軍師官兵衛第13話(3.30)

March 30 [Sun], 2014, 23:39
播磨に進軍した羽柴秀吉@竹中直人に姫路城を差し出す黒田官兵衛@岡田准一
喜んだ秀吉から義兄弟の誓紙を貰い、有頂天になる官兵衛だったが、
竹中半兵衛@谷原章介にたしなめられたと

姫路城を秀吉に差し出し、主君小寺政職@片岡鶴太郎
別所長治@入江甚儀が秀吉に拝謁に来ないのに苛立つ官兵衛、
もう秀吉の家臣なのか小寺の家臣なのかわからん状態ですな。
小寺政職@片岡鶴太郎や他の家臣が警戒するのも無理ない。
そもそも秀吉が小寺の居城御着城に行かず、
姫路城を詰所としたのに、何やら小寺との距離を感じます
官兵衛が秀吉から貰った褒美のお墨付きの誓紙を
竹中半兵衛が燃やしてしまったというエピソードが
(この話自体、作り話の可能性もありますが・・・)
有頂天の官兵衛を戒める話に改変され、
拝謁しようとしない小寺政職に汚い恰好の秀吉が会いに行くというオリジナル展開、
片岡鶴太郎さんと竹中直人さんのやりとりが見応えありました。
でもやはり肝心の主人公の官兵衛に違和感を感じるなあ。軽薄才子のように見える

荒木村重@田中哲司配下の中川清秀@近江谷太朗高山右近@生田斗真
そして虎之助(加藤清正)市松(福島正則)が初登場
近江谷太朗さん、相変わらず濃いなあ(笑)。
この大河の荒木村重は戦に嫌気が差したのがアレの原因になるのかな。
虎之助と市松は石田三成@田中圭に比べるとだいぶ幼かったね。
三成もしばらく子役にすればよかったんじゃないかな。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

はじめの一歩Rising最終話 & 聖闘士星矢Ω最終話(3.29-30)

March 30 [Sun], 2014, 17:42
・はじめの一歩Rising最終話(3.29)
三期は一歩vs沢村、鷹村vsイーグル、
そして若き日の鴨川会長と猫田を描いた戦後編で終了
鴨川会長役は内海賢二さんから飯塚昭三さんに
猫田役は永井一郎さんから山寺宏一さんにバトンタッチ、
流石名優だけに声にさほど違和感はなかったのだけど、
肝心のストーリーはだいぶ盛り上がりに欠けるシーズンだったな。
一歩も鷹村さんもトップに上りつめちゃったからなあ。
彼らの成長を描くのが難しくなってきてますねえ。

・聖闘士星矢Ω最終話(3.30)
他の聖闘士たちの小宇宙を身に着けた光牙に驚愕
人間の力を認めたサターン(昴)が去って、めでたしめでたしと
「人の骨ばかり折ってないで、
これからはお仕事で自分の骨を折るのだ♪」

ハービンジャーさん、まさか教皇になるとはなあ。
敵の骨を折る趣味に
ラストでこんなイイオチがつくとは思ってませんでした(笑)

『聖闘士星矢Ω』、よくできた新章だったと思います。
ハービンジャーさんにパラドクスetc、魅力あるキャラが出てきたし、
星矢たちだけでなく、シャイナさんに市さんに邪武etc、
旧作の登場人物のその後が描かれたのも嬉しかったな。
2年間お疲れさまでした

★はじめの一歩NewChallengerの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

★はじめの一歩Risingの感想★
第1話 第2話 第13話

★聖闘士星矢Ωの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第21話 第22話 第23話 第26話第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第43話 第44話 第51話 第52話 第53話 第75話 第85話 第94話

美人心計 一人の妃と二人の皇帝第29話(3.26)

March 27 [Thu], 2014, 1:43
青年に成長した皇太子劉啓に縁談を勧める皇后竇漪房(杜雲汐)
皇太后薄姫の姪孫巧慧を気に入り、二人を結婚させるが、
劉啓は宮女栗妙人に夢中になっており、巧慧をないがしろにしたと

劉啓が18歳ということなので前回から10年くらい経ったらしい
聡明な巧慧と野心家の栗妙人、劉啓を巡る二人の女性が初登場。
対照的な二人ですな。
皇太子妃になることしか頭になく、
劉啓が舎人と身分を偽って近づいたら相手にしなかったのに、
皇太子だとわかった途端態度を一変させた美少女栗妙人、栗姫でしたかあ
栗姫が辿る運命を知ってるだけになかなか興味深い。
もっとも史実とかけ離れた内容なのでどうなるのかわかりませんが。
巧慧はその聡明さと従順さから漪房さんにも薄姫にも気に入られてましたが、
栗妙人はどちらとも合わなそうだなあ。どういう関係になるのか。
しかし、相変わらずこの作品は女は皆強かで、男はアホばかりだな

★美人心計 一人の妃と二人の皇帝の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話

福家警部補の挨拶最終話(3.25)

March 26 [Wed], 2014, 2:16
手配中の強盗殺人犯のグループが自宅アパートで爆死する
グループが過去の事件で爆弾を使ったことがあったことから、
捜査員たちは不注意による爆発と判断するが、
福家警部補@檀れいは現場で出会った車椅子の老婦人後藤喜子@八千草薫
その夫秀治@山本學に注目、次第に追いつめていったと・・・。

先週の予告で最終回の犯人役が八千草薫さんで爆弾犯と知ったとき、
相棒8期第3話『ミス・グリーンの秘密』っぽい話になりそうと思ったものでした。
でも、身内を殺されて、その復讐か?と思いきや、
何もしてくれなかった警察に不信を覚えて、私的に犯罪者を裁いてた・・・
なんか共感しづらかったな。こういう犯人の場合は心情的に共感できないと辛いな。

ラストで主人公が台詞を言い放った後に画面が変わって主題歌が流れ、
印象的な効果を与えてたのが面白く感じられた回もありました。
でも、主人公の魅力が乏しかったこと、
そして肝心の主人公と犯人の対決シーンに緊迫感が感じられなかったことが
致命的な作品だったなあ。映像向きではなかったのかもしれない・・・。

これで今期視聴していたドラマはほぼ終了
今期の僕の最優秀ドラマは『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』でした
べた褒めできる出来でもなかったのですが、バチスタシリーズが好きなので。
盛り上がりに欠けた『医龍』に比べると、4期にして新鮮味のある内容でした。
シリーズ毎に取り上げられる題材や登場人物・舞台が違うのがいいのでしょうね。
そして過去シリーズの登場人物を再登場させたのもよかったです。劇場版も期待してます。
最優秀主演男優賞は杉本哲太(隠蔽捜査)、伊藤淳史・仲村トオル(螺鈿迷宮)、
草g剛(スペシャリスト2)

最優秀助演男優賞は片岡鶴太郎(軍師官兵衛)、でんでん・大杉漣・小日向文世(緊急取調室)
最優秀助演女優賞は富田靖子・若村麻由美(福家警部補の挨拶)
最優秀主演女優賞は該当者なしということで。

★福家警部補の挨拶の感想★
第1話 第2話 第6話 第7話第8話

隠蔽捜査最終話(3.24)

March 25 [Tue], 2014, 1:29
現職の国会議員が何者かに誘拐される事件が発生、
竜崎@杉本哲太は神奈川県警の幹部と衝突しつつも誘拐犯を逮捕、
だが誘拐事件は実は議員の狂言だったことが発覚、
更に議員の背後には警察庁幹部がおり、
失脚するかと思われた上條@生瀬勝久は幹部と手を組む・・・
巨悪の存在に気づいた竜崎は新たな戦いを決意したと

真の敵がわかり、竜崎の戦いはこれからも続く、
次回作をご期待ください!みたいな締め方だったな
命令系統の複雑な巨大組織で風変りなキャリア官僚が奮闘する姿を描いたドラマ、
現場捜査員ではなく、管理者の活躍が描かれたのが異色だったな。
舞台は一応警察ではありましたが、
一般企業でもありがちな組織の窮屈さがリアルに描かれてましたな。
合理性より肩書や慣例・面子を重視する人ってどこの世界にもいますからねえ。
そんな居丈高な態度を取ってた人々が
竜崎がキャリア組で伊丹刑事部長@古田新太の友人だと知るや、動揺して態度を変え、
指導力を目の当たりにすると次第に心服していくのが
水戸黄門に似た爽快感がありましたなあ。
ただ、竜崎は理想の上司という声が多かったですが、
この人が実力を発揮できたのはキャリア組としてのコネがあったからこそ
とも思えたりしましたが。
それはともかく、視聴率は苦戦したようでしたが、良質な人間ドラマでした。
お疲れさまでした

★隠蔽捜査の感想★
第1話 第2話 第3話 第5話 第9話

軍師官兵衛第12話(3.23)

March 24 [Mon], 2014, 1:43
大和の松永久秀@ミッキー・カーチスが謀反を起こしたのを機に
織田信長@江口洋介は播磨の大名たちに人質を出すことを要求、
だが、小寺政職@片岡鶴太郎は息子の病気を口実に拒否、
窮地に立たされた黒田官兵衛@岡田准一は苦悩の末、
自分の息子松寿丸@若山耀人を人質に差し出したと

先週松永久秀をこの大河に登場させるのに疑問を感じたものでしたが、
人質となった者の苛酷な運命を描くためだったんですなあ。
当時の黒田家は小寺姓を持ち、
官兵衛の母は小寺政職の養女、光@中谷美紀も政職の養女なので、
松寿丸は政職の孫であり、ひ孫にもあたる・・・
政職が嫡男を人質に出さない場合、松寿丸は恰好の人物ではありますな。

官兵衛と小寺政職の織田家への思いの温度差が描かれてるのがいいですな
片岡鶴太郎さんの好演が目立ちますが、
高岡早紀さんもなかなかイイ演技をしてるなと思います。
この作品の女優陣の中で一番イイな。時代劇が似合う女優さんなのかもしれない。
観終ったあと、なんか物足りないものもありますが、
(今回は松寿丸を人質に差し出すことしか描かれてないからなあ)
織田家を味方にする必要性から、自分の息子すら人質に差し出す官兵衛、
反対した光、病弱の息子を人質に差し出すのを嫌がる小寺政職、
(光が反対したことで小寺政職が嫌がったのももっともだなと思えたな・・・)
それぞれの立場に共感できましたねえ。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

相棒12最終話(3.19)

March 22 [Sat], 2014, 2:16
『プロテクト』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治
闇社会の大物御影康次郎@中村嘉葎雄の死刑が確定する
10年前逮捕された康次郎が有罪となったのは
康次郎の三男智三@冨田佳輔が法廷で内部告発の証言をしたためだった。
智三の裏切りが許せない長男真一@阿部進之介と次男悠二@篠田光亮は報復を決意、
智三が別人として生きていると考えた彼らは
それを主導したのが今は亡き元官房長小野田公顕@岸部一徳であり、
小野田と親しかった元法務大臣瀬戸内米蔵@津川雅彦が関わっていると判断、
瀬戸内を拘置所から釈放させ、智三の居場所を聞き出そうとする。
御影兄弟が人質を監禁しているのを知った杉下@水谷豊甲斐@成宮寛貴
別人として暮らしている智三の行方を追う・・・。

今頃になって、公顕の本当の読み方がきみあきだと判明するとは(笑)。
ということで、小野田官房長がストーリーに絡むのが気になってた最終回、
官房長が絡んだ過去の事件が紹介された序盤は面白そうだったんだけど、
途中からなんか展開に納得できなかったなあ
右京さんが人質を救出したいようにはあまり見えなかったし、
父のために末弟を狙う御影長男は狂犬すぎた。
うん、瀬戸内さんがまだ監禁状態とはいえ、人質が解放されたというのに
右京さんが智三の居場所を執拗に探してるのが理解できなかったなあ。
智三の居場所を突きとめたところで、人質籠城事件の解決の糸口になるとは思えない。
カイトがやったように智三に防弾チョッキを着せるつもりだったのだろうか。
御影一家以上に智三が不正で得た戸籍で生きていくのが許せなかったのかもしれない。
甲斐峯秋@石坂浩二には小野田官房長との過去でも語ってほしかったなあ。
接点なかったのかな。
そして、警察庁のスキャンダルが流れたことだし、
この最終回で金子警察庁長官@宇津井健を登場させてもよかったと思う。
宇津井健さん、改めましてご冥福をお祈りいたします・・・。

そうね、いつも通り面白い話もあればそうでもない話もある12期でした。
今期は実際の事件や騒動が発生or発覚した直後に
類似性を感じさせるストーリーが妙に放映されるシーズンだったな。
『相棒』の世界観が時代に近づきすぎるのか。
ただやはり亀山編神戸編の頃に比べると、傑作回が少なくなってますね。
そしてカイトが相棒ならではの傑作回が未だに出てない気がします。
GWに『劇場版V』が公開、カイトが相棒としての初めての作品ですが、
どうでしょうかねえ
動画サイトの序章(有料?)を観ておく必要があるのかな。
どうもこういうやり方は好きになれないなあ

★相棒PreSeasonの感想★
第1話 第2話 第3話

★相棒1の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版 SP(第1作)

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 鑑識・米沢守の事件簿

★相棒8の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 劇場版U 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 最終話

★相棒10の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒11の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第17話 最終話  X DAY

★相棒12の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話第12話 第13話 第15話 第16話 第17話

★3月22日(金)の日記★
秘密保護法強行採決、集団的自衛権問題、武器輸出三原則無視、原発再稼働、靖国参拝
消費税増税、生活保護法改悪・・・
笑っていいともより安倍内閣が早く終わってほしい。

美人心計 一人の妃と二人の皇帝第28話(3.19)

March 22 [Sat], 2014, 2:15
莫雪鳶の死を悲しむ皇后竇漪房(杜雲汐)周亜夫将軍
あまりの悲しみから漪房は視力を低下してしまう。
周亜夫は死を望むが、漪房は許さず、死した雪鳶と結婚させる。
一方、皇太子劉啓は呉王劉濞の子劉賢の嘘と嫌がらせに翻弄され
怒りのあまり劉賢を殺害してしまう。
皇帝劉恒に劉啓を差し出すよう要求してくる呉王劉濞。
息子劉啓を守りたいと願いつつも戦いは避けるべきとする漪房の決断が
漪房と劉啓の仲に亀裂を生じさせてしまったと

『十八史略』にも老いた竇后は視力を失っていたとあったな。
そして、呉楚七国の乱のきっかけは
ゲームの諍いがもとで皇太子劉啓が呉の太子を殺害したことにあったね。
このドラマ、呉楚七国の乱まで描くのかな。
このドラマの劉啓は、呉王の息子はろくでなし、信じてた母親には裏切られ、
ただただ気の毒でしたなあ。

顔に入れ墨を施された上、王宮の門衛に格下げ、雪鳶さんと冥婚した周亜夫、
屍のような人生を送るのでしょうか。
彼を慕っていた張嫣さんもすっかり出なくなってしまいましたな。
青年となった劉啓に「愛する人は決して手放さぬよう・・・」とアドバイスしてたのが泣ける。
ということで、少年劉啓がラストで青年となり、次回から十年後くらいの話のようですな。

★美人心計 一人の妃と二人の皇帝の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話

チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮最終話(3.18)

March 22 [Sat], 2014, 2:14
田口@伊藤淳史白鳥@仲村トオルは安楽死と殺人の謎を突きとめ、
院長桜宮巌雄@柳葉敏郎は螺鈿の部屋に火を放って、家族と共に命を絶ち、
碧翠院の事件は幕を閉じたと

巌雄先生が火を放った直後にロト7のCMを流すのはやめなさい(笑)

安楽死を望んだもののグッチーの説得で心変わりした美智さん@左時枝
TVドラマで安楽死を肯定的に描くわけにはいかないだろうからなあ
今の法律に疑問符を投げかけるのが精一杯なのでしょうなあ。
巌雄先生を責められないグッチーと全否定していた白鳥さん、
医師と官僚の視点の違いが出てたのが印象的でした。
謎多き桜宮家は安達祐実主演『家なき子2』が頭に浮かんだものでした。
ラストで家に火を放ったのも共通していたな。
白鳥さんと小百合@水野美紀、グッチーとすみれ@栗山千明のシーンが目立ったので、
白鳥さんとグッチーがいつか義兄弟になるかも?な結末になるのかなと思ってた。
白鳥さんのトコは思いのほか苦い関係になってしまったな・・・。

人は誰でもいずれ死を迎える・・・
自分がどんな死を迎えるのか、考えない人はいないのではないでしょうか。
終末期医療や安楽死のことを描くドラマってもっとあってもいいと思うのよね。
でもあまり重い内容だと1クール観続ける気になれるのかわからない。
その点、このドラマはミステリー要素を加えることで
そんなに重い雰囲気ではなく、いろいろ考えさせてくれるイイ内容だったな
グッチーと白鳥さんのコンビの魅力も相変わらずなので安心して観ていられました。
劇場版も楽しみです。

作品の質は『バチスタ』より『相棒』の方が上という印象なのだけど、
劇場版を観たいと思えるのは『バチスタ』の方なのよね
右京さん&カイトよりグッチー&白鳥さんのコンビの方が魅力的に感じるからだろうなあ。

★チーム・バチスタシリーズの感想★
チーム・バチスタの栄光第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話 劇場版 特別編 ナイチンゲールの沈黙
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋第1話 第2話 第3話 第9話 第10話 第11話 最終話 2011SP 劇場版
チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸第1話 第2話 第3話 第4話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話
チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮第1話 第2話 第3話 第5話 第6話 第9話

軍師官兵衛第11話(3.16)

March 17 [Mon], 2014, 1:01
織田水軍が木津川の戦いで毛利水軍に敗北、
命じられた宇喜多直家@陣内孝則の調略は不調、
頼みの羽柴秀吉@竹中直人は北陸の上杉征伐に駆り出された上、
長浜でどんちゃん騒ぎ、
苛立ちを爆発させる黒田官兵衛@岡田准一だったが、
秀吉と竹中半兵衛@谷原章介の真意は
織田信長@江口洋介の猜疑心をそらすことにあったと

なんかこの回から急に官兵衛が感情的になったなあ
キャラが定まってないのか、制作スタッフが視聴率的に焦っているのか。
官兵衛の立場だと苛立つ局面ですが、苛立ちが唐突で違和感を覚えた。
そして前回の信長のおね@黒木瞳への手紙に今回のどんちゃん騒ぎ、次回の松永久秀爆死、
官兵衛が主人公のドラマで必要なのか疑問に感じるエピソードが多いねえ。
もっと描くべきポイントはありそうなのに。
そういうのが描いてあるのなら余計なエピソードを加えてもいいのだろうけど。
あと昨日今日と木村拓哉主演『宮本武蔵』が放映されましたが、
(キムタクは応援してるんだけど、いつものキムタクだったなあ・・・)
『武蔵』やテレ東の新春時代劇などに比べると画面が暗くて観づらいです。
制作スタッフは凝ってるつもりなのでしょうけどね。

柴田勝家@近藤芳正と反目し、無断で戦線離脱、
信長の猜疑心をそらすため、どんちゃん騒ぎをした秀吉、
いろいろな大河で使われる有名なエピソードですが、
本当にあった話なのかなあ。
後年秀吉と勝家が対決したので作られた話のような気もします。
もし本当だったとして、秀吉が勝家のもとで北陸方面軍に居続けたら、
その後の秀吉と勝家の人生は大きく変わったことでしょうなあ。

梟雄宇喜多直家@陣内孝則にキリシタン大名高山右近@生田斗真が初登場
生田斗真君はイイ演技をする子だな。岡田準一氏より僕は演技が上手いと思う。
そしてやはり陣内孝則さんは存在感があるなあ。
退場の早い宇喜多直家ではもったいない気がする。家康にすればよかったのに。

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE