八重の桜第4話 & dinner第3話(1.27)

January 28 [Mon], 2013, 1:13
・八重の桜第4話
山本八重@綾瀬はるかの兄覚馬@西島秀俊は禁足が解かれ、
軍事取調役と大砲頭取に抜擢された上、うら@長谷川京子と結婚、
一方、幕府では将軍後継問題や外交問題から一橋派と紀州派の対立が激化、
大老となった紀州派の井伊直弼@榎木孝明
勅許を得ぬまま日米修好通商条約を締結、
一橋派の徳川斉昭@伊吹吾郎一橋慶喜@小泉孝太郎に処分を下したと
一橋派と紀州派の対立が描かれるようになって、やや面白くなってきたかな。
主人公は八重なのですが、山本兄妹が出てないシーンは面白い(笑)
今回驚いたのはラストの八重の桜紀行だった
松平容保@綾野剛は井伊直弼と親しい関係だったか。
後年、慶喜と松平春嶽@村上弘明が将軍後見職・政事総裁職に就任したのと同時に
京都守護職に就いていたのでてっきり一橋派の人なのかと思っていたな。

・dinner第3話
支配人辰巳沙織@倉科カナが自信を喪失する中、
ロッカビアンカに美食評論家朝倉恭子@真野響子が来店、
恭子の横柄な振る舞いに困惑する沙織だったが、
最後は毅然とした態度を示し、そんな沙織を江崎@江口洋介も認めたと
美食評論家、露骨に醜悪だったなあ
こういう評論家はよくドラマに出てきますが、
胸がムカムカする以前に、こんな人いるのかねえ?と冷めた目で見ちゃうのよね。
そんなに評論家の一言が影響を与えるものなのか、
ここまで横柄な態度をして、評判が悪くならないものなのか。
江崎の料理バカ一直線ぶりはよかったけど、あまり感心しないストーリーだった。
今井さん@松重豊の出番が少なかったのも残念。
うん、江崎と今井さんの2ショットがもっと観たいねえ。

★八重の桜の感想★
第1話 第2話 第3話

★dinnerの感想★
第1話 第2話

仮面ライダーウィザード第20話(1.27)

January 28 [Mon], 2013, 1:12
『近づく真相』  脚本:香村純子 監督:石田秀範
大門凜子が暴れていた青年フジタユウゴ(フェニックス)の謎を追う中、
ファントムベルゼバブの策略で周囲の人々から嫌われ、
絶望する女性新井志保操真晴人(ウィザード)らは守ろうとしたと。

周囲の人々が志保を嫌ってたのはベルゼバブの魔力によるものだったようですが、
本当に嫌ってるんじゃないかと思うくらい、志保はウザかったなあ
あれだけ嫌われてもヒビ一つ入らないタフさも相当なもんだ。
ベルゼバブの造型、素晴らしかったな。光沢や毒々しい色もよかった。
二話で退場は惜しいのう。人間体を演じてたのはIZAMでしたか。懐かしい。

一方、ゲートだった頃のフェニックスさんがちらっと映ってましたね
おとなしくて真面目な花屋さんでしたか。
(花屋のユウゴさんがどことなく小澤征悦に似てる気がした。ヒゲだけかもしれないけど・・・)
『カブト』のワームは化けた人間の性格もコピーしてましたが、
ファントムの人格はゲートの影響は受けないということか。
だとすると、人間とファントムが心を通わせるみたいな展開はないのかな。
凜子はユウゴの過去を知ることで何を感じるのでしょうか。後編が楽しみです

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話

信長のシェフ第3話(1.25)

January 28 [Mon], 2013, 1:10
織田信長@及川光博が独断で北畠攻めをしたのを
不快に感じる将軍足利義昭@正名僕蔵
ケン@玉森裕太を自分の料理人に所望するが、信長は拒否、
信長から料理で朝倉攻めの了承を義昭から得よと命じられたケンは
越前名物の蟹と鯖の料理を義昭に口にしてもらうことで
朝倉攻めの許しを引き出すことに成功したと
越前名産の料理を食べたら朝倉攻めが認められるってどういう解釈だよ(笑)
つっこみどころが多いですが、それも含めて面白いです。
料理で信長の出した難題を解決させる・・・一休さんみたいですな。
器が小さかった将軍義昭正名僕蔵さんで、
初登場の徳川家康はまさかのカンニング竹山でしたか(笑)
二人ともメガネかけてないのでわからなかったよ。

バイキングは昭和33年帝国ホテルが始めたらしい
日本人が考案したんだねえ。日本独特の形式なのかな。

★今までの感想★
第1話 第2話

今シーズン観る予定のTV番組(2013.1-3)

January 28 [Mon], 2013, 1:09
だいだい1月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  メイドインジャパンdinner相棒11科捜研の女
     あぽやん 走る国際空港おトメさん信長のシェフ
バラエティー 笑点、MOCO'Sキッチン、ウドちゃんの旅してゴメン
アニメ  超ロボット生命体トランスフォーマー プライム、みなみけ ただいま
     聖闘士星矢Ω、超速変形ジャイロゼッター
特撮  獣電戦隊キョウリュウジャー仮面ライダーウィザード、パワーレンジャーS.P.D.
特番  麒麟の翼ATARUスペシャル、金田一少年の事件簿香港九龍財宝殺人事件
     梅ちゃん先生スペシャル
再放送 北斗の拳スペースコブラ、未来警察ウラシマン、カウボーイビバップ
東映配信 太陽戦隊サンバルカン科学戦隊ダイナマン世界忍者戦ジライヤ
     五星戦隊ダイレンジャー忍風戦隊ハリケンジャー
DVD  重甲ビーファイター

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組
今期のドラマは傑作と呼べる作品は見当たらないものの、
メイドインジャパン、dinner、相棒、科捜研、あぽやん、おトメさん、信長のシェフ、
なかなか面白い作品が揃ってますね。
観なきゃならない作品が多くて、嬉しい悲鳴です

あぽやん 走る国際空港第2話 & おトメさん第2話 & メイドインジャパン第1話(1.24-26)

January 27 [Sun], 2013, 1:33
・あぽやん 走る国際空港第2話
アイドル歌手のらぶり〜ぱふぱふ@最上もが
どこか謎のある婦人ひらひらさん野坂すず子@松原智恵子
二人の扱いをうまくこなせたらスーパーバイザーになれると
聞かされた遠藤豆@伊藤淳史が奮闘したと
うん、今回観て、イイドラマだなと思った。
主人公たちが一生懸命なのが伝わってくるな。
旅行客をさばいていく部署の活躍を描くドラマ故に
毎回厄介な旅行客は出てきそうだけど、
苦労人や割に合わない目に遭うのがお似合いの伊藤淳史が主人公なので、
それほどストレスを感じずに観てられますな。
インパクトでは『おトメさん』の方が上だけど、このドラマも悪くはないです

・おトメさん第2話
李里香@相武紗季に不審なものを感じ、
調べることにしたおトメさん水沢麻子@黒木瞳
李里香がキャバクラ嬢だったことを突きとめたと
意外と早く李里香の過去が明かされたな。
それがすべてではないのでしょうが。
初回はインパクトがあったように感じたのですが、
どうもこの2話はそうでもなかったような
麻子に過去を知られた李里香がどういう反応を示すのか・・・。
このドラマだと嫁姑の微妙な関係の話が観たいのですが、
ミステリーやサスペンスの方向を目指してるみたいだな。
上司の石田純一に反感を抱いてる神保悟志の動向が気になります

・メイドインジャパン第1話
傾いたタクミ電機を救うよう、譲原会長@岸部一徳の密命を受け、
極秘に再建戦略室を立ち上げた矢作篤志@唐沢寿明、そんな矢作の前に
かつて矢作の進言でタクミをリストラされた男迫田@高橋克実
招聘した中国企業が立ちはだかるというストーリーらしい
脚本は『白い巨塔』etcの井上由美子
僕は豊川悦司主演『危険な関係』で名前を覚えました。
今は『おトメさん』の脚本も書いてますね。全然違う作風だな(笑)。
重厚な出演陣、それにふさわしい重厚なストーリーに惹かれました。
キャスティングから『相棒』『不毛地帯』を思い浮かべたのですが、
(会長が岸部一徳で、その息子の社長が及川光博とはねえ(笑))
内容的には『ハゲタカ』『不毛地帯』っぽいストーリーだったな。
EDがタクミの社歌だったのが面白かったです

矢作たちは迫田を日本の技術を他国に売ったと非難してましたが、
(ネットなどだと、迫田のような人物は売国奴と罵られそうだな・・・)
その迫田は日本企業から無情にリストラされたわけで、
『企業が不要な人材を淘汰するのはやむを得ぬが、
淘汰された人間が企業で培った知識を他の企業で活用するのは許されない・・・』
というのが現代の日本の考え方であり、矢作らの考え方なんですなあ。
しっぺ返しを喰らったようにしか見えませんが。
さて、矢作と迫田、これからどのような激突をしていくのか。
全三話、残り二話でまとまるのかな。期待したいところ

★あぽやん 走る国際空港の感想★
第1話

★おトメさんの感想★
第1話

相棒11第13話(1.23)

January 24 [Thu], 2013, 1:23
『幸福な王子』  脚本:徳永富彦 監督:近藤一彦
イベント会社社長濱田がオフィスで何者かに殺害される。
杉下@水谷豊が事件の捜査をしている頃、
甲斐@成宮寛貴陣川@原田龍二野間あずみ@足立梨花という女性から
自宅の庭から消えた彫刻を探してほしいと相談される。
その後、濱田社長のオフィスの倉庫から消えた彫刻と
野間家から消えた彫刻が同じモチーフであること、
濱田社長があずみの父野間幸次郎@山下規介から借金していたことがわかる・・・。

野間幸次郎は相続税対策のため、濱田に債権放棄を依頼したところ、
濱田は多額の金銭を野間に要求、
野間に恩を感じている男がこれに激怒して濱田を殺害したと
格差を是正するためにも相続税は必要だとは思いますが、
債権を放棄した方が結果的に得になるというのはおかしな話ですなあ。

陣川君がカイトと初対面を果たした回だったわけですが、
あまりイイ出来ではなかったなあ
陣川君が登場したのを除くと見所は感じられず、
それでいて、陣川君の存在が必要なストーリーとも思えなかった。
「白いパンツにブルーのジャケットを着てる人に悪い人はいない」とか
この回の陣川君はいくらなんでもバカすぎたな。キャラに違和感を感じた。
やる気が空回りしてる人だけど、ここまでおバカさんではないと思うのですが。
徳永富彦脚本だったか
9期14話『右京のスーツ』10期7話『すみれ色の研究』
この人の脚本はイイ回もあるのだけれど、当たり外れが激しいなあ
来週はまた休み、次回は再来週の放送だそうです

★相棒PreSeasonの感想★
第1話 第2話 第3話

★相棒1の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版 SP(第1作)

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 鑑識・米沢守の事件簿

★相棒8の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 劇場版U 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 最終話

★相棒10の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒11の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話第10話 第11話 第12話

dinner第2話(1.20)

January 24 [Thu], 2013, 1:22
「現状に満足したら俺たち料理人はそこで終わる。
常に進化し続けるのが俺たち料理人の仕事だ・・・」

ロッカビアンカの料理長となった江崎@江口洋介
周囲の反発を無視して、厨房の改革を断行、
江崎についていけない今井@松重豊は引き抜きの話もあり、
ロッカビアンカを去ろうか迷うが、江崎に協力することにしたと
初回はぎくしゃくした感じだったけど、この2話は面白くなったな
江崎と今井、江口洋介と松重豊のコンビがいいですわ
新メニューを考案したときの二人の笑顔にほんわかさせられたわ。
ラストの「そうだ、今夜空いてるか?」「え?」のやりとり、
なんで今井さん、どきっとしてるんだよ(笑)
『シエアハウスの恋人』の初回で男同士のキスシーンがありましたが、
ああいう露骨なのより、こういう『もしかして・・・?』と匂わせる感じの方が僕は好きですな。

★今までの感想★
第1話

泣くな、はらちゃん第1話 & 八重の桜第3話(1.19-20)

January 23 [Wed], 2013, 0:36
・泣くな、はらちゃん第1話
私生活の鬱憤を漫画にぶつける越前さん@麻生久美子
そんな越前さんの鬱屈した気持ちを直撃し、暗くなっている漫画の中の世界を救おうと、
漫画の登場人物はらちゃん@長瀬智也が活躍する話らしい
岡田惠和脚本だったか。小説か漫画が原作かと思った。
主人公の鬱屈した想いが漫画に反映され、
漫画のキャラが自分たちの世界に不安や不満を感じる・・・
コミカルなシーンもあったけれど、全体的にどんよりした内容だったなあ
『シェアハウスの恋人』と同じ印象を受けた。
『シェアハウス』の主人公も言いたいことが言えなさそうなキャラだったな。
主人公をいびっていたおばはん連中はもちろん好きではないが、
こういううじうじしてる主人公もあまり好感は覚えないのよね
うん、『シェアハウス』同様、素直に楽しめなかったです。もう一話だけ様子見。

・八重の桜第3話
山本八重@綾瀬はるか川崎尚之助@長谷川博己と運命の邂逅、
一方、八重の兄山本覚馬@西島秀俊は藩の重臣に意見した結果、
重臣の反感を買い、禁足を命じられてしまったと
どうもテンポが悪いなあ。
主人公の山本兄妹のシーンが当然多いわけですが、
この二人が出てくると、だらーっとしてるように感じるのよね。
僕がこの兄妹にも演じてる役者さんにも興味や好感がないせいかもしれませんが。
もうちょっと時代の流れを感じさせるストーリーにならないものかねえ。
将軍継嗣争いが勃発するあたりから、この流れも変わるのかなあ。

この回から一橋慶喜が登場。
慶喜、小泉孝太郎かあ。これは軟弱な慶喜になりそうだ(笑)
慶喜が矢を射たシーンの直後に、覚馬は鉄砲を発射、
器が八重や覚馬以下という意味なのでしょうか

★八重の桜の感想★
第1話 第2話

聖闘士星矢Ω第41話(1.20)

January 22 [Tue], 2013, 0:36
異空間に飛ばされた栄斗龍峰水瓶座アクエリアスの時貞と激突、
セブンセンシズに目覚めた栄斗は時貞を撃破、兄者の仇を討ったと
最後の黄金聖闘士魚座ピスケスのアモール登場
マルスの妻メディアの弟にあたる人物で、
今まで他の黄金聖闘士はアモールの顔を見たことがなく、
獅子座のミケーネをもあっさり撃破するほどの実力の持ち主。
声は石田彰かあ。もうそれだけで満足
メディアがソニアを蠍座の黄金聖闘士に仕立てたことを
マルスは知らなかったのか。こうなるとこいつはボスではないな。
うん、やはり石田彰voiceなアモールがすべての黒幕になるのかな?(笑)

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第21話 第22話 第23話 第26話第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第37話 第38話 第39話 第40話

信長のシェフ第2話(1.18)

January 22 [Tue], 2013, 0:34
伊勢の北畠氏を攻めることにした織田信長@及川光博
ケン@玉森裕太に料理で戦を終わらせるよう命令、
ケンの料理を食べた北畠具教@本田博太郎は完敗を認め、戦は終わったと
信長が伊勢神宮参拝の折、
配下の者に振舞った折詰が素晴らしかったとの噂が広まり、
これが後に庶民達が花見などで食べる折詰弁当の原型になったと言われている・・・

って、本当かよ?(笑)
鮭の話からお約束の敦盛を舞う信長といい、
デカい鍋背負って行軍するケンといい、
そのデカい鍋のお蔭で木下藤吉郎@ゴリが救われたのといい、
つっこみどころも多いのですが、よくできてるなあ。観てて楽しいです

★今までの感想★
第1話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE