よくわからん、家電リサイクル

November 20 [Tue], 2018, 19:36

こんな小さな冷蔵庫が2台ある。
1台はもらい物。もう一台は買った物だが、2万円くらいだったかなぁ。
これらも処分しなければならないので、いろいろ調べてみたら、リサイクル料金はなんと一台につき5,092円也!
なんじゃこりゃ!

ついでに捨てなければならない家電のリサイクル料を調べてみました。
洗濯機が2、484円、そしてブラウン管テレビが2,916円、しかも2台あるし・・・
しかも、これって持ち込んだ場合の値段。
運んでもらったら、更に運搬費がかかる。

もっと安くて手軽に捨てることは出来ないのだろうか。
ここ数日、片付けの合間にネットでの検索を続けてようやくたどり着いた業者さんがあった。

グリーンズリサイクル

1tトラックに詰め放題で税込み5,400円!
あまりの安さに驚くと同時に「本当に大丈夫か?」って思いが・・・
しかしネットでの評判は悪くないどころか、とても好評価。

あまりの重さに運ぶのを諦めていた29型ブラウン管テレビも、なんとか工場まで運んで一緒に回収してもらおう。
しかし、今のワタシの筋力じゃ無理だよなぁ・・・
手伝ってくれる人を探さなくっちゃね。

それにしても、よく「消費が伸びない」 みたいな話を聞くけれど、何を捨てるのにもこんなに面倒だったら、そりゃみんな余計な物は買い控えるよなぁ・・・

空缶の処理

November 17 [Sat], 2018, 18:49

小さな工場でも、溶剤や樹脂など一斗缶で買うことが多い。
コンプレッサーや真空ポンプのオイルなんかは4L缶かな。
これらの缶は中身を使い切った後に捨てるわけだが、産廃の値段は体積で決まるのでそのまま捨てると大変なことになる。
なので潰してから捨てなきゃならないんだよねぇ。

病気になってからは、商品を作って納めるのが精一杯だったので、気が付けば結構な量の空缶が溜まっていた。
今まではタガネを使って分解していたのだけれど、片付け中に捨ててしまったみたい。
さあどうしよう。
適当なタガネを買うしかないと思ったのだが、まてよ? これ絶対専用工具があるはずだぞ。
そこは困った時のインターネット。
早速検索してみると、すぐにそれは見つかった。


「缶切りペインタ〜!」(ドラえもん風に)
さすが専用工具。とっても使いやすい。
塗装屋さんみたいに大量に缶潰しをする場合には、もっとすごい工具もあるけれど、数が少ないのでこれで十分。


みごとにペッタンコになりました。
明日は一日、缶潰しかな。

毎日毎日・・・もううんざり

November 15 [Thu], 2018, 19:46
ゴミ処理ばかりの毎日。
しかも、お金になるわけじゃないし、やり終えたとしても何の得もないわけで・・・
まぁ、社会の一員としての責任ってやつなのだろうが、とても辛い。

「どうしても辛い時は逃げてもいいんだよ」
みたいな言葉もあるけれど、逃げ場所なんていったいどこにあるんだ?

なんてちょっと愚痴ってガス抜き。


今日はひたすらアルミ材を細かく切断してました。

30年ほど前までは、アルミや銅などの金属くずは分別しておいてある程度溜まったら、近所の回収業者に持って行くといくらかのお金になるので、それを職人のお茶菓子代にしていたのです。
しかし、バブル時代と呼ばれる頃になると、廃材の価格は下がり近所の回収業者も廃業。
そうなると遠くの業者に来てもらわなければならず、少量の廃材では逆にお金がかかるようになってしまった。
それからは他のゴミと一緒に産業廃棄物で捨るようになったのです。

先日、産廃業者に来てもらったのだが、かなりの量のゴミが残ってしまった。
業者さんに聞いたところ「あと一回で載るかどうかかなぁ〜」とのこと。
結構な金額がかかるので、あと2回はきつい。

てなわけで、他で捨てられそうな物は分けて、業者に持ち込めば安く済ませるのではないかと考え、こんな地味な作業を重たい身体に鞭打ちながらやっていたワタシなのです。

頭の痛いスプレー缶の処理

November 12 [Mon], 2018, 19:23

以前も書いたのだが、中身が入っているスプレー缶の処理には困った。

産廃業者に相談してみたら、「調べてこちらから電話します」と言われてからもう10日が過ぎた。
明日はこちらから連絡してみよう。

産廃業者が回収してくれることになったとしても、今までの契約内容の変更などが面倒なので、なにか他に方法はないものかと調べてみた。
どうやら不用品回収の専門業者よりも、便利屋さんに頼んじゃった方が手っ取り早いし安いみたいな感じ。

処理費用もまちまちだけれど、業者の場所によっては出張料が高くなってしまうので、何軒かに問い合わせてみるのが良いかもね。

こんな時にはちょっと不便

November 11 [Sun], 2018, 17:21
この半年ほどは部屋や工場の片付けの毎日。
片付けといっても、やってることはほとんどゴミ捨てなんだけど。
捨てても捨てても終りが見えない作業が続いた。
なんとか一般ゴミで出せるものは終りが見えてきたので、今度は粗大ごみの処分。
ワタシでは運べない大きなものを、仲間が処分してくれたのは嬉しかったなぁ。

あとは出来る限り自分でやらなければならないのだが、ワタシの住んでいる自治体では年間の持込み数が限られていて、すべて処分することが出来ない。
そんな時に声をかけてくれたのが、同業の先輩。
処分に困っていたクルマのスタッドレスタイヤや廃油、そして粗大ごみの処分についてもいろいろと手配してくれた。
先週もクルマに載せられるだけ載せて先輩と一緒に処分場へ。
そして今週も再度持込むため、天気の良い今日にうちに載せておいた。


愛車のルポは小さくて普段使いにはとても良いクルマなのだけれど、こういう時にはその小ささが仇となる。
昔、ヴァナゴンに乗っていたから余計に感じるのかもしれないが・・・
まぁ、その『こういう時』っていうのも、普通は一生に何度もないけどね。

素直に喜べない

November 10 [Sat], 2018, 18:07
大学病院での定期的な診察に行ってきた。

喫煙についての事情は医師には伝えていたので、しばらくその話は出なかったが、今日は突然「煙草はまだ吸っているの?」 と聞かれた。
こりゃとうとうお終いが近くなったのかな? なんて思ったらその逆。
間質性肺炎があまり進行していないので、大事にすればあと10年、あるいは20年生きられるかもって。
素直に喜ぶところかもしれないけれど、なんとも微妙な気分。

そりゃ死にたくはないよ。
でも、病名がわかってから「あと10年」 って設定して、その間に自分に何が出来るのかと考えたワタシは、個人年金まで解約して、子供達の養育費を払い終えるため、そして30年以上頑張ってきた仕事を悔いなく辞めるために、歯を食いしばりながら仕事を続けてきた。
正直、仕事中に倒れてそのまま死んじゃうのもアリかな、くらいな意気込みで。

まぁ、寿命が延びそうだからといって、病状が改善するわけじゃないから仕事が出来るわけじゃない。
お医者さんが言う通り、この病気は不可逆性のものだから。
でもさ、もしあと10年以上生きられるのなら、これから勉強してこの身体でも出来る仕事を見つけられるかもしれない。
しかし、何をしようにも、もうお金もないし、身体は動かないんだけどね。

とりあえず、工場の整理とか、引越先の部屋探し(これが一番の難関)とか、まだ片付けなきゃならない問題が沢山あるので、考えるのはその後だな。

笑っているからって、必ずしも嬉しいわけじゃない・・・みたいな

November 05 [Mon], 2018, 17:13
一人暮らしの食事の課題は、何といっても食材を腐らせないうちに使い切るってことだよね。
なるべく種類を減らし、その限られた食材からいろいろな料理を作らなければならない。
以前、キャベツは半分に切った物を買っていたが、どうにも持ちが悪い。
最近になって、ひと玉買って外側から一枚づつ剥がしていけば結構持つことに気が付いた。
それでもひと玉消費するには毎日キャベツの入った料理を作らなければならない。
いろいろと工夫して来たけれど、ちょっと飽き気味。
キャベツを大量消費出来て上手いもの・・・なんかないかなぁ〜。


ってことで、お好み焼きを作ってみた。
「上手い!」 でもなんか違うような気がする。
これってひとりで食べるもんじゃないよねぇ。
まぁ、ひとりおでんや、ひとり鍋なんかもやってきたから慣れてはいるんだけど・・・

この間見ていたアニメで 「慣れているからといって、君の心が磨り減っていることには変わらないだろ」 みたいな台詞があったのだけれど、画面に向かって思わず頷いちゃったよ。

「少年の心を忘れない」ってこういうこと?

November 03 [Sat], 2018, 19:36

小腹がすいたので、スナック菓子をつまみながら休憩してた時に、思わず二度見してしまった「なげわ」のキャラクター。

心が汚れてしまったのかなぁ・・・いや、純粋な小学生男子の心を今でも忘れずにいるってことなのか?

買うより捨てる方が大変

November 02 [Fri], 2018, 17:18
工場の不用品もだいぶ片付いてきたのだけれど、やめるために使う労力やお金ってかなりの重圧になって我が身にのしかかる。
まるで、銃を突きつけられながら自分の墓穴を掘っているみたいだ。

10年くらい前だと何でもトラックに山積みにして持っていってくれた産廃業者さんも、かなり法的な縛りがきつくなり、細かいものまで再契約が必要になった。
冷蔵庫や洗濯機などは家電リサイクルとやらで、また違った業者さんに頼まなければならないし、パソコンもしかり。


これは天井に取付けた空気清浄機。
リース物なのだが、リース業者さんは引き取りはするが取外しはしないらしい、販売店で取外せば運んでくれるって言われた。
たしかにそれの方が3,000円くらい安くなるが、もう面倒くさくなって取外しと運搬を販売店に頼んだ。
正直、そんな何てことないやり取りでもクタクタだよ。

仕事仲間の協力があって、なんとか自暴自棄にならずにすんでいるのだけれど、なんだかもうギリギリっす。

心を浄化しなくっちゃ

October 31 [Wed], 2018, 21:29
工場の整理に根を詰めて無理をしたせいか、急に具合が悪くなって寝込んでしまった。
なんとかトイレには行けるけれど、食事の用意が出来ない。
仕方なく家にあった食パンをそのまま水で流し込んでしのいだ。
丸一日ベッドで過ごしたら動けるようになり、ようやくまともな食事にありつけた。

その後はソファーでのんびり過ごしたのだが、何もしないでいるとこれからの事を考えたりして気持ちが沈むので、久しぶりにお絵かきでもして心を浄化することにしました。


5か月ぶりのお絵かき。
手元にあった本に載っていた写真を見ながら描いただけです。
たった数か月触らなかっただけで、お絵かきソフトの操作法を結構忘れてた。
年を取ってから覚えたものって、なんですぐに忘れちゃうんだろう。
ちょっとショック。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaz
読者になる
2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ