ルーズヴェルト・ゲーム第1話(4.27)

April 29 [Tue], 2014, 3:12
『半沢直樹』『鉄の骨』『七つの会議』『花咲舞が黙ってない』
池井戸潤原作だそうですが、原作未読
経営危機の中堅企業と弱小社会人野球チームが立ち直る姿を描くドラマ
今期一番期待していたドラマ。
細川社長@唐沢寿明率いる青島製作所が存続するには銀行の融資が必要、
融資を受けるため、細川社長は毎年3億の経費がかかる野球部の廃部を考えるが、
野球部に愛着がある青島会長@山崎努が廃部に反対の上、
取引先の諸田社長@香川照之が減産を要求してきたため、倒産の恐れが出てしまったと
なるほどなるほど。
細川社長が居丈高な銀行の融資課長@宮川一朗太をへこますシーンは痛快でしたし、
控えの選手だった沖原@工藤阿須加がいきなり153kmのストレートを披露するとか
熱血野球モノっぽい展開もあり、なかなか面白かったです
(沖原役は工藤公康元投手の息子さんだったんですな。もうそんな年齢なのね。
野球部の投手猿田役は『仮面ライダーカブト』の加賀美新(ガタック)役の佐藤祐基
彼は控えに降格しちゃうのでしょうか(苦笑)
野球部にはアキバレッドな和田正人君もいましたね)
解雇された野球部の監督や選手が敵チームとして立ちはだかったのは
ある意味現代社会を風刺してたね。
ただ面白いは面白いのだけど、
野球部パートが単純でわかりやすかったのに対し、
社長パートは会話のやりとりや人間関係・会社関係の把握がなかなか難しかったな。
僕は録画で観たのですが、一瞬も見逃せないシーンがありそうなので何度か観返しちゃいました。
今は公式HPやらwikiやらで登場人物の関係が把握しやすいけど、
そういうのがないまま生で観るには把握が難しそうな気がしました
僕は今後も録画で視聴ですな。

展開の把握は難しかったけど、ドラマの雰囲気は『半沢直樹』より観やすかったです。
僕は堺雅人氏の演技が苦手なんだろうな。

今シーズン観る予定のTV番組(2014.4-6)

April 29 [Tue], 2014, 3:11
だいだい4月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  55歳からのハローライフ、軍師官兵衛ルーズヴェルト・ゲーム
     ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館、花子とアン、孫子兵法大伝
     美人心計 一人の妃と二人の皇帝花咲舞が黙ってない
     続・最後から二番目の恋アリスの棘、死神くん
バラエティー 笑点、MOCO'Sキッチン、ウドちゃんの旅してゴメン
アニメ  金田一少年の事件簿R、魔法科高校の劣等生、一週間フレンズ。
     彼女がフラグをおられたら、龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
特番  世にも奇妙な物語春の特別編相棒劇場版V序章真夏の方程式
     奇跡の教室 その時、仏が舞い降りた!
再放送 北斗の拳
ネット配信 がんばれ!!ロボコン、燃えろ!!ロボコン

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組
ルーズヴェルトゲーム・花咲舞、最後から二番目の恋、アリスの棘
今期も楽しめるドラマが多いですね。
そして毎朝花子とアンに楽しませてもらってます。
今期も刑事ドラマが多くありますが、
残念ながら今期ははまった作品がなかったなあ。

軍師官兵衛第17話(4.27)

April 28 [Mon], 2014, 0:26
織田信長@江口洋介の命令で
毛利軍に包囲された上月城を見捨てざるをえない
羽柴秀吉@竹中直人黒田官兵衛@岡田准一
上月城の守将尼子勝久@須田邦裕は自害、
山中鹿介@別所哲也も命を落とす。
一方、宇喜多直家@陣内孝則の不穏な動きから毛利軍は播磨を撤退、
毛利軍に見捨てられた志方城主櫛橋左京進@金子ノブアキもまた
自害に追い込まれる。
非情な信長に小寺政職@片岡鶴太郎荒木村重@田中哲司
不信を抱く中、政職の妻お紺@高岡早紀が静かに息を引き取ったと

秀吉&官兵衛の苦渋、尼子主従の最期、小寺政職や荒木村重の迷い、
毛利と宇喜多の腹の探り合い、左京進の最期、お紺の死、
見せ場の多い回だったな。いささか詰め込みすぎな気もしましたが。

尼子主従の最期はよかったですなあ
滅亡する戦国大名の凄惨な末路がよく描かれていた。
武骨そうな山中鹿介役の別所哲也さんは甲冑姿が似合ってたし、
「鹿介、長かったのう。尼子再興、これにてしまいじゃ・・・」
小早川隆景役の鶴見辰吾さんの武人らしい佇まいもよかった。
毛利と尼子の戦いは初回から描いていてもよかったんじゃないかな。
このドラマ、キャスティングはいいのにのう。
上月城は播磨の西側にあり、宇喜多領の備前美作に近い城、
だからこそ秀吉は毛利と因縁のある尼子氏を置いたのでしょうな。
尼子なら最後まで毛利と戦うだろうし、
自分の軍勢を犠牲にしなくても済むという計算もあったのかもしれない。
前回の光@中谷美紀に続き、今回は官兵衛が独断で上月城に潜入、
主人公だからといって、そんな見せ場を作らなくてもいいと思うのですがねえ。
尼子の悲壮な最期に水を差しちゃった感じがしました

そして尼子が織田に見捨てられ滅びたように
毛利から見捨てられて自害に追い込まれた櫛橋左京進・・・
櫛橋氏の顛末には諸説あるようで、
左京進の生存説もあれば、自害したのは左京進や光の父という説もあるそうです。
岳宏一郎原作『群雲、賤ヶ岳へ』という黒田官兵衛が主人公の小説では
官兵衛の働きかけで命を長らえてましたが、この作品では自害させましたか。
官兵衛にやたら挑発的だった左京進と力@酒井若菜の兄妹は
『キャンディキャンディ』のイライザとニールみたいなポジションで
敗戦後「僕たちが悪かったです。すんません」と謝って改心、
官兵衛夫妻に仕えるものだと思ってました(笑)。
死を選んだのが官兵衛への最後の抵抗だったのかな。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

花子とアン第4週(4.21-26)

April 27 [Sun], 2014, 2:35
女学校に伯爵家の令嬢葉山蓮子@仲間由紀恵が編入、
世話係を命じられた安東はな@吉高由里子
蓮子のわがままに散々振り回された上、
蓮子のワインを飲んで酔っ払った結果、退学の危機に。
だが蓮子の告白とブラックバーン校長@トーディ・クラークのお蔭で退学は免れたと

蓮子の告白を聞いて、どういうつもり?と問い詰めたブラックバーン校長、
日本語わかるんだな(笑)
正直なところ、飲酒騒動はなんかすっきりしなかったのですが、
(元はといえば、蓮子が寮に酒を持ち込んだのが原因なのに
それに関してはお咎めなしだったからなあ。
だとすると、はなさん(未成年ではあるが)の問題は酒を飲んだことではなく、
酔っ払って大騒ぎしたことになる。おとなしかったらいいのか。納得しづらい。
そして経緯が経緯だけにお父@伊原剛志がはなを初めて叩いたシーンも
感動的なシーンとは捉えづらかった・・・)
ブラックバーン校長の寛大な処分とはなの気遣いが
気位が高く自暴自棄気味な蓮子さんを食堂に行かせたというのはイイ締めくくりだったな
白鳥かをる子さん@近藤春菜が退学必至なはなに
優しい言葉をかけてたのもなかなかイイシーンだった。初めて先輩らしく見えた
そういえば蓮子さんは白鳥かをる子さんより年上なのでしょうか?(笑)
あと、はなの通訳に富山先生@ともさかりえが驚きの表情を見せていたのも印象的だったな。
はなと蓮子さんよりはなと富山先生の関係の方が僕は気になります。

ラストで甲府に軍隊がやってきたときの美輪明宏さんの口調が重々しかった
吉太郎@賀来賢人が軍隊の行進に目を輝かせてたのが不安を感じさせる。
これから厳しい時代・展開となっていくのかな。ごきげんよう、さようなら

★花子とアンの感想★
第1週 第2週 第3週

アリスの棘第3話(4.25)

April 27 [Sun], 2014, 2:34
水野明日美@上野樹里の次の標的は
聖林大学付属病院の顧問弁護士日向@尾美としのり
明日美は日向の昔の愛人里中絵梨@遠野なぎこと手を組み、
日向を陥れようとするが、土壇場で絵梨に出し抜かれる。
そんな明日美を救い、日向の弁護士生命を絶ったのは
日向に寝返ったと思われた記者西門@オダギリジョーだったと。

西門は敵か?味方か?という話。
敏腕弁護士が新米医師の思うがままに倒されちゃいまいちだもんな。
うん、西門が葬ったのがよかったと思う
ただもうちょっと日向弁護士が切れ者で冷酷なトコを見せてほしかったな。
次回の標的はボスキャラっぽい磐台教授@岩城滉一ですか。早いな。

★アリスの棘の感想★
第1話 第2話

続・最後から二番目の恋第2話(4.24)

April 27 [Sun], 2014, 2:31
長倉和平@中井貴一は娘の恋人の母親原田薫子@長谷川京子と再会、
未亡人の薫子は寂しい女性を慰める天使の伝説に憧れていた
だがその伝説の天使である和平の弟真平@坂口憲二
大橋知美@佐津川愛美との結婚を機に天使を廃業しようと考えていた。
一方、かつての同棲相手高山涼太@加瀬亮と再会した吉野千明@小泉今日子
涼太がなぜ姿を消したのか、その理由を聞かされたと。

おっさんがグラビア雑誌を持っててもあまり気にならないが、
身近な女性にそっくりの人のグラビアだったらヒくな。
周章狼狽したら余計にヒく(苦笑)
今回は1期からの登場人物や新キャラたちの紹介編だったかな。
ポストイット男と長谷川京子が浮いちゃってる気がした。そのうち馴れるのかなあ
市長@柴田理恵は世界観に馴染んでいる(笑)。

「ごめん、無理」とドアに貼られたポストイットの真意、
涼太が新人大賞を取ったという脚本、
千明に全部無理矢理修正させられて書かされたものだったのかな

★最後から二番目の恋の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話 2012秋

★続・最後から二番目の恋の感想★
第1話

花咲舞が黙ってない第2話(4.23)

April 25 [Fri], 2014, 1:56
融資先の結婚相談所がパートナーを紹介しないというクレームが銀行に届き、
青山支店を臨店する花咲舞@杏相馬@上川隆也
その後結婚相談所は警察が摘発、社長は金を持ち逃げして失踪してしまう。
このままでは融資したカネを回収できない恐れがある。
相馬の元上司でもあった支店長新田@飯田基祐
融資担当杉下@田中圭に責任をなすりつけてしまう。
我慢できない舞は支店長と結婚相談所の癒着の証拠を見つけたと。

「手柄は上司のもの、ミスは部下のもの・・・」
ミスの責任を部下に押しつけようとする上司はたまにいますが、
全責任を回避できるものなのかな。
上司は上司で処分されると思うのですが、どうなんでしょ?
最初悪質な結婚相談所の調査かとげんなりしたのですが、
あくまで銀行内の問題部署の調査や退治がストーリーの根幹にあるようなので安心しました
支店長退治の決め手もなかなか上手かったな。
飯田基祐さんは性格に難のある人物の役が似合うのう。
しかし導入部分は強引だったな。
企業に問題があると融資元の銀行にもクレームが行くものなのかな。

『半沢直樹』はやたら感情的だった主人公が人間的に幼稚な感じがして受けつけなかったのですが、
花咲さんの怒りは自然な感じがしてストーリーに好感が持てるなあ

★花咲舞が黙ってないの感想★
第1話

美人心計 一人の妃と二人の皇帝第33話(4.23)

April 24 [Thu], 2014, 1:34
王娡は夫金王孫の仕官のために皇太子劉啓に接近する。
だが王娡が皇太子と結ばれた方が得だと考えた王娡の義母沈碧君
娘と別れるよう金王孫に要求、口論の末金王孫を殺害してしまう。
一方、宮廷では病篤かった皇帝劉恒が危篤となっていた。
混乱を避けたい皇后竇漪房(杜雲汐)は劉恒の病気を隠した上、
異腹の子劉武と弟竇長君(劉盈)を宮廷に呼びよせ、事態の安定を図る。
劉啓を呼ばなかったのは無用の混乱を避けるためだったが、
漪房が次期皇帝に劉武を擁立しようとしていると誤解した劉啓の側室栗妙人
劉啓の実姉館陶と皇太子妃薄巧慧に共闘を呼びかけたと

このドラマ、たぶん後半に差し掛かってると思うのですが、
後半の主人公は王娡なのかな
その王娡の夫金王孫は沈碧君のおばはんと口論の最中
燈篭に頭をぶつけて、あっけなく死亡。逆だったらよかったのに(苦笑)
沈碧君、しぶといおばはんです。
漪房さん以外だと初回から出てるのはもうこの人だけになるのかな。

そして劉啓即位のため、共闘する妙人・巧慧・館陶、
仲が良くない連中が利害目的のために一時共闘するという展開、僕は好きですな。
阿嬌と呼ばれていた館陶の娘は陳阿嬌ですな
なるほどなるほど。このドラマは下準備が上手いなあ

★美人心計 一人の妃と二人の皇帝の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話

軍師官兵衛第16話(4.20)

April 21 [Mon], 2014, 1:46
櫛橋左京進@金子ノブアキ別所長治@入江甚儀が反旗を翻した上、
毛利の大軍が播磨に襲来、
危機に陥る羽柴秀吉@竹中直人黒田官兵衛@岡田准一
毛利軍に包囲された上月城の尼子勝久@須田邦裕
山中鹿介@別所哲也を救うため、
織田信長@江口洋介に援軍を要請する秀吉だったが、
信長は上月城を見捨てよと非情な命令を下したと。

うーん、尼子が織田に見捨てられるのはイイストーリーになると思ったんだがなあ
羽柴方の危機にしては、官兵衛と光@中谷美紀の仲睦まじさやら
光が左京進を説得しようとしたシーンが目立ったり、
なんか緊迫感が感じられない回になってしまったなあ。
このドラマは主人公夫妻に見せ場を与えようとするとつまらなくなってしまうなあ。

このドラマの官兵衛は織田がいずれ天下を制定するものと迷いがない。
だが、合理主義者の信長は無駄だとわかると今回のように帰順した者でも見放すし、
配下の秀吉たちもその方針には逆らわない。
実際の官兵衛は本当に織田に就いて正しかったのか?と迷うことはなかったのだろうか。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話

花子とアン第3週(4.14-19)

April 20 [Sun], 2014, 12:45
女学校に編入して5年、15歳になった安東はな@吉高由里子
ブラックバーン校長@トーディ・クラークの粋な計らいで5年ぶりに帰郷、
家族との再会に喜ぶはなだったが、
かよ@黒木華が女工に出されると知り、衝撃を受ける。
学校を辞めて自分も働こうと考えるはなだったが、家族の説得で断念。
東京に戻った後、初恋の人帝大生北澤司@加藤慶祐から告白されたが、
嘘をついていた後ろめたさから北澤の申し出を断ったと

はなが勉学に励める一方、妹は女工かあ
女学校の中では給費生として苦労しているはなだけど、
田舎の家族の生活は困窮を極めている。
兄や妹もはなの幸せを願いつつも内心なんではなだけが?と思うだろうし、
借り物とはいえ、綺麗な恰好で帰郷したはなを羨むだろうね。
はなが東京で生活するようになって、安東家めでたしめでたしとせず、
家族間・兄妹間の不平等さが描かれるというのが凄いな。
しかもはなが働くと言い出したら、安東家の人々は温かく送り出すし。
「もう百姓の手じゃない」と送り出した祖父、
石橋蓮司さんの演技がまたよかったなあ。
大滝秀治さんといい蟹江敬三さんといい、
悪役をこなせる人は穏やかな演技をするんだよなあ。
最近こういう家族の描き方をする作品はあまり観ないな。感服した

はなの初恋の人北澤司を演じたのは
『仮面ライダーキバ』の名護啓介(イクサ)役の加藤慶祐君。
『潔子爛漫』にも出てましたね。彼は古風な顔立ちだし、学ランが似合うな。
これで出番終了かな。失恋パーティーだな

行き遅れたと評判の白鳥かをる子さん@近藤春菜は職員として学校に居座ることに
彼女が現れるとおかしくてしょうがない。
僕が注目してるのははなの兄吉太郎@賀来賢人富山先生@ともさかりえ
富山先生が英語の通訳になったのは
はなと同じく、文学少女だったからだと思うんだけどなあ。
はなを煙たく感じてるようだけど、いつかわかりあえる日が来るんじゃないかなあ。
来週からは仲間由紀恵が登場ですか。どんな嵐を巻き起こすのでしょうか。
では、ごきげんよう、さようなら

★花子とアンの感想★
第1週 第2週
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE