沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調−鳩山首相(時事通信)

April 02 [Fri], 2010, 1:09
 鳩山由紀夫首相は26日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「強い決意を持って、沖縄県民、国民そして米国の理解を得る」と述べた上で、「必ず5月末までに決着させる」と重ねて強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
防衛相が沖縄知事と会談=外相は米大使と
普天間、県内2案を米に提示へ=基地機能5割超を県外移転
埋め立て案反対伝える=社民・照屋氏が外相に

介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転(医療介護CBニュース)
衣類の下の爆弾も透視、全身スキャナー成田に(読売新聞)
仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相(医療介護CBニュース)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低−厚労省調査(時事通信)
<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)