白夜の女騎士

May 23 [Tue], 2006, 21:59
見てきました。潤くん主演舞台「白夜の女騎士」
なんて言うかもうまったく分からず悔しい限りです。
きっと初演のときよりずっと分かりやすく紐解かれてたはずなのに…

プログラムを読む限り、根本となっているテーマはこういうことなんだと分かったことは分かったんです。
でもそれを劇から汲み取ることは出来なかったなぁ…。
それがとても悔しい。
だってあんなの、難解な問題をポンと置かれて、解けとも言われずただニヤニヤ見られてるみたいな感覚で!
ああ悔しい。でも分かりたいのに「分からなくていい」とまで言われてしまったらどうすれば…(笑)
ただ思うことは、分かる分からないの前に「知らない」では済ませないことだと言うこと。
確かに私はあの時代まだ生まれてないので実際に体験はしてないんです。その出来事を。
でも「だから知らない」で片付けてはいけないテーマだったんだと思う。
というか、今でも同じことは起こっているんだと思う。
ただこの戯曲が書かれた時期にはそういうことがあったと言うだけで、多少の形を変えて今でも世界のそこら中に残ってる問題なんだと思う。
だから分からなくても知ろうとしなきゃいけない。
そういうことなのかな、と解説を読んで私なりに解釈して思いました。

なんかもうここから受け取ったことと言ったら疑問ばっかりだったなぁ…。
あとは勝村さんがすごいってことかな(笑)

以下さらなるネタバレのため隠します。まだ1週間あるからね。1週間後に読んでください!(え?)



▼細かい感想

所々、笑いの要素が満載でした。半分くらいは笑えるシーンだった気がする。
つまりはそれこそが「カルチャー」であることを隠してる「サブカルチャー」の要素なんだろうなと。
本当に言葉遊びが巧み。これだけの日本語がよく出てくるなと思う。

特に好きだったのはサスケと信長が富士山の山頂を目指して命綱を取り合うシーンとサスケの部屋でサスケと信長とおまけが鉢合わせるシーンかな。
要するにまさかの友の二人が好きなんだ。うん。
ここは言葉遊びじゃないけど、サスケと信長のどつき合いとか…勝村さんホントに痛がってなかった?(笑)
サスケの部屋でのシーンはおまけの予測不可能なキャラクターが爆発していて好きでした。

おまけって作中でそこまで長く出演しているわけじゃない気がするんだけど…それでもすごい存在感だったのはこのハチャメチャっぷりと真剣なときの切実さのギャップから来るのか…
杏ちゃんのあの切り替えはすごいんだなぁと…今改めて思いました。

ものすごーく個人的にはサスケが登山中に高山病にかかって妙な妄想(?)に駆られるシーンがツボでした(笑)
あと棒高跳びのコツを忘れている…って言うところ。同系統だけど。
今はお腹空いてない…とか、可愛かったです。邪な感想。

ただ観ていて本当に訳分からなくなるほど次元が飛ぶ。空間も時間もお構いなしに。
先に出てきたシーンの前の出来事が平気でしばらくあとに出てくるし、突然現実と神話の話が入り乱れる。
それを夢として処理することもあればほっといて進んだりもする。
ほとんどの人が2役以上をやっているのは、それが居る場所の違う同じ人だからなんだろうなと…途中で気付きました。
で、そんな風に現在と過去と現実と神話とが折り混ざってごっちゃになっている。
けれどそれはすべてサスケが空を飛ぶシーンに繋がってくる。そこにすべてが集約される。
結局はヒトが2足歩行を経てついに空を飛ぶ、と言うところを目標にした物語だったのかなと思います。
それがなんの比喩なのかが分からなくて悔しいんですけど。
少なくとも蜷川さんはそれを目指してすべてを向かわせていたんじゃないかなと思います。

演技に関しては全くのド素人なんで分かりません…って他も素人だけど。
潤くんが今回の舞台で吸収したものは何かと考えてもよく分かりませんでした。正直な話。
ただ花男に比べて、なんて言うんだろう…エネルギーの放出?の仕方がかわったかなと。
ストレートなぶつけ方になった気がするんです。
花男のときは怒鳴るにしてもすごく発声を気遣った怒鳴り方で、それが観るたびに気になってたのですが今回はそうでもなかったなと…。
あとは間…かなぁ?ああ、そう言うのを見抜ける洞察力と行間を読む力がほしい!!

フライングに関しては、そりゃ腹筋使うだろ!と思いました。
あの落ち方はきれいだった。
棒高跳びのシーンは3回どれも好きでした。動きがすごくきれいだった。
ヒトが卵から孵って、立ち上がり走り出す過程もすごくきれいだったな、と思います。

取り敢えず字数も少ないのでここまでで。
ああ、1度じゃ絶対に見切れない作品だった。
  • URL:https://yaplog.jp/will-yks0519/archive/63
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アリスは、話するはずだった。
July 01 [Sat], 2006, 17:25
きのうアリスが、バレまで織羽はバレへ織羽が放出しなかった。
だから織羽の風っぽい満載したかも。
そりゃ織羽とのどへ放出されたみたい…
だからバレへ解説しなかったー。
そりゃきょうアリスがバレまで集約する?
だから織羽と爆発したかった。
そりゃバレにろうに放出しなかったー。
そりゃ織羽と言葉が歩行した。
でも織羽がバレへおまけしなかったー。
June 20 [Tue], 2006, 13:53
きょう織羽の、主演したの?
そりゃきのう、バレまで織羽は処理する?
June 07 [Wed], 2006, 12:33
2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像BlogPetのアリス
» OVAの… (2007年08月03日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» OVAの… (2007年06月24日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» OVAの… (2007年06月03日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» OVAの… (2007年05月13日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» OVAの… (2007年04月22日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» 今年も。。。 (2007年03月11日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» そんな!!!! (2007年02月18日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» そんな!!!! (2007年01月28日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» そんな!!!! (2007年01月07日)
アイコン画像BlogPetのアリス
» そんな!!!! (2006年12月17日)
Yapme!一覧
読者になる