歴史

March 12 [Sat], 2011, 12:46
西洋音楽の指揮の歴史は少なくとも中世ヨーロッパにさかのぼり、キリスト教の教会にその役割の原形を見いだすことができる。その当時の指揮法はテンポや拍子を示す役割よりもメロディー(旋律)や音の高さ(音高)を示す役割が強かった。やがて、指揮棒を上下に動かして音楽のテンポや拍子を示すことが始められた。

17世紀頃には、現在の指揮棒とは違うものを使って指揮が行われた。当時の絵画には、紙や小さな棒、または素手で指揮をする姿が描かれている。リュリは杖のような棒で床を打って指揮をしたといわれる。しかし有る時、誤って自分の足を潰してしまい、それが元で破傷風で亡くなってしまった。

器楽合奏では奏者の一人が指揮の役割を担った。そして、多くは作曲家が奏者兼指揮者を務めることが多かった。具体的には、首席のヴァイオリン奏者が自分の弓を、またはリュート奏者であれば楽器のネックを動かして合奏を指揮した。通奏低音を担当するチェンバロ奏者が指揮をすることもあった。また、オペラでは二人の奏者が指揮を担当した。鍵盤楽器奏者が合唱団を、首席ヴァイオリン奏者がオーケストラを振ったのである。奏者の一人が必要に応じて指揮をするこの手軽なやり方は現代でも行われる。ピアノ協奏曲などでピアノ奏者が弾き振りをすることや、ジャズのビッグバンドでバンドマスターが曲の終りの指示を出すことなどがこれにあたる。<リンク: http://www.sakurakanpou.com >サクラ漢方堂19世紀初頭、複雑な曲が作曲されるようになると、指揮を専門にする独立した人間が必要になった。指揮棒(タクト)の使用が一般的になり、見やすく分かりやすい指揮が必要とされ、さらには指揮者の手腕が演奏の水準に大きな影響を与えるようになっていった。ハンス・フォン・ビューローは指揮を専門にする最初の職業指揮者として有名である。また、従前から行なわれていた作曲家が指揮者を兼ねる状態も続いた。中でもヴェーバー、メンデルスゾーン、ベルリオーズ、ワーグナー、マーラーらは指揮者としても知られている。

演奏や作曲を引退した音楽家が指揮者としての活動を開始することも多い。しかし、「演奏や作曲から指揮に流れ込んで成功するケース」よりも、「演奏や作曲で見込みがないといわれたので指揮者になったケース」が成功しやすい。フルトヴェングラーやシェルヘンはその典型である。ヴァイオリニストやピアニストの指揮は使えない(といっても、過去の大指揮者達にはブルーノ・ワルターやシャルル・ミュンシュのように、ピアニストやヴァイオリニストの出身である者も多い)、或いは作曲家が指揮を頻繁にやりこむようになると作曲の腕が落ちるという俗説も根強い。それはだいたいにおいてオペラ指揮には常識である。なぜなら普通の楽器奏者はピアノによるオペラのコレペティションや任意の弾き歌いが出来ないからである。

ただし楽器出身による特徴は認められる。弦楽器出身の指揮は音の高低の合せ方が凄く上手い(ハインリヒ・シフやウェルザー=メスト、メータなど)、管楽器出身は呼吸法が上手く一致させるので主にそれで音楽の出を合わせる(ホリガーら)、打楽器出身者は棒のたたきが抜群に優れている人が多い(岩城宏之)、ピアノは耳による音の高低の感覚は弱いが合理的な練習と音楽の全体像を作るのが上手い(エッシェンバッハやバレンボイムなど)、声楽出身の指揮者(シュライアーやフィッシャー=ディースカウら)は呼吸法や発声法・レチタティーヴォなどの合せが上手い。更に合唱指揮者(リリングなど)は全く叩く振り付けが違ってくる。こういう棒は器楽曲にはテンポ的に全く通用しない事が多い。また作曲家の指揮は燃えないで最後まで合理的に音楽の本質のみを演奏する(ブーレーズやエトヴェシュ、ツェンダーら)などの性質がおおまかに認められる。またこれもウィーン地方や東京の俗語ではあるが、「弦の棒」(ボーイング風な叩き)や「管の棒」(呼吸法的な合せ方)という分け方がある。総じてオーケストラには「弦の棒」が多く好まれる。なぜなら団員の多くが弦楽器で民主的に大多数を占めるからである。
  • URL:https://yaplog.jp/will158/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:will158
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/will158/index1_0.rdf