ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期第9話(2.22)

February 24 [Tue], 2015, 2:01
クリスマスや年越しを楽しむダウントンアビー
だが、メアリーの心がマシューにあるのでは?と疑うサー・リチャード
不快の色を隠さず、メアリーとも激しく衝突、
一方、殺人の容疑で逮捕されたベイツは、
裁判で有罪の判決が下り、絞首刑を言い渡されてしまったと

ベイツさん、絞首刑を言い渡されちゃいましたか
まだ減刑の可能性はあるようですが。
先週放送された『華麗なる舞台裏』も当然観ましたが、
外交官が貴族の館で変死したとか、
第一次大戦後、スペイン風邪の流行で多くの人が亡くなったとか、
実際にあったことだったんですなあ。
毎回劇的展開の連続ではあるのですが、セットだけでなく、
時代考証もしっかりした作品なんだなと再確認させられましたわ。
日本の大河ドラマも見習ってほしいもんですなあ。
ということで、今回の裁判もたぶん当時のやり方を忠実に再現してるのでしょうなあ。
被告と被害者の関係、被告の以前の言動で有罪が決まってしまう・・・
怖いねえ。しかもどうやら控訴というシステムがないらしい。
これだと冤罪もあったんだろうなあ。
たぶんベイツさんは無罪になるのでしょうが、それも伯爵という後ろ盾がいたお蔭ですな。
しかし、ベイツさんを危機に追い込むのがオブライエンさんではなく、伯爵だったとはな(苦笑)。

さて、次回は最終回だそうで、どうまとめるのでしょうか。
サー・リチャードは・・・彼の横柄さと狭量さがマシューとメアリーをくっつけそうですな。
(今回猟銃でどちらかを撃つんじゃないかとヒヤヒヤした(汗))
そして、再就職に成功するや出世を目論むトーマス
伯爵の愛犬を意味ありげに見つめてましたが、
自演の誘拐劇でもやらかすのでしょうか。でもしくじりそう(笑)

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

手裏剣戦隊ニンニンジャー第1話(2.22)

February 23 [Mon], 2015, 1:44
忍者の家に生まれた5人組が戦国の世から甦った妖怪と戦っていくという内容
ここのところ好みではない作品が続いていたので、特撮番組からご無沙汰してましたが、
久しぶりに一年楽しめそうな感じがしました。
以前、「明るく楽しく激しい戦隊を目指す」という
かつての全日本プロレスを彷彿させるキャッチフレーズを掲げていた記事を見たのですが、
うん、僕は戦隊は明るい雰囲気の作品がイイと思いますなあ。
脚本は『ケロロ軍曹』『海賊戦隊ゴーカイジャー』下山健人さん
バナナの皮で滑るシーンは『ケロロ軍曹』を思い出しちゃいました
出演者の演技にいささか難を感じる場面もありましたが、
(特に赤の子、滑舌もさることながら、鼻声と声の低さが気になったなあ・・・)
序盤ゆえの御愛嬌、これから演じている役ともども成長していくことを願っています。

そしてそして、5人のお祖父さん役の笹野高史さん。
1995年に放送された『重甲ビーファイター』で名前を憶えたものでした。
今回もコミカルで温かい演技、楽しみにしてます
 
 

相棒13期第16話(2.18)

February 19 [Thu], 2015, 7:46
『鮎川教授最後の授業・解決篇』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治
杉下@水谷豊社美彌子@仲間由紀恵らかつての教え子と
家政婦御堂黎子@石野真子を地下室に監禁、
人を殺したい衝動を抑えられなくなったと彼らに迫る鮎川@清水綋治
鮎川を説得を試みる杉下、奔走する甲斐@成宮寛貴だったが、
追いつめられた黎子は隠し持っていた拳銃で鮎川を射殺、
正当防衛というかたちで事件に幕が下りたかに見えた。
だが、鮎川と黎子の関係を知った杉下は事件の真相に気づく・・・。

前回、「なぜ人を殺してはいけないのか?」という命題を投げてきた鮎川教授、
それに対して、天才杉下右京はどういう回答を示すのか、楽しみだったのですが・・・
鮎川教授と家政婦の黎子は実は親子であり、
鮎川の「なぜ人を殺してはいけないのか?」「人を殺したい衝動を抑えられなくなった」
といった常軌を逸した発言、教え子を猟銃で脅す行為は
自分を憎んでいる娘・黎子に正当防衛というかたちで自分を殺害させるための凶行だったと。
例の命題、ストーリー的にはどうでもよかったんですな。
右京さんも明確な答えはないと言ってたし。
二週かけた割には尻すぼみな結末だったなあ。
鮎川の目的や真意がわからず、不気味に感じた前回がよかっただけに残念だった。
右京さんが持論を唱えた上、鮎川の真意を見抜き、
鮎川が「杉下君、君は私が今まで教えてきた中で最も優秀な生徒だ」などと誉める展開が見たかった。
(ありふれてるけど、『鮎川教授最後の授業』なんだしさあ・・・)

享の恋人笛吹悦子@真飛聖は妊娠した上、白血病であることが発覚、
うーん、亨卒業の今期最終回でこれに時間をかけるのか・・・。

★相棒PreSeasonの感想★
第1話 第2話 第3話

★相棒1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話最終話

★相棒2期の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3期の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒4期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版 SP(第1作)

★相棒7期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 鑑識・米沢守の事件簿

★相棒8期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 劇場版U 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 最終話

★相棒10期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒11期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第17話 最終話  X DAY

★相棒12期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話第12話 第13話 第15話 第16話 第17話 最終話 劇場版V序章

★相棒13期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第10話 第11話 第15話

全力離婚相談最終話 & 銭の戦争第7話(2.17)

February 19 [Thu], 2015, 7:42
・全力離婚相談最終話
仲睦まじい夫との離婚を希望する老婦人古賀房江@山田昌の秘密を探りつつ、
竹内美晴@真矢みきが娘稲垣佳苗@竹富聖花との関係を見つめ直したと。
房江さんが離婚を望んだのは
認知症を発症したことで、夫に負担をかけたくなかったから。
奥さんが自分を忘れても、その忘れた奥さんとも付き合っていくという
旦那さんの決意に感じさせるものがあった。
天晴れとも思ったし、キツいなあとも思った。一期一会という言葉が重かったな。
うん、こういう考えさせるポイントを入れてくる作品だったな。
離婚相談から始まる展開なだけに、登場人物は決して幸せではないのだけど、
美晴の頑張りのお蔭で、希望の持てる結末を迎えられるという描き方に好感が持てた。
ちょっと美晴自身の過去に力を入れ過ぎている気もしましたが、良作ではありました

・銭の戦争第7話
父を陥れた赤松@渡部篤郎が隠匿する大金を盗もうとする白石富生@草g剛だったが、
ホワイト化学を経営難に陥れた真の敵が青池早和子@ジュディ・オングだと知り、
赤松を利用して、早和子に復讐する決意をしたと
赤松の次に青池に復讐するかと思いきや、ここで黒幕が青池だと気づいたか。
青池の背後にも誰かいるのかもしれませんが。
富生に未央@大島優子梢@木村文乃に赤松・・・
対早和子に向けて、キャラクター連合軍が出来そうな感じですな。

★全力離婚相談の感想★
第1話 第2話 第4話

★銭の戦争の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

相棒13期第15話(2.11)

February 13 [Fri], 2015, 21:31
『鮎川教授最後の授業』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治
大学時代の恩師鮎川@清水綋治の古希を祝う会に出席した杉下@水谷豊
その席で社美彌子@仲間由紀恵と再会する
食事と会話を楽しむ出席者たちだったが、
鮎川が突然「なぜ人を殺してはいけないのか?」という疑問を投げかけたのと
時を同じくして、会合は異様な雰囲気に包まれる。
鮎川の用意した料理には睡眠薬が混入されており、
失神している間に地下室に監禁された出席者たちは
猟銃を手にした鮎川に先程の命題の答えを要求される事態に陥ったのだ。
杉下は甲斐@成宮寛貴に連絡を取り、事態の打開を試みるのだが・・・。

13期はプロデューサーの交代の影響によるものか、
新たに参加した脚本家の話が多く、いまいちはまれない回が多いのですが、
土曜ワイド劇場の頃から執筆している輿水泰弘脚本なだけあって、この回は面白かったな
鮎川教授の真意がどこにあるのかはまだわかりませんでしたが、
ストーリーに惹きこまれましたわ。次回の解決編が納得できるものであることに期待。
成宮寛貴君が今期で相棒卒業という記事が出ていましたが、
次の相棒の有力候補という噂の社美彌子が右京さんの臨時相棒みたいな扱いでしたな。
僕は、彼女はあくまで13期だけのキャラと見ているのですが・・・。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」と問いかけていた鮎川教授、
きっかけは鮎川教授の古希を祝う会でしたが、清水綋治さんは奇しくもこの日が誕生日でした。
『相棒』では2期1話2話に出演、
ファザコンの娘に殺され、ミイラにされてしまう父親の役でした。
声や風貌が渋く、存在感のある好きな俳優さんです。
『新必殺仕置人最終回』での佐藤慶さんとの極悪コンビ、大河『毛利元就』での尼子国久役、
『仮面ライダーアギト』での高村教授役などが印象深いですなあ。
「なぜ人を殺してはいけないのか?」は、鮎川教授が人質を殺して何が悪いの?ということではなく、
人質の命を救うために籠城犯の命を奪うのはどうなんだい?という問いかけなんじゃないかな。
もしそうだとしたら、最近起きたあの事件に関わってくるんじゃないかな・・・

★相棒PreSeasonの感想★
第1話 第2話 第3話

★相棒1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話最終話

★相棒2期の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3期の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒4期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版 SP(第1作)

★相棒7期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 鑑識・米沢守の事件簿

★相棒8期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 劇場版U 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 最終話

★相棒10期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒11期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第17話 最終話  X DAY

★相棒12期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話第12話 第13話 第15話 第16話 第17話 最終話 劇場版V序章

★相棒13期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第10話 第11話

銭の戦争第6話(2.10)

February 11 [Wed], 2015, 20:46
赤松@渡部篤郎の襲撃に失敗、行き場を失くした白石富生@草g剛
ホワイト化学の経営権を手に入れた青池梢@木村文乃から
ホワイト化学の企業価値を見抜けなかった迂闊さを思い知らされる。
その後再び赤松金融に戻った富生は
赤松が事務所に大量の金を隠匿していると推測、隠し場所を突きとめたと

久しぶりに富生の弟光太郎@玉森裕太が再登場しましたが、
キャスティングしたことだし、しょうがないから出番を用意するか・・・的な、
どうでもよさそうなエピソードだったなあ。うーん・・・。
ホワイト化学の価値に気づかなかった富生を責める梢、
自分を含めて、昔持ってたモノの価値に気づいていなかった富生への
彼女なりの復讐なのでしょうな。
そして、これまた久々再登場の紅谷老人@津川雅彦
赤松の今の仕事ぶりは紅谷老人の満足のいくものではないらしい。
赤松もまた生き方を見失っている人なのか。
だとすれば、赤松があまり切れ者に見えないのは正しいのかもしれない。

★銭の戦争の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期第8話(2.8)

February 10 [Tue], 2015, 7:50
マシューラビニアの結婚式が開かれることになった矢先、
ダウントンアビーでスペイン熱が蔓延、
カーソン、コーラ、ラビニアが次々に体調を崩し、倒れてしまう。
コーラは一時危篤となったものの命を取り留めるが、
ラビニアは帰らぬ人となってしまう
一方、ベイツアンナと結婚するが、前妻殺害の容疑で逮捕されてしまう・・・。

ラビニアさんが身を引き、サー・リチャードがお払い箱になることで(苦笑)、
マシューとメアリーが結ばれるのかなと思っていたのですが、
ラビニアさんが亡くなってしまうとはなあ
マシューとメアリーが結ばれてほしいと思っている僕ですが、
(ダンスのシーンや「杖が無くて平気?」「君が杖だ」のやりとりが素敵でした♪)
男が一緒になって幸せを感じさせるのはラビニアちゃんの方だろうとも思うので、
カーソンさんが呟いてたとおり、どこかよそで幸せになってほしかったなあ。
ヒゲの医者がヤブだったんじゃないかね(苦笑)。マシューの怪我も誤診してたし。
うーん、マシューとメアリーが結ばれるのが前よりも難しくなってしまった気がするなあ

シビルブランソンの結婚を認めようとしなかったが、最後に折れる伯爵
伯爵は人格者なのだけど、貴族社会の古き伝統を守り続けようとする人なだけに
身分違いの恋に理解はないのですなあ。
かといって、ブランソンが厄介そうな人物なだけに
シビルの恋を応援する気にはいまいちなれん。
その伯爵はメイドのジェーンに再びキスしてしまうものの
コーラの発病と復調で家族愛を取り戻し、ジェーンは屋敷を去っていく。
ジェーンはダウントンアビーで働き続けるにはイイ人すぎたのだろうね(苦笑)。

起業家転身が幻と終わったトーマスは、病気の流行を好機と従僕の仕事に励み点数稼ぎ
気味が悪いくらい、皆にイイ顔してたな。
彼もオブライエンのように多少変わっていくのでしょうか。
使用人の採用の権限は伯爵夫妻ではなく、執事や家政婦長にあるんですなあ。
少佐の両親から子供を養育する代わり、縁を切るよう迫られた元メイドのエセル
自分の力で子供を育てていくことを決意。
そんなに子供を大事に思うキャラとは思わなかった。やはり母親なんだな。
乳母でもいいから一緒にいさせてくれと懇願してたエセルだけど、
この人絶対子供に出生の秘密を喋りそうだからなあ。
ベイツさんはやはり逮捕されてしまったか。早く無実が証明されるといいのですが・・・。

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

産経新聞のコラムに唖然

February 09 [Mon], 2015, 1:42
昨日の産経新聞で、現憲法のためにイスラム国と戦うことができない
とするコラムが載っていたらしい。
ここ数年、産経新聞の論調は急激に右寄りになって、読まなくなっていたのですが、
ここまでいってしまってたとは。唖然とした。
米国やヨルダンはイスラム国に攻撃をしていますが、
日本は中東に限らず、もう絶対に戦争に介入すべきではないと思う。
マスコミが国民に冷静さを呼びかけるならともかく、
戦争を煽り立てる・・・愚かな話だと思う。
共同通信の世論調査によると、イスラム国対策としての日本の支援の在り方は
非軍事分野限定であるべきと答えた人は57%だったらしい。
ほとんどの日本人は戦争への介入を望んでいないのでしょう。
産経新聞にも良識ある記者や読者はいると思うのですが、
不思議に思わないのでしょうかね。

銭の戦争第5話(2.3)

February 05 [Thu], 2015, 1:33
白石富生@草g剛が自分が自殺に追い込んだ白石@志賀廣太郎の息子だと知り、
身の危険を感じた赤松@渡部篤郎は富生の身辺を探る。
一方、富生もまた、赤松が父親を自殺に追い込んだ人間だと気づき、激怒、
赤松に襲いかかったと

互いの正体に気づいた富生と赤松、二人とも冷静さを失っていたな。
富生に「どういうつもりなんだ?」と尋問していた赤松、
前回も書いたけど、赤松は紅谷老人@津川雅彦が見込んだ人間だったはずなのに
あまり大した人物に見えない。直接聞いたら、藪蛇になりかねないだろうに。
富生も、親父に金を貸していたのは赤松だけではないのだろうし、
赤松を殺害しても復讐が成し遂げられることにはならないだろう。
頭に血が上ってたのかな。
この状況だと、富生が赤松金融で仕事を続けるというのは考えにくいのですが、
次回以降どうなるんでしょうね。まったく違う展開になるのかな。
紅谷老人や富生の弟@玉森裕太はまだ出番があったんですなあ・・・

★銭の戦争の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話

ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期第7話(2.1)

February 03 [Tue], 2015, 7:54
第一次世界大戦が終結し、元の屋敷に戻るダウントン・アビー、
だが伯爵家の次女イーディスや三女シビルは元の生活に物足りなさを感じ、
伯爵ロバートは女たちの変化に苛立ちを覚える。
一方、脊髄を損傷し、生涯歩くことが困難に思われたマシュー
ある拍子に奇跡的に立ち上がることに成功。
喜ぶマシューは献身的に支えてくれたラビニアとの結婚を決意する・・・。

戦争が終結したのに怒涛の展開でしたな。火種の多いこと多いこと
クリスティの推理小説は第一次世界大戦終結後が舞台なのが多かったですが、
(最初この作品を観るきっかけは、僕がクリスティの愛読者であるため、
当時の英国の雰囲気を感じたいというものだったなあ・・・)
戦争が終わって元の生活に物足りなさを感じる女、そんな女に苛立つ男というのは
クリスティの小説にもよく出てきてたなあ
で、妻コーラとの間に隙間風ができてしまった伯爵は
ついメイドのジェーンにキスしてしまったんですなあ。
伯爵、いきなりでびっくりしたよ。先週の予告がなかったら、更にびっくりだったな。

奇跡的に立ち上がったマシュー、
メアリーの気持ちがわかるだけに
「自分が最も辛く苦しいときにラビニアが献身的に支えてくれた」の台詞が寂しくてね。
ラビニア嬢、本当にイイ子だし、マシューへの思いは本物だし、
気位の高いメアリーよりラビニアと結婚した方が幸せになれると思うんだけど、
このドラマだとメアリーの方を応援してしまう。不器用な人だからかな。

ベイツ夫人の自殺で苦境に陥るベイツさん、
夫人の死因は服毒自殺なのですが、生前怒りの手紙を送ってしまっている上、
毒を購入したのがベイツさん自身であるため、警察に疑われかねない情勢、
夫人はベイツさんを陥れるために服毒自殺したのでしょうな。怖ろしい女・・・
ホームズの「ソア橋」という話を思い出した。
サー・リチャードアンナさんを買収しようとし、メアリーの動きを報告しろと持ちかけるが
断られた上、当のメアリーやカーソンさんにまで知られてしまう。
サー・リチャード、前回あたりから化けの皮が剥がれてきてるな。
アンナさんの告白への逆恨みがベイツさんに跳ね返ってこないか気になった。
元メイドのエセルは少佐の両親と面会するが、にべもなく追い払われる。
そりゃあねえ、少佐本人が生きていたならともかく、
この時代だと少佐の両親を納得できるだけの証拠はないだろうからなあ。
三女シビルと運転手ブランソンの駆け落ちは未遂で失敗。この二人は興味ないです

そしてそして、闇市で大儲けして実業家を目指していたトーマスだったが、
偽物の商品を掴まされて、全財産を失ってしまう
酒屋で一度会っただけの男に商品をろくに確認せずに全財産を預けちゃうってダメすぎる。
まさかこんなオチが待っていようとは(笑)。
彼は今後どうなるんでしょうかね。ダウントン・アビーに戻ってくるんでしょうか。
「いつまで居座るおつもりですか、軍曹?」
次回はカーソンさんの大逆襲らしい。楽しみ

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 最終話

★ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE