はじめまして。 2005年の8月に私達の初めての子供が天使となりました。8ヶ月間、ママのお腹にいてくれた双子の男の子と女の子です。そして、一年後に宿ってくれた、新しい命が、2007年2月に無事誕生しました。 彼らへの思いや日々の生活を綴っていきます。

■プロフィール■
■代替テキスト■
■お名前■ちいママ(ちいちいのママ)
■趣味など■ウインドウショッピング、お散歩
■家族構成など■夫とちいママ(私)とちい太とちい子との4人家族
■住まい■Asia
■出身■夫婦とも関西出身。
2007年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像こけし
言われた言葉 (2008年10月21日)
アイコン画像汁大臣
言われた言葉 (2008年10月01日)
アイコン画像松岡奈緒美
言われた言葉 (2008年07月02日)
アイコン画像ちいママ→さくらさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→ひかりママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→葉菜さんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→かのんママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像さくら
言われた言葉 (2007年06月27日)
アイコン画像ひかりママ
言われた言葉 (2007年06月19日)
アイコン画像葉菜
言われた言葉 (2007年06月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:with-tenten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Main | スピリチュアル »
言われた言葉 / 2007年06月13日(水)
天使になった我が子に対する言葉には敏感。
今は心がかなり強くなって、そのことに対して、その都度、泣いたり、落ち込んだりはしないけれど、かなり心にひっかかります。
いくら、悪気がないとはいえ、私たちの気持ちがわからないとはいえね・・。

最近、言われた言葉ですが、赤ちゃんをみにおうちに来た人(その人は私の天使たちのことを知らなかった)に、「実は、天使になった子がいるの・・。」って勇気を出してお話をしたときのこと、その人から、
「いいじゃない、これで、チャラで。」と、言われました。
チャラ。つまり、プラスマイナスゼロってこと。
今回、無事に生まれたからそう言っているのでしょうが、そんなものじゃないでしょ!って、思わず、びっくりです。

今まで言われたことで他にも色々、強く印象に残っているものをお話すると、

我が家のちいちいコーナーに骨壷があるので、私のちいちい妊娠時代から知っている人が、おうちに遊びに来たので紹介をしたら、
「あら、あなたの子供なんて忘れてたわよ。」
「そんなこと、いちいち言わないほうがいいんじゃなーい。」
その人は私はあのときのことを気にしていないということを、私に気を使っていったのかしら?
でもその気の使い方が・・!?。

骨壷を見たとたん、
「こんなこと、していいの?」っていきなり言う人も。
お墓にいれずに、ここに置いておいていいのかってことだろうけれど、開口一番で、それはね・・って。
他に、先に言う言葉はないの?

海外に住んでいるけれど、日本人のカウンセラーさんとお話がしたかったので、メールで数ヶ月カウンセリングを受けていたときがありました。
自分の気持ちや今までのこと、色々と書いて、何回か、メールをやり取りをしたあとのことです。
私の前回の妊娠、死産のことを、
「あなたは失敗をしたのです、でも失敗は若いからやり直しが出来る。」
って、返答がきたときには、信用が急落。
失敗?って何?。この人、カウンセラーなのに、こんなこと言うの?
私が失ったのは、大切な命なのに。
その後、その人にカウンセリングをしてもらう気がなくなりました。

私の子供のことを聞いていた人が、そのあと、「私もね・・。」って、自分の話をし、それが、的を外れていたりすること。
”も ”が気になるのよね、私はね・・。の”は”でしょ!って。

我が子が天使になってから、1年くらいは、赤ちゃんを避けていました。
特に、同年の子を。
会社のある奥さん(年配の方)が一緒に食事をと誘ってくれたのですが、そのなかに、同年の赤ちゃんをお持ちの奥さんがいました。
5人ほどの集まりだったので、行ったら、近くで赤ちゃんを見ることになり、それは、私には、まだ、出来ません。(泣いてしまうかもとの思いから)とお断りをしたときのこと。
「あなたね、亡くした事ばかりにこだわっていないで、その子たちを、授かったことに感謝しないと。それに、いいかげん、慣れなさい!」って。
私、ずっと、ずっと、妊娠したときから、あの子たちに感謝をしています。
それと、会うのがつらいのは別ですよね。
私のこと、ちゃんと知ってから、話をしていただきたい!!って。
慣れていくのも、自然に無理をしないでいいと思うのだけれど・・。

ほんとうに疲れる。
以前の私は、こういったことを言われる度、家で1人で泣いていました。
でも、今は、”これは、ちょっと・・!!”って思うのは、反論させていただくかも。

天使ママの皆さん、多かれ少なかれ、ありませんか?

Posted at 00:41 / ちいちいのこと / この記事のURL
コメント(11)
この記事のURL
https://yaplog.jp/with-tenten/archive/105
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

サイト見て興味あったから、工口ゲ買いに行くついでに見せてきた(`・ω・´)
結局盛り上がっておしゃぶりしてもらったんだけど7マソ貰えてビビったwww
工口ゲ代だけ貰うつもりだったのにプラスになりすぎて笑ったわwwwwww
Posted by:こけし at 2008年10月21日(火) 07:23

旅行先でヤってきましたーヽ(´ー`)ノ
旅館に着いて早速女を呼び出してズッコンバッコンして6マソゲットwww
欲張りな俺はもう一人呼び出してまたズッコンバッコンww ハイ11マソゲット!!
旅ウマー(゚д゚)ってか、俺儲けすぎwwwwwww
Posted by:汁大臣 at 2008年10月01日(水) 00:12

こんにちは。
初めて書き込みします。
第1子を流産いたしました。
けれど、今は2児の母です。
 初めての子供を流産して、絶望にくれている時、10人に1人は流産するのだと聞きました。なんて、多いんだろう。
きっと、私のように苦しんでいる人が居る・・・そうおもって、ドキュメンタリーを撮りました。『花の鼓』という作品です。
一人の女(私)が流産をしてから、立ち直っていくまでのドキュメンタリー。抱きしめたいのに空回りをする両腕。そして、流産の手術後に子供はもう居ないのに出てくる母乳。そんなリアルな描写が続きます。その作品を世界各国で上映させていただき、共感していただきました。
7/5-18 大阪梅田のPLANET+1という映画館で、新作『背骨のパトス』と共に同時上映します。
映画を通して、一人でも多くの方々のお力になれれば…と思っておりますので、告知させていただきました。興味のある方は、HPを御覧下さい。


Posted by:松岡奈緒美 at 2008年07月02日(水) 09:07

こんにちは。
さくらさんのプログ、いつもみていて、応援をしていたんですよ。この間、初めてコメントをさせていただきました。

言葉って本当に難しいですね。
私も、色々と傷ついてきましたが、自分も誰かを傷つけてきたのだろうか。又、そうしてしまうのでは・・と、あの子たちを亡くしてから、特に、いつも考えています。
でも、こうやって、自分の経験を話していくのが、誰かを支えることにもなる・・。
自分自身が、天使ママさんのプログをみて励まされたりしていたから、特にそう思います。
共感して癒されるということもありますものね。

さくらさんのプログ、私、大好きですよ。
とても暖かい文章で。
旦那様も優しい方ですね。

さて、天使ちゃんのことですが、「いつか逢える!」
きっとそうですよ。
私のお空からのお迎えリクエストは、あの子たちが可愛い赤ちゃんで出てきてくれること。
まだ歩けないから、天国のおじいちゃんとおばあちゃんに抱いてきてもらおうと思っています。
もう、逢ったら、頬ずりして抱っこをしてチュッ!
そして、そのあと、こんな大きくなったんだよ!って今の姿をみせてほしい。
ちいちゃんたち、よろしくね。

もう、ご存知かもしれませんが、おすすめの本があります。

・ひかりの世界
 葉 祥明
 佼成出版社(1600円)

・もういちど会える
 葉 祥明
 大和書房(1600円)

とても綺麗なすてきな絵本です。
Posted by:ちいママ→さくらさんへ at 2007年06月30日(土) 01:01

いーっぱい、あるよね!
私も、まだまだ書ききれないものがあります。
一番、傷つくのが、1人の人間って思われないことです。まさに一緒。
あの頃、ほんとうによく泣いていましたよ・・。
Posted by:ちいママ→ひかりママさんへ at 2007年06月30日(土) 00:33

悪気がないだけに・・。確かにそうです!
いつも疲れていたよ。
私も、今は、無理をしないようにしています。
でも、あの”ちゃら”っていった奥さん、大切な人を亡くした経験があるんだけれど・・。
我が子とはまた違うのかな。
この人は、大丈夫かなって思っていただけにショックでした。
Posted by:ちいママ→葉菜さんへ at 2007年06月30日(土) 00:27

そうだよね、私たちが理解をしていればいいね。

亡くした当初は、周囲の人たちにも、私が思っているのと同じように、あの子たちの存在を理解してもらいたいのに・・って、でもそうとはならなくて、色々傷ついていました。わからない人にはわからないのにね・・。
お知り合いになった天使ママさんは、皆、気持ちをわかってくれる優しい人ばかりで心が休まるね。
Posted by:ちいママ→かのんママさんへ at 2007年06月30日(土) 00:19

ちいママさん。こんにちは。
なぎさのママのさくらです。
先日は私のブログにコメントありがとうございました。

私は、今まさに言葉に超敏感になってるときだと思います。
言葉って難しいですよね。
悪気がないのは分かっているけど、それでも傷ついてしまうときがあります。
私も同じように誰かを傷つけているんじゃないか・・・ってすごく怖くなりました。
実は・・・ブログを続けることも・・・今悩んでいます。

でも、ちいママさんのコメント、すごく胸に響きました。
いつか、会えるんですよね。そのときにかわいい赤ちゃんのお顔を見せてくれますよね。
それを想像したらなんだか心が少し落ち着いてきました。
私のブログでお返事が出来そうもなかったので、こちらにおくらせていただきました。ありがとう。

ほんとにありがとう。心が少しずつ落ちついてきました。
ちいママさんのブログも拝見させていただきますね。
良かったら、これからも仲良くさせてください!
さくらより
Posted by:さくら at 2007年06月27日(水) 11:00

ちいママさん、こんにちは。
私もたくさーん、あります。悪気があって言っているのではなくても、天使ママにしてみれば凄く傷つく言葉だったり、ちゃんと命のあった1人の人間として見られていないような発言には、よく、泣かされていました。こうゆう言葉って、時が経っても心の傷として忘れられなかったりしますよね。
でも、ちいママさんのように、私も今なら反論できるかも…と思います。
Posted by:ひかりママ at 2007年06月19日(火) 16:48

あるよやっぱり的外れなこととか言われたり、
あまりにも心無い言葉を言われたり・・・
言ってる人は悪気は無いんだろうけど、悪気がないだけに
たちが悪くて、繰り返し言われたりするからね・・・
で、そういう人とは最低限のお付き合いしかしてないよ。
また何か言われて傷つくのが怖くってさ・・・
無理はしないことにしたんだ。
だってママが傷ついて泣いているのを、きっと子ども達も
心配しているだろうし悲しんでいるだろうなって思うの。
無理しなくて良いよママって思ってくれているはず
Posted by:葉菜 at 2007年06月15日(金) 12:27

しばらく更新がなかったから
少し心配していたの。
新しいHPを作っていたんだね。

私は傷つくのが嫌で、お空の子のことは、
ブログ以外はあの子をよく知っていて、
そっとしておいてくれる人にも、ほとんど話しません。
好意の言葉の攻撃に、きっと死ぬまで慣れないから。
良かれと思って言ってくれるから、
言葉が出ずにものすごーく凹むんだもの。

でも、家族ではたくさん話します。
家族の中では、そういうギャップ感じないし、
たとえちょっとだけ感じても
思うところは一緒なことを知っているからね。

子供のことは親が理解してあげていればいいんだよ。
あの子達は、とてもいい子なんだから、
人がなんと言おうといい子なんだから、
誰が何を認めてくれなくても
私たちの大事な娘で、息子なんだよ。
ねー、そうだよねー。
Posted by:かのん at 2007年06月15日(金) 01:12

   
Powered by yaplog!