WIN08/メガバンク 口コミ

July 08 [Tue], 2008, 11:47
詳細はこちら




銘柄探しは時間のムダ?

株取引を行うにあたり、銘柄選びに日々時間を費やしたことはありませんか?

株取引で利益をあげるためには、どの銘柄が騰がるかという情報やサインを見逃さないように何時間もかけて探すことが必要でした。

上昇しそうな株を見つけ出し、大きく上昇するまで待つ。そこで利益を確定し、また別の儲かる株を探して買いを入れる。

一見単純ですが、思惑どおりにいかず塩漬けとなってしまったり、損切りを強いられることもよくあるのではないでしょうか。むしろそのような経験の方が多いのかもしれません。



詳細はこちら



ここで提唱したいのは、「儲かる株を探し出す」のではなく、特定の銘柄を「儲かるタイミングを見極め儲かる確率の高いときにエントリーする」ことです。時間も節約でき、高いパフォーマンスを誇るのが銘柄を絞り込んだ銀行株のシステムトレードです。
システムトレードに向くメガバンク

システムトレードでは、日経225先物やFXがよく取り上げられます。確かに両者は流動性が高く取引者も多いことからシステムトレードに向いています。

システムトレードは、市場または銘柄・取引商品の持つ非効率性を探るものです。言い換えると、集団の人間心理による相場の歪み、クセや行き過ぎなどを見つけ出しルール化していくものです。

この非効率性の大きい順番で並べると、株式一般⇒日経225先物⇒FXの順となり、株式が一番ルール化が容易となります。株式が一番非効率(行き過ぎやクセが多く存在)な理由は、市場参加者の数がもっとも少ないからと考えられます。



詳細はこちら



日本の上場株は約4,000銘柄ありますので、1銘柄あたりの取引参加者が少ないのも当然といえます。FXであればドル/円、ポンド/円など限られたペアを世界各国で取引されているのですから、価格形成に非効率があればすぐに逆のポジションが形成され、すぐに平準化されてしまうのでしょう。

そのような理由から、FXは数年単位で傾向が変わりがちです。2−3年有効だったシステムが急に有効性を失うといったことが多いのです。テストを繰り返してみましたが、5年10年と有効なシステムはなかなかみつかりそうもありません。

メガバンク株の特徴をまとめますと、

* ルール化しやすく、取引ルールも複雑ではない
* 十分な取引金額があるので、自身の取引量による株価への影響はほとんど無い
* レバレッジは信用取引を利用することで約3倍まで可能
* 信用取引を利用し、「売り」「買い」両方から入るシステムが構築できる

などがあげられます。

FX短期デイトレ法 Simple is Best 口コミ

FX超勝利法則 口コミ

トレーダーズアカデミー 株式投資セミナー 口コミ
  • URL:https://yaplog.jp/win08mega/archive/1
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:win08mega
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる