ビューティフルレイン第5話(7.29)

July 29 [Sun], 2012, 23:22
商店街の福引でペア旅行券が当たり、
旅行に出かける木下圭介@豊川悦司美雨@芦田愛菜だったが、
途中でチケットがなくなっていることが発覚、
美雨に責められながら、やむなく自宅に引き返す圭介だったが、
意外な真相が待っていたという話
チケットを出してしまったのは美雨ちゃんだったかあ
圭介がパンフレットにチケットをはさんだ時点で
この旅行ヤバそうだなと思ってたんだがなあ。
号泣する美雨を圭介が叱ることなく抱きしめたのは温かかったけど、
今回は行かせてあげてほしかったな。
なくなるのは花火程度であってほしかったよ。
この親子、いつの日か旅行に行けるのでしょうかねえ。

アルツハイマーを本で学んだ上で
「とにかく一緒に頑張っていこう・・・」
圭介を雇い続けることにした社長@蟹江敬三
圭介の症状は良くなることはない、悪くなる一方という厳しい状況を
心優しい人たちが見守っているという温かさで乗り切っているな。
お蔭で心が痛みつつ、このドラマを観てるとほんわかさせられる
そろそろアカネ@中谷美紀のアルツハイマ−の謎を明かしてほしいものですが。

★今までの感想★
第1話 第2話

機動戦士ガンダムAGE第42話(7.29)

July 29 [Sun], 2012, 20:15
「どうやら私の出番のようだな・・・」
連邦軍のルナベース奪還作戦が進行、
キオゼハートの副官フラム・ナラを説得する中、
連邦を裏切った女パイロットジラード・スプリガンが出現、
その哀しい過去が明かされたという話
ジラード・スプリガンの本名はレイナ・スプリガン
連邦軍の強化人間計画の実験で恋人ジラードを失い、
その怒りからヴェイガンに寝返り、恋人の名前を名乗るようにしたと
ジラードさんのキャラ・エピソードはなかなか面白かったな。
だからこそもったいない。
キオ編ですぐ登場させていればよかったのに。
シャナルアさんのエピソードを削るなりして。
終盤顔を歪めてたし、この人もすぐ退場しちゃいそうだな

「過去に何があろうが今はヴェイガン、我々の敵であることに変わりはない・・・」
「理由など関係ない。やつはもう連邦の人間ではないんだ・・・」

じじい、揺るぎないなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話

聖闘士星矢Ω第17話(7.29)

July 29 [Sun], 2012, 20:13
聖衣の修復師貴鬼の弟子である少女羅喜と出会った光牙らの前に
白銀聖闘士地獄の番犬座ケルベロスのドーレが立ちはだかるが、
最後はいつものとおり撃破したという話
牡羊座のムウの弟子だった貴鬼登場、イケメンに成長してたのね。
北斗の拳のバットの法則だな。
聖衣の修復師は継いだようですが、黄金聖闘士の座は譲られなかったのかしら?
最初は優勢に戦いを進める白銀聖闘士が
6:50あたりで逆転されるという毎度のパターンにちょいと食傷気味

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

今週の東映配信

July 29 [Sun], 2012, 20:10
・ロボット8ちゃん第14話
第14話 天まであがれ! タコ騒動 脚本:山崎晴哉
8ちゃんと子供を遊ばせちゃダメ』と大人たちが騒ぎだし、
失意の8ちゃんは家出をしてしまうが、
子供のピンチを救った8ちゃんを子供たちは温かく迎えたと
この回から8ちゃん役の声優が変更。テコ入れだったらしい。
そんなに違和感なかったけどなあ。
8ちゃんが子供たちに温かく迎えられた話の回で
テコ入れで声優変更というのが何ともシュールだった・・・。

・超電子バイオマン第19話第20話
第19話 父はドクターマン 脚本:曽田博久
第20話 プリンスの挑戦! 脚本:曽田博久

ドクターマンの息子プリンス登場、
南原はまだ子供のプリンスを改心させようとするが、
プリンスの正体はドクターマンが作ったロボットだったと
ドクターマン、人間だったのね。
粗野なモンスターに呆れるプリンスに
「パワーにだけ重点をおいて作ったんだ。無教養なのは許してやれ」
となだめるドクターマンがチャーミングだった。
親バカだわ、部下を庇うわ、人の心を持つメカを作ったことを恥じるわ、
ドクターマン、人間味あるヤツだったんだなあ。
この前後編でだいぶ見方が変わったよ。
ドクターマンの本当の息子はいずれ出てきそうだな。
どんな人間ドラマが用意されているのか楽しみだ。

・超人機メタルダー第7話第8話
第7話 ゴールを決めろ!タグ兄弟との炎の決闘 脚本:山崎晴哉
第8話 さらばバーロック!鉄仮面の秘密 脚本:掛札昌裕

第7話はサッカー少年やヨロイ軍団豪将タグ兄弟との出会いから
剣流星(メタルダー)が兄弟愛を学んだ話
『ロボット8ちゃん』の脚本も書いてた山崎晴哉氏の脚本だけに
子供を絡めたストーリーで今までで一番観やすかったな
実の兄弟ではなかったタグ兄弟、
今回もとどめを刺さなかったメタルダーだったが、今回は納得。

第8話はクリーンファイトを信条とするヨロイ軍団雄闘バーロック
メタルダーに勝負を挑んだという話。
ヨロイ軍団は実は人間というのが微妙なものを感じるのよね。
メタルダーに勝てるとは思えん。
それでいて、四軍団の中で上位っぽいし・・・。
元五輪の競技選手で、ライバルをドーピング疑惑で陥れ
自殺させてしまったトラウマから、正々堂々と戦うことにしたバーロック、
ちょうどロンドン五輪をやっているし、生々しい設定だった。
第7話で美人秘書は肩書から美人が消えて、ただの秘書に
そして、第8話でムキムキマンフーフーチュウは出番が終了したらしい。
インパクトあるキャラだったし、もったいないなあ。
せめて役立たずは不要ということで処刑してあげればよかったのに。

・超光戦士シャンゼリオン第3話第4話
第3話 花嫁ゾロゾロ 脚本:井上敏樹
第4話 ああ友情 ああ無情 脚本:井上敏樹

第3話は
「ねえねえ、彼女、
これからさあ、俺と一緒にもんじゃ焼きでも食いに行かない?」

結婚式の最中花嫁が失踪する事件が続出、
調査に乗り出した暁(シャンゼリオン)
犯人を誘き寄せるため、まずは速水とナンパを開始したと
「おまえは戦士だ」「戦士としての自覚を持て」
暁を叱る速水の台詞が『ジェットマン』の竜っぽい。
でもどこかバカっぽいのがこの作品らしい。
暁からナンパをレクチャーされるし、キミはどうしてそっちの方向に・・・(笑)
花嫁を収集するというマニアックな趣味のこの回のダークザイド、
演じてたのはまだ無名だった頃の田中哲司さん。
昔の作品でブレイクした人を見つけるのも一興ですな。

第4話はエネルギー不足でサイドックのサポートメカが起動しない中、
ダークザイドの事件に巻き込まれ、逮捕された暁と速水が脱獄する話
手錠で繋がれた暁と速水、脱獄してるのに楽しそうだった(笑)

★宇宙鉄人キョーダインの感想★
第1話第2話

★ロボット8ちゃんの感想★
第1話第2話

★超電子バイオマンの感想★
第1話第2話 第10話 第13話

★超人機メタルダーの感想★
第1話第2話 第3話第4話 第5話第6話

★恐竜戦隊ジュウレンジャーの感想★
第1話第2話

★超光戦士シャンゼリオンの感想★
第1話第2話

★百獣戦隊ガオレンジャーの感想★
第1話第2話

★轟轟戦隊ボウケンジャーの感想★
第1話第2話

曽我兄弟の仇討ちと消えた仏像A

July 28 [Sat], 2012, 19:27
曽我兄弟が仇討ちをすることになったそもそもの発端は、
工藤祐経が上京している間に
工藤祐経の従兄弟であり、曽我兄弟の祖父である伊東祐親
工藤祐経の所領を横領したのが発端。
つまり、工藤祐経と曽我兄弟・伊東祐親は一族なんですな
工藤祐経は都で訴訟を起こすが、
伊東祐親は平家と繋がりが深かったためうまくいかなかった。
しかも、伊東祐親は所領を奪っただけでなく、
工藤祐経に嫁がせていた娘を離縁させ、別の男と再婚させてしまう。
怒った工藤祐経は伊東祐親暗殺を図るが失敗、
代わりに殺害されたのが伊東祐親の長男であり、曽我兄弟の父河津祐泰だった。
工藤祐経が決して一方的に悪いとは言い切れないですな。

ちなみに、伊東祐親は伊豆の流人だった源頼朝の監視役だった人物、
頼朝は北条政子と結婚する前に
伊東祐親の娘(工藤祐経の妻とは別の女性)と関係を結んでいる。男児が生まれたらしい。
だが、ときは平家全盛の時代、事実を知った伊東祐親は激怒、
頼朝と娘を引き離し、男児を殺害、頼朝をも殺害しようとしたそうだ。

その後、伊東祐親と工藤祐経の立場は逆転する。
頼朝挙兵後、すぐに味方した工藤祐経が頼朝の寵臣となったのに対し、
伊東祐親は平家方に加担、頼朝方に捕えられて、自害してしまう。
一方、曽我兄弟は、母の再婚相手曾我祐信という豪族の養子となるが、
頼朝と敵対した人物の孫ということで冷遇されたようだ。
曽我兄弟の仇討ちの裏には頼朝暗殺計画があったという説もあるのですが、
文章が長くなったので、続きはまたの機会に。

曽我兄弟の仇討ちと消えた仏像@

July 28 [Sat], 2012, 19:25
今週、個人的に興味を引かれる記事がありました。
鎌倉時代、曽我兄弟の仇討ちの後、神奈川県中井町から消失した仏像が
山形県鶴岡市の寺院で発見されたとのこと。
工藤祐経の弟祐茂は身の危険を感じていたのか。誰を恐れていたのだろう・・・。

800年前中井町で盗難、曽我兄弟仇討ち縁の仏像が山形で発見
鎌倉時代に中井町から「行方不明」になっていたとされる仏像が、山形県鶴岡市の寺院に保存されていることが分かった。持ち去ったとみられるのは、曽我兄弟の仇討(あだう)ちで討たれた工藤祐経の一族。伊豆から逃亡する際に一門の守護を願って運び出したとの伝承の存在が、最近になって一族の子孫から関係者を通じて町にもたらされた。現地で確認した中井町の住民らは、800年余の時を経て解きほぐされた謎にさらに迫ろうと、詳細な調査や両市町の交流を描いている。
もともとは中井町にあったとされているのは、鶴岡市大鳥地区の龍雲院にある大日如来坐像。青銅製で鎌倉時代の作とされ、市指定文化財となっている。
地元で語り継がれる「落人伝説」によると、源頼朝の配下にあった工藤祐経が曽我兄弟に討たれた後、身の危険を感じた弟の祐茂は伊豆を離れ、6年間の流浪の末、大鳥地区に村を開いた。この際、「相模の国田中の森」に鎮座していた大日如来像を持参していたと伝えられていた。
一方、中井町半分形(はぶがた)では、持ち去られた大日如来像の後継として作られた木製の如来像が自治会館に安置され、町の指定重要文化財にもなっている。
木製如来像の内部に納められていた「大日如来之記」には「俗(賊)難のために、行き方知れず」とあり、何者かに盗まれたため仏像を作り直したことが記されていたが、どこに持ち出されたかは杳(よう)として知れなかった。
出自と行く末の分からぬ二つの仏像を結んだのは、工藤一族の子孫に当たる斉藤登美子さん(72)=千葉県野田市。大鳥地区に伝わる大日如来像の由来記を昨年、書にしたためて奉納した際、「相模の国田中の森」の記述にあらためて注目した。何らかの手掛かりが得られればと、知人で厚木市に住む渡辺芳子さん(75)にも同じ書を提供。渡辺さんが「田中」という地名が実在する中井町に書を送るなどしたところ、行方不明になった仏像があることが分かった。「田中」は「半分形」に隣接している。
これを受け、今年3月まで町文化財保護委員を務めた森茂さん(79)=同町半分形=ら有志が6月に鶴岡を訪問。龍雲院で大日如来像を確認し、祐茂の墓にも参拝した。森さんは「まさか山形にあったとは驚いた。歴史の深みに触れた思い」と驚きつつ「如来像の年代測定は行っていないが、経緯などに関する記述は合致している。曽我に近い中井をなぜ通ったのかなど謎はたくさんある。今後も調査を続けたい」と歴史浪漫に思いをはせる。

曽我兄弟の仇討ちは、曽我十郎祐成五郎時致の曽我兄弟が
河津祐泰を殺害した工藤祐経を討った事件。
僕は平安末期・鎌倉時代が好きな人間なのですが、
曽我兄弟の仇討ちは特に興味のある事件だったりします。
この時代の東国の武士の土地への激しい執着を持つ一面が露呈した事件であり、
謎の部分の多い事件だからです。
『曽我物語』に美談として描かれ、浄瑠璃や歌舞伎などにも取り上げられたのですが、
実際のところ、この事件、美談とは言えないようです・・・。

梅ちゃん先生第17週(7.23-28)

July 28 [Sat], 2012, 19:00
松岡@高橋光臣と別れて間もなく、
今度は坂田医師@世良公則が交通事故に遭い急逝、
失意の下村梅子@堀北真希
幼馴染の安岡信郎@松坂桃李を以前と違う目で見るようになったと
坂田医師はここで退場かあ
梅子とは別のかたちで病院を続けていく人だと思ってたんだがなあ。
坂田医師が亡くなり、末期がんの早野@津嘉山正種は今週も登場、
これは早野も亡くなって、
梅子が医者としての厳しさを知る週なのかなと思ってたら、
梅子が信郎を再認識するための週だったみたいね。
信郎ルートに急転換させるためか、子供時代の回想シーンが多かった(笑)。
梅子のお相手は本当に信郎で決まりなのかな。
信郎はイイヤツだけど、
ダンスのエピソードでも梅子は信郎のことなど眼中になかったし、
今更信郎という気がしなくもない。第三の男が現れてもいいような・・・
あとは、坂田医師の急死に伴い、帰郷を考えた野島静子@木村文乃
事務員急募のチラシを見せる竹夫@小出恵介が温かかったな。

★今までの感想★
第1話 第1週 第2週 第3週 第5週 第6週 第7週 第8週 第9週 第10週 第11週 第12週 第13週 第14週 第15週 第16週

僕が彼女に、借金をした理由。

July 28 [Sat], 2012, 18:58
1994年にTBSで放映されたドラマ。池端俊策脚本
山野辺邦彦@真田広之は大手建設会社の課長代理、
30代でマイホームを手に入れ、順風満帆な人生を送っていたが、
ある日、クレジット会社の取り立て屋海老原直@筒井道隆が現れたことで
通子@斉藤慶子が多額の借金をしていることを知ってしまう。
通帳残高はからっぽ、通子は失踪、
更に総会屋との癒着疑惑から一ヶ月の停職処分を受け、追いつめられた山野辺は
金貸しをしている隣家の女性立花ゆき@小泉今日子から借金した上、
ゆきが立ち上げた消費者金融で直と共に停職期間中取り立て屋をするという話
毎回ドラマの最後にゆきさんが山野辺さんへの貸金残高を教えてくれるのが定番でした。
(最高で300万ぐらいまで借金した・・・)
真田広之のコミカルな演技・軽妙なテンポのストーリー・BGM、
山野辺さんとゆきさんが次第に恋仲になっていくし、内容的にはコミカルなドラマ、
でも、これほど結婚って怖いなあと感じさせるドラマはなかったな。
奥さんに浪費癖があって、借金がとんでもない額に膨れ上がっていたって怖い話だよなあ

機動戦士ガンダムAGE第41話(7.22)

July 22 [Sun], 2012, 23:20
連邦軍はルナベース奪還作戦を開始、基地司令官ゼハートが迎え撃ったという話
「おまえのことはわかっている。
ドール・フロストの妹であることも、目的があって私に近づいたことも・・・」

ゼハート陣営のキャラ紹介編みたいな話でした。
ゼハートの副官の紫ツインテールフラム・ナラ
ゼハートを庇って戦死したドール・フロストの妹、
女パイロットのジラード・スプリガンは連邦軍から寝返った女だったと。
ドール・フロストの妹と言われても、ドール・フロストって誰だったっけ?状態で、
(フラム・ナラという名前も憶えてなかった・・・)
キャラの描写不足を感じてしまったな。三部構成なのにもったいないトコだ。
アセムvsゼハートの因縁の対決も、
二部と三部ではアセムが別人のようであまり燃えないのが残念なトコだなあ。
今更言うのもなんですが、なんでアセムの声優さん、変えちゃったのかねえ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話

仮面ライダーフォーゼ第44話(7.22)

July 22 [Sun], 2012, 23:18
『星・運・儀・式』  脚本:三条陸 監督:石田秀範
城島ユウキから容姿や記憶を奪った闇ユウキ(ジェミニ・ゾディアーツ)
本物のユウキを偽者と思い込み、攻撃する如月弦太朗(フォーゼ)だったが、
真相に気づいた歌星賢吾が弦太朗を制止、
最後はジェミニを葬ることでユウキ消滅の危機は回避されたと
白いマスクは怖かったですが、闇ユウキ編終わってみるとあっさりした感じ。
『フォーゼ』の作風でユウキが消えるわけないからねえ。
ユウキが宇宙の声を聴いたうんぬんはこれで終わりなのかな。
次はレオさんの攻撃を弾いた賢吾、そして最後は弦太朗の秘密に迫るのかな。

「あと12時間、とめられるものならとめてみたまえ。
私とジェミニがプレゼンターに会いに行くことを・・・」

我望理事長の目的はプレゼンターに会うことにあるらしい
プレゼンターは人類に対して働きかける宇宙からの意思だそうで、
特定の人間だけに宇宙からのメッセージみたいなものを届けるらしい。
江本教授は賢吾に教えてたそうだが、そんな話してたっけ。まったく記憶にないぞい。

「プレゼンターからの声か。私にはまったく覚えがない・・・」
「我望様が必要なのは私ではなく、私のスイッチだけなのか・・・」
「ピスケスを見つけたら最後、私は・・・私は・・・」

残る十二星座は魚座のみ、いよいよ追いつめられてきた速水校長
「こうなったら、君たちにすべてを話す。一緒に戦ってくれ」
「私は我が身を守るためなら、何だってする!」

誰かに踏みつけられていた次回予告に笑った。次回、いよいよ退場か?
しかし、来週はロンドン五輪でお休みだ。リブラ、君は実にしぶとい男だね(笑)

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 スーパーヒーロー大戦 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE