逆境無頼カイジ 破戒録篇最終話(9.27)

September 29 [Thu], 2011, 23:53
パチンコで遂に大当たりを出し、7億2千万を手に入れたカイジだったが、
仲間との儲けの分配・軍資金の利息・収容所の仲間の救済で多額のカネが消え、
残ったカネもパチンコでスってしまって、すっからかんになっておしまい
沼編はどうもいまいちだったな。
萩原聖人立木文彦の大仰な演技でなんとか時間稼ぎしてる印象だった。
大当たりしたのにカイジがすっからかんになってしまうというオチも
兵頭会長との勝負に負けて、指を失った1期に比べると物足りなさを感じた。
まあ、地下チンチロ編が面白かったので、よしとしておこう

今度の藤原竜也の実写版は地下チンチロと沼をやるみたいね
『うさぎドロップ』もアニメ放映された後、実写版が劇場公開してたけど、
両作とも劇場版の宣伝のためのアニメ放映だったのかな。
地下チンチロは大槻班長を演じる俳優さんが
よっぽど演技が上手でないとつまらんだろうねえ

★逆境無頼カイジの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 最終話

★劇場版(実写版)の感想★
カイジ 人生逆転ゲーム

★逆境無頼カイジ 破戒録篇の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第12話

ロックバイソンと振り返るTIGER&BUNNY with USATORA(9.27)

September 29 [Thu], 2011, 23:52
牛角さんが副音声で振り返る総集編を想像していたのですが、
トンテムさんこと楠大典が好き勝手に喋ってた30分でしたな
DVDの付録みたいな内容だった。初の牛角さんメイン回かと思ってたのに
『ヒーローとは何か、そしてロックバイソンは何だったのか』というテロップは出るわ、
「イイところがなかったロックバイソン」
「決め台詞のなかったロックバイソン」
などという話題になるわ、
ああ、やはり牛角さんはこういうキャラだったんだなと再認識させられました
来週から再放送ですな。もう一度観返してみようと。
マーベリックさんがいつ頃から怪しさを見せるのかチェックしてみますわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

侵略!?イカ娘第1話(9.26)

September 29 [Thu], 2011, 23:51
早くも秋アニメが始まりましたね
侵略のため地上に現れた・・・はずのに、
海の家でこき使われるイカ娘の活躍を描く話。続編が作られて嬉しい
そんでもって、イカ娘の面白さと愛らしさが相変わらずで安心した
クラゲに刺されて悶絶するイカ娘が可愛かったです。早苗の気分だな(笑)。
主題歌がスフィアなのがひっかかったが、まあしょうがないのかな。
感想は書かないかもしれませんが、最後まで観ると思います。

★侵略!イカ娘の感想★
第1話 第5話 最終話

居酒屋もへじ(9.25)

September 28 [Wed], 2011, 1:13
江戸っ子気質の頑固な居酒屋の主人米本平次@水谷豊
突如来店した女性客佐伯陽子@松坂慶子に戸惑うものの
次第に心を通わせていくという話
涼しくなってきたこの季節、
心をほかほかに暖めてくれる作品だったなあ
じっちゃんや子供たちが沢山いるかに見えた平次だったけど、
全員血の繋がりはなかったのね。
彼らはそれぞれ悲しい事情を抱えていた人たちで
平次自身も奥さんを亡くした悲しい過去があり、放っておけなかった。
一見さんお断りの居酒屋に乱入してきた陽子を最初は不快そうに見てたけど、
陽子もまた悲しい過去を背負ってる人だと知ると、
陽子を見る平次の目が次第に優しくなっていって・・・
劇的な展開はなかったものの、こういう心温まるドラマもいいなあ。
右京さんとは正反対の江戸っ子気質なキャラを演じた水谷豊も新鮮でした

江 姫たちの戦国第37話(9.25)

September 27 [Tue], 2011, 0:25
「珠に続き千、
娘を政の道具にしなくてよい世は来ぬものか・・・」

徳川家康@北大路欣也が征夷大将軍に就任、
豊臣と徳川の絆を深めるため、
長女千@芦田愛菜が豊臣家に嫁ぐことになり、
江@上野樹里が千や豊臣家の行く末を案じたという話
秀忠@向井理の諦めに似たつぶやきがよかった。
四女初@水川あさみに譲ったのは江の精一杯の抵抗か。上手いな
そして、やはり浅井三姉妹はこの回が最後の再会になっちゃったのね

このところ、『江』が面白いなあと思う
それだけにもったいないなあ。
@浅井三姉妹の数奇な運命A江と秀忠の夫婦愛B子供を見守る江の母性愛
この大河はこの三つに絞るべきだったと思う。
秀吉編はさくっと描き、歴史上の出来事や合戦はナレーションで済ませて、
この回なんかは6月ぐらいに放映できるようにしとけばよかったのになあ。
市や浅井三姉妹だけでなく、江の子供たちも数奇な運命を辿っているのよね。
僅か三歳で前田家に嫁いだ次女との別れなど
それだけで十分一話のエピソードになっただろうに。回想だけの扱いだったのが残念

別れ別れになっていた娘完@山本舞香と再会した江。
(長女千と書いたけど、それはあくまで徳川家にとっての話で
江にとっては、完が長女で千は次女なのよね・・・)
『葵徳川三代』でも、浅井三姉妹が最後の集合をした際、
淀殿が江に完を引き合わせていたなあ。
『葵徳川三代』では蟹江敬三の福島正則小林稔侍の片桐且元が好きでした
『江』では片桐且元は三田村邦彦か。そりゃあ、豊臣家は滅びるな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話

仮面ライダーフォーゼ第4話(9.25)

September 26 [Mon], 2011, 1:00
『変・幻・暗・躍』  脚本:中島かずき 監督:坂本浩一
「鼻っ柱が折れたアンタなんか見たくもない。
アンタはクイーンらしく、堂々としてなきゃいけないんだ。
あの場で一番クイーン目指していたのは、ほかでもないアンタだ!」

暴露映像が流れ、人気が凋落した風城美羽だったが、
如月弦太朗の励ましで元気を取り戻し、クイーンフェスに三連覇、
風見志郎(V3)だから三連覇なのね・・・)
フォーゼ(弦太朗)カメレオンゾディアーツを倒して、学園に平和が戻り、
美羽が仮面ライダー部に入部したという話
ホッピングを使いこなすためにコツコツ努力をしており、
自分と同じ努力の人だったと気づいたことで、美羽を励ました弦太朗、
そんな弦太朗を見直す美羽・・・がよかった
弦ちゃん、熱いなあ この前後編、弦ちゃんの良さが出ていてよかったよ
前回対抗馬を見つけて美羽をクイーンの座から引きずり下ろそう
とした人とは思えないかっこよさだったな(笑)

カメレオンゾディアーツはやはりサイドキックスの片割れ佐久間珠恵でしたね
カメレオン、透明になって戦えばよかったのに(笑)
ふむふむ、毎回病院送りにされるわけではないのね。
スコーピオンゾディアーツからスイッチを貰ったと。なるほど。
美羽の人気がなくなるや本性を見せるトコは風都の女を彷彿させてましたな。
「あなたのその偉そうなトコ、入学したときから大嫌いだったわ・・・」
こんな台詞吐いても、簡単に仲直りできちゃうトコは子供番組だわ

「キングだからこそ新しいクイーンには礼儀を尽くさないとね。
キングの横にいるべきなのはクイーンだ・・・」

美羽が人気を失った後の反応が楽しみだったんですが、
大文字先輩、あっさり珠恵に鞍替えしようとしてましたな
美羽の人気が復活したと見るや、コロッと態度を変えてたし。最低だ(笑)
(暴露映像を見るや、「なんだこれ・・・」と吐き捨て、
会場を出るアンガールズな教師もなかなかでしたね・・・)
どうも主要登場人物がライダー部に入部していく展開のようだけど、
大文字先輩には改心してほしくないなあ。当分小文字な人でいてほしいです

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

海賊戦隊ゴーカイジャー第31話(9.25)

September 26 [Mon], 2011, 0:57
『衝撃!!秘密作戦』  脚本:下山健人 監督:竹本昇
「大いなる力は?早くしろ・・・」
「もうせっかちだな。確かにあげるとは言ったけど、
ただでっていうのも話がうますぎるでしょ?
少しお姉さんに付き合って・・・」

オーレンジャーの大いなる力を託されたゴーカイジャー
追加戦士のレンジャーキーを回収したものの
真の姿を見せたバスコの前にボコボコにされたという話
海賊のゴーカイ・軍人のオーレン、それぞれの特色が出てましたな

バスコも久しぶりだったが、さとう珠緒を久しぶりに観たなあ
『超力戦隊オーレンジャー』はもう15年前の作品になるらしい。
当時観てなかったけど、『カーレンvsオーレン』は観たことがあります。
さとう珠緒はオーレン終了後、
来栖あつこはカーレン終了後、ミニスカポリスになっていたなあ
で、さとう珠緒、変わってなかったねえ。
「お姉さん」という台詞に違和感なかったわ。そういうことにしとこう(笑)。
年齢不詳ネタで井上喜久子17歳演ずるインサーンと絡んでほしかった。
小悪魔キャラだった丸尾桃(オーピンク)には
ゴーカイを足止めしたいという事情があったのですが、
さとう珠緒らしさが出ていたな

謎の赤い戦士に変身したバスコ・・・
マーベラスvsバスコ・ジョーvsバリゾーグ
『ゴーカイ』の因縁の対決となるわけか
で、チェンジマン・マスクマン・フラッシュマンの大いなる力
既にバスコが手に入れていたと。
この三戦隊が扱われる回はないということかな。
僕は観てなかったのであまり思い入れはないのですが、
(『マスクマン』で瞑想(?)してる谷隼人が宙に浮いていた記憶があります・・・)
ガッカリした視聴者もいるのかも

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 第27話 第28話 第29話 第30話

アンフェア the special ダブル・ミーニング 二重定義(9.23)

September 25 [Sun], 2011, 0:37
新人刑事望月陽@北乃きい山路管理官@寺島進
プロファイラーの元園部@山本耕史と共に集団誘拐事件の謎を追う話
真犯人はある人物しか考えられず、
まったくどんでん返しになっていないどんでん返しで、ガッカリした
劇場版の宣伝が目的だったのでしょうが、
映画館に行く気にさせるような作品に仕上げないといかんのじゃないかねえ。
連続ドラマ版の主題歌が懐かしかったな。良かったのはそこだけだ。
現在放映されている劇場版はTV放映される機会があったら観ます。

北乃きいの声が聞き苦しかったなあ
あんなガラガラな声だったっけ?風邪ひいてたのかなあ。

★今までの感想★
連ドラ・SP・劇場版

仮面ライダーカブトVOL.9

September 24 [Sat], 2011, 1:27
第33話 萌える副官  脚本:米村正二 監督:田ア竜太
日下部ひよりが姿を消して一週間、
ZECTに入り、司令官に抜擢された天道総司
訓練生の高鳥蓮華を副官にする。蓮華、微妙なキャラだったなあ
天道樹花は総司が実の兄でないことを知っていたのね。
しかし、随分あっけらかんと告白させたなあ。

「言っただろ?俺以外のライダーはすべて消す。
そのためにすべてのゼクターは手中に収める。
昔のよしみだ。おまえには特別の猶予をやる。
素直にガタックゼクターを渡すか、
それとも戦って無理矢理奪われるか、どちらか選べ。」

ZECT入りした天道の真の目的は、
ひよりを守るため、ZECTを潰し、自分以外のライダーを消すこと
他のライダーのゼクターを次々に手に入れた天道は、
加賀美新にもガタックゼクターの譲渡を要求。うーむ、トチ狂ってるなあ

一方、ザビーゼクターの譲渡を要求された影山瞬(ザビー)
間宮麗奈(ウカワーム)率いるワーム軍団と共に天道に反撃、
ザビーのライダースティングがカブトに炸裂する
影山のライダースティングを喰らうとは、天道も堕ちたものだ
カブト大ピンチ!で現れたのは、懐かしの矢車想
「貴様、パーフェクトハーモニーはどうした?」
「もうパーフェクトもハーモニーもないんだよ・・・」
だが、矢車さんはすっかりやさぐれてしまい、かつての面影はない。
というか、影山、おまえがパーフェクトハーモニーを語るなよ(笑)
「どうせ俺なんか・・・変身・・・」
低いテンションで新たなライダーキックホッパーに変身した矢車さんは
「今、誰か、俺を笑ったか?」
「影山、俺と一緒に地獄へ落ちよう・・・」

ワーム軍団を粉砕した上、影山ザビーにライダーキックを炸裂、
影山は変身解除し、ザビーゼクターを天道に奪われてしまう。
パーフェクトハーモニーな矢車さんもかっこよかったけど、
やさぐれた矢車さんもそれはそれでかっこいいし、
キックホッパーがまたかっこいいわ。カブトやガタックのキックよりそそる

第34話 砕け超進化  脚本:米村正二 監督:田ア竜太
「おまえの手に渡るくらいなら破壊した方がマシだ。
カブト、今、おまえの未来を壊してやったぞ!」

「俺は既に未来を掴んでいる。そしてこれからも掴み続ける・・・」
天道総司の手にハイパーゼクターが渡らぬよう企んできた三島正人
だが、結局、天道のもとにハイパーゼクターは手に渡り、
カブトはハイパーカブトに進化
いろいろな時間帯を行き来できるハイパーカブトが出没した時点で
天道がハイパーゼクターを手に入れることは確定してたのでしょうな

三島さんが実験をした際にハイパーゼクターが暴走(第32話)、
日下部ひよりは被験者だった鉄仮面の男(擬態天道)と共に
時空の彼方へ飛ばされてしまったらしい
ワームと戦っていたガタック(加賀美新)は爆死に追い込まれるも、
ハイパーカブトが時間を巻き戻してくれたお蔭で救われる
戦闘の神だったはずなのに、
中の人の歌うバトルソングがかかっているというのに、ひどい扱いだ
加賀美、劇場版を含めるとかなり死んでいるなあ。
ザビーゼクターを失った影山瞬は三島からお払い箱にされた挙句、
シャドウからも追い出される。哀れ
ショミーンの気持ちを理解しようとした神代剣は小学生の恰好をして社会勉強、
半ズボンまで履いた山本裕典の羞恥心を捨てた役者魂に感服

アイシテル 絆(9.21)

September 23 [Fri], 2011, 1:32
殺人犯の弟であることから人生に絶望している男森田直人@岡田将生
自分の人生を受け入れる話
2009年に放映された『アイシテル 海容』のその後を描いたSP。
続編が作られるほど、好評だったのかな。
意欲作だとは思ったものの、
加害者家族よりに描きすぎるストーリーに共感できないドラマだった。
続編だけあって、このSPもその流れを踏襲していたな
被害者家族はまったく出てこないし、
(彼らはもうさつきたちと接点がない方がまだ幸せなのでしょうが・・・)
智也@向井理は罪の意識を感じているようだけど、
さつき@稲森いずみは相変わらず息子の心配をしているだけだし。
直人や直人の家族は罪の意識を感じることはないのだけどね。
実際、彼らの立場だったら、自分たちのことだけで精一杯なのかもしれない。
でも、ドラマとかで第三者目線で観ちゃうと不満に感じちゃうのよね

どちらかというと、智也がどういう人生を送っているかの方が興味あったなあ。
あと、直人の恋人@水川あさみは普通の家庭の人の方がよかったかも。
連ドラ版では、事件発覚後、さつきの妹@田畑智子の縁談が破談になっていたなあ。
直人が殺人犯の弟だと知ったときの両親とかの反応が観てみたかった。

★アイシテル 海容の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE