賃貸入居と信用情報

June 09 [Mon], 2014, 18:10
アパートによっては入居する際に、家賃保証として信販会社とのクレジット契約を求められることがあります。

クレジットの契約なので審査があり、信用情報にネガティブな情報がある方の場合は審査が通らない場合もあります。

入居審査のためではなく、クレジット契約のための審査として信用情報の閲覧が行われますので、アパート仲介業者に信用情報を漏らすことはしません。

「審査が通らなかった」とだけ伝えられます。

家賃を一時的に肩代わりするようにクレジット契約をしているので、3ヶ月連続で家賃を滞納をすれば信用情報にブラック情報が登録される事になります。

最近では、ローンやクレジットだけでなく家賃や携帯代の支払いの滞納などでも信用が傷つく可能性もあります。

自分の信用情報の詳細は知るには信用情報機関に開示請求するしかありません

まず専門家に相談してみましょう


気になる信用情報開示!相談なら専門家へ
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
  • URL:https://yaplog.jp/whzkxjui/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。