はじめまして。 2005年の8月に私達の初めての子供が天使となりました。8ヶ月間、ママのお腹にいてくれた双子の男の子と女の子です。そして、一年後に宿ってくれた、新しい命が、2007年2月に無事誕生しました。 彼らへの思いや日々の生活を綴っていきます。

■プロフィール■
■代替テキスト■
■お名前■ちいママ(ちいちいのママ)
■趣味など■ウインドウショッピング、お散歩
■家族構成など■夫とちいママ(私)とちい太とちい子との4人家族
■住まい■Asia
■出身■夫婦とも関西出身。
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像こけし
言われた言葉 (2008年10月21日)
アイコン画像汁大臣
言われた言葉 (2008年10月01日)
アイコン画像松岡奈緒美
言われた言葉 (2008年07月02日)
アイコン画像ちいママ→さくらさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→ひかりママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→葉菜さんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→かのんママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像さくら
言われた言葉 (2007年06月27日)
アイコン画像ひかりママ
言われた言葉 (2007年06月19日)
アイコン画像葉菜
言われた言葉 (2007年06月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:with-tenten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 本の紹介(天使ママ妊婦さん編) | Main | 会う事が出来ました。 »
本、CD、リンクの紹介 / 2007年05月14日(月)

・あとに残された人へ 1000の風
ポケットオラクル(971円)

・千の風にいやされて
講談社(1300円)

・千の風になって(CD)
荒井 満(1000円)

千の風は、去年のNHKの紅白以来、かなりの人に知られるようになりましたね。
私は、3年前、カルチャーセンターで知り合った50代の方が、これから迎えるかもしれないからと、そのために、死生学を学んでいらしゃって、いい詩があるのだと教えてくれました。
その時は、ピンとこなかったけれど・・今は、とても心に響きます。

空への手紙 雲のむこうにいるあなたへ
ポプラ社(1000円)

あの子たちが亡くなってから、空を見るのが好きになりました。
私もお手紙を出したい。



亡き子へ 死別の悲しみを超えて綴るいのちの証言
若林 一美
岩波書店(2200円)

子供たちへの想いが、あふれるように綴られています。




・誕生死
三省堂(1300円)

亡くしてまもない頃、何度も繰り返して読んだ本。
泣きながら共感しました。
自分の言葉に出来なかった想いを表現してくれていました。

・誕生死 想
三省堂(1000円)

第2弾となります。読書カードを本にして画期的。
その分、素直で飾らないそのままの言葉で書かれています。
世の中にはこんなにも悲しい思いをした人がいる・・。
それをあらためて感じた本です。
私の子供達もこの中にいれてほしかったな。



赤ちゃんの死を前にして
竹内 正人
中央放規(2800円)



医療従事者向けの本です。
が、読みやすいです。
こんなにも患者のことを考えてくれるお医者さんがいるんだ・・が、正直な感想。
そして、思い出作りがなかった私としては、ただただ、羨ましい!!
経験者の声もたくさん載っています。

上記の先生のプログ
いつか、お話をしたいと思いつつ・・。
時々、覗いています。

ショートアニメーション。

亡くしてまもない頃、掲示板で知って、よく見ていました。
作った方は、悲しいお別れの経験者なのかな?
音楽も素敵です。

愛する人を亡くした人の為の100の言葉

Posted at 19:56 / おすすめもの / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/with-tenten/archive/96
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

   
Powered by yaplog!