スーパーイントラレーシック

May 15 [Wed], 2013, 13:45
通常、人間に必要な視力は1.0〜1.2程度で十分であるといわれていますが、実際に生活している中身は一人一人違うため、それぞれに必要な視力ももちろん違います。

私の娘のように極度の近視だと日常生活に支障をきたしてしまいます。

そうなるとやはりレーシック手術を受けることがいいのではないかと思います。根本の視力を上げることが可能なレーシックは、年々安全性も増して進化しています。

参考までに名古屋のレーシック眼科を紹介!評判もチェックできます。

眼鏡やコンタクトを作るときにも、自分が普段どんな生活を送っているかを考えて、そこに必要な度数のアイテムを作りますよね。
コンタクトと眼鏡を両方とも使っている人であれば、眼鏡を使うときの状況、コンタクトを使うときの状況をそれぞれ考えて、コンタクトと眼鏡の度数を変えている人も存在しているくらいです。

これと同様に、レーシック手術を行うときにも、普段の生活の中でどれくらいの視力が必要になるのか、ということを考えながら度を設定するのが無難です。

こういった配慮をしながら手術をする、という手間がかかるという以外の面では、レーシックというのは非常に便利で、手軽に出来る安全な手術の一つでもあります。

ただし、これまでのレーシック手術では極度の近視、などという特殊な視力の人たちは、手術を受けることが出来ませんでした。
これを解決出来るようにしたのが、スーパーイントラレーシックです。
  • URL:https://yaplog.jp/wgkn/archive/3
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wgkn
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/wgkn/index1_0.rdf