私が恋愛できない理由第7話(11.28)

November 30 [Wed], 2011, 1:31
武居@小柳友に別れを告げられた藤井恵美@香里奈
前田ひかり@倉科カナとの縁談が白紙になった長谷川@田中圭は、
武居とひかりから向き合うよう忠告され、
微妙な空気の中、恵美の前に引き抜きの話を持ちかける野口@永井大が現れ・・・
小倉咲@吉高由里子白石@萩原聖人と密会しているのが
遂に美鈴@稲森いずみや恵美らにバレてしまい・・・
失恋&失業で傷心の半沢真子@大島優子
髭シェフ榎本@青柳翔のレストランにバイトの申し込みに行ったと

白石が美鈴のそばから離れようとしたのは、
子供を作れない体だから美鈴にとって不必要な存在と思ったからなのね
美鈴から心が離れ、咲に夢中になったとかではないわけだ。
不必要な存在である寂しさから咲に慰めてもらってるのだろうね。
これって、不倫というよりキャバクラの延長のような気がする。
このドラマで白石だけが唯一のオトナの男かと思ってたんだけど、
この人もイイ男ではないなあ
まあ、僕も偉そうなこと言える立場ではないけどね(笑)

恵美の前には野口、真子の前には髭シェフ、
米国の恋愛ドラマのように新たな男性キャラが現れましたね
互いに惹かれあっている恵美と長谷川が結ばれないのは仕事が原因になるのかな。
そして、男運の悪い真子、髭シェフも人間的に重大な欠陥があるのでしょうか(笑)
で、木崎@中村竜山本@平岡祐太の出番は終わったのかと思ったら、真子妊娠か。
山本は「本当に俺の子か?」とか言いそうだな。言われてもしょうがないけど。
木崎がどういう反応を示すのかちょっと楽しみ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

江 姫たちの戦国最終話(11.27)

November 29 [Tue], 2011, 1:00
徳川秀忠@向井理は幕府の体制を固め、
世継ぎに認められた家光(竹千代)は将軍職を継承、千@忽那汐里は再婚、
秀忠の隠し子幸松の存在を知り、一時不機嫌になった江@上野樹里だったが、
幸松との対面で考え方を改め、徳川家の妻子が暮らせる大奥を築き、
将軍生母として充実した人生を送り、めでたしめでたし
そうそう、秀忠って凡庸なイメージがあるけど(関ヶ原遅参のせいかな)、
徳川将軍の中で最も大名の取潰しをしたのは秀忠の代なのよね。
登場した頃は軽薄才子ぽかった秀忠が
大坂の陣を契機に厳格な政治家に変貌していったのが印象的だったな
この最終回は、豊臣家への遠慮から再婚を渋る千に
江が三度結婚した自分の人生を語ることで説得したのがよかったな。最終回らしくて。
うん、母としての江をもっと観たかったですなあ。

巷では叩かれていたようでしたが、
『篤姫』ほどではなかったものの、久しぶりに楽しめた大河ドラマでした
主人公が異様に活躍する作品が多い中、
江はこれといって時代を動かすほどの行動を取らず、
凡庸な一女性・時代の傍観者というスタンスだったのがよかったと思う。
秀吉全盛期をぱっぱと済ませて、秀吉死後の時代に時間をかけてほしかったな。
そして、上にも書いた通り、母親としての江をもっと観たかったですわ。
残念なところもありましたが、一年間お疲れさまでした

『坂の上の雲』は今年も観ません。
軍国化や他国への侵略戦争を日本の成長と描かれるのには抵抗を感じます。
なので、次は松山ケンイチ主演『平清盛』ですな。
僕は戦国時代や幕末より鎌倉時代が好きなのですが、
予告を観たところ、世を憂い庶民を救おうとする英雄として描くみたいですね。
うーん、かなり違和感を感じました。とりあえず、初回は観ることにします

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話

機動戦士ガンダムAGE第8話(11.27)

November 28 [Mon], 2011, 0:57
「力を合わせるんだ。力を合わせなきゃ、UEには勝てない。
ザラムとかエウバとかでなくて、今は皆の力が必要なんだ。
戦うんです、皆で。敵はUEだ!」

新装備ガンダムタイタスを手に入れたフリット
Gエグゼスを手に入れたウルフUEのMSを一蹴、
フリットの説得を聞き入れ、ザラム連合エウバ同盟の人々は和解したと
今回はなかなか面白かったな
肩をビームサーベル状にしてタックルを叩きつけるという
ガンダムタイタスの戦い方はなかなかよかった。
あまりにも圧倒的だったので、
引き立て役を強いられたラーガンが流石に可哀相になった(笑)
Gエグゼスの活躍の前にガンダムタイタスが霞んでしまった
という厳しいご意見をTwitter上でかなり見かけたけど、
ウルフさんのMSの白色って僕の好みではないのよね、
輝きやツヤがない感じ・・・
そのせいか、そんなに喰われた印象は受けませんでした。
ザラムとエウバが共闘することになったのも熱かったが、
この流れでもこの連中ではUEを倒せないのね
「おまえもなかなかやるな」などと称えあってたけど、
市民の誘導してただけだもんなあ。
今回でコロニーファーデーンを去るのかなと思ってただけど、
まだまだファーデーンが舞台みたいですね。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

仮面ライダーフォーゼ第12話(11.27)

November 28 [Mon], 2011, 0:54
『使・命・賢・命』  脚本:中島かずき 監督:田崎竜太
「大したもんだよ、俺の友達は・・・」
「学園と地球の自由と平和を守る仮面ライダー部、ここに正式スタートだ!」

牧瀬弘樹(ピクシス・ゾディアーツ)如月弦太朗(フォーゼ)が成敗、
月に取り残された歌星賢吾はロッカーが見つかったことで無事帰還できたと
「皆、流れ星になっちゃえ・・・」
自分をフった女の子たちをバスごと川に突き落とそうとした牧瀬君は
強烈なキャラだったなあ。キモさでは『オーズ』の北村雄一と双璧だな
弦太朗はJKより牧瀬君の根性を叩き直すべきだろう。友達になってやれよ(笑)。
うん、女の子たちに袋叩きにされたであろう牧瀬君のその後が観たいです。
そして、例のロッカー、やはりアンガールズ大杉先生がかっぱらってたのね。
園田先生の匂いをクンクンするために。天高、変態ばかりだな(笑)

弦太朗を友達と認め、ライダー部の存在も認めた賢吾・・・
ライダー部はこれでまとまったようですが、ちょっとがっかり
大文字先輩はすっかり劇場版のジャイアンみたいなポジションになったな)
『TIGER&BUNNY』でバニーちゃんがおじさんを認めちゃったのと同じような寂しさ。
賢吾みたいなキャラはねえ、
ライダー部や弦太朗を心の中では認めてるのに、
口では「友達ではない」「ライダー部など存在しない」と
なかなか素直になれないところがそそると思うのよ。
で、最終回近くで「俺たちはライダー部の仲間じゃないか」とか
言う方が盛り上がると思うのさ。『デカレン』のホージーみたいにね。

赤い目の男がOPクレジットで我望光明となり、
いよいよ本格的にストーリーに絡んできました
園田先生は我望理事長と繋がりがあるのね。
そして、次回予告に『剣』の橘さんこと天野浩成登場。
どうやら天高の校長らしい。また理事長あたりに騙されているのだろうか

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

海賊戦隊ゴーカイジャー第40話(11.27)

November 28 [Mon], 2011, 0:51
『未来は過去に』  脚本:香村純子 監督:竹本昇
ドモン(タイムイエロー)の依頼で2010年に跳んだゴーカイジャー
寝隠神社を狙う悪者たちを退治したという話
『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』
舞台裏の話でしたね
『ゴセイ』の時系列だと、幽魔獣編とマトリンティス編の間のエピソード、
チュパカブラの武レドランとしてゴセイに倒されたはずのブレドラン
血祭のブレドランとして復活、再びゴセイと戦ったが、またも敗北してましたね。
その後、マトリンティスに拾われ、サイボーグのブレドRUNに改造されるわけですな。
で、ゴーカイが初登場した作品でもあったのですが、こういう事情があったのですな。
ワルズ・ギル殿下退場直後というのを考えなければ、満足度の高い話でした

寝隠神社爆発を阻止するため、骨のシタリ率いる外道衆を退治したゴーカイだったが、
寝隠神社を狙っていたのはマトリンティスエージェントのメタルAの方、
シタリはとんだとばっちりだったのね
マトリンティスが寝隠神社を狙っていたのはエネルギー反応を感じたため。
その原因と思われる壺は、Twitterでの情報によると
『忍者戦隊カクレンジャー』のニンジャマンが封印された壺らしい。
てっきり、宇宙の邪悪な魂でも封印されてるのかと思った(笑)
『カクレン』はあまり観てなくて、ニンジャマンも知りません。
貴公子ジュニアを演じたのが遠藤憲一だと後で知り、後悔したもんだ。
ニンジャマンはこれから出てくるのかな。

そして、ゴーカイが知り合った森山ホナミ・未来母子、
ホナミはドモンの恋人、つまり未来少年はドモンとホナミの子供だったのね
『タイム最終回』でドモンが未来に帰った後、ホナミが子供を産んだのは、
ちょっとひどいなあと思ったものでしたが、いい後日譚になってましたな。
どうせだったら、メタルAがブレドランの残骸を拾うトコも観たかったなあ。
あと、おっぱいミサイルもね。

次回はバカ息子の死を知ったザンギャック皇帝
いよいよ本腰入れて地球攻略に乗り出すようで。あんな息子でも愛してたのね。
だからよお、ダマラス、殿下の亡骸を抱きしめて復讐を誓うくらいなら、
その前に一度くらいはゴーカイに戦いを仕掛けとくべきだったんじゃないの?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話

世にも奇妙な物語秋の特別編(11.26)

November 28 [Mon], 2011, 0:46
恒例の『世にも奇妙な物語秋の特別編』が放映
でも、今回はじゃんけん以外微妙だったなあ・・・

・憑かれる(松下奈緒)
人気女流作家@松下奈緒旧友@中越典子と再会することになったが、
旧友は次第に意外な素顔を見せていくという話
パッとしないまま終わっちゃった
松下奈緒は旧友の作品を盗作してた悪女だったってことなのかな
どういう女性だったのか、伝わってこなかったな。
中越典子のヒステリックな演技がよかった
最近常軌を逸した女性のドラマが受けてるみたいだから、
(僕の好みではないのですが・・・)
その分野で活躍できるのかもしれない。

・JANKEN(三浦春馬)
じゃんけんに弱い会社員@三浦春馬
老師@石橋蓮司の手ほどきを受け、じゃんけん道を極めていく話
これは面白かった
こういうおばかなストーリー、好きだ。『ベン・トー』に通じるものがある
映像は凝っていたし、三浦春馬・石橋蓮司の熱演もよかった

・ベビートークA錠(水川あさみ)
育児に悩む主婦@水川あさみベビートークA錠という薬を服用するや、
赤ん坊との意思の疎通がスムーズになるが、
次第に副作用が出てしまうという話
『世にも奇妙』でクスリを服用すると、ろくな結末にならないな
『世にも奇妙』の登場人物が破滅すると妙に快感を覚えるのですが(すんません)、
赤ん坊が絡んでいると素直に楽しめないなあ。夢オチでよかったよ
水川あさみは好きな女優さんではないのですが、
こういう精神的に追いつめられている演技はうまいなあと思います。

・耳かき(浅野忠信)
ダンディズムに凝っている殺し屋@浅野忠信
耳から耳かきが抜けなくなって悶絶する話。
まったく面白くなかった。シュール系は苦手です

・いじめられっこ(志田未来)
いじめられっこの女子高生@志田未来
庇ってくれた転校生@大後寿々花をロボットではないか?と疑う話
やっぱりなあというオチでした。微妙

『ベビートークA錠』『いじめられっこ』を観て思ったんだけど、
『世にも奇妙』の登場人物が育児に悩んだり、いじめに遭うのはいいんだけど、
作品のテーマが育児の苦しみやいじめであるのはひっかかりを感じたのよね。
社会的問題を訴える類の作品ではないと思うんだけどなあ。なんとなくね。

★今までの感想★
SMAPの特別編(2001)2007春の特別編 2007秋の特別編 2008春の特別編 2008秋の特別編 2009春の特別編 2009秋の特別編 20周年SP 人気番組競演編(2010春) 20周年SP 人気作家競演編(2010秋) 21世紀21年目の特別編(2011春)

妖怪人間ベム第6話(11.26)

November 27 [Sun], 2011, 1:17
親切にしてくれた男大久保@田中哲司に心惹かれるベラ@杏だったが、
大久保は5年前の爆発事故の真相を知る者を
密かに襲撃している人間だったという話
口が悪くて素直ではないが、実は人懐っこいベラ、可愛いですなあ
そんなベラが心優しき男大久保に好感を抱き、大久保もベラと親しくなるが、
秘密を知られたと気づくや、大久保は本性を現し、ベラに襲いかかる・・・
うん、このドラマは妖怪人間が人間の醜悪さに傷つくトコがいいねえ
その人間が名前の無い男@柄本明に操られているというのが興醒めなのですが
今回はベラの淡い恋の話でしたが、
同時に、夏目刑事@北村一輝の暗部をピックアップしたかったのでしょうな
夏目刑事は5年前の爆発事故で息子を喪っており、犯人は大久保以外にいると。
夏目刑事が変貌したら、ベム@亀梨和也は傷つくことでしょうね、ふふふ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

蝶々さん 最後の武士の娘後編(11.26)

November 27 [Sun], 2011, 1:16
舞妓となった伊東蝶(蝶々さん)@宮崎あおい
米国海軍士官フランクリン少尉@イーサン・ランドリーと結婚、
だが、フランクリンは任務のため日本を離れ、
更に、フランクリンには本国に妻がいたことが発覚、
息子ジョーを養子に差し出した蝶々さんは武士の誇りを抱いて自害したと。
宮崎あおいの可憐さ・純真さが魅力的だった
それだけに、蝶々さんが自害を選んだのがほろ苦かったなあ
うーん、この最期で武士の誇りと美化していいのだろうか。
フランクリンの野郎、長崎式結婚を当然とするほかの米国軍人と違って、
蝶々さんを心から愛したのかと思ったら、本国に奥さんがいたんだなあ
一緒にいるときは彼なりに蝶々さんのことを大事に想っていたのだろうが、
蝶々さんみたいな希望に満ち溢れた人を自害に追い込むとは許せんなあ。
そんなこんなで、胸糞悪いラストだったけど、ドラマ自体はいいドラマでしたよ
前編共々駆け足気味だったのが惜しかったな。
フランクリンとの出会いから結婚・別れ・出産・破局までが早かった早かった
ともさかりえの逃避行のエピソードなんかは割愛すればよかったのに。
いや、全4回くらいでじっくり観たかったな。

★今までの感想★
前編

相棒10第6話(11.23)

November 24 [Thu], 2011, 21:50
『ラスト・ソング』  脚本:戸田山雅司 監督:橋本一
ミス・アンルーリーこと安城瑠里子@研ナオコのジャズライブの最中に
イベント会社社長鎌谷の遺体が発見される
ライブハウスの踊り場から足を滑らせ転落死したかに思われたが、
遺体の近くに無傷の携帯電話があったことから、
杉下@水谷豊神戸@及川光博は他殺の可能性を考える・・・。

瑠里子が鎌谷社長の遺体を突き落とすシーンから始まったものの、
鎌谷殺しの実行犯は瑠里子の元恋人で演奏家の森脇孝介@真那胡敬二
瑠里子はライブを中止にしたくないばかりに事件を隠蔽しようとしたと
歌唱力を最高潮に導く森脇を失ったことで、もう満足できる歌を歌えないことを悟り、
観客のアンコールにあえて応えない瑠里子のプロ魂には感じるものがあったな。
全体的には、冒頭で瑠里子が事件に関係していることが明かされ、
殺害時のアクシデントで犯人の仕事道具が使えなくなったことが
事件の決め手になるetc、『古畑』の雰囲気の漂う回だった
ということで、つまらなくはなかったのだけど、どこか物足りなさも感じた
古畑っぽいストーリーだったのが原因なのではないと思う。
これまでも古畑っぽいストーリーは結構あったし。
右京さんが普通の人に見えたのよね。
一筋縄ではいかないミス・アンルーリーのような人を
うんざりさせるような執拗な追及をするのが杉下右京じゃないかしら?
3期15話『殺しのピアノ』4期2話『殺人講義』のように。
(毎回毎回右京さんが意地の悪い追及をしているわけではないですけどね)
もっといやらしくねちっこく犯人を追いつめる右京さんが観たいなあ

神戸ちゃんがライブハウスで待ち合わせしていた(?)相手細野とは、
8期10話『特命係、西へ!』に出てきた元恋人細野唯子@壇れいのことらしい。
うーん、演じてる人同士が結婚しちゃったし、再登場はさせてほしくないな。
10期は豪華ゲストがよく出演しているけど、
『相棒』は話題性ではなく、ストーリーで勝負してほしいものです。

★相棒1の感想★
第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版 SP(第1作)

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 鑑識・米沢守の事件簿

★相棒8の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 劇場版U 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 最終話

★相棒10の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

私が恋愛できない理由第6話(11.21)

November 23 [Wed], 2011, 1:17
藤井恵美@香里奈武居@小柳友と付き合うことになったものの
気落ちしている長谷川@田中圭のことが放っておけず、
小倉咲@吉高由里子白石@萩原聖人とずるずるとデートを続け、
半沢真子@大島優子山本@平岡祐太と不穏な空気になった挙句、
派遣契約の打ち切りを言い渡されたと
真子は派遣社員だったか。
そりゃあ、会社の男と次々と関係を持ったら、契約打ち切られるわな

恵美と武居の破局は・・・まあ、しょうがないでしょうね
恵美は長谷川のことが気になって、
ほかの男を本気で好きになれない女性なのでしょうな。
武居君はイイ人なのだろうけど、
恵美をときめかせるようなアプローチをしてるようには思えなかったし。
「恵美さんのために剣道で優勝する」というのもなんだかなあという感じでしたわ
前田ひかり@倉科カナは父親に従い、長谷川と別れることにしたか
これはちょっと意外だったな。
この子は父親に反発してでも、長谷川との結婚を選ぶと思っていたんですが。
長谷川がひかりと婚約し、恵美が武居と付き合ったことで、
恵美と長谷川は互いの存在感を認め合うようになったというわけね。
それぞれ関係を清算して、障壁はなくなったかに見えるのですが、
この2人が結ばれるようには思えないなあ。どう破局するんだろ?
このところ、ルームシェアがあまり描かれてないのが寂しいですな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE