ただ応えたい、報いたいと。

July 28 [Sat], 2012, 3:47
毎日がただ苦しかった。
誰からも愛されず、誰からも見向きもされないことが。
頑張っても頑張っても、その努力が実らないことが。
わずか一時間もない、空を見る時間だけが私の生きがいであり、
全ての幸せで、それがすごく悲しくて、やるせなくて、でも現実だった。

本当の笑顔を向けられたことがなくて、自分も本当に笑えなくて、
いつしか自身が笑えない人間なんだと思い込むほどまでに、
私の毎日はただ真っ暗だった。

憧れの人に報いたいと思いながら、でもその裏で受けるイジメとも
取れるような行動や言動に、いつも自分の中で言い訳をして繕って
自分を保ちつづけた。

それが終わりを告げた日
私は悲しみと喪失感と歓喜と安心感を同時に味わった。
泣きたいのに笑いたいという表現がピッタリな、あの怖い感覚に驚いた。
救われたのだと思った後に、恐怖からくるような震えが私を襲った。

私を救った人、場所は今までとまるで違った。
蔑むような目をわずかすらも感じさせず、ただ温かい笑顔で私を迎えてくれた
私が怯え慌てふためいたときに、"大丈夫だよ"と言ってくれる人たちが居た。
失敗をして落ち込んでいると、励ましてくれる人がいた。
言いたくないことを相手に言った私なのに、相手はすぐ笑って赦してくれた。
何度も何度も泣きたくなった。胸が苦しかった。

この気持ちはなんだろう。
なんで涙がこみ上げてくるんだろう。
どうして安心できるんだろう。どうしてできないと思っていたことができるんだろう。
笑うことがきなかったのに、なぜいつの間にか笑うことができるようになったんだろう。

感謝してもしきれない。
助けてくれて、ありがとう…。
私は貴方達に、ただ応えたい、報いたいと強く思う。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ウィスティリア
読者になる
色々書いてます…まる
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
うつーじん * yuiД゜
» ありがとう。 (2012年08月16日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/wisterialove/index1_0.rdf