梅ちゃん先生最終週(9.24-29)

September 29 [Sat], 2012, 15:38
総合病院設立に伴う患者の激減・中谷広志@池松壮亮の憔悴に
心痛める梅子@堀北真希だったが、
芳子@南果歩手作りの思い出のおはぎで広志は心を取り戻し、
安岡医院も次第に患者が戻って、一安心、
それから二年後、家族が増えた下村家・安岡家が見守る中、
一大決心をした建造@高橋克実はのど自慢で熱唱、
これからも、皆、ひたむきな毎日を送っていくと
建造がのど自慢に出るとは思わなかったな
下村家安岡家の面々同様、びっくりしたよ。そうきたか。
松岡@高橋光臣は助教授に昇格、
父親が引退を撤回したことで弥生@徳永えりは結婚を急ぐ必要はなくなり、
失恋というかたちとなった山倉@満島真之介は放心状態か
その後の顛末は『梅ちゃん先生 結婚できない男と女スペシャル』で描かれるのでしょう。
しかし、この二人、本当にくっつくのかな。
なんとなく運命の人と出会うのは松岡のような気がするのですが・・・。
僕の家はBSは映らないので、いずれNHK総合で放映していただきたいものです

総括すると、久しぶりに楽しませてもらった朝ドラでした
前向きで明るいストーリーは
出勤前で憂鬱になりがちな朝を心地いいものにしてくれました。
うん、『上を向いて歩こう』という気持ちにさせてくれたよ
評判はよくなかったようですが、SMAPの主題歌『さかさまの空』も好きでした。
堀北真希はドラマに恵まれてない印象があったのですが、
やっとイイドラマ・はまり役に巡り合えたな。
高橋克実・片岡鶴太郎、二人のオヤジはラブリーだったし、
(高橋克実さんはこのドラマで観る目が変わった。
失礼ながら、コミカルな演技しかできない俳優さんだと思ってました。
鶴太郎さんはシリアスなシーンとコミカルなシーンの演じ分けが巧みだった。
そして、アドリブをばんばんかましてたなあ・・・)
戦隊出身の高橋光臣・松坂桃李
特撮好きの僕ですが、『ボウケン』『シンケン』は苦手な作品だったこともあって、
この二人にあまりイイ印象がなかったのですが、この作品のお蔭で好感度が上がったな
特に松坂桃李は『シンケン』『GOLD』の頃と表情が変わった気がした。
親しみやすい表情になった。これから頑張ってほしいものです。
また続編でその後の梅子たちの明るい姿が観たいものですな。お疲れさまでした

これで今期視聴していたドラマはほとんど終了
今期の僕にとっての最優秀ドラマは『梅ちゃん先生』でした
最優秀主演男優賞は豊川悦司(ビューティフルレイン)
最優秀主演女優賞は堀北真希(梅ちゃん先生)、芦田愛菜(ビューティフルレイン)
最優秀助演男優賞は高橋克実・片岡鶴太郎(梅ちゃん先生)
最優秀助演女優賞は余貴美子(つるかめ助産院 南の島から)ということで
夏ドラマでは残念ながらめぼしい作品はなかったな。ドラマ低調なシーズンでした。
10月からの秋ドラマに期待しています。

★今までの感想★
第1話 第1週 第2週 第3週 第5週 第6週 第7週 第8週 第9週 第10週 第11週 第12週 第13週 第14週 第15週 第16週 第17週 第18週 第19週 第20週 第21週 第22週 第23週 第24週 第25週

機動戦士ガンダムAGE最終話(9.23)

September 23 [Sun], 2012, 22:42
イゼルカント様の強化クローン人間ゼラ・ギンスの暴走で混乱のヴェイガンを
一気に殲滅させようとするフリットだったが、
アセム・キオの説得で遂に改心、
ヴェイガンの本拠地は崩壊から救われ、戦いは終結したと
『ガンダム記念館の前に一人の男の銅像が設置された・・・』
って、じじい、おまえの銅像かよ(笑)
フリット編・アセム編・キオ編と三世代が描かれた『AGE』でしたが、
フリットが悪夢から解放され、真の救世主となる話だったんですなあ。
だからこその井上和彦ナレーションだったんだなあ
じじいの銅像、突然襲来したシド、ドロンボーみたいなドクロの操縦桿etc、
つっこみどころもありましたが、
人間は分かり合えるというイイ締めくくりだったと思います
ユリンの説得でフリットが怨念から解放されたのがよかった。

『AGE』はかなり叩かれてたし、確かに拙い部分もありましたが、
それなりに楽しませてもらった作品でした(でなければラストまで観ない)。
三世代に描かれたからこそ、
フリットがヴェイガン憎しで凝り固まったじじいになったのに納得した。
(じじいに共感したわけではない・・・)。
僕の中では種・種運命・OOと同レベルの作品でした。
三世代別だったら、ガンダムのデザインをもっと大胆にアレンジしてほしかったな。
平成ライダーが大胆な冒険をしているように。
『ザブングル』の主人公がザブングル以外の機体に乗ったような冒険があってもよかったと思う。
でも、過激なファンが多そうだし、ガンダムは冒険しずらい作品なのかもなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第47話 第48話

仮面ライダーウィザード第4話(9.23)

September 23 [Sun], 2012, 22:40
『人形とピアニスト』  脚本:きだつよし 監督:諸田敏
操真晴人(ウィザード)大門凛子がつきまとうことにコヨミが苛立つ中、
ピアニスト高木栄作を付け狙うファントムケットシーが出現、
ケットシーを追いつめるウィザードだったが、
コヨミを救うのに魔力を使いすぎたため、魔力不足となってしまったと
ケットシーは脚本上では怠け者風のチャラい男という扱いだけだったのに
陽気な黒人に変貌、
一方、奈良瞬平の水落ちは台本にはなかったらしい。凄い膨らませ方だな

「人間でもファントムでもない。おまえは何者だ?」
「魔力で動くただの人形か・・・」

コヨミは晴人から魔力を充電しないと生きていけないようですな
晴人の股間(違う)に手を当てて充電するのが何とも・・・。
そりゃあ、凜子も「あなたたち、何やってたの?」と騒ぐわな。
人間ではないらしいコヨミですが、
最終回直前でいったん死なないことを願うばかりだ。
キャラ的な意味でも、ストーリー的な意味でも。
コヨミが凛子の存在に苛立つのは、本妻が二号さんを不快に感じる雰囲気ですな
でも、今のところ、『ウィザード』は凜子推しです
晴人とのコンビがいいねえ。晴人とは男女を超えた友情を結んでほしい。

「ゲートを滅亡させるためにいろいろやるのチョー面倒なんですけど。
殺っちまうならすげえ楽なのに・・・」

「すべてはワイズマンの意思・・・」
ミサ(メドゥーサ)から作戦を命じられ、ぼやいていたケットシー
そうそう、標的をただ殺害するのなら楽だろうけど、絶望させるのは大変だな。
ファントムの目的は上級ファントムを見つけることかな。『フォーゼ』の12星座みたいに。
前回の金剛地武志みたいなキャラには向いてそうだが、
ケットシーみたいな筋肉バカには向いてない仕事だ。
予算的にアンダーワールドを省くには都合のよさそうなファントムではあるが。
こんな陽気な黒人が何に絶望してファントムになったのか気になった(笑)

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

今週の東映配信

September 23 [Sun], 2012, 22:38
・超電子バイオマン第35話第36話
第35話 6番目の男 脚本:曽田博久
第36話 変身ボーイ 脚本:曽田博久

山育ちの青年山守正太登場、
新帝国ギアに騙された正太はマグネ戦士に改造されてしまうが、
一目惚れしたジュンの呼びかけで自我を取り戻したと
正太を演じたのは当時JACにいた黒崎輝さん。
キャラ濃かったなあ。他のメンバーを喰ってたな
ファラ役の飛鳥裕子さんとその後結婚されたそうで、
正太の脅威的な体力に目を付けたファラの
「あれこそ私の探してた男だ・・・」という台詞が別の意味で生々しかった(笑)。
バイオマンのブルーやグリーンのスーツが色あせているのは、
染めて作っていたため、洗濯しているうちに色落ちしてしまったらしい。
来週はいよいよシルバ登場
シルバ目当てに『バイオマン』観始めたんだけど、
今の雰囲気がいいから、新キャラ出す必要ないんじゃないの?という感じなのですが。

・超人機メタルダー第23話第24話
第23話 トップは誰だ?!ピンからキリの大運動会 脚本:中原朗
第24話 プリンセス天功VSガラドーの魔術合戦 脚本:高久進

第23話はゴッドネロスは軍団員の意欲を高めるため、全軍団対抗競技大会を開催、
熾烈な争いをする四軍団だったが、
競技大会の裏にメタルダー(剣流星)抹殺の作戦があったと
噂のネロス帝国運動会の回。
この回、面白かったなあ。皆楽しそうだったし、それぞれの軍団の特色が出ていた
『重甲ビーファイター』(こちらの首領の声も渡部猛さんだったな・・・)でも
怪人同士で勝ち抜きトーナメントをやる回があったが、あれに通じるものがあったな・・・

第24話は流星たちがヨロイ軍団ガラドーの妨害から
プリンセス天功のマジックショーを守った回
この回がゴールデンでの放映が最後となった回らしい。
ガラドーが何をしたかったのかいまいちわからなかった(笑)。彼、忍者だったはずだが
プリンセス天功は今とそんなに変わらないなあ・・・

・恐竜戦隊ジュウレンジャー第19話第20話
第19話 女戦士サソリ! 脚本:杉村升
第20話 大獣神最期の日 脚本:杉村升

第19話はグリフォーザの奥さんラミイが登場、
第20話は皆既日食で弱体化している大獣神
グリフォーザドラゴンレンジャー(ブライ)の攻撃の前に倒されたと
ドラゴンレンジャー巨大化は放映当時びっくりしたなあ。
そして、ラミイさん登場を祝して踊っているバンドーラ一味を
眺めるブライ兄さんの呆れた表情がよかった。
ラミイさんはコスチュームが色っぽいねえ
ラミイさん役の河合亜美さんの回想録はこちら。追加戦士に関する記述が興味深い・・・

・超光戦士シャンゼリオン第19話第20話
第19話 ご令嬢、これ異常 脚本:井上敏樹
第20話 ヒーロー!!あれ? シャンゼリオン激闘の133日! 脚本:井上敏樹

第19話は金銭感覚のずれた新秘書桐原るいをクビにする中、
綾乃小路財閥の令嬢綾乃小路麗華の捜索を依頼された
その意外な正体を掴む話
「今では箸袋集めるのが唯一の趣味で・・・」
この世界の人間の行き着く先は箸袋らしい(笑)。
「なんてことだ。俺はダークサイドに説教されて落ち込んでいたなんて・・・」
説教した坊さん(『バイオマン』のドクターマンだったのね・・・)が
ダークザイドだと知って、ショックを受ける速水、成長しない人だ(笑)
次回も相手がダークザイドだと気づかず片想いしちゃう話だし
第20話は総集編、『シャンゼ』ももう折り返し地点だな。

・百獣戦隊ガオレンジャー第21話第22話
第21話 狼鬼、惑う 脚本:酒井直行
第22話 巨牛、壊れる!! 脚本:武上純希

リストラ危機にツエツエ・ヤバイバが焦りを感じる中、
おぼろげな記憶に悩むロウキウラによって記憶を操作されてしまったと
「おまえ、もしかして仲間がいないのか。俺と同じだな・・・」
「生きぬいてくれ、たった一人で。それが狼の宿命・・・」

ひとりぼっちの犬に共感を覚えつつ、あえて突き放すロウキ、
造形といい、味わいのあるキャラだ。
対照的に、焦るヤバツエの道化ぶりがラブリーで。
ヤバツエをヨイショした下っ端オルグの
「お二人は素晴らしき中間管理職です」の台詞に笑った。
21話でちょこっと玉山鉄二が登場してきましたね。OPでは謎の青年と表記。
次回から本格的にストーリーに絡んでいくようだ。

★宇宙鉄人キョーダインの感想★
第1話第2話

★ロボット8ちゃんの感想★
第1話第2話 第14話 第16話

★超電子バイオマンの感想★
第1話第2話 第10話 第13話 第19話第20話 第21話第22話 第25話第26話劇場版 第28話 第31話第32話

★超人機メタルダーの感想★
第1話第2話 第3話第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話 第19話第20話 第21話第22話

★恐竜戦隊ジュウレンジャーの感想★
第1話第2話 第17話第18話

★超光戦士シャンゼリオンの感想★
第1話第2話 第3話第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話第18話

★百獣戦隊ガオレンジャーの感想★
第1話第2話 第14話 第15話第16話

★轟轟戦隊ボウケンジャーの感想★
第1話第2話

梅ちゃん先生第25週(9.17-22)

September 22 [Sat], 2012, 19:26
安岡医院の近くに総合病院ができることがわかり、
梅子@堀北真希らが不安を覚える中、
梅子はかつて救った中谷広志@池松壮亮と再会、
だが、製薬会社で働いていた広志は
松岡@高橋光臣を大学病院内で孤立させた上に
総合病院に移るよう強引に梅子を説得、
そんな広志の勧めを断る梅子だったが、
多くの患者を総合病院に奪われ、安岡医院は存亡の危機を迎えたと
建造@高橋克実・芳子@南果歩夫妻がいないとどこか劇中が寂しいのう

成長したヒロシ、不評だったな(苦笑)。
梅子の諭しで目が覚め、梅子はやはり梅ちゃん先生だったという展開なのだろう。
ヒロシはヒロシなりに一生懸命やっているつもりなんだろうね。松岡と一緒。
医者に救われたことが忘れられず医学界や製薬会社に飛び込むような
思い入れの強い人の中にはああいう感じの人もいるのかもしれないと思えた。

来週はいよいよ最終週。SPがあるそうですが、やはり寂しいなあ
弥生@徳永えり山倉@満島真之介は進展しないのか、
松岡には運命の人は現れないのか。イイ締めくくりになることを期待してます

★今までの感想★
第1話 第1週 第2週 第3週 第5週 第6週 第7週 第8週 第9週 第10週 第11週 第12週 第13週 第14週 第15週 第16週 第17週 第18週 第19週 第20週 第21週 第22週 第23週 第24週

ビューティフルレイン最終話(9.16)

September 17 [Mon], 2012, 11:11
美雨@芦田愛菜のことを忘れてしまったときのために
未来の美雨へのプレゼントやボイスレコーダーを密かに用意しつつ、
美雨と念願の箱根旅行に行った圭介@豊川悦司
妻にプロポーズした場所を美雨に紹介、
そんな圭介と美雨を周囲の人々が穏やかに見守る日々はこれからも続くと
父ちゃん(圭介)のアルツハイマー発症が初回で発覚し、
結末をどうするつもりなのだろう?最後まで観ていられるんだろうか?と
不安を覚えながらも、興味を惹かれたこのドラマ、
父ちゃんの病気が進行する中、
美雨ちゃんや周囲の人がどう向き合うかが観たかったのだけど、
それでは暗くなってしまうし、
かといって、病気が病気なだけに安直に完治させるわけにもいかないし、
こういうかたちにせざるをえなかったでしょうね。
人々の温かさにほんわかさせられましたが、やや不満も残りました。
豊川悦司と芦田愛菜の演技は素晴らしかった。お疲れさまでした

今期開始のドラマで最後まで観続けたのはこの作品だけでした。
今期はドラマもアニメも低調なシーズンだったなあ。
秋は面白い作品があるといいのだけど・・・。

★今までの感想★
第1話 第2話 第5話

機動戦士ガンダムAGE第48話(9.16)

September 17 [Mon], 2012, 11:10
プロジェクトエデン達成のため、鬼となったゼハート
味方の犠牲も厭わず、ディグマゼノン砲を発射、
ディーヴァを大破させるが、ガンダムは取り逃がした上、
変貌に怒ったアセムとの戦いに破れ、その生涯を閉じたと
今回はゼハート・フラム姐さん・ホクロ青年・ヒゲデブ・オブライトさんが散華
ゼハートは連邦とヴェイガンの和平の架け橋となるキャラかと思ってたんだがなあ
もうこの戦いはいくとこまでいくしかないんだろうねえ。
アセムとの因縁に終止符が打たれるかたちとなったのはよかったけど、
アセムが2部の頃とはかなりキャラが変貌してしまったことといい、残念だわ。
そして、オブライトさんに最後の見せ場が用意されていたのはよかったけど、
フラム姐さんがオブライトと刺し違えるかたちになったのにはもやもや。
そんな不満もありつつ、それなりに楽しませてもらった『AGE』も残り1話、
しかし、イゼルカント様にクローンにEXA-DB、残り1話で収拾つくのかな?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第47話

仮面ライダーウィザード第3話(9.16)

September 17 [Mon], 2012, 11:08
『変身!生中継』  脚本:香村純子・きだつよし 監督:中澤祥次郎
「約束する。俺がおまえの最後の希望だ・・・」
魔法が使えるようになった上、テレビ番組の出演が決まり、大喜びの奈良瞬平だったが、
瞬平が魔法を使えたのは
生番組で瞬平を絶望させようと企んだ番組司会者田島(ヘルハウンド)の罠、
事態に気づいた操真晴人(ウィザード)はテレビ局へ急行、
ヘルハウンドを倒した上、瞬平を救ったと
ドーナツはリングだから好物扱いという設定なのかな。今頃気づいた
巨大ドラゴンをブーツ代わりにしたライダーキックがかっこよかった。チョーイイネ♪
アンダーワールドでのバトルは時間と予算の都合上減っていく気がするのだが(笑)、
あのキックはアンダーワールド以外でも使えるのだろうか?是非多用してほしいなあ。
スリープの指輪が役に立ったのに感心した。なるほど、ああいう使い方ができるか

「今、日本中がおまえのことバカにしているぞお・・・」
田島役の金剛地武志、流石濃かったなあ。1話退場がもったいない。
そして、川野直輝木崎警視が盛大に茶を吹いていたのに吹いた。
あいつ、ネタキャラだったのか?
生番組なのに「情報を揉み消せ」もないだろうと思ったが、
田島キャスター番組降板で済ませたらしい。凄い情報操作力だな(笑)
これで晴人・瞬平・コヨミ・大門刑事の4人のチームが結成、
彼らのチームワークに期待

★今までの感想★
第1話 第2話

特命戦隊ゴーバスターズ第30話(9.16)

September 17 [Mon], 2012, 11:07
『メサイア シャットダウン』  脚本:小林靖子 監督:佛田洋
亜空間に突入したゴーバスターズ
メサイアが亜空間に取り残された家族のデータを取り込んでおり、
メサイアを倒せば家族が消滅してしまうことを知り、愕然とするが、
自分を亜空間に呼んだ両親の真意を悟ったヒロムはメサイア破壊を決意、
メサイアやエンターの操るメガゾードを倒して、元の世界に戻ったと
やはり小林靖子脚本らしく亜空間に残された人のデータ(記憶)が鍵だったな。

この前後編、Twitter上では『燃える展開』と絶賛の嵐だった。
でも、僕はいまいちはまれなくてね
『ゴーバス』は、シリアスな展開だとキツいなあ。
ここ最近のキャラ萌え路線なストーリーは面白く感じるようになってたけど、
それはくろりん・陣さん・樹液・エスケイプらに魅力を感じてるからで、
メインの三人はやはり苦手なんだよね。今回再認識させられた。
そして、次回予告でギャバンが映ってるのを見て、うんざりしちゃった。
ちょうど最終回っぽいノリの話だったし、『ゴーバス』はこの辺で撤退します。

★今までの感想★
第1話 第7話 第9話 第12話 スーパーヒーロー大戦 第14話 第15話 第16話 第21話 第22話 第26話 第28話

先週の東映配信

September 17 [Mon], 2012, 11:03
・超人機メタルダー第21話第22話
第21話 大都会ミステリー・ホタルを呼ぶ美少女 脚本:高久進
第22話 空飛ぶローラー!赤いイルカの襲撃 脚本:高久進

第21話は人工蛍で若者をおびき寄せ、エキスを奪おうとした
ネロス帝国の陰謀を剣流星(メタルダー)が粉砕した話
第22話はネロス帝国に雇われたローラースケート集団レッドドルフィンが
襲撃しようとしてきたが、流星が改心させた話
この頃は光GENJIが流行っていたらしい。なるほどなるほど。
人間であるレッドドルフィンへの攻撃をメタルダーがためらうのは好感が持てたが、
ならヨロイ軍団は倒してもいいのかよ?と思わずにいられなかった。
「怒る!」と流星さんのお株を奪う八荒さんがイイキャラしてるな。
次回は噂のネロス帝国大運動会。どんな破天荒なストーリーなのか楽しみだ

・恐竜戦隊ジュウレンジャー第17話第18話
第17話 六人目の英雄(ヒーロー)! 脚本:杉村升
第18話 憎しみの兄弟剣 脚本:杉村升

封印されていた無敵の戦士を復活させようと妖精の孫が奔走、
事情を知っている妖精は孫を阻止しようとするも叶わず、
戦士ブライ(ドラゴンレンジャー)は覚醒、
甦ったブライはなぜかジュウレンに襲いかかったという話
ブライ兄さん登場回。戦隊初の追加戦士になるらしい。
そんなブライ兄さんの過去・・・
ブライとゲキは実の兄弟で、ゲキだけが国王(既に死亡)の養子となったが、
やがて彼らの実の父親は国王に反逆を企てて死亡、
残されたブライは国王とゲキを倒し、次期国王になることを誓ったと・・・。
『ジュウレン』ってファンタジーな作品という印象だったんだけど、
ブライ兄さんがゲキを憎む理由はこんなに生々しかったんだなあ。香港映画みたい。
そして、事情を知らない孫が勝手に鍵を持ち出し封印解除、
阻止したい祖父は孫をフォークリフトで挟み撃ちにしようとした上、銃を乱射・・・
ブライ兄さん復活はこんなマジキチな流れだったのかあ
『ジュウレン』は放映当時観てたんだけど、全然覚えてなかったわ。衝撃を受けた。
ブライ兄さん登場で盛り上がった上、次回は新幹部ラミイさん登場。こちらも楽しみだ

・超光戦士シャンゼリオン第17話第18話
第17話 ライバルいっぱい 脚本:井上敏樹
第18話 さらなるライバル 脚本:井上敏樹

「知っているか!
世界で初めての外科手術は紀元前235年インドで行われた。
麻酔無しでなぁ!
その時の患者は自分を瞑想状態に置き、無事手術を乗り越えたという・・・」

「俺の・・・俺の怒った顔を見られたくないんだ・・・」
桐原るいという女性の依頼でるいの友人の捜索を始めただったが、
容疑者のギャンブラー片桐一樹(闇将軍ザンダー)
ピアニスト花柳裕司(闇貴族デスター)の正体はダークザイド、
二人にライバルと見込まれ、命を狙われた上、
更にハーモニカ男日向誠(闇魔人アイスラー)
あの黒岩省吾(暗黒騎士ガウザー)までもが
ライバルに名乗りを挙げ、襲いかかるが、
るいの手作り弁当を滅茶苦茶にされた怒りで暁はパワーアップ、
ダークザイドを撃退したという話
二代目アシスタント桐原るい登場回。ミニスカポリスやってた子ですな
そして、闇将軍ザンダーな片岡は
『鳥人戦隊ジェットマン』のトランザ様こと広瀬匠ですな。
顔の筋肉をぶるぶる震わせて変身する演出はどうなんでしょうかね。
この回は、続々現れたライバルのキャラといい、
(黒岩さんの「麻酔無しでなぁ!」の言い回しが最高。
あと、どこでもピアノ弾いて現れる花柳さんもイイキャラだった。早々の退場が残念・・・)
主人公が安直にパワーアップするのではなく、
弁当を滅茶苦茶にされた怒りで強敵を倒すトコといい、好きなエピソード。
犬がパワーアップアイテムを食べちゃう酷さも『シャンゼ』らしかった

★宇宙鉄人キョーダインの感想★
第1話第2話

★ロボット8ちゃんの感想★
第1話第2話 第14話 第16話

★超電子バイオマンの感想★
第1話第2話 第10話 第13話 第19話第20話 第21話第22話 第25話第26話劇場版 第28話 第31話第32話

★超人機メタルダーの感想★
第1話第2話 第3話第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話 第19話第20話

★恐竜戦隊ジュウレンジャーの感想★
第1話第2話

★超光戦士シャンゼリオンの感想★
第1話第2話 第3話第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話

★百獣戦隊ガオレンジャーの感想★
第1話第2話 第14話 第15話第16話

★轟轟戦隊ボウケンジャーの感想★
第1話第2話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE