどの豊富な資源が注目されているようです。
2010年にはワールドカップが開かれることも決まっていて、国内のインフラが急激に整備されていることもポイントとなっているようです。

実は、セントラル短資で初めて購入した通貨がランドでした。
まだ口座に10万円しか入れていなかったので、ドルやユーロを買うには危険かなと思いランドを3万ランド購入しました。

その後、急激にランドは下がってしまい
まだFXを始めたばかりだった私は、びびって口座にログインするのを当分やめてしまったのを覚えています(笑)

結局ランドは復活し、スワップ、為替差益とも十分な利益を出させてもらいました。

それから何度かランドを買ったり売ったりしてみましたが取引をしてみて、ランドの魅力の1つは、やはり小額資金で購入できることだと思います。

ドルやユーロに比べて、現在17.5円前後のランドは非常に買いやすい通貨だなと思います。
お金はないけどFXを始めたい!!という人にはいいのでは・・・。

また、ランドは値動きが激しいため、リスクもあるのですが、買うタイミングも結構訪れます。
ユーロやオセアニア通貨がどんどん円安になっていっていても、ランドは結構下がることもあり、買うタイミングを見つけやすいような気がします。

今後のFX注目通貨?ロシアルーブル

October 05 [Tue], 2010, 21:54
今日の注目通貨はロシアルーブル(RUB)です。
(この記事は「強くなる国に投資する」からの続きです。)
BRICsといえば、知っている人も多いかと思いますが、2003年の10月にゴールドマンサックス社から発表された経済発展の著しい国を表す言葉です。

B・・・ブラジル(Brazil)
R・・・ロシア(Russia)
I・・・インド(India)
C・・・中国(China)

の4カ国で、最後のsは複数形を現しているようですが、南アフリカ(South Africa)を表す場合もあるようです。
BRICsの説明を少ししておきます。

「BRICsは人口の増加、資本の増加、労働生産性の増加などを起因として経済成長を成し遂げ
2004年にはいずれも5?9%代の成長を果たすなど、近年では世界平均を上回る高水準の成長を記録している。

現時点で世界のGDPの約8%を閉めるに過ぎないその経済規模は、2039年に経済大国G7(アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ)の合計を上回り、2050年時点でのGDPは中国、アメリカ、インド、日本、ブラジル、ロシアの順になると予想されている。」
これはWikipediaからの抜粋ですが、
要するに、今後も発展していくであろうという国をBRICsと呼んでいるわけですね。
ちなみに、ロシアの2006年のGDP成長率は6.7%と非常に高く、欧州を中心に貿易黒字も拡大しているようです。

政策金利は11.5%と非常に高いです。

ここまで聞いたら、ぜひロシアルーブルを買ってみたいと思いませんか?

と、ここで本題です。
ロシアルーブルを買えるFX業者はあるのでしょうか?
私が調べた限りでは1つだけありました。

私もトルコリラ用に使用しているFX-navi です。
ただし、USD/RUBの通貨ペアのみで、RUB/JPNはありません。

しかも!!
USD/RUBだと、ロシアの方が金利が高いので、普通なら売ればスワップが入ってきそうなものですが、売ってもスワップはマイナスなのです。

実は流通量の低い通貨には、こういったことがあるようで、中国の人民元などもそうなんですが、政策金利が高くてもスワップがマイナスになることがたまにあります。

FX-navi でのロシアルーブルのスワップは以下の通りです。
スワップは1万通貨あたりのスワップです。
 最低取引単位  買いスワップ  売りスワップ
USD/RUB  5000  26.87円    -53.46円


※5000通貨から購入できますが、5万通貨未満の場合はミニマムチャージで5ドルかかります。

買いスワップは微妙にプラスですが、今後の経済成長を考えると、ドルと比べてロシアの方が伸びていきそうなので買うのはちょっと危険っぽいですよね。

でも売るとスワップがマイナスというのはスワップ派とすれば、う?ん・・・って感じですよね。
スワップ派としてはお勧め通貨ではないのですが、将来の為替差益のために購入するのはおもしろいかなと思っています。

さいわい、FX-navi ではトルコリラを購入しているので、組み合わせてロシアルーブルを少し買っても、トータルスワップはプラスになります。
だから私は将来の投資のために1万通貨ぐらい買ってみたいなと思っています。

将来的には流通量が増えて本来のプラススワップになるかもしれないしね・・・(笑)