今日は『小満』、【上弦の月】です。

May 21 [Fri], 2010, 23:05
こんにちは。

今日は、二十四節気の1つ、『小満』ですね。
小満とは秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)すると言う意味だそうです。
田畑を耕して生活の糧を得ていた時代には、農作物の収穫が生死にかかわる問題だったため、麦などに穂がつくと「今のところは順調だ、よかった」と満足したことから小満と言う名前が付いたと言われています。

また、自然界のすべてのものが次第に満ちてくることから、『小満』と言われるとも。
木々や草の緑が濃くなり、動物たちも活発に動くようになり、多くの植物も花を咲かせるときです。

小満 - Wikipedia


さて、先日、5月16日(日)の夜空は格別でしたね。
三日月と金星のランデブー、みられましたか?
わたしは、友達からメールが来て慌てて外に出てみました。

ほんとにロマンチックでうっとりでした。新月から数えてちょうど3日目の、本当の【三日月】。
空の色がまた、暮れかけの美しいブルーでいっそう金星と三日月が映えていました。

あれから月は少しずつ膨らみ、今日は【上弦の月】。
満ちてゆく(満月に向かう)半月を、【上弦の月】と言い、欠けてゆく(新月に向かう)半月を【下弦の月】と言いますが、半月は太陽と月が90度の角度にあるときです。
太陽が西の空に沈む頃、ちょうど南の空の高い位置に見えるのが【上弦の月】。
真昼の月は白くて、夜見る月とはまた違った顔で、とても綺麗ですね。
ちなみに、新月は太陽と月が同じ位置(つまり、0度)、満月は太陽と月が真向かい(180度)にあるとき。

新月から満月になるのに約2週間かかるので、上限の月はそのだいたい真ん中だから新月から約1週間たった頃です。


みなさん、新月のお願い、しましたか?
この上限の月の頃は、ちょうど新月で願ったこと、あるいは計画をたてたことがどんな状態なのかちょっと振り返ってみる頃に当たります。

このままでいいのか、あるいは方向性がちょっと違っていたから軌道修正したほうがいいのか、など、少し考えてみましょう。
そして、1週間後の満月に向けてさらに歩を進めてゆきましょう。
満月はものごとの完成、満ちるタイミングに当たります。


最近、なんとなく風が変わってきたように感じます。
水星の順行に伴い、少し流れが良くなってきたかな、とは思っていましたが、おかげさまでようやく体調も元に戻り、公私ともに忙しくなってきています。

昨日、5月20日は金星がふたご座から、かに座へ移動しました。
そして、今日、太陽が牡牛座から、ふたご座へと移りました。
このあたりも大いに関係しています。

体感はもちろん人それぞれなので、いちがいには言えませんが、それでも今までなんとなく波に乗れてないなぁ、と思われていた方はこれからが勝負だと思います。

みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように!

いつもありがとうございます。

  • URL:https://yaplog.jp/white_moon811/archive/7
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:white_moon811
読者になる
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント