美女と男子第11話(6.23)

June 26 [Fri], 2015, 1:38
向坂遼@町田啓太が女優朝倉かれん@吉岡里帆とキスしている写真が
週刊誌に載り、奔走する沢渡一子@仲間由紀恵
スキャンダルに触れない方針を採る一子だったが、騒動は加熱、
苦慮する一子は石野社長@前川泰之やプロデューサーの大門@東幹久から
強かな芸能界のやり方を学んだと。

遼への劣等感を一子に告白していた鷲見右京@中山麻聖
人気で調子に乗ってる嫌な野郎かと思ってましたが、
うぶで素直で可愛いトコあるじゃないですか。
悪い女にひっかからないか、気になりましたが(苦笑)。
一子と右京、遼と右京、今後の関係が楽しみになりました。

★美女と男子の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第8話 第9話

ラストコップ(6.19)

June 21 [Sun], 2015, 19:34
日テレと動画サイトHuluが共同制作した刑事ドラマ
続編はHuluで配信していくらしい。
こういうかたちのドラマやアニメが増えていくのかな。
1985年に爆発事故に巻き込まれ、30年間昏睡状態、
2015年に目覚めた刑事京極浩介@唐沢寿明
時代のギャップに直面しながら、怪事件に立ち向かうという内容。
20代の若者だったのに目が覚めたら50代、
奥さんだった女性は離婚して後輩と再婚していた・・・
(唐沢寿明さんと元奥さん役の和久井映見さんは
『妹よ』というドラマで恋人同士だったなあ。
あれから数十年経ち、「じじい」「ばばあ」と罵り合う関係になるとは(苦笑))
主人公は気の毒な境遇なのだけど、
そんなことを深く考える気にはなれないほどの軽いテンポで(苦笑)
軽快なテンポと唐沢寿明さんのコミカルな演技をお気楽に楽める作品でしたね。
続編が地上波で放送されるのなら観たいものです。

アイムホーム最終話(6.18)

June 20 [Sat], 2015, 2:31
恵@上戸彩の顔が仮面にしか見えなかった家路久@木村拓哉
だが相手の顔が仮面に見えるのは恵も同じだった。
すべての鍵の謎を解き、記憶を取り戻した久は会社の不正を告発、
火災に巻き込まれた恵を救った久は真の家族を手に入れたと

最終話でのホワイト久(今の久)とブラック久(過去の久)の対決、
『あしたの喜多善男』を思い出した。
こういうのが観たかったんだよ。毎回やればよかったのに。

設定は面白いのに、不要なエピソードが多く感じられたのが残念な作品だったなあ。
テレ朝のドラマは放送回数が少ないのが多いけど、全5話くらいがよかったのかな。
この作品の見所は、主人公が記憶を失っている5年の間に離婚と再婚をしているので、
前妻との記憶しかない上に
顔が不気味な仮面にしか見えないので、今の妻と息子に愛情を感じられないこと、
そしてかつての主人公が今とまったく違う傲慢で冷酷な人間だったこと・・・にあったと思うのよ。
そんな久が愛情を持てない妻子や過去の冷酷な自分に
戸惑いや嫌悪感・苦悩を見せる姿をもっと観たかったなあ。
妻子に愛情を感じられないという設定なのに、家庭サービスをしてめでたしめでたし♪
良き家庭人、良き社会人を強調するエピソードが多かった気がします。
ブラック久の描写が少なかったことといい、
キムタクのイメージを損ねないよう脚本家やスタッフが気を遣ったのでしょうか。
ある意味、一人二役の演技を楽しめる作品になっていたのになあ。
ホワイト久とブラック久の対立をもっと観たかったですわ

これで『美女と男子』『食の軍師』を除くと今期視聴していたドラマは終了
今期の僕の最優秀ドラマは・・・『美女と男子』かなあ。
傑作というわけではないのですけど、毎回安心して観ています。
作品そのものの魅力だと『アイムホーム』の方が上なんだけど、
『アイムホーム』は視聴後失望した回も多かったからなあ。
最優秀主演男優賞は木村拓哉(アイムホーム)
最優秀主演女優賞は仲間由紀恵(美女と男子)
最優秀助演男優賞は高橋ジョージ(美女と男子)、竹中直人(ようこそ、わが家へ)、
市川猿之助(ようこそ、わが家へ)
ということで。
市川猿之助さんが出たトコは本当に大笑いした。
今期はドラマは低調だったなあ。
『まれ』『天皇の料理番』『ようこそ、わが家へ』『戦う!書店ガール』
主人公に好感が持てないドラマが多すぎた。
来期の堤真一主演『リスクの神様』に期待してます。
でも『リスクの神様』の裏、『花咲舞』のセカンドシーズンなんだよなあ。

★アイムホームの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

美女と男子第9話 & 心がポキッとね最終話 & ようこそ、わが家へ最終話(6.9-15)

June 18 [Thu], 2015, 1:25
先週体調を崩してしまい、しばらくご無沙汰しておりました。
今シーズンのドラマやアニメももう終盤ですなあ

・美女と男子第9話
石野@前川泰之が設立した芸能事務所オフィスイシノの
所属となった沢渡一子@仲間由紀恵向坂遼@町田啓太
一子は遼のほかに若手俳優鷲見右京@中山麻聖の担当となるが、
遼と右京は敵対心を露わにしたと

新事務所に移籍して遼が躍進する近道を手にした気はするのだけど、
オフィスイシノにひのでプロのような温かみが感じられないのが寂しい。
IKKOさんに期待したいところ。
ラストで旧ひのでプロの人々が再登場したのに心が和んだな。

・心がポキッとね最終話
心@藤木直人静@山口智子は結婚、
春太@阿部サダヲはみやこ@水原希子に告白(?)、
人を好きになる気持ちを取り戻したと

『最後から二番目の恋』っぽかったけど、
『最後から二番目の恋』にはなれなかった作品。
『最後から二番目の恋』には毎回その回のテーマらしきものがあり、
登場人物の言動や考え方に共感できたのに対し、
『心がポキッとね』には共感できるキャラやシーンはなかったなあ。
台詞のやり取りや雰囲気が楽しく感じられる部分もあったけど、物足りなさもあり、
(変わり者の登場人物だけで1クール持たせたのは凄いなと思う)
視聴率が低迷していたのも納得できる作品ではありました。

・ようこそ、わが家へ最終話
太一@寺尾聰は遂に真瀬部長@竹中直人の不正を暴き、
息子健太@相葉雅紀は名無しさんの正体を突きとめ、倉田家に平和が訪れたと

名無しさん、市川猿之助さんだったのか(笑)
二宮君とかだと思ってた。顔見て、ふいてしまった。
嵐だったら、やっぱりなという感じだっただろうな。
猿之助さんで良かったと思います。
支離滅裂な言動の名無しさんを好演されてましたね

1クール持たせるために続々ストーカーを出現させたこの作品、
竹中直人、山口紗弥加、眞島秀和、堀内敬子、足立梨花、とどめの市川猿之助、
怪しい役をこなせる俳優陣に救われていたな。
親父の会社の一悶着とストーカー事件はもっと絡むものだと思ってました。
僕は名無しさんはストーカー事件そのものとは関係なくて、
倉田家を内心羨んでいるのが動機とかで西沢さん@山口紗弥加が黒幕だと思ってた。
ストーカーにつきまとわれながらもお気楽な倉田家には終始イライラさせられた
特に母親@南果歩にはイライラした。これも南果歩さんの演技力によるものか。
ろくに確認や根回しもせずに追及して毎度毎度真瀬部長に煮え湯を飲まされる
親父のボンクラぶりにもイライラした。
ストーカー事件を機に、倉田家の面々が賢さと用心深さを手に入れ、
名無しさんの正体を突きとめるものと思っていたが、
最後まで彼らから成長や教訓を感じられることはなかったな。
平和が訪れたかに見えた倉田家にまた何者かの嫌がらせが始まるという
ありがちなラストが用意されていたが、
倉田家ならそれも無理もないと思えた(苦笑)。

★美女と男子の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第8話

★心がポキッとねの感想★
第1話 第2話

★ようこそ、わが家への感想★
第1話 第2話 第3話

美女と男子第8話(6.2)

June 05 [Fri], 2015, 1:28
詐欺に騙され、2千万を失い、大ピンチのひのでプロ、
向坂遼@町田啓太は特撮ヒーロー番組のオーディションに参加、
見事主役を勝ち取るが、
沢渡一子@仲間由紀恵並木社長@森本レオの奔走も空しく
ひのでプロは倒産、
離婚も決定し、斑目コーポレーションとも決別した一子は
遼と共に芸能界で生きていく悲壮な決意を固めたと

離婚にひのでプロ倒産に斑目コーポレーションとの決別、
子供は残ったけど裸一貫になった一子、
まさに第一部完という回だったな。
多少は困難は待ち構えているだろうが、
所詮お気楽成り上がりモノと気楽に観てたのですが、
こんな展開になるとは思ってなかった。
第二部からの巻き返しに期待。
芸能事務所潰れて、特撮番組主演の話は大丈夫なのかな。
あと次回からOPの映像も変わっちゃうのかな?

★美女と男子の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第7話

美少女戦士セーラームーンCrystal第9話(6.1)

June 03 [Wed], 2015, 1:52
うさぎを庇って、斃れる
悲痛のうさぎはプリンセスセレニティに覚醒、
だが、衛の体は銀水晶共々ダークキングダムの手に堕ちてしまう

衛を失い、泣き叫ぶうさぎちゃん、ウザい(苦笑)。
衛との触れ合い、普段のうさぎちゃんのおバカで明るい様子、
他の四戦士との絆、しっかり描かれてなかったツケが来ちゃったな。
だから取り乱してるという印象が来ないのよね。
また比較しちゃうけど、旧作版は衛はレイちゃんと付き合っていて、
狼狽するうさぎちゃんをそんなレイちゃんが叱咤するシーンもあって、
引き締まっていたなあ。

★美少女戦士セーラームーンCrystalの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館3期最終話(5.31)

June 03 [Wed], 2015, 1:46
スコットランドの侯爵の城に出かけた伯爵家、
伯爵家の不在を好機と使用人たちは祭りに参加することに。
出産を控えていたメアリーは体調が急変して急遽帰省、
無事男児を出産するが、悲劇はこれから起きるのだった・・・。

裕福に見えた侯爵家も財政状態は火の車、
ダウントンがマシューのお蔭で救われていたことに気づく伯爵、
男児を出産して幸せそうな笑顔を見せていたメアリー、
それなのに、マシュー、ここで事故死ですかあ
この展開は予想してなかったなあ。久しぶりにドラマで衝撃を受けた。
泥酔して弾けてたモールズリーさん、ジミーと一歩仲良くなったトーマス
笑いを誘うシーンもあったのですが、ラストで全部吹っ飛んでしまったな。
この最終回、メアリーが流産するのかなと思ってた。まだその方が良かった。
マシューは伯爵家と伝統を受け継いでいく人だと思っていた。
ダウントンアビー、容赦ないなあ。
英国ではクリケット大会の回がシーズン3の最終回で
前回今回がクリスマスに放送されたスペシャル、
なぜクリスマスにこんなストーリーにした!?と苦情があったらしい。納得。
マシューのいない伯爵家、
マシューのいないダウントンアビー、想像がつかないな。
その後の伯爵家、気になるけど、シーズン4、どうなんだろ?
観るのが怖いです。喪失感が大きそうで・・・。

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館3期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2015年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE