女性の薄毛の原因

2015年08月19日(水) 20時27分
妊娠出産が薄毛のきっかけいになることがあります。女性は妊娠すると抜け毛が減る傾向にありますが、出産をすると減っていた抜け毛が一気に増えて一時薄毛になります。ホルモンバランスが大きく変わるからで、通常はホルモンバランスが元に戻り、1年のすれば髪の毛の生え替わりが正常になり始めると同時に髪の毛も元に戻るのです。

ところが最近は妊娠出産がきっかけになって薄毛になってしまい、元に戻らない人が増えてきました。理由はヘアケアの習慣(皮脂をとる、カラーや縮毛矯正)によって頭皮を弱らせている人が多いからです。

妊娠出産は女性の体にはかなりの負担をかけます。現代は医学の進歩で少なくなりましたが、出産によりお亡くなりになる人もいらっしゃるくらいなのです。それだけの負担が伴うので、髪の毛の育ちにも大きく影響が及びます。負担をかけるのだから、出産前後の食習慣や心の平穏がとても大切だと思って男性も協力しないといけません。

また、脂を取る作用の強いシャンプーで毎日よく洗っていると、頭皮の皮膚常在菌のバランスが崩れるうえに、頭皮が痛み弱ってしまうので自分の頭皮の力で毛を巡らせなくなってしまったりします。
界面活性剤には薄い膜をつくる作用があるので、髪をキレイに魅せたり艶やかに魅せたり洗い上がりをよくしたり、クシ通りをよくしたりするのにとても役に立ちます。反面、それに応じるように浸透力やタンパク質変性作用もあります。

キレイに魅せたり、艶やかに魅せたり、洗い上がりをよくしたり、クシ通りをよくすればするほど脂分を取り過ぎる作用の強い界面活性剤が必要になり、同時に浸透力やタンパク質変性作用も強くなるといえます。

怖いのは、脂分を取り過ぎる洗浄成分としての界面活性剤は浸透力とタンパク質変性作用も強いので、脂分を取り去りきれいになった毛穴にも浸透しやすくなるということです。生える育毛剤とはどんなものなのか
  • URL:https://yaplog.jp/workcap/archive/6
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:workman
読者になる
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる