梅ちゃん先生第13週(6.25-30)

June 30 [Sat], 2012, 11:01
松子@ミムラ加藤@大沢健が結婚、
安岡信郎@松坂桃李宮田咲江@佐津川愛美という彼女ができる中、
坂田医師@世良公則の話に感銘した下村梅子@堀北真希
蒲田で開業したいと思うようになり、
建造@高橋克実に打ち明けたところ、猛反対された上、
その直後、建造は卒倒してしまったと
梅子、巣立ちのときですな。松岡@高橋光臣はどうするのでしょうか?
安岡家は信郎に彼女ができたし、
製作所はひとまわり大きくなったし、順調ですな。
信郎の彼女は佐津川愛美か。イイキャスティングだ
梅子を手元に置いておきたいがために、
坂田医師に会いに行くわ、珍しく論文を誉めるわ、今週も親父がラブリー。
嫁いでいく松子への「幸せになれ・・・」の一言の台詞が味があったな。
高橋克実さん、このドラマで評価がだいぶ変わったよ

★今までの感想★
第1話 第1週 第2週 第3週 第5週 第6週 第7週 第8週 第9週 第10週 第11週 第12週

非公認戦隊アキバレンジャー最終話 & LUPIN the Third 峰不二子という女最終話(6.27)

June 30 [Sat], 2012, 11:00
・非公認戦隊アキバレンジャー最終話
感想まったく書いてなかったけど、観てました。
特撮ネタを楽しむ(苦笑程度)ための作品という認識だったのですが、
八手三郎の力で番組が終了に向かいつつあるのを悟り、
登場人物たちが終了フラグを避けようとするも、
オワリの文字が迫った上、
八手三郎の魔手で強制終了されるという最痛回が衝撃的だったな
イエローの母親が既に亡くなっていたという5話もよかった。
『ディケイド』はこういうストーリーの流れにしたかったのでは?
という興味深い説をTwitter上で見かけたりしました。
創作されたキャラクターが創造主に立ち向かう・・・
面白いけど、ニチアサでは無理だろうし、
ラスボスが八手三郎だからこそ、『アキバレン』だからこそ、面白かったのでしょうな。

・LUPIN the Third 峰不二子という女最終話
峰不二子をかつて人体実験に使ったと思われた人物ルイス・ユ・アルメイダ伯爵
だが、アルメイダ伯爵が人体実験に使ったのは別の女性アイシャ
不二子はアルメイダ伯爵の持つ薬物を手に入れようとして失敗、
記憶を操作されただけだった。
そのアルメイダ伯爵は既に亡くなっており、
伯爵の意思を受け継いだアイシャが不二子の人生を支配しようとしていたと。
うん、これで不二子はトラウマを抱えていたわけではなく、
依然謎の女性のままということですな。EDの少女もアイシャだったのでしょう(苦笑)
アルメイダ伯爵編はイイ出来とは思いませんが、うまくまとめたなとは思います。

賛否両論ありそうですが、異色ルパン、なかなか面白かったです
ルパン三世石川五ェ門は関わらないままか。
この後、1stで出会うということなのでしょうが、ちょっと残念。
もうちょっとこのルパンファミリーによる盗みのエピソードが見たかったですな。
11話で死んだかに見えたオスカー警部補が生きてましたが、彼は一体何だったんだろうね

★劇場版の感想★
ルパンVS複製人間(1978)DEAD OR ALIVE(1996)

★TV SPの感想★
霧のエリューシヴ(2007) sweet lost night(2008) ルパン三世VS名探偵コナン(2009) the Last Job(2010) 血の刻印 永遠のmermaid(2011)

★LUPIN the Third 峰不二子という女の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

鍵のかかった部屋最終話(6.25)

June 26 [Tue], 2012, 23:25
ビルの高層階にある社長室が何者かに空気銃で狙撃され、
その後、その社長室で穎原社長@佐々木勝彦が殺害された事件
空気銃で狙撃したのは、社長室に宝石を隠匿していたため、
警備を厳重にしたいと考えた穎原社長自身
そして、穎原社長を殺害したのは
穎原に恨みを持っていた清掃員佐藤学(実は別人)@玉木宏
あらかじめ合鍵で社長室に侵入、宝石を盗んだ上、
介護ロボットとボウリングの球を使って、ガラス越しから穎原を殺害したと。
その後、自首した佐藤の自宅から盗まれた宝石が見つかったものの
宝石の一部が模造品であることが判明、
大いなる疑惑が残る中、榎本@大野智は臨時収入が入ったと称し、外国へ旅立ったと
仲間二人を残して主人公が外国へ旅立つって、『ATARU最終話』とかぶっちゃったね
『ATARU』は『ATARU』らしく、『鍵部屋』は『鍵部屋』らしい決別だったけど。
かぶったのはしょうがないけど、
榎本は最後で笑みを見せず、無表情のままの方がよかったんじゃないかな。
榎本が泥棒を副業にしてたかどうかは灰色のまま・・・
うん、これなら続編を作れるでしょう。

『ATARU』は『相棒』の櫻井武晴脚本なので放映前から期待してましたが、
こちらはまったく期待していませんでした。思わぬ拾いものだったな
そもそもどういう作品なのか見当もつかなかった。
密室に閉じ込められた三人が脱出するストーリーなのかと思ってた。
そして、密室殺人の謎を解くドラマと知って、すぐネタが尽きるんじゃないかと思った。
でも、原作がいいのか、脚本が巧いのか、
こういう密室の仕立て方があるのかと毎回感心させられたね
つっこみどろも多かったけど、許せる作品だったね。今回の全身アルミホイルとか(笑)。
俳優陣だと榎本役の大野智の謎めいた雰囲気がよかったね
この人は『魔王』といい、無表情で何考えてるのかわからんキャラが合ってると思う。
そして、芹沢役の佐藤浩市ね、
鷹揚に振舞うけど実は器の小さい芹沢という人物を魅力的なキャラにしていたね。
今回もドヤ顔かましてからぐむむな展開に急転直下したのが面白かったな。
青砥純子役の戸田恵梨香は・・・僕はあまり魅力を感じませんでした
『ATARU』の栗山千明と逆の方がよかったんじゃないかと思った。
『鍵部屋』の続編があるとしたら、この三人で観たいですな。
流石に二期やるには密室事件ではキツいんじゃないかな。
『ATARU』は二期・『鍵部屋』はSPで、できれば続編を作ってほしいですね

これで今期視聴していたドラマはほとんど終了
今期の僕にとっての最優秀ドラマは『ATARU』でした次点は『鍵部屋』
今期は『ATARU』と『鍵部屋』、ドラマを楽しませてもらったクールだったな。
ヒューマンドラマで面白い作品がなかったのが残念といえば残念でしたが。
最優秀主演男優賞は中居正広(ATARU)、大野智(鍵部屋)
最優秀主演女優賞は堀北真希(梅ちゃん先生)
最優秀助演男優賞は佐藤浩市(鍵部屋)・斎藤工(37歳で医者になった僕)
最優秀助演女優賞は該当者なしということで

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

ATARU最終話(6.24)

June 25 [Mon], 2012, 0:28
蛯名舞子@栗山千明の母真理子@奥貫薫の15年前の死の真相
居眠り運転か自殺と警察に判断された自動車事故による死、
チョコザイ@中居正広が調べていると知った舞子の父達夫@利重剛
興奮気味に「私が真理子を殺した」と告白、
でも、達夫の告白の意味は妻を自殺させてしまったという自責の思い、
チョコザイの指摘から
真理子は事故を起こしたときには脳出血で既に病死していたことが判明、
真理子の死が自殺ではなかったことがわかり、蛯名家の人々は救われ、
チョコザイと舞子、沢@北村一輝はそれぞれの道を歩み出したと
達夫パパが真理子の車の設計士だったことが判明した前回、
どう収拾つけるのか気になってたのですが、うまくまとめましたね
この真相解明で一番救われたのは達夫パパでしょうな。
15年間、自分のせいで妻が自殺したという罪悪感を抱えてたんですなあ。
蛯名家の捨てヤマが解決されてよかったよ

これで舞子は安心して捨てヤマを解決していけると思ったら、退職ですか
本格的に捨てヤマのハイエナになるとのことなので、捜査から離れることはなさそうですが。
そしてチョコザイはラリー井上@村上弘明と共に米国へ帰還か
てっきりトリオで捨てヤマを解決していくのかと思ってたのですが。
能力を使うとチョコザイがストレスがたまるのは解決してない気もするのですが、
(爪切ればいいというものではないと思うが・・・)
チョコザイ自身が選んだ道だし、いずれ克服していくのかな・・・。

今期で一番好きなドラマでした。今年一番になるかもしれない
チョコザイの雰囲気、中居君の演技、事件解決までの流れ、
障害のある人への優しさを感じさせるストーリー、魅力的な作品でした。
小ネタが目障りに感じることがあったのが残念だったな。
小ネタが無くても、十分勝負できる作品だったと思う。
中居君はこのところドラマに恵まれてない印象があったのですが、
『味いちもんめ』の伊橋・『白い影』の直江先生と並ぶ当たり役に巡りあってよかったねえ。
いずれ続編があることを願っています。お疲れさまでした

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

機動戦士ガンダムAGE第37話(6.24)

June 25 [Mon], 2012, 0:26
ヴェイガンの本拠地に連れ去られたキオ
首領イゼルカントや貧民窟のディーン&ルウ兄妹の話を聞くことで
死の病が蔓延するヴェイガンの真実を知ったという話
イゼルカントの亡くなった息子がキオと酷似してましたが、
イゼルカントにはアスノ家の血が流れてたりするのかな?
今まで長々と不毛な戦い・主人公側の共感できないエピソードが続けられてきて、
ここにきてヴェイガン側の主張が比較的理知的だったことが明らかになる
という虚しさがよかった。うん、今回なかなか良かったと思う
これまでのストーリーを考えると、イゼルカント様が全面的に正しいとは思わない。
でも、ヴェイガンが地球側を憎む気持ち・地球に戻りたい気持ちは理解できたし、
少なくとも初恋の相手を殺された私怨でヴェイガンを憎むフリットよりは共感できたわ。
(しかも、殺したのはデシル個人であって、ヴェイガンが悪いのではない・・・)
さて、ヴェイガンの真実を見たキオはどう動くのでしょうかね。
そんなキオに対してフリットはどういう態度を見せるのでしょうか?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話

仮面ライダーフォーゼ第40話(6.24)

June 25 [Mon], 2012, 0:21
『理・念・情・念』  脚本:長谷川圭一 監督:諸田敏
温厚だった杉浦雄太(タウラス・ゾディアーツ)が突如変貌したのは
好意を寄せる生徒会長壬生彩加が不良生徒の暴行を受けたため。
理由を知った如月弦太朗(フォーゼ)は杉浦を救おうと奔走、
彩加の説得で杉浦は改心するのが、
そんな杉浦の前にヴァルゴ・ゾディアーツが姿を現し、
杉浦をダークネビュラに送った上、
ヴァルゴの正体を知った野座間友子までもがダークネビュラに送られてしまったと
天高には番長介より悪いヤツがいたのね。
この前後編、タウラス編というよりヴァルゴ正体発覚編だったという印象。
ゴルフ対決は先週全米ゴルフのために休みだったという点を除くとどーでもよかったような
で、杉浦君の落としどころはやはり生徒会長でしたね。
どうも二週だけの幹部は自分から戦意を失うパターンが多いですなあ。

「ヴァルゴよ、私の前に立ちはだかる者は容赦なく排除しろ。」
「わかっています。
歌星を手にかけたあのときから、私は誓ったんです。
月ではなく、私が地球になる・・・」

ヴァルゴ(乙女座)の正体は、やはり江本州輝教授でしたね
江本→乙女なのでそうなんだろうなあと思ってましたが、
州輝→すピカ→スピカもアナグラムという説があるのを知りました。本当かよ?
しかし、予想はしていたものの、
いざおっさんがヴァルゴに変身してるのを観ると、やはりショックだったな(笑)。
(ヴァルゴの声の田中理恵さんは山寺宏一さんと結婚されたそうでおめでとうございます)
そして、ヴァルゴ=江本教授というのは予想してたのですが、
歌星賢吾の父歌星緑郎を月で葬った赤い目の人物は
我望理事長ではなく、江本教授だったんですなあ。これはまったく予想外だった。
ヴァルゴ(江本教授)はメテオ(朔田流星)にヒントを送ったこともあったし、
反ゾディアーツの一員なのかなと思っていたのですが。

弦太朗はゾディアーツを倒すのが目的ではなく、スイッチを破壊して友達になるのが目的、
『フォーゼ』は弦太朗が赦す(=友達になる)ことが前提の作品なのだと思います。
この作品に根っからの悪人っていないんじゃないかなあ。
江本教授・速水校長・立神さんは我望理事長の赤い目で操られていて、
その我望理事長には宇宙生物でも取りついてるんじゃないかねえ?
そして、今回、野座間さんがダークネビュラに送られてしまいましたが、
これで今までダークネビュラに送られた人たちが戻ってくる可能性が出てきたような。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 スーパーヒーロー大戦 第36話 第37話 第38話 第39話

聖闘士星矢Ω第13話(6.24)

June 25 [Mon], 2012, 0:20
「若き聖闘士よ、おまえたちにアテナを託すときがきた。
星座の導きのもと、己を信じろ。
おまえたちの力でアテナを救い、マルスを倒すのだ。光の道を行け!」

光牙ユナから聖衣を奪おうとした白銀聖闘士蠅座のフライを撃破、
そんな光牙やユナに消滅寸前の星矢が最後のメッセージを送ったと
蠅座のフライ、ガマガエルのように醜かったなあ。
なぜ白銀はこんなのばかりなんだ?
でも、
「アテナを守ったからといって、アテナが私に何をしてくれるというのです?」
という台詞はよくぞ言ってくれたという感じだった(笑)

すっかりストーリーから姿を消していたエデン
その正体はマルスの息子。
なるほど、光牙たちと一緒に逃亡しないわけだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

梅ちゃん先生第12週(6.18-23)

June 24 [Sun], 2012, 0:30
松岡@高橋光臣は青森に転勤、
加藤@大沢健松子@ミムラにプロポーズしたもののなぜか撤回、
仕事がうまくいかない安岡信郎@松坂桃李は家を飛び出してしまい、
心悩ます下村梅子@堀北真希だったが、
青森から戻った松岡は梅子に告白、加藤は正式に松子にプロポーズ、
信郎が戻った安岡家は新築工事が始まり、めでたしめでたし
金曜土曜でとんとん拍子でめでたくなったな。
梅子と松岡のラブラブぶりが可愛く、微笑ましかった。
そんでもって、信郎がビジネス本を数ページしか読んでなかったのと、
建造@高橋克実に松子との結婚の許可をいただこうとしている加藤を見て
安岡幸吉@片岡鶴太郎が言った「あいつ、何謝ってるんだ?」に笑った。
娘が二人とも嫁ぐ日が近そうで、親父が寂しく感じそうだなと思ってたら、
予告で親父が倒れてたし、来週は重い展開なのかな・・・

★今までの感想★
第1話 第1週 第2週 第3週 第5週 第6週 第7週 第8週 第9週 第10週 第11週

今週の東映配信

June 24 [Sun], 2012, 0:27
・超電子バイオマン第10話
第10話 さよならイエロー 脚本:曽田博久
反バイオ粒子の攻撃を喰らい、イエローフォー(小泉ミカ)が戦死した話
伝説のイエロー戦死回。
『バイオマン』はイエロー戦死回とシルバが登場するあたりが観たかったのですが、
まだ10話のエピソードだったんですなあ。
ミカ役の女優さんが突然失踪してしまったためだそうですが、容赦なく戦死させたなあ
イエローだけを退場させるために集中砲火を浴びせていたねえ。
当然ミカは出ることなく、終始イエローの姿のままで、最後は花に囲まれ埋葬、
ホログラフでミカの生前の映像が流れるのが事情を知っただけに物悲しかった。
女優さんが失踪したことによる交代劇など知らなかっただろうし、
当時の子供はショックを受けただろうなあ

・仮面ライダーBLACK RX第43話第44話
第43話 敗れたり!! RX 脚本:宮下隼一・村山隆策
第44話 戦え!全ライダー 脚本:江連卓

第43話はRX(南光太郎)打倒の執念からダスマダーと結託、
ネオストームダガー怪魔ロボットヘルガデムで迫るガテゾーンだったが、
あと一歩の所で及ばず、敗れ去ったという話
ガテゾーンはニヒルなのがいいのか、人気があるキャラみたい。
隊長の座を剥奪・ジャーク将軍指揮下から追放され、
将軍に背を向け、手を強く握りしめていたのが印象的だったな。
金ピカのネオストームダガーは評判が悪いが、
皇帝陛下のために黄金の宮殿を作ろうとするクライシスなので致し方ない(苦笑)
この回はジョーたちの援護射撃がなかったら、RXも危なかった印象。
団結してるチーム光太郎とバラバラのクライシスという対比が良かっただけに、
歴代ライダーの登場で構図が崩れてしまうのが残念

第44話はクライシスと日本政府の会談が決裂、人々がパニックに陥る中、
クライシス側には皇帝の破壊兵器最強怪人グランザイラスが出現、
一方、RXのもとには10人ライダーが駆けつけ、決闘を挑んできたボスガンを撃破したと。
僕のお気に入りキャラボスガン退場回
チャップに礼装用のマントを着用させるわ、
皇帝の破壊兵器があればおまえでもRXを倒せるというダスマダーの言葉に憤慨するわ、
「皇帝の使者とはいえたかが怪人、うぬ如きの力は借りぬわ・・・」
「私は負けん、貴様には負けんぞ、ぬおお・・・」

グランザイラスとの共闘を拒むわ、最後までRXに敗北を認めないまま敗れ去るわ、
そんなに強くもないのにプライドだけはやたら高いボスガンが好きでした
飯塚昭三氏の好演もよかった。
しかし、RXとの一騎打ちは好勝負ではあったが、
これが好勝負なのは光太郎がロボライダーやバイオライダーを使わない温情によるものだな。
そして、ガテゾーンやゲドリアンの退場回に比べると、扱いが悪いのう。
グランザイラスより戦闘力が明らかに下という感じなのがなあ。
最後の怪魔獣人はダスマダーが罠を仕掛けたときに囮に使われてたし。
もっともグランザイラスはボスガンどころか皇帝やジャーク将軍より強そうだ。
元々は怪魔ロボットと獣人が合体したガイナトリゲランとして石ノ森先生がデザインした怪人らしい

RXはこの44話までは面白かったな。
ボスガン・ガテゾーン・ゲドリアンは彼らにふさわしい最期だったのが良かった
でも、次の45話から雰囲気が変わってしまった印象なのよね。
ジャーク将軍の声が加藤精三氏から柴田秀勝氏に変更されてしまうのも残念。

・鳥人戦隊ジェットマン第43話第44話
第43話 長官の体に潜入せよ 脚本:井上敏樹
第44話 魔神ロボ! ベロニカ 脚本:井上敏樹

第43話はトランザが巨大ロボを完成させる前にジェットマンを倒したいラディゲ
小田切長官の体内にバイオ次元獣ヒルドリルを潜入させ、長官を操るが、
ジェットマンもまた細胞縮小エネルギーで長官の体内に潜入、
経緯を知って激怒した長官はジェットガルーダでヒルドリルを一蹴したと
「今まで完璧な人生を送ってきた私によくもよくも恥をかかせてくれたわね!」
小田切長官が恐るべきパワーを発揮した回(笑)
一条総司令が嫉妬したのもちょっぴりわかる。
一方、ラディゲは今回もドヤ顔からぐぬぬの安定の展開、
ヒルドリルのしょぼさ・姑息な作戦が今のラディゲっぽい

第44話はトランザの作っていた魔神ロボベロニカが完成、
人間の生体エネルギーで動くベロニカの前にジェットマンは苦戦、
グレートイカロスは大破し、香・雷太・アコが捕えられてしまったと
ベロニカの造型は秀逸だのう
ベロニカにラディゲたちの席まで用意してあげるトランザ、
自分の力を誇示したかったのでしょうが、
ジェットマンをあと一歩まで追いつめるも、
ラディゲが邪魔したためにとどめを刺すことができず。
ジェットマンはホント敵の不仲に救われているな。
戦隊側の巨大メカが敵の攻撃で腹部に穴が開くって最近の作品では観ない気がする・・・

今週のは43話で香の両親と対面するも、
肩書きを重視する香の両親に不快に感じ、途中で退席、
44話ではほかのガールフレンドたちとプールでデート、
着々と凱と香のすれ違いエピソードが進行してますな
凱のブーメランな水着はベロニカを超える破壊力だった(笑)

★宇宙鉄人キョーダインの感想★
第1話第2話

★ロボット8ちゃんの感想★
第1話第2話

★超電子バイオマンの感想★
第1話第2話

★仮面ライダーBLACK RXの感想★
第1話-第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話第18話 第19話第20話 第21話第22話 第23話第24話 第25話第26話 第27話第28話 第29話第30話 第31話第32話 第33話第34話 第35話第36話 第37話第38話 第39話第40話 第41話第42話

★鳥人戦隊ジェットマンの感想★
第1話-第4話 第5話第6話 第7話第8話 第9話第10話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話第18話 第19話第20話 第21話第22話 第23話第24話 第25話第26話 第27話第28話 第29話第30話 第31話第32話 第33話第34話 第35話第36話 第37話第38話 第39話第40話 第41話第42話

★星獣戦隊ギンガマンの感想★
第1話-第4話 第11話第12話 第13話第14話 第15話第16話 第17話第18話 第19話第20話 第21話第22話 第23話第24話 第25話第26話 第29話第30話 第33話第34話 第35話第36話 第37話第38話 第39話第40話 第41話第42話

★未来戦隊タイムレンジャーの感想★
第1話-第4話 第9話第10話 第13話第14話 第19話第20話 第21話第22話 第27話第28話 第29話第30話 第33話第34話

★仮面ライダー555の感想★
第1話-第4話 第5話-第8話 第9話-第12話 第13話-第16話 第17話-第20話 第21話-第24話 第25話-第28話 第29話-第32話 劇場版 第33話-第36話 第37話-第40話 第41話-第44話 第45話-第47話 第48話-最終話

★仮面ライダーカブトの感想★
第1話-第4話 第5話-第8話 第9話-第12話 第13話-第16話 第17話-第20話 第21話-第24話 第25話-第28話 第29話-第32話 劇場版 第33話-第36話 第37話-第40話 第41話-第44話 第45話-最終話

相棒劇場版新作公開決定

June 23 [Sat], 2012, 0:36
今朝ニュースが流れてましたが、
伊丹刑事@川原和久を主役とした相棒の劇場版新作が来春公開されるそうです
脚本は『相棒』『科捜研の女』『ATARU』櫻井武晴さんなので期待できそう。
伊丹刑事の相棒となる田中圭演ずるサイバー犯罪対策課専門捜査官とやらは
『鑑識・米沢守の事件簿』での萩原聖人のようなポジションとなるのかな。
10期で卒業した神戸尊@及川光博も登場するそうですが、
来春公開なら新相棒の成宮寛貴を出演させた方がいいのでは?とは思いました。
二人とも登場させるのがベストなんですけどね。
さて、いたみんに春は来るのでしょうか?(笑)

<相棒>伊丹刑事×田中圭で新作映画 及川光博も出演!
俳優の水谷豊さんが出演する人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの劇場版最新作「相棒シリーズ X DAY」が製作されることが22日、明らかになった。川原和久さんが演じる警視庁捜査1課の伊丹憲一刑事が、田中圭さん演じるサイバー犯罪対策課専門捜査官とともに事件を追う展開になるといい、水谷さん演じる特命係の杉下右京警部はもちろん、今年3月に放送されたドラマ「相棒シーズン10」の最終話でシリーズを卒業した及川光博さんも、警察庁の神戸尊として出演する。映画は来春公開を予定。
相棒シリーズは、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京(水谷さん)がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。10年から11年にかけて放送された「シーズン9」では、第16話でシリーズ最高視聴率となる23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。全18話の平均視聴率も過去最高の20.3%とシリーズを通して初めて20%の大台を超えた。今年3月まで放送された「シーズン10」も全19話の平均視聴率が16.6%と好調で、及川さんが卒業した最終回は同シーズン最高、相棒シリーズの最終回としても過去最高の20.5%を記録した。
映画版はこれまで3作が製作されており、08年公開の「相棒−劇場版−絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン」が370万人動員、興行収入44億4000万円を記録。09年には、六角精児さん演じる鑑識官の米沢守を主役にした映画「鑑識・米沢守の事件簿」も製作され、10年末に公開された劇場版第2弾「相棒−劇場版2−警視庁占拠!特命係の一番長い夜」も270万人を動員し、興収31億7000万円とヒットした。
今回の映画は、「鑑識・米沢守の事件簿」に続く、「相棒シリーズ」の最新作という位置づけで、水谷さんや及川さんのほか、伊丹刑事を含む捜査1課の“トリオ・ザ・捜一”や、鑑識課の米沢(六角精児さん)、角田課長(山西惇さん)、陣川(原田龍二さん)らおなじみの面々はもちろん、木村佳乃さん演じる総理補佐官・片山雛子や、宇津井健さん演じる警察庁長官も登場する予定で、スケールの大きな物語になりそうだ。さらに、国仲涼子さん、田口トモロヲさん、別所哲也さんらが事件の鍵を握る役でゲスト出演する予定。
「相棒シリーズ X DAY」は、ある殺人事件の現場に、通常では姿を見せないサイバー犯罪対策課の刑事がいたところから始まる。伊丹刑事は、事件の被害者をマークしていたサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中さん)といきがかり上、共に捜査を進めていく。「刑事の勘」と「情報分析」、「熱血」と「クール」、「正義」と「仕事」という全く異なるキャラクターの2人だが、やがてある企業の機密漏えいにぶつかり、事件は意外な展開を見せていく……というストーリーになる。
監督はテレビの「相棒」シリーズや映画「探偵はBARにいる」などを手掛けた橋本一さん、脚本は同じく「相棒」シリーズや映画「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」などで知られる櫻井武晴さんが担当する。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE