バブル期のモーターショーは夢がいっぱいだった(頭悪いけど) その3

July 18 [Wed], 2018, 23:07
各社コンセプトカーの展示はモーターショーの花形ですね。
実際に市販されることは少なく、市販されたとしてもほとんど原型を留めていませんけど…
しかし、この頃はショーで見たクルマがほとんどそのまま発売されるという夢のような事が起こっていたのです。


スズキからは軽自動車規格のスポーツカー「カプチーノ」のコンセプトカーが出品。
'91年に発売されました。


マツダからは同じく軽自動車のスポーツカー「AZ-1」のコンセプトカー。
3種類ありますが、ガルウイングドアのモデルが’92年に発売されました。

’91年にはホンダ ビートも発売され、軽自動車スポーツカーはひとつのジャンルとなりますが、次期モデルは作られずひっそりと消滅しました。


1989年と言えば、あのユーノス ロードスターが発売された年です。
このクルマは景気の良し悪しを乗り越えて、今でも進化を続けていますね。
てか、マツダでシトロエンが売ってたんだね。


’87年モーターショーでコンセプトモデル「AXV-II」の市販モデルが発表されました。
ガルウイングドアを持つ「セラ」です。
「なんでこんな開き方するの?」って言うのは野暮。
だってこのクルマ、このドアありきで開発されたのですから。

どのメーカーブースに行っても欲しいクルマでいっぱいだったモーターショーも、いつの間にか家電見本市みたいになっちゃいましたね。

もう一回続きます。
  • URL:https://yaplog.jp/wazamitsu/archive/837
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaz
読者になる
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ