無くした物は道具で補う

January 17 [Thu], 2019, 20:22
都営住宅の申込みについては、法務省から送られてくる予定の書類待ち。
合間に作業していた昨年度の決算もほぼ終り、あとは印刷するだけなので週末には完了しそうだ。

事務作業をしていて感じたのは、筋力の衰え。
重い物が持てないとか、長距離を歩けないとかは分かってはいたけれど、最近は座っての作業も辛くなった。

作業台にPCを置いているので、背の高い椅子が必要。
元気な頃は、こんな椅子に座って事務作業をしていた。


病気になってからしばらくすると、背もたれの無い椅子での作業が辛くなってきた。
事務用の椅子をあれこれ探したが、なかなか座面の高い物が見つからない。
たまたま、取引先の病院で見かけたのがこれ。


オカムラWSスツール。4年ほど前に購入。
病院のナースセンターで見かける、背の高い机用の椅子です。
完全に医療業務用なので、普通に検索しても見つからないわけだ。
これで事務作業もかなり快適になったのだけれど、それももう限界が来たようだ。
昨年末、半日ほど座っていたら、夜になって眠れないほど背中が痛くなった。
体幹の筋力がかなり弱って来たみたい。

これからは、クルマのシートのように背もたれが大きい椅子が必要だなぁ。
「お金のあるうちに買っておく物リスト」に入れておこうと思う。
いずれ何も出来なくなる日が来るのだろうが、それまでは出来る限り『可能性』は広げておきたいからね。

ドキドキの資格審査日

January 15 [Tue], 2019, 23:42
いよいよ都営住宅の資格審査日がやってきた。
書類の準備は万端なはずだが、もう一度確認し家を出た。


渋谷の都営住宅募集センターに審査開始の20分ほど前に到着、丁度いい時間だ。
受付で番号札をもらい、順番を待つことに。
ワタシは3番目だったので、前の2人の職員とのやりとりに聞き耳を立ててみた。
どうも今日は審査をする日ではなく、主に審査のための書類がきちんと揃えられているかのチェックらしい。
そして、すべての書類が揃ったあとに、3人の審査員(?)が審査をし、それで合否が決まるとのことだ。

1番目の人はきちんと書類をまとめて持って来たが、1枚だけ記載事項が違っていたみたい。
「あゝ、それ自分もやったことあるなぁ〜」なんて思って聞いていた。

2番目の人は、そもそもなんでその書類が必要かがわかっていないようだ。
しかも不足分の書類は募集センターで揃えてもらえる、みたいな勘違いをしている。
それでも審査担当の方は丁寧に説明を繰り返していた。
「気持ちはわかるよ。うちのお客さんにも沢山いたから」、つい担当さんに共感しちゃう。

いよいよワタシの番。
言われた通りの順番に書類を提出したり、出された書類に住所や氏名を書いて捺印したり、淡々とした作業が続く。
必要な書類はきちんとまとめておいたのでスムーズに進んでいく。
どうしても手に入れるのに2〜3週間かかる書類があるのだが、事前に電話で相談していたので話は早かった。
不足分の書類は提出期限を決めて、郵送することに。
これで今日は終了。

あとは申請している書類がきちんと送られて来ればいいのだが、今住んでる団地って、郵便が違う部屋に届くことが多いんだよねぇ。それが唯一の心配かな。

そんなに心配しなくても・・・なんて思われるかもしれない。
けれども、藁にもすがる思いで申込み続けた都営住宅。
その当選は、空から降りた一筋のクモの糸みたいなものですから。

赤いペガサス

January 13 [Sun], 2019, 18:04
明日の体調さえも、次の日に起きてみないとわからないのが、とっても不便だ。
遊びの約束なら、すぐに連絡を取れば問題ないのだけれど、仕事や役所絡みになるとそうもいかない。
なので、そんな予定がある日の前後1日は予定を入れず、なるべく身体を休める時間を作るようにしている。

今日は機械引取りの立会いがあったので、昨日は家でゆっくり過ごした。


テレビはつまらないし、掃除したり絵を描く気力もなかったので、「赤いペガサス」全14巻を一気読みしました。
「赤いペガサスU 翔」や「熱風の虎」も持っていたけれど、去年捨てちゃった(涙)
しかし、これだけは捨てられなかった、ってか捨てなくてよかったぁ〜。
昔の漫画なので?な部分もあるけれど、毎年死人が出ていた頃のF1ドライバーの心理描写がとてもよく描かれている。
それだけではなく、ドライバーの家族、チームオーナーやメカニック、スポンサーやタイヤメーカーとの関係など、華やかな世界の裏側もリアルで、きちんとした取材を元に造られた作品だと感じる。

日本で初めてF1が開催された翌年の1977年から連載された漫画だが、日本でのF1ファンはまだ少なく、あまり語られることのない作品となってしまいました。
しかし、間違いなく名作でしょう。
すべての人が楽しめると言うわけではないけれど、F1が好きでまだ読んでいないと言う人は絶対に読んでおくことをお勧めします。

都営住宅の資格審査に向けて 2

January 11 [Fri], 2019, 19:40
多くの人は、明日から3連休らしい。
ここ20年くらいは一般的な休日に関係なく暮らしていたので、実感が無い。
おかげで、常用している薬が切れて病院に行ったら盆休みだったり、区役所に行ったら祝日で休みだった、なんて失敗を何度したことか・・・

15日はいよいよ都営住宅の審査日だ。
前日が祝日なので、役所に行けるのは今日まで。
今までの失敗を繰り返さないように、昨晩は念入りに書類を確認。
今日は工場に来て再度確認し、都営住宅募集センターへの道のりや駐車場も調べておいた。

これで準備万端と思いきや、天気予報には雪マークが・・・
23区内では積もることは無いとの予報だが、自然現象は神のみぞ知る世界。


タイヤチェーン、フロアジャッキ、長靴にゴム手袋などをクルマに積んでおくことにした。
チェーンを捨てなくてよかったぁ〜。
あとは当日にあわせて体調を管理するだけ。
クルマの故障や突然の体調不良などの不確定要素はまだまだあるが、出来る限りのことはやった。

それでも、今後の生活においてはとても重要なことなので、不安でいっぱい。
ポジティブかもしれないが、楽天的ではないからねぇ。
緊張状態が続いて、とっても辛いっす。

タバコは健康のバロメーター?

January 09 [Wed], 2019, 18:18
今年は3日から工場に来て、事務作業や団地の審査に必要な書類を調べたりしていた。
早く工場の整理を終わらせて、これからの準備に集中出来るようにしたい。

月曜日、頭の中のtodoリストはこんな感じでした。

1.信用金庫で家賃支払口座の記帳
2.区民事務所で課税証明を取る
3.工場に行って事務作業

しかし、目が覚めるともう午後になっていた。身体が重い。
それでもなんとか外に出た。


遠くに見える筑波山。
冷たい空気が気持ちいいが、とにかくダルイ。


信金で記帳してから、区民事務所へ。
駐車場から50メートルほど歩いただけで、ひどい息切れと動悸でクラクラしてきた。
いやぁ〜、これ絶対普通じゃないわ。
せっかく団地に当たったのに入院とか死ぬとかは嫌なので、踵を返し家に戻った。
そのまま部屋でグッタリ。
翌日の晩になって、やっと食事の準備が出来るくらいに回復しました。

一昨年、子供への養育費を払い終えた後、40度超えの熱を出して1ヶ月も休んだことがあった。
今回も工場の片付けの目安も立ち、団地の手続も何とかなりそうになったので、気持ちが緩んだのかもね。
ここ数年ワタシの心の糸はパッツンパッツンです。
突然プツンと切れて自分が壊れてしまうんじゃないかと、いつもドキドキ。
身体が先か、精神が先か。
いつまで続くのかなぁ〜、この綱渡り状態。

いつもダルイので、なかなか体調が把握できないけれど、今回ひとつ気付いたことがある。
「朝の一服が不味い日は動かないほうが良い」

保証人の収入条件が結構きびしい

January 06 [Sun], 2019, 19:51
今までの人生、コツコツ積み上げてきたものが、ちょっとした悪運で台無しになったことが何度もあります。
いつからか良い事があると、「これを帳消しにするほどの悪い事が起きるんじゃないか」なんて妄想を抱くようになってしまった。
なので、今回の当選も手放しで喜べる気分にはなれません。

だからといって、何もせずに運命に身を任すなんてことはしません。
「前進のない停滞は後退を意味する」って言いますしね。
とにかく調べられることは出来るだけ調べて、マイナス要素をひとつずつ潰していかなくちゃ。
資格審査通知書が届いてからは、審査や入居までの手続についてネットで調べまくっています。

そして浮かび上がってきた問題が「連帯保証人」。
親はとっくに死んでいますし、叔父さん達も80歳を超えています。
保証会社はもう収入の無いワタシには使えないみたいだし・・・

そういえば妹が数年前にパートから正社員になったって言ってたっけ。
でもひとりで働きながら子育てをしているのに迷惑かけたくないし・・・
しかし、もう後がありません。
正月に会った時に思い切って保証人の話をすると、あっさり承諾してくれました。
あとで「泣きそうなほど、嬉しかった」と言うと、「何言ってんのよ。たった2人の兄妹じゃない」って言ってくれた。
今度は本当に涙が出た。

もちろん逆の立場だったら自分だって引き受けるが、これからのワタシには何もしてあげることが出来ない。
そんな事を話すと「そんなの関係ないよ」と。

工場の片付けを手伝ってくれた人達、引越しはまかせろと言ってくれる人達、いろいろと相談にのってくれた親戚の人達、そして妹。
お金と健康には縁が無かったけれど、ありがたい事に人には恵まれているようです。

入居が決まっても保証人が見つからない場合は、後日、保証人を見つけることを誓約する誓約書を出せば、一応入居は出来るそうです。
しかし、都営住宅入居を希望している方は、保証人になってくれる人をあらかじめ探しておく方が良いのかもしれません。

都営住宅の資格審査に向けて

January 04 [Fri], 2019, 17:37
都営住宅の資格審査通知書が届いたのは12月26日だったが、その日は郵便受けを確認しなかったので、気が付いたのは翌日だった。
審査日は1月15日なので、持って行く書類などを用意するのに約2週間。
けれど、正月休みは役所も休みなので、実質1週間で用意しなければならない。
ワタシの場合は時間の都合はどうにでもなるけれど、簡単に休みが取れない仕事の人は大変だろうなぁ〜。
とにかく書類不備で入居不可になったら、それこそ目も当てられない。
この1週間、ネットで出来る限りのことを調べて、分からないことをリストアップ。
仕事始めの今日は、早速各所に電話で確認しました。

都営住宅の審査は、本人確認はもちろん、収入や同居家族、年金額、本当に住まいに困っているかなどを調べる。
ワタシが応募したのは単身用の部屋。
本人が本当に独り身なのかを証明する「独身証明」が必要だそうだ。
ニセの婚約者や同居予定のない家族を使って、広い部屋に応募すると言うのは聞いたことがあるけれど、単身用住宅にこっそり家族で住むために応募する人もいるんだねぇ。

この「独身証明」、普通は戸籍謄本を取ればいいので、提出する書類は一日休みを取って役所に行けば、ほぼOK。
ワタシは外国人なので、もうひと手間増えますが、その辺はあちこちに電話して確認済みなので何とかなりそうです。

長年、福祉の仕事にかかわってきたので、そう思うのかもしれませんが・・・
都営住宅の家賃が安いのは、「大家さんの粋な計らい」ではありません。
税金によって「補助」されているのです。
だからね。
たしかに手続は面倒ですが、きちんとした審査を行うのは大事ですよねぇ。

なんて綺麗事を言いつつ、審査の日は朝から渋谷まで行かなければならないと思うと、クラクラしてくるんですけどね(笑)

遺伝って凄い!

January 03 [Thu], 2019, 17:15
元日は病気になってから初めて親戚の集まりに顔を出しました。
毎年行きたいとは思っていましたが、正月は仕事をしているか、具合が悪くて寝ているかのどちらかって感じでしたので・・・
しばらく会っていなかった妹と会えたのが、嬉しかったなぁ。

病気で痩せてから、鏡に映る姿が父とそっくりになった自分。
妹は思わず「お母さん・・・」って声に出ちゃうくらい母にそっくり。
妹の子供を見てさらにビックリ。
若き日の妹夫婦が、時空を超えて目の前に現れたようだ。
遺伝子ってすげぇなぁ〜。

自分の子供にはもう5年くらい会ってないけれど、3人もいるから誰かはワタシに似ているんだろう。
ワタシという存在が消えようとも、データの一部が彼らの遺伝子に書き込まれ、生き続ける。
そんな風に考えると、いくら自己肯定感の低いワタシでも「自己の存在に理由なんていらない」って思える。
子供たちがワタシのことをどう思っているのかわからない。
親の離婚で嫌な思いをさせたが、みんな無事に成人してくれてありがとう。


会えない寂しさで心が押し潰されそうな時もあるけれど、子供がいてくれて本当に良かった。

あけましておめでとうございます

January 01 [Tue], 2019, 6:12

今年の年賀状。
おととしから干支の動物と女の子を描いてきたけれど、今年はイノシシ。
どうやってイノシシと女の子を組み合わせればいいの?
悩みに悩んで出た答えがコレ。

投函した後にふと思ったのだけれど・・・
離れて暮らす子供たちにも毎年送ってるんだよねぇ〜、年賀状。
返事は来ないけどね。
しばらく会っていない父親から来る年賀状がこの絵って、大丈夫なのか?
まぁ、みんな無事成人しちゃったから、もうどう思われようがいいけどね。

ひとりの部屋で一心不乱に幼女を描くジジイ(56歳)。
今年もよろしくお願いします。

忘れてた!

December 30 [Sun], 2018, 19:00
年末の事務作業を工場でやるのは寒くてたまらない。
キーボードを打つ時に手袋はできないので、気が付くと死人のような手の色になってしまう。
そのために、4年前に無理してSurface pro3買ったんだっけ。
データはクラウド上に保存されているので、自宅で作業しようとしたら・・・

会計ソフトが入ってない!

えっ!なんで?
落着いて記憶を辿ってみたら思い出した。
3年前に壊れた時に、保証で交換してもらったんだっけ。
その時の事はブログにも書いていた。


仕方なく今日は寒い工場で、会計ソフトをインストールすることに。
ソフトのCD、捨てなくてよかった。

SurfaceにはCDドライブが付いてないので、工場のPCでCDのデータをUSBメモリにコピー。
それを使ってインストールしようとしたが、正常に完了しない。
そういえばこのソフト、2台のPCしかインストールできないんだっけ。
メーカーサイトには最初に買ったSurfaceが登録されているから、登録し直さなくてはならないようだ。
ところがマイページに入るパスワードがわからない。
パスワードの変更登録をして、やっと手続きができた。
その後、なんとかインストールも終えたけれど、もう疲れた。

今年もあと1日。
事務作業を年内に終わらせるのは諦めました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaz
読者になる
2019年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Kaz
赤いペガサス (2019年01月17日)
アイコン画像湘南のT4
赤いペガサス (2019年01月17日)
アイコン画像Kaz
赤いペガサス (2019年01月16日)
アイコン画像copersucarf5a
赤いペガサス (2019年01月13日)
アイコン画像copersucarf5a
都営住宅の資格審査に向けて 2 (2019年01月12日)
アイコン画像copersucarf5a
タバコは健康のバロメーター? (2019年01月10日)
月別アーカイブ