九重親方(千代の富士)逝去

July 31 [Sun], 2016, 23:59
突然の知らせにびっくりしました。
相撲部屋での暴行事件が発覚してから見なくちゃったけど、
千代の富士が現役の頃は相撲が好きだったな。
北天佑戦や北尾(双羽黒)戦は興奮した。
キン肉マンに出てくるウルフマンは千代の富士がモデルでしたね。
ご冥福をお祈りいたします。

とと姉ちゃん第17週(7.25-30)

July 30 [Sat], 2016, 21:33
手狭な部屋をミカン箱を利用して小奇麗にするアイディアを思いつき、
最新刊を発行する小橋常子(高畑充希)花山(唐沢寿明)
だがライバル誌の増加で出版業界は不況、
会社存続の危機に追い込まれた常子は花山に黙って雑誌に広告を掲載、
怒った花山は出版社を去ってしまったと。

『常子、花山と断絶する』というタイトルだったけど、
実際は『常子、花山から断絶される』という内容でしたな。
常子がどんなことをしてでも事業を存続させて、
自分や従業員の生活を守りたいと思っているのに対し、
花山は理想の雑誌が作れないくらいなら
出版社など潰れてしまってもいいというスタンスなのでしょう。
経営者の常子と職人気質の花山の違いがよく出たエピソードでした。
直前まで結論を言い渡さなかったのは感心しなかったけど、
広告を載せたのも含めて、常子の判断は正しかったと僕は思う。
そして水田をリストラせず、会社を去った花山のアイディアを使うべきではない
とした常子の判断にも好感が持てた。

『営業部長 吉良奈津子』、2話まで観ましたが、リタイアです。
面白かった方、ごめんなさい。
出産前まで我儘一杯に暮らしてきた主人公が
仕事に家庭に奮闘する姿を描く作品なのだろうから、
序盤は主人公の欠点が目立つ展開となるのでしょうが、
それにしても主人公と展開に好感が持てない。
会社の利益より自分の面子を優先させる主人公は管理職の資質が欠けてると思うし、
この主人公が働くママの代表みたいな扱いをされたら、不快に感じる女性が多いだろう。
松嶋菜々子さん、昔から応援してるだけに残念。
『水族館ガール』、楽しんでいるのだけど、次回放送は8月26日らしい。
折角視覚的に涼しさを感じさせる作品なのに。

今期のドラマ、ほとんどがもう視聴率10%を切っている。低調だ。
僕が学生の頃はドラマの感想が仲間たちとの話題になる時代だった。
今の若い子は周囲が見てないから見る必要性も感じないのだろう。
この流れを変えるのは難しいだろうな。

★とと姉ちゃんの感想★
第1週 第2週 第3週 第4週 第5週 第6週 第9週 第10週 第11週 第12-13週 第14週 第15週 第16週

そして、誰もいなくなった第2話 & 好きな人がいること第3話(7.24-25)

July 27 [Wed], 2016, 1:15
・そして、誰もいなくなった第2話
田嶋課長(ヒロミ)の協力でデータ消去ソフト「ミスイレイズ」
アクセスした人物を特定しようとする藤堂新一(藤原竜也)
だがアクセス記録は何者かに消去されていた。
呆然とする新一にガキの使いを名乗る怪人物が電話で指示を出してくる。
ガキの使いに振りまわされた新一は公安の鬼塚(神保悟志)に拉致されてしまう。

毎回登場人物が一人ずつ正体や嘘がバレて消えていくのかなと思ってた。
この2話は田嶋課長が消えるものと思ってた。
展開はたいして進んでないのですが、
新一の危機や登場人物の怪しさの見せ方が上手いですな。
このまま最後まで突っ走って、『もう誰も愛さない』のような怪作になってほしいものです。

このドラマのオールバックの玉山鉄二が加藤浩次に見えてならない。

・好きな人がいること第3話
千秋(三浦翔平)への高月楓(菜々緒)の想いを知り、
恋を諦めようか悩む美咲(桐谷美玲)
一方、レストランの経営状態が厳しいことから
デミグラスソースを市販のものに変えようかと
夏向(山ア賢人)も悩んでいた。

「そんな理由で諦められるのなら、
結局その程度なんだよ、おまえの気持ちなんて」

市販のデミグラスソースに変えようとしていた夏向に
美咲が前に言われたことを言い放つのが上手かったな。
手作りソースを作り続けるという結論にもほっとさせられるものがあった。
経営問題は何も解決してませんが。

手作りのデミグラスソースと市販のソース、
夏向は区別がついたのに三男坊がつかなかったのは『ランチの女王』を思い出した。
もうちょっとご飯が美味しそうに見えるといいのになあ。

★そして、誰もいなくなったの感想★
第1話

★好きな人がいることの感想★
第1話 第2話

好きな人がいること第2話 & 女たちの特捜最前線第1話 & 営業部長 吉良奈津子第1話 & とと姉ちゃん第16週(7.18-23)

July 23 [Sat], 2016, 9:37
・好きな人がいること第2話
夏向(山ア賢人)と結婚式用の料理やケーキ作りに奮闘する美咲(桐谷美玲)
だが好意を寄せている千秋(三浦翔平)の前でどじょうすくいの恰好をさせられた上、
千秋が高月楓(菜々緒)とキスしているのを目撃してしまう。
失意の美咲を夏向はクルーザーに誘う。

次男、クルーザーから突き落とすなよ(笑)。
意地悪な性格はともかくそれはダメだ。
でも若い子たちが一生懸命生きてる姿が微笑ましくて、この作品好きですな。

・女たちの特捜最前線第1話
総務課・広報課・食堂勤務の女性警察官三人組(高島礼子・宮崎美子・高畑淳子)が
井戸端会議をしながら難事件を解決していく刑事ドラマらしい。
『相棒』や『科捜研の女』の脚本も書いたことのある深沢正樹脚本ということで
観やすくて、まあまあ面白かったです。
感想は書かないかもしれませんが、最後まで観ると思います。

放送前に薬物事件が発覚してしまって、放送中止にした方がいいのでは?
と思った時期もあったけど、多少落ち着いたから大丈夫かな。
よりによって刑事ドラマというのがね。
初回楽しみましたが、この撮影の時期はまだ何も知らないんだろうな
などと思っちゃったのも事実です。
うん、表情の変化とか気になっちゃうだろうなあ。

・営業部長 吉良奈津子第1話
産後復帰後、クリエイティブディレクターから場違いの営業部長に異動となった
女性吉良奈津子(松嶋菜々子)の奮闘を描くドラマ。
井上由美子脚本。
今期一番期待してたんだけど、期待外れだったな。
内容としては、傲慢なエリート女性が弱小部署に飛ばされて奮闘するという
パターンものがベースなんだけど、
嫁姑問題、怪しいベビーシッター、夫の理解、クリエイティブへの未練、
余計な要素が多くて、もやもやする作品にしてしまっているなあ。
『ドクターX』のような痛快な展開か、現代社会を考えさせられるビジネスドラマか、
どっちかであってほしかったな。残念。しばし様子見。

・とと姉ちゃん第16週
旧友綾(阿部純子)をはじめとするカフェーで働く女性の話を聞き、
女性が服を買えないことを痛感する小橋常子(高畑充希)花山(唐沢寿明)
花山は少ない生地から洋服を作る直線裁ちというやり方を編み出し、
常子はその記事を載せた雑誌あなたの暮しを創刊、大好評を得たと。

直線裁ち、花山さんの発案だったんだな。
人々が持っている生地で手軽に服を作る方法を提供する、
日本人が貧しかったこの時代ならではの求められた雑誌だったんだな。
今まで常子たちは幾つか雑誌を販売してたけど、
この時代に買う価値はあったんだろうか?と疑問を感じたりもした。
でもこれなら多少納得。
ただ、カフェの女性たちが直線裁ちの服を着ると綺麗に見えた一方、
常子たちはそぐわない気がした。普段から小奇麗な恰好してたからね。
洋服もだいぶ前から着てたし、庶民に比べると裕福なんだろうな。
だからこそ、これから女性向けの雑誌が売れる時代になるという確信があっても
(これ自体が凄いことではあると思う)
この時代の女性たちが本当に求めている雑誌にはならなかったのでしょうな。

★好きな人がいることの感想★
第1話

★とと姉ちゃんの感想★
第1週 第2週 第3週 第4週 第5週 第6週 第9週 第10週 第11週 第12-13週 第14週 第15週

今シーズン観る予定のTV番組(2016.7-9)

July 23 [Sat], 2016, 9:35
だいだい7月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  とと姉ちゃんそして、誰もいなくなった好きな人がいること
     傾城の皇妃、女たちの特捜最前線、水族館ガール
バラエティー ぶらり途中下車の旅、笑点、MOCO'Sキッチン、じゅん散歩
アニメ  境界のRINNE2、食戟のソーマ弐ノ皿、DAYS、orange
     Re:ゼロから始める異世界生活、タブー・タトゥー、NEW GAME!
     聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話、この美術部には問題がある!
特撮  動物戦隊ジュウオウジャー仮面ライダーゴースト、仮面ライダーアマゾンズ
特番  ドクターX 外科医・大門未知子スペシャル、コンフィデンス
     孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編
再放送 ER 緊急救命室、桃太郎侍、地方記者立花陽介、教師びんびん物語U
ネット配信 電子戦隊デンジマン
DVD  必殺仕置人人形劇三国志影の軍団W、長男の嫁2
     美少女戦士セーラームーンR仮面ライダー龍騎

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組。
夏ドラマはあまり期待できないということが多いのですが、
今期は『好きな人がいること』と『そして、誰もいなくなった』がなかなか面白いと思いました。
ザ・恋愛ドラマな『好きな人がいること』とサスペンス系の『そして、誰もいなくなった』、
それぞれ今風な作品に思えましたね。
アニメでは、『NEW GAME!』と『この美術部には問題がある!』、
主人公の若い女の子たちの一生懸命な姿が微笑ましくて、観てるのが楽しいです。
特撮では、今期で終了の『仮面ライダーゴースト』、
東京MXで放送開始となった『アマゾンズ』に期待してます。

そして、誰もいなくなった第1話(7.17)

July 18 [Mon], 2016, 15:48
何者かの陰謀で個人情報を失ったシステム開発者藤堂新一(藤原竜也)
危機と逆襲を描くサスペンス作品らしい。
秦建日子脚本。
つっこみどころもあったけど、面白かったな。1時間半があっという間だった。
個人情報の取り扱いが重要視されている現代ならではの作品という気がしたね。
怪しい登場人物が多く、どんな素顔を見せてくれるのか楽しみだ。
最後までこの初回のテンションを維持してほしいね。

『仰げば尊し』、初回を観ましたが、
ヤンキーは好きではないので観続けたいとは思えなかった。
『HOPE 期待ゼロの新入社員』、『仰げば尊し』より面白そうな気がしましたが、
キャスティングに不満があるので観ません。
面白かった方、ごめんなさい。

水族館ガール第4話 & とと姉ちゃん第15週(7.11-16)

July 17 [Sun], 2016, 19:02
・水族館ガール第4話
由香(松岡茉優)が特に大事に育てていたイルカのC1(シーワン)の
最期が描かれた回。
C1の死よりも(イルカの演技(?)が見事だったな)、
大事に育てた生き物の解剖に立ち会わなければならない飼育員の宿命に
感じさせるものがあったな。
僕は今まで三匹犬を飼ったことがあって、火葬も立ち会ったけど、
解剖されるのを見るのは忍びないな。
ペットと動物園や水族館の生物は違うというのはもちろんわかるし、
解剖するのは今後の研究や対策のためというのも理解できるけど、
実際にそれを直視しなければならないとなるとね。
ただ動物が好きだからという気持ちだけではできない仕事だな。
動物の誕生から死まで見守る、優しくも厳しい世界だ。

・とと姉ちゃん第15週
女性向けの雑誌の製作に行き詰った小橋常子(高畑充希)
花山(唐沢寿明)に協力を仰ぐ。
当初は渋る花山だったが、翻意して小橋姉妹に協力、
その甲斐あって、常子たちの作った雑誌は大いに売れたと。

戦時中、焼夷弾は怖くないという文面を出した結果、
多大な被害者を出してしまい、その後悔から筆を置こうとしていた花山、
戦時中の描き方がこれまでの朝ドラに比べていまいちに感じたものですが、
戦後になってから重くのしかかるとは。こういう朝ドラは初めてだな。
戦争が終わって自由にモノが書ける時代になったと喜ぶ常子と
罪悪感から筆を置いた花山、真逆の感情がこの時代を感じさせた。
そして、毎日の暮らしを犠牲にしてまで戦うものなど何もなかったという花山の述懐、
ちょうど放送時にトルコで軍事クーデターが勃発したという速報もあり、
考えさせられるものが大きかったです。

小橋ファミリーと花山のコミカルなやりとりも楽しかった。
唐沢寿明さん、僕は雰囲気で魅せる俳優さんだと思ってた。
重厚軽妙切り替えて演技のできる俳優さんだったんだな。
これから小橋姉妹とどう衝突をしながら人気雑誌を作っていくのか楽しみです。

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、初回を観ましたが、
グダグダで面白味を感じられなかったのでもう観ません。
ミステリーは好きなんだけど、猟奇事件モノは苦手なのよね。
『家売るオンナ』、初回ちょっとだけ観ましたが、最後まで耐えられずリタイア。
日テレはああいう変わり者のやり手主人公が活躍する作品が好きだなあ。
『相棒』の杉下右京や『ドクターX』の大門未知子も変わり者ではありますが
それとは違うような。僕の贔屓目かもしれませんが。
波瑠さんも北川景子さんもこの演技でいいのかねとも思ったりしました。
『せいせいするほど、愛してる』『刑事7人』『はじめまして、愛しています。』は
脚本家やキャストが苦手なので観ません。
面白かった方、ごめんなさい。

★水族館ガールの感想★
第1話

★とと姉ちゃんの感想★
第1週 第2週 第3週 第4週 第5週 第6週 第9週 第10週 第11週 第12-13週 第14週

好きな人がいること第1話(7.11)

July 13 [Wed], 2016, 2:03
パティシエの主人公櫻井美咲(桐谷美玲)
イケメン三兄弟が運営する海辺のレストランで働きながら
恋に仕事に奮闘する姿を描く恋愛ドラマ。
タイトルがダサいのでまったく期待してなかったのですが(笑)、
主人公の元気でひたむきな姿が微笑ましく、ノリも楽しくて面白かったです。
『ランチの女王』の雰囲気をちょっと感じさせた。
夏らしさを感じさせる湘南の風景もイイね。
感想は書かないかもしれませんが、最後まで観ると思います。

都知事選

July 13 [Wed], 2016, 2:01
都知事選、鳥越俊太郎氏が野党統一候補として擁立され出馬を発表、
鳥越氏では勝てないと思う。
年齢や健康の不安もあるし、会見内容が都民に向けたメッセージになってない。
あれでは無党派層の支持は受けられないだろう。

民進党は宇都宮健児氏を推すのはよっぽど嫌なんだな。
自民党と同じく、電力会社から献金を貰っている議員が多いだけに
脱原発を訴える宇都宮氏が都知事となるのは絶対に阻止したいのか。
鳥越氏を擁立するとして、なぜ宇都宮氏と話をつけてから発表しないのだろう。
順序が逆じゃないかね。政治的駆け引きを知らないのだろうか。

7月13日(水)追記
宇都宮氏が下りて、鳥越氏が野党統一候補として出馬することが正式に決定。
これで野党の敗北は決まったな。自民が分裂しているのにもったいない。
鳥越氏は参院選の結果に危機感を抱き出馬を決意したと語っていたが、
その思いは僕も同じだけど、都知事選で語るべきことではないと思う。
そして年齢や健康の問題、選挙期間中絶対大丈夫か?と報道されるだろう。
都民は何度も都知事選が行われ、税金が使われるのにうんざりしている。
無党派層は鳥越氏を敬遠すると思う。
野党結集は今の民進党が中心であるかぎり野合に過ぎないな。残念だ。

参院選を終えて

July 12 [Tue], 2016, 1:30
昨日の参院選は自民・公明・おおさか維新が議席を増やし、
改憲派の議席数が国会発議に必要な全議席の2/3を超えた。
民進党の中にも改憲派の議員は多く、護憲を望む側としては状況は厳しい。
安倍政権の思惑を知ってか知らずか支持した人や政治に無関心な人が多く、
(昨日池上彰さんの番組が放送されているときに
今井絵理子氏の名前を検索したら、出馬してたことを知らない人が結構いた)
危うさを感じる僕のような人間は少数派ということなのでしょうな。
戦争の痛みを知る世代がいなくなるにつれ、
この国はいずれ戦争できる国に変貌してしまうのかなと案じてましたが、
時計の針が進んで(戦前に逆戻りかな?)しまったみたいだ。
そんな厳しい参院選だったけど、
蓮舫氏・福島瑞穂氏・有田芳生氏・伊波洋一氏・小川敏夫氏・青木愛氏らが
議席を獲得したのにはホッとした。
また、福島や沖縄で現職大臣が落選したり、
鹿児島知事選で脱原発を掲げた三反園訓氏が当選したのは
安倍政権にとって打撃だったんじゃないかな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE