ステップファザー・ステップ第8話(2.27)

February 28 [Tue], 2012, 23:50
脇坂刑事@渡辺いっけいの家に「忘れるな」と書かれた新聞が
投げ込まれる嫌がらせが続き、
双子の頼みで調べることになった怪盗キング@上川隆也
新聞の発行元の郵便番号がある日付を指した暗号であることに気づく。
その日は怪盗キングがある企業から金塊を盗んだ日付だった・・・。

双子の父親という役割に次第に愛着を感じてきた怪盗キングが
泥棒だった過去を痛感させられるという話
このドラマ、感想書いてないですが、観てはいます。
やや物足りなさもあるけれど、ほのぼのしていて嫌いではないです。
家族全員で安心して観られるドラマだと思うんだけどなあ。
視聴率が振るわないのはそれはそれで納得なのですが

この回の真相は、
怪盗キングに金塊を奪われたために仕事を失った元警備員@石井正則
脇坂刑事にその日を忘れないでほしいと願い、新聞を投げ込んでいたと。
真相を知った怪盗キングのほろ苦さが良かった
脇坂刑事が暗号を見つけられるような敏腕刑事ではなく、
怪盗キングを捕まえるとはとても思えないのが残念なトコだ(苦笑)

『ハンチョウ5』の新番組予告が流れ始めました。
でも、素直に喜べないのよね。
安積@佐々木蔵之助は神南署から警視庁に異動するという設定だそうで、
佐々木蔵之助以外のキャストは一新してしまうとのこと。
安積班のチームワークあっての『ハンチョウ』だったのになあ。
『相棒』といい、なぜ余計(としか思えない)な新展開をさせちゃうのかなあ

<佐々木蔵之介>「ハンチョウ」安積班総入れ替えで警視庁へ 人気刑事シリーズ第5弾
佐々木蔵之介さん主演の刑事ドラマ「ハンチョウ」のシリーズ第5弾が4月から放送を開始することが21日、明らかになった。これまで、神南署に所属しチームワークで事件を解決してきた佐々木さん演じる警部補・安積剛志が今回は警視庁に単身で異動。タイトルも「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」と変わり、佐々木さんは「警視庁は安積にとって完全アウエー」と驚きながらも、「『ハンチョウ』の責任はさらに重くなるとは思いますが、ドラマにはより強い面白さが加わると思います。ある意味クランクイン前からワクワクしています」と意気込んでいる。 「ハンチョウ」は09年4月期に連続ドラマシリーズがスタートし、10年は1月期と7月期、11年は4月期に放送された。新シリーズの舞台は事件捜査の総本山、警視庁。長い間神南署をホームグラウンドにしてきた安積に突然、新設されたという警視庁刑事部長直属の特捜査一係に異動の辞令が下る。しかし、そこは本庁とは別棟で、捜査一課の「下請け」チームとして位置づけられたセクションで、新メンバーも各部署から集められたアウトロー的存在の面々ばかり。見方によってはいつでも解散できるように作られており、捜査一課でも所轄でもアウトサイダー的扱いを受け、捜査会議にも参加せず、初動調査や現場検証にも立ち会えない。新天地で、安積はどこまで「ハンチョウ」らしさを貫くことができるのか……という設定だ。
新安積班のメンバーは、班のナンバー2となる尾崎誠警部補役を小澤征悦さん、若手の行動派刑事・小池竜也役を福士誠治さん、小池にライバル意識を燃やす新人刑事・結城沙諸里役を比嘉愛未さんが演じる。新メンバーについて、橋本孝プロデューサーは佐々木さんに相談したといい、「安積のアウェー感を出すために、『共演したことのない人を選んでほしい』と佐々木さんに言われた。(映画で佐々木さんと共演した)福士さん以外は、みんな初共演です」とこだわりを見せ、「彼らが安積さんを『ハンチョウ』と呼ぶ瞬間も見どころの一つです」と話した。人気シリーズを、あえて新たな舞台で作ることについては「シリーズ4までやったが、決して成長し切ってしまったドラマではないと思っています。面白くするために新たなチャレンジをする方が一歩でも前に進める。退路を断つ覚悟でやらせていただく」と熱く語った。
新メンバーの比嘉さんは「こんな『ハンチョウ』もありだねって思っていただけるよう、私も力になれたら」とコメント、福士さんも「新たなメンバーで作品に臨むということで、新しい『ハンチョウ』の世界観が出せれば」と意気込み、小澤さんは「大好きな俳優の佐々木蔵之介さんと共演できることがすごく楽しみ。番組に関わるスタッフのみなさんの結束力も強いものがあると思いますが、そんな作品に自分も関われるということはすごくうれしい。自分もできる限りのことを頑張れれば」とコメントしている。
橋本プロデューサーは、舞台・メンバー総入れ替えで始まるシリーズ5をスペシャルバージョンと位置づけ、「脚本家の皆さんからも驚かれたが、5作目が決まったときに、1回安積を違うポジションに置いてみたいと思った。思い切って所轄から本庁に変えてみたらどうなるか……」と説明。舞台を警視庁へ変えたことで、担当範囲が東京都全域になり、所轄が扱わない失踪事件やSP警護のような仕事など、幅広い活躍で「『ハンチョウ』のいろんな可能性が試せる」と語った。ドラマは4月毎週月曜日午後8時から放送予定。

★今までの感想★
第1話

本日は大安なり第7話(2.26)

February 27 [Mon], 2012, 23:35
何者かから脅迫状が送りつけられている結婚式場
突然気分が悪くなり、披露宴をやめると言い出した
大崎玲奈@星野真里山井多香子@優香が説得する中、
加賀山鞠香(姉・偽の花嫁)@谷村美月が誰かと
爆発について電話しているのが発覚したという話
玲奈が気分が悪くなったのは、
姑@角替和枝の出したサンドイッチに入っていた
ピーナッツバターを無理して食べたためだったと
うんうん、そんなトコだと思っていた。
五組のカップルの問題点の説明が終わり、
終局に向かっているという感じですな。
入れ替わってる双子に重婚男、そして脅迫状の送り主、
一体どう収拾をつけるのか、楽しみ楽しみ♪

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

機動戦士ガンダムAGE第20話(2.26)

February 26 [Sun], 2012, 20:23
ガンダムAGE2で出撃したアセムは新型MSゼイドラを駆るゼハートと激突、
ゼハートはアセムを圧倒したものの、とどめは刺さず、撤退したという話
なるほど、Xラウンダーの能力を制御するための仮面かということにしたのね。
「司令官、おまえが俺より上だと・・・」
魔少年デシル再登場。ゼハートはデシルの弟だったか。
デシル兄さん、アミバのようになっちゃって・・・(笑)
アセムvsゼハート、残念な成長を遂げたデシル、今回かなり面白かったなあ
ゼハートに嫉妬するデシル兄さんの歪みっぷりに期待だ。
「男の尻は叩けっていうのが我が家のルールなんだ・・・」
アセムの尻を叩いたアリーサも可愛かった。長生きしてほしいもんだ。

今のアセムにヴェイガンと戦わなければならない理由が感じられないのよね
AGE2の性能だけよくして活躍させても盛り上がらないと思う。
これからヴェイガンを憎むようになる出来事・理由が描かれていくのかな。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話

仮面ライダーフォーゼ第24話(2.26)

February 26 [Sun], 2012, 20:21
『英・雄・願・望』  脚本:長谷川圭一 監督:山口恭平
キッグナスに変身しているのは醜いアヒルの子の会会長鳥居崎ミサ
推測する如月弦太朗(フォーゼ)だったが、
キッグナスの正体はアヒル会会員江口規夫の二つに分離した人格の片割れ、
江口はスイッチを手放そうと決意するも、
アヒル会に無理矢理キッグナスに変身させられてしまうが、
フォーゼの活躍で元に戻ったという話
江口、二重人格者だったか。
『セーラームーン』の月影のナイト『ファイトクラブ』みたいな話だったな。
橘さん速水校長はまたしても二重人格者に振りまわされたわけね

このところ『フォーゼ』は微妙に感じていたのですが、この前後編は面白かったな
『フォーゼ』の面白さは陽気なばかばかしさにあると思う。「宇宙キター」とかね。
この前後編は宗教ちっくなアヒル会・ジャイアントフット・ライダー部恒例の寸劇・
とどめの二重人格とばかばかしさが出ていてよかった。
「ああ、そうだ。私はキッグナスだ。
そして、ここにいる皆がキッグナスだ。私たちは皆キッグナスと一心同体だからね・・・」

鳥居崎ミサ会長、いいキャラしていたなあ。10ポイントだ。
フェイクだとわかっていたが、十二使徒に入れてもいいくらいナイスなキャラだった。
ライダー部の寸劇は歌星賢吾に恥ずかしい恰好をさせるための作戦に見えてならないな

次回の前後編で大文字先輩美羽が卒業するみたいですね
そして、四月から新入生が新キャラとして登場する流れかな。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話

特命戦隊ゴーバスターズ第1話(2.26)

February 26 [Sun], 2012, 20:20
『特命戦隊、集結せよ!』  脚本:小林靖子 監督:柴崎貴行
巨大エネルギーエネトロンが都市生活を支える新西暦2012年
エネトロンを狙う悪の組織ヴァグラスから人々の生活を守るため、
ゴーバスターズが戦っていくストーリー・・・らしい
未知のエネルギーを扱っているのが昨今の世相を反映している気がしたな。
映像はかなり力が入っていましたね。視覚で楽しむという点では満足
でも、面白いかどうかはよくわからなかったなあ
ちょっと慌ただしい初回だったね。
展開についていけなかった。新西暦2012年とかね。
まあ、新西暦の意味や13年前に何が起きたとかはおいおい描かれるのでしょう。
数回観終えた後にもう一度観返したら、この初回もなるほどと思えるのかな。

青・黄が戦闘に手馴れていて赤は未熟というのは最初『ゲキレン』が思い浮かんだ。
青と黄が空気になりそうな感じがしないでもない(苦笑)
で、観ていくうちに『タイムレンジャー』っぽい雰囲気だなと感じていったな。
小林靖子脚本なだけに
ちょっと雰囲気が重いね。『タイムレンジャー』もちょっと苦手でした。
ついでに言えば、『シンケン』『オーズ』、このところの小林脚本作品は苦手なものが多いです。
もうちょっと息が抜けるシーンがあった方がいいのでは?と思った。
でも、『フォーゼ』とのバランスを考えると、これでいいのかもしれない。
キャストだと、『科捜研の女』に出ていた榊英雄さんが気になりました。
悪役だろうと思ってたら、司令官の役だったのね。踊るキャラに見えなかったわ(笑)
しばらく様子見ということで。

さよならをもう一度

February 26 [Sun], 2012, 20:18
1992年にフジテレビで放映されたドラマ。水橋文美江脚本
外科医高木修平@石田純一は院長の娘岡崎沙織@石田ゆり子との
婚約が決まっており、順風満帆な人生を送っていた
だが、かつての恋人向井響子@秋吉久美子と診察室で再会したことから
次第に人生の歯車が狂っていく。
ニュースキャスターとなっていた響子には朝倉浩一@宅麻伸という夫がおり、
検査の結果、響子の体から腫瘍が発見されてしまう・・・。

最近は、以前録画したドラマやアニメ・特撮をDVDにダビングする作業を
休日にしています
この作品は僕がドラマを観るようになったきっかけの作品。
↑のあらすじのとおり、要するに修平さんと響子の恋は不倫なわけなのですが、
いやらしいものを感じさせず、清涼感漂うドラマでした
ローラ・フィジィの歌う主題歌『瞳のささやき』も耳に心地よかった
この作品のお蔭で、当時は石田純一が好きでした(笑)。
俳優業の方はすっかりご無沙汰になっちゃってますね。
響子を慕うTV局のプロデューサー役の石黒賢、修平の婚約者役の石田ゆり子
修平の部下の若手医師役の豊川悦司、新人看護婦役の戸田菜穂、皆若いねえ。
ストーリーがいいから、再放送したら話題になるんじゃないかと思うんだけど、
再放送もされなきゃ、DVDやビデオにもなったことがないのよねえ。うーむ

最後から二番目の恋第7話(2.13)

February 25 [Sat], 2012, 22:39
吉野千明@小泉今日子真平@坂口憲二の病気を知り、
千明のアドバイスを受けた長倉和平@中井貴一
大橋娘@佐津川愛美とデートすることにしたという話
「男らしくない」と指摘され、憤慨していた和平さんだったけど、
「しんどいぞ、五十は。いろいろと。
おまえもそれを味わえ、五十になって・・・」

真平への激励はなんというか和平さんらしくてよかったなあ
しかし、あの流れでなんだかんだいってキャバクラ行ったのね(笑)
妻の突然の死から新しい恋をする気になどなれなかった和平さん、
病気のことが頭にあって、天使みたいな存在を心がけていた真平、
長倉家の人々は千明と出会って、変わりつつあるみたいね
周囲の人から長続きしなさそうと指摘された千明と真平の恋は
どうなるのでしょうかね。
真平の死で二人の恋は終わり、千明と和平さんが・・・
という流れになるものと決めてかかっていたのですが
なんとなく真平は亡くならないような気がしてきたなあ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

今週の東映配信

February 25 [Sat], 2012, 22:33
・キカイダー01第17話第18話
第17話 大巨篇!!恐怖の巨人デビル始動 脚本:長坂秀佳
第18話 史上空前絶後!!人造人間大爆発 脚本:長坂秀佳

第18話でシャドウはジャイアントデビルの頭部を完成、
頭部だけで町を壊滅させるほどの破壊力を誇ったが、
01キカイダーの攻撃の前に敗れ去ったと。
ジャイアントデビル、初回から引っ張ってきて、未完のまま退場かあ
「心臓が欲しゅうございます・・・」
嘆願するジャイアントデビルが哀れだった。完成させてから出撃させろよ。
ハカイダーシャドウナイトはジャイアントデビル見捨てて逃げ出しちゃうし、
設計図は消失させちゃうし。ダメな組織だなあ
ジローがトランペットを吹き、イチローがギターを弾いて登場したのが
なかなか格好良かった。
そして、イチローコスチュームのリエコが可愛かった
アキラ少年はなにかというとリエコの胸に顔を埋めるなあ・・・

・仮面ライダーBLACK RX第9話第10話
第9話 マリバロンの妖術 脚本:鷺山京子
第10話 ニセ者でドッキリ 脚本:宮下隼一

第9話はサボテンを愛する少女を利用した怪魔異星獣、
第10話は南光太郎(RX)の周辺の人物のクローンを作り、
光太郎を孤立させようとした怪魔異星獣をそれぞれ倒したという話。
四大隊長成分が薄かったな
枯れたサボテンをこっそり捨てようとした光太郎さんがなかなか姑息でした(笑)

・鳥人戦隊ジェットマン第9話第10話
第9話 泥んこの恋 脚本:川崎ヒロユキ
第10話 カップめん 脚本:荒川稔久

第9話はファッションジゲンに洗脳された幼馴染のサツキ
雷太が救おうとする話。
「雷太を呼ぼうっていうんならやめておけ。
あいつの場合、デートなんて一生に三回ぐらいしかなさそうだしな・・・」

次元獣が現れ、デート中の雷太を呼ぼうとするを制止する
そんな凱に迷うことなく同意するアコが優しいけど酷かった(笑)
雷太のために背伸びしたけど、素朴な服装に戻したサツキ、イイ子だなあ。
こんな可愛い子がいたのに、雷太というヤツは・・・

第10話はアコの先輩龍田ヌードルジゲン
カップめん『陽気なアコちゃん』を共同開発するが
そのラーメンには待つことができなくなる副作用があり、
町中が大パニックになってしまうという話
この回のタイトルは『カップめん』。そのまんまだ。
アコちゃん回でしたが、裏の主人公は雷太だったな。
ラーメン10杯食べて暴走、挙句の果てに縛りつけられる。素晴らしい
荒川稔久脚本だったか。言われてみると納得できる内容だったな。
ちなみに、劇中でかかっていた陽気なアコちゃんのCMソング、
歌っているのは香役の岸田里佳さんとアコ役の内田さゆりさん、
作曲編曲は凱役の若松俊秀さんだそうです。多芸なお方だ。
そして、陽気なアコちゃんのカップめんは
『ゴーカイ』のジェットマン回で凱の墓にお供えされてました
もう一度ご覧になれる機会がありましたら、確認してみてくださいね。

次回は『危険な遊び』、自動販売機の回だ。
カップめんよりこっちの方が暴走していたなあ

★キカイダー01の感想★
第1話-第12話 第13話第14話 第15話第16話

★仮面ライダーBLACK RXの感想★
第1話-第4話 第5話第6話 第7話第8話

★鳥人戦隊ジェットマンの感想★
第1話-第4話 第5話第6話 第7話第8話

★星獣戦隊ギンガマンの感想★
第1話-第4話

★未来戦隊タイムレンジャーの感想★
第1話-第4話 第9話第10話

★仮面ライダー555の感想★
第1話-第4話 第5話-第8話 第9話-第12話 第13話-第16話 第17話-第20話 第21話-第24話 第25話-第28話 第29話-第32話 劇場版 第33話-第36話 第37話-第40話 第41話-第44話 第45話-第47話 第48話-最終話

★仮面ライダーカブトの感想★
第1話-第4話 第5話-第8話 第9話-第12話 第13話-第16話 第17話-第20話 第21話-第24話 第25話-第28話 第29話-第32話 劇場版 第33話-第36話 第37話-第40話 第41話-第44話 第45話-最終話

★KAMEN RIDER DRAGON KNIGHTの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話

機動戦士ガンダムSEED第8話(2.21)

February 22 [Wed], 2012, 23:20
「まあ、これはザフトの艦ではありませんのね・・・」
救命ポッドに乗っていた歌姫ラクスの天然ぶりに
アークエンジェルの面々が翻弄させられたという話
ラクスの歌声に登場人物たちが癒されていたが
サイの台詞にもあったけど、
それもまたコーディネーターの能力だったのかな。
終盤の洗脳効果があったみたいな演説といい・・・。

「冗談じゃないわ、なんで私があんたと握手しなきゃならないのよ。
コーディネーターのくせに馴れ馴れしくしないで!」

自分は敵ではないと手を差し伸べたラクスを拒絶したフレイ
その言葉はコーディネーターであるキラをも傷つける
コーディネーターへの偏見はフレイの立場だと無理もない。
キラの友人たちも内心コーディネーターを恐れているしなあ。
そして、この回だけ観ると、フレイの印象が悪いのだけど、
『種運命』まで観ちゃうと、ラクスの方がタチが悪そうに見えてならないのう

民間人であるラクスを巻きこみたくないと考えるマリューさんに
巻き込まれたのはキラたちも同じ、
ラクスだけ特別扱いするのはおかしいと指摘するバジルール少尉
うんうん、ごもっともな意見だ。
コーディネーターのラクスを野放しにしたり、どこかこの艦はのんびりしとるな

★今までの感想の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

本日は大安なり第6話(2.19)

February 20 [Mon], 2012, 22:10
何者かから脅迫状が送りつけられている結婚式場
双子の加賀山姉妹@谷村美月は入れ替わったまま式を続行、
白須真空@加藤清史郎は再婚する母りえ@霧島れいかの身の危険を案じ、
母の花嫁衣装に火をつけようとするが、未遂に終わり、
清掃係鈴木貴和子@白石美帆は重婚男鈴木陸雄@岡田義徳の妻だと告白、
大崎玲奈@星野真里は式の途中で気分が悪くなってしまったと
白雪姫の毒リンゴ騒動はこども店長の勘違いだと思ってました
玲奈嬢は姑さんが用意したサンドイッチの中に苦手な食材が混ざってたのかな
問題は入れ替わってる双子と重婚男だな。
しこりが残るとしか思えないのですが、どう収拾つけるのでしょうかね。
離婚届を隠し持ってる支配人@石黒賢は支配人で怪しいなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE