はじめまして。 2005年の8月に私達の初めての子供が天使となりました。8ヶ月間、ママのお腹にいてくれた双子の男の子と女の子です。そして、一年後に宿ってくれた、新しい命が、2007年2月に無事誕生しました。 彼らへの思いや日々の生活を綴っていきます。

■プロフィール■
■代替テキスト■
■お名前■ちいママ(ちいちいのママ)
■趣味など■ウインドウショッピング、お散歩
■家族構成など■夫とちいママ(私)とちい太とちい子との4人家族
■住まい■Asia
■出身■夫婦とも関西出身。
2007年02月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像こけし
言われた言葉 (2008年10月21日)
アイコン画像汁大臣
言われた言葉 (2008年10月01日)
アイコン画像松岡奈緒美
言われた言葉 (2008年07月02日)
アイコン画像ちいママ→さくらさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→ひかりママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→葉菜さんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→かのんママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像さくら
言われた言葉 (2007年06月27日)
アイコン画像ひかりママ
言われた言葉 (2007年06月19日)
アイコン画像葉菜
言われた言葉 (2007年06月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:with-tenten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«暮らしの紹介 | Main | ちいちいの紹介»
はじめまして Part.2 / 2007年02月04日(日)
はやいもので、プログを始めてから、1年がたちました。
始めた頃は、まだまだどっぷりと悲しみにくれていて、日々泣いていたことを思い出します。
続けていてよかったこと、いっぱいあります。
皆さんとの出会い、心理面での大きなことは、海外にいるという、ポツネンとした孤独感がなくなったことです。
私の住んでいるところは、今から開けようとしている地域でもありますが、まだまだ発展途上で、娯楽も少なく、日本の都会のように、最寄り駅までのお散歩、スーパーで気分転換に買い物なんてことも気軽には出来ません。
(電車は通っていないし、お店が歩ける範囲にないからです。)
バスはありますが、マレー言葉での行き先が理解できなくて乗るのが不安だし、時刻表がないので、いつ来るかはわかりません。
運転手さんの気分やお客さんのリクエストで行く先が変わったり、途中でエンジンが止まって、そこから歩かなくてはいけないこともよくあるとか・・。
ということで、移動は、もっぱら、タクシーです。
タクシーの運転手さんは外国人である私に興味津々で、よく片言の英語で話しかけてきます。
子供をたくさん産むこの国では、結婚してしばらく子供のいない私は珍しいようです。
「家族は何人いるんだ?結婚して何年だ?子供は?どうしてここに住んでいるのか。・・・。」と、おしゃべり好き。
値段は決まっていなく、メーターは一応の目安、その都度、交渉することになり、それもまた、ストレスになったりして・・。

去年の今頃は、旧正月のお休み中、気分転換に旅行に行っていました。
そして、それからが、引きこもりが続いていた私が行動をするきっかけにもなりました。
もう、こちらの生活には慣れましたが、時々、どうしてここにいるのだろうと思うこともあります。
「世の中に偶然はない。」という考え方ならば、私はきっと、この地に縁があったのでしょうね。

こちらで死産という経験は、とても過酷なことでした。
死に対する文化の違いも感じました。
マレー系の人は、イスラム教にそってであり、インド系は、輪廻転生、中国系は、忘れなさいという考え方・・。
私があの子たちを産んだときに、どうしたらいいのか、どのように考えたらいいのか、誰に何を聞けばいいのか何もわからない状況で、よけいにつらく感じました。
でも、私はどこに住もうと、日本で生まれ育った日本人であること。
出来る範囲で、自分のしたいようにすればいいのだという考えを今は持っています。

現在の私は、妊娠中です。
あの子たちの命日のちょうど一年後にきてくれた新しい命とともに生活をしています。
幸せな反面、不安でたまらない日々でもあります。
「どうかこの子が無事に産まれて来てくれますように・・。」
そして、いつの日か、この経験が、私のように、特に、文化の違う海外で、悲しいことにあったママやパパの役に立てたら・・と、思っています。

 新しい命が宿ったとき、プログを分けようかという考えも浮かびました。でも、いつもあの子たちのことを想いながら生活をしている私、それはとても難しいことのように感じ、新しい命というカテゴリで分けて記入をすることにしました。
もし、妊娠の話がつらい方は、どうかそのカテゴリの 続きを読む・・ のところはクリックをしないでくださいね。


ゲストルームから見た朝の景色です。
いつも変わらない緑がいっぱい見えていて綺麗なんですよ。
この自然があるのは、まだ開発されていないからこそ。
そう思うようになってから、この環境が、愛おしく感じられるようになりました。



 
Posted at 02:30 / はじめまして / この記事のURL
コメント(6)
はじめまして / 2006年01月20日(金)
はじめまして。
最初の記事になります。
これからどうぞよろしくお願いします。
少しでも時間があったり、淋しくてたまらないとき、つらくて眠れないとき、
よく天使ママさんのホームページを見ていました。
皆さんの子供たちへの思いに共感し、
又、日々の出来事について考えたり、
そして、私も、作ってみたいって思うようになりました。
私は夫の仕事のため、現在、malaysiaに住んでいます。
あと数年ほどこちらにいる予定です。
日本にいる人には、異国の生活もちょっとみれておもしろいかもしれないな・・とか。
私のような海外在住の日本人天使ママさんには、
私も海外で頑張っているよ!
環境や文化の違いにストレスがたまってしまうことがあるけれど、負けないゾ!って、
メッセージを送れたらいいなぁとか・・。

立ちどまったり、泣いたり、又、動き始めたり・・、
情緒がまだまだ不安定な私ですが、一生懸命に生活しています。
皆さんと一緒に歩んで生きたいです。

住まいのコンドミニアムの廊下からの景色です。

 
Posted at 07:54 / はじめまして / この記事のURL
コメント(0)

 
Powered by yaplog!