平清盛第4話(1.29)

January 30 [Mon], 2012, 23:16
待賢門院璋子@檀れいとの愛憎に苦しむ鳥羽上皇@三上博史
得長寿院観音堂を造営、巧みに取り入った平忠盛@中井貴一
殿上人に昇進、武士でありながら昇殿が許される
忠盛の台頭を不快に感じる藤原忠実@國村隼
源為義@小日向文世に闇討ちを命じるが、
銀箔の刀を用意していた忠盛は為義を一蹴したという話。
待賢門院璋子は心の機微に弱いが、歌の心はわかるのか。うーむ・・・

平忠盛という人は遊泳術に長けた人物だったのだろう。
単純な武人だったら、白河法皇に重用されながら、
その白河法皇を憎んだ鳥羽上皇からも重用されることはないだろうね。
初回から朴訥な武人という感じだったのが違和感を感じてたのですが、
忠盛のしたたかさ・老獪さが描かれたイイ回だったな
『最後から二番目の恋』といい、中井貴一さんはイイ役者さんだ。
ちなみに、銀箔の刀のエピソードは
忠盛の昇殿を憎んだ者が闇討ちを図り、忠盛が刀を抜いて威嚇、
後日問題となるが、銀箔の刀だったことがわかり、鳥羽上皇が感心したという話だ。
嫌がらせをした貴族は特定されてなかったはず。
少なくとも、藤原忠実や源為義とは書かれてなかったな。
あと、舞を披露した忠盛が酒をかけられたという話も聞いたことがないです。
僕が知らないだけなのかもしれない。
酒宴の席で「伊勢平氏はすがめなりけり」とからかわれたことはあったらしい。
伊勢を地盤とした伊勢平氏である忠盛がすがめ(斜視)だったことと
伊勢産の瓶子(壺)は質が悪く酢瓶(すがめ)にしか使えないをかけた嘲りだ。
忠盛の昇殿が貴族の嫉妬を招く出来事であり、
銀箔の刀は忠盛がしたたかな武士だったことがわかるエピソードですな。

一方、忠盛の台頭に嫉妬し、源氏の凋落を嘆いていた源為義
朝廷内で先に重んじられたのは源氏の方でした。
平安中期、平氏一門の平将門平忠常が関東で反乱を起こし、
平忠常の乱を鎮圧したのが為義の先祖源頼信
それまで東国は平氏の勢力が強かったが、以後源氏が勢力を拡大、
一方、忠盛の先祖は伊勢に地盤を移し、伊勢平氏と呼ばれるようになります。
頼信の子源頼義・義家親子は東北の反乱前九年の役・後三年の役を鎮圧、
義家は昇殿を許されています。
この大河では忠盛が武士として初めて昇殿を許されたと扱われてたけど、
実際は源氏の方が先に昇殿を許されているのよね。
だが、義家の子源義親(為義の父)が叛乱を起こしてしまい、
平正盛(忠盛の父)に誅殺されると、次第に源氏と平氏の立場は逆転、
更に、義家の死後、相続争いが起きたことで、源氏は衰退してしまった
台頭著しい平忠盛とは対照的になかなか這い上がれない源為義、
小日向文世さんもまた、イイ演技・存在感を見せてますな

思慮深く頼もしい忠盛、溝のある鳥羽上皇と待賢門院、
忠盛の台頭を不満に感じる貴族や源氏、華麗ながら陰惨な宮廷劇が面白い。
その一方で主人公の清盛@松山ケンイチが浮いてしまっているなあ。
今は成長期なのでしょうけど、清盛のキャラ・描き方は変わるのでしょうか。
あと、気になるのが、「王家の犬では終わらない」というフレーズ、
響きはいいけど、清盛の人生とはだいぶかけ離れている気がするのですけどね

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

機動戦士ガンダムAGE第16話(1.29)

January 29 [Sun], 2012, 23:47
第二部アセム編スタート
コウモリ退治戦役(なぜそんな名称が・・・)から25年後、
未だに地球連邦ヴェイガンの戦いが続く中、
アスノ一家の暮らすコロニーにヴェイガンのMSが襲来、
フリットの息子アセムがガンダムを操縦して、撃破したと。

フリットの声が井上和彦になって、びっくりした。そうきたか。
フリットはユリンを失ったことで
ヴェイガンへの憎しみに凝り固まった中年になってしまったのね
声が井上和彦なのがイタいわ。
ヴェイガンが無垢なユリンを戦いに巻き込んだのを憎んだフリットが
今度は息子のアセムを戦いに引き摺りこもうとしている。
やっていることはヴェイガンと変わらんな・・・。
フリットが未だにユリンを忘れずにいること・ヴェイガンを憎んでいることを
エミリーはどう思ってるんでしょうかね。そこら辺も描いてほしいな。

アセムの学校に現れた転校生ゼハート・ガレット
てっきりウルフの息子かと思ってたら、ヴェーガンのスパイなのね。
アセムとの友情とヴェーガンとしての仲間意識との葛藤に悩んでいくのでしょうか。
OP・ED共に歌はフリット編の方が好みだったな。
OPにガンダム恒例の仮面の男が映っていましたね。
ラーガンは映ってなかったようだったけど、出番はあるのでしょうか。
なかなかいいスタートだったと思います。今後の展開に期待

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話

仮面ライダーフォーゼ第20話(1.29)

January 29 [Sun], 2012, 23:46
『超・絶・磁・力』  脚本:三条陸 監督:石田秀範
「もう何も言うな、如月。
俺たちはお互いを思うが故に反発した。
おまえが俺の体を気遣ってくれたように
俺もおまえに傷ついてほしくなかった。
だから危険なマグネットを絶対に未完成で使わせたくなかった・・・」

喧嘩別れした如月弦太朗(フォーゼ)歌星賢吾は仲直り、
マグフォンで新フォームフォーゼマグネットステイツに進化したことで
難敵ドラゴン・ゾディアーツを倒したという話
マグネットステイツは折紙のやっこさんみたいなデザインだったなあ。

「何やってるんだ、俺は。
陸上部に来ても、考えるのは如月のことばかり・・・」

新キャラ朔田流星(メテオ)が登場したことだし、
もう一度弦太朗と賢吾の関係を強調させようとしたのでしょうな
しかし、なんというかホモくさい台詞・演出が目立ったな。
僕の観方が腐ってるのでしょうが。
うーん、平成ライダーは友情や絆を描いてきたシリーズなのだけど、
『フォーゼ』は友情や仲間というテーマを安易に使いすぎてる気がする。
友情の印とか見ると、この子たちの友情が薄っぺらなものに感じてしまうなあ

「次の駒もいるんだろ、リブラ。期待しているよ・・・」
またも失敗した速水校長に声をかける我望理事長
台詞とは裏腹に、まったく期待しているようには思えない。
速水校長のダークネビュラ逝きも近いのか
大人たちのパートはなかなか面白いのよね。困ったもんだ。

次回は進路指導の先生登場。ヴァルゴの人間体かな。
演ずるのはハリケンブルーな長澤奈央なのね。
大杉先生が新たな恋に落ちちゃうのかな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX 第16話 第17話 第18話 第19話

海賊戦隊ゴーカイジャー第48話(1.29)

January 29 [Sun], 2012, 23:43
『宿命の対決』  脚本:荒川稔久 監督:渡辺勝也
バスコレンジャーキーを奪われ、
ガレオンを乗っ取られたゴーカイジャーだったが、
ガレオンに潜入して自分たちのレンジャーキーを奪取、
一対一の決闘の末、マーベラスが宿敵バスコを倒したという話

「なるほどね、そういうことか・・・」
バスコ決着編後編。
仲間のサリーを捨て駒に使ったバスコ、
マーベラスとの決闘は相撃ち・・・かと思われたが、
爆弾を仕込むためにサリーにあげたペンダントが皮肉にもマーベラスを救った。
何かを得るためには何かを捨てなければならないが信条のバスコだったが、
サリーは捨ててはいけない存在だったのでしょうな。
死の直前、やっとバスコも悟ったようで。
サリーを捨て駒にしたのは戦隊シリーズでもなかなかない外道っぷりだったので、
バスコはもっと因果応報な最期でもよかったと思うのですが、
『ゴーカイ』だとこれが精一杯かな・・・。
とっさに爆弾を腹に収め、マーベラスを救ったサリーの健気さに涙

次回からいよいよザンギャックとの最終決戦なのでしょうな。
影が薄い敵組織だよなあ、ザンギャックは・・・。
まずインサーンが退場か。今更インサーンって感じなんですけどねえ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話

バクマン。2第17話(1.28)

January 28 [Sat], 2012, 23:51
蒼樹紅は新連載決定、
服部岩瀬愛子新妻エイジを組ませようとしている陰で、
亜城木夢叶は連載を掴めず、高浜は連載終了が決まり、
中井さんはアシスタントをやめて、実家に帰ったと
中井さんはこれで退場かあ。
蒼樹嬢は回を増すごとに魅力が増していったが、
中井さんはダメ人間に転落していったなあ
失恋が決定的になったら、仕事放り投げて帰郷かよ。ひでえなあ。
あの状況で蒼樹嬢に電話する感覚も理解できん。
でも、そんなダメ人間ぶりが面白かったので、退場が寂しいですわ

「自分の描きたいものが描かせてもらえない・・・
これは自分に才能がないことを自ら認めていることだ。」

担当を変えてほしいという高浜の嘆願に対して
担当者をねじ伏せるほどの面白い作品を描けとしりぞける佐々木編集長
正論なのだろうけど、港浦にセンスがなさそうだから、共感しづらい。
亜城木夢叶も不満を感じているとわかっているから同席させたんだろうな。

★バクマン。1の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第6話 第7話 最終話

★バクマン。2の感想★
第1話 第2話 第13話 第14話 第15話 第16話

最後から二番目の恋第3話(1.26)

January 28 [Sat], 2012, 23:49
長倉真平@坂口憲二と一夜を共にした吉野千明@小泉今日子だったが、
真平が女性と一緒にいるところを目撃してしまい、
長倉和平@中井貴一大橋母娘@美保純&佐津川愛美の見合いを断るが、
たまたま出会ったことで母親の方と食事をすることにしたと
このドラマ、『めぞん一刻』になんとなく似てる気がした。
ドタバタした長倉家を舞台に、
新しい恋ができなくなっていた登場人物が再び恋をする話。
奥さんの死を引き摺っている和平さんは男版音無響子さんだ。
千明の明るさが和平さんを変えていくのかな。
千明がTV局に来てなかったら、大橋母を食事に誘うことはなかったかもね
そして、見合いを断られても、和平に明るく接する大橋母娘もいいですな。
彼女たちにも和平の心の傷を癒す存在になってほしいものです。

盛り上がりどころがあるわけではないし、万人向けのドラマではないかもしれない。
でも、のんびりまったりした雰囲気・展開が、鎌倉という舞台と合っていて、
僕は楽しませてもらってます
浜崎あゆみの歌う主題歌はちょっとあゆらしくない歌だけど、
(昔、中井貴一が主演した『セミダブル』というドラマの主題歌も
あゆが歌っていたなあ・・・)
このドラマには合っていますね

★今までの感想★
第1話 第2話

相棒10第13話(1.25)

January 28 [Sat], 2012, 0:04
『藍よりも青し』  脚本:高橋悠也 監督:田村孝蔵
産廃工場社長真壁義雄@原田文明が自殺した事件の資料を
見かけた杉下@水谷豊
PCのキーボードに残された指紋の跡に違和感を覚え、
事件を独自で捜査することに
真壁の部屋にあった縁と書かれた風呂敷が気になる杉下。
それは草木染職人葛巻彩乃@梶芽衣子の染めた風呂敷。
彩乃は産廃工場反対派の一員だったが、
三ヶ月前、突然反対運動をやめていたことがわかる・・・。

産廃工場の正体は、暴力団と手を組み、
人身売買で買い取った外国人を酷使してきたブラック企業
そんな真壁社長を殺害したのは反対運動をしてきた市議会議員、
工場反対派というのは仮の姿、
真壁社長に脅されていた市議会議員は
反対運動が大きくならないようコントロールする役割を強いられてきた。
一方、彩乃は不法就労者の一人ソバートに草木染を伝えたいと思い、
反対運動をやめ、真壁社長に要求されるままカネを支払ったと
悪い話ではないのだけど、なんとなくパッとしない印象
師弟愛(職人の伝統への思いの方が適切かな・・・)の色合いが濃すぎたかな。
お蔭で肝心の事件の印象が霞んでしまった気がする。

次回は、8期17話『怪しい隣人』のずっこけ三人組が再登場か。
今期の相棒は再登場ブームですな。

★相棒1の感想★
第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版 SP(第1作)

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 鑑識・米沢守の事件簿

★相棒8の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 劇場版U 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 最終話

★相棒10の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

ストロベリーナイト第2話第3話 & タイトロープの女第1話(1.17-24)

January 26 [Thu], 2012, 23:54
・ストロベリーナイト第2話第3話
シドと名乗る人物がばら撒いた違法薬物による連続死亡事件
薬物テロや暴力団の抗争と思われ、刑事が殉職するわ、大騒動となったが、
真相は、女子高生@大政絢が危険な薬物と知りながら、
援助交際の相手に無責任にばら撒いていたと単純な内容。
そうね、二週かけるほどの内容ではなかったね
モバイルゲームを通じて被害者と女子高生の親父に接点が見つかったが
親父は日本を離れていたため、モバゲーにアクセスできなかった・・・とのことでしたが、
二週にわけてしまったがために、
警察が家族を疑ってみないというのが不自然なものに感じられてしまったな。
女子高生が援助交際の相手に危険な薬物を平然と渡す心理はわかる気がした。
侮蔑の対象なんだろうな。
(薬物をばら撒いたことに賛同しているわけではありません。念のため。)
ということで、ミステリーとしてはあまり感心しない前後編でしたが、
『右では殴らない』というタイトルのオチはよかった。
タイトル、なんか気になったんだよ。なるほどね

・タイトロープの女第1話
父親@田村亮の死後、娘@池脇千鶴継母@高岡早紀らと
父親の経営していた赤字会社の再建を図る話・・・なのかな
高岡早紀が演じてるので(笑)、継母は金目当てで親父に近づいた悪女で、
娘と継母が遺産の争いをする話なのかと思ったのですが、
どうやらこの継母はいい人で、協力体制を敷くようですな。
初回はサスペンスじみたトコもありましたが、
次回から雰囲気が変わりそう。しばらく様子見。
継母が葬式で送辞の挨拶をするのは、前妻の子供は複雑かもしれないねえ。

『ラッキーセブン』は2話まで観ましたが、リタイアです。
面白かった方、ごめんなさい。
素材を活かしていないドラマだったな
キャスティングやキャラの設定はいいから、面白いドラマが作れる要素はあると思う。
もしかしたら、これから面白い回があるかもしれない。
でも、つまらない回の方が圧倒的に多そう。損得勘定の結果、リタイア
今期一番期待していただけに残念です。
嵐ファンがビジュアル目的に楽しむドラマなのでしょうな。

★ストロベリーナイトの感想★
SP 第1話

ゼロの使い魔F第3話 & 機動戦士ガンダムSEED第4話(1.23-24)

January 26 [Thu], 2012, 23:52
・ゼロの使い魔F第3話
無能王ガリア王ジョゼフに捕えられたルイズは辛くも脱出、
ジョセフと対峙した平賀才人は虚無魔法に苦戦するが、
ルイズやタバサの加勢で形勢逆転、ジョゼフは最期を迎えたという話
虚無の担い手だった無能王、こんなに早く退場しちゃうんだ。
てっきりラスボスかと思ってました。
「眩しいくらいにまっすぐな目をしている。
俺にもそんな頃があった。今となっては戻りようもないがな・・・」

小杉十郎太voiceの台詞が『少女革命ウテナ』の鳳暁生っぽかった

・機動戦士ガンダムSEED第4話
ヘリオポリスを脱出するも、ザフト軍に追撃されるアークエンジェル
ストライクガンダムで迎撃しようとするキラの前に
アスラン・イザーク・ディアッカ・ニコルの操縦する
四体のガンダムが迫ろうとしているという話
航行不能状態の救命ポッドに乗っていたフレイがアークエンジェルに合流、
フレイはもうこの頃からコーディネイターに嫌悪感がある様子だな
一方、サイミリアリアらはクルーの手伝いを志願、イイ子たちだ。
そして、次回からいよいよイザーク&ディアッカが本格的に活躍(?)だ

★ゼロの使い魔の感想★
第1話 第2話 第7話 最終話

★ゼロの使い魔 双月の騎士の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 最終話

★ゼロの使い魔 三美姫の輪舞の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 最終話

★ゼロの使い魔Fの感想★
第1話 第2話

★機動戦士ガンダムSEEDの感想★
第1話 第2話 第3話

本日は大安なり第2話(1.22)

January 25 [Wed], 2012, 0:16
五組の結婚式が予定されている結婚式場、
神主が式場に現れず、
ウェディングプランナー山井多香子@優香が奔走する中、
双子の加賀山姉妹@谷村美月が花嫁を入れ替わった式が
始まってしまったと

双子の姉妹、姉鞠香@谷村美月と妹妃美佳(花嫁)@谷村美月
鞠香が社交的なのに対し、妃美佳は内向的、
高校時代、妃美佳は男の子から鞠香と間違われてキスされたことがあり、
それを知った鞠香は激怒、男の子が妃美佳にもう会えないようにしたが、
友達の少なかった妃美佳にとってそのキスは嬉しく、男の子は初恋の相手、
引き裂いた鞠香を恨んだと。
うむ、文字にして、やっと人間関係が把握できたぞ(笑)
内向的な妹の方が先に結婚式を挙げることになったのね。
姉も妹よりモテるという自信があっただけに、先を越された焦りとかありそうだな。
花婿映一@福士誠治がまったく気づくことなく(笑)鞠香にキスしてしまいましたが、
さてこの結婚式、どうなりますことやら。
谷村美月は可愛いし演技力もあるが、なんとなくB級という印象があるな
もっとブレイクしてもいいと思うのですが。
高校の制服姿も花嫁姿も可愛かったですぞ

一方、多香子は別の新婦大崎玲奈@星野真里と遺恨があるようで。
今後の展開が楽しみだ

★今までの感想★
第1話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE