痛風を食事の改善で健康な状態に戻す!

  • 2018.01.05 [Fri] 23:27
痛風は尿酸値が高くなることが起こることが多いです。尿酸値はプリン体の過剰な摂取によって上がるためプリン体の摂取に気を配る必要がありますが、プリン体はうまみ成分でもあるためほとんどの食材に含まれています。特に多いのはレバーやビールなどのアルコール、魚介類の煮汁、肉類、干した魚、大豆となっています。白子などにも多いので冬の時期に食卓に並ぶことが多い鍋料理は注意が必要です。

痛風はストレスや肥満、遺伝によっても起こりますが、食事の改善で健康な状態に戻すことができます。痛風の場合、アルコール摂取に気を配りますが、プリン体が多いビールではなく、日本酒やワインを飲んでいても多く摂取してしまうと体内で尿酸値が高くなります。アルコールには体で代謝しようとする働きがあるためどのようなものでも気を付けて飲まなくてはなりません。

逆に痛風を改善する食べ物には、ひじきやわかめといった海藻類、ほうれん草、ゴボウといった野菜類、グレープフルーツなどの果物があります。特にビタミンCには関節部分に蓄積されてしまった尿酸を腎臓に運ぶことができ、排出を促すことができます。また、痛風の合併症である動脈硬化も予防することができます。いちごやブロッコリー、柑橘系の果物に多く含まれているので、食事に取り入れるようにします。ですが、ビタミンCは過剰に摂取すると痛風の発作を起こすことがあります。サプリメントを大量に服用するのはさけるようにします。

水分補給も大切であるので、水や麦茶などを意識して飲むようにします。あとは、適度な運動も効果的なので日々の生活に取り入れていきましょう!金剛l筋シャツなら運動効果を高める働きも!