グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら最終話 & 下流の宴第5話(6.28)

June 30 [Thu], 2011, 1:49
・グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら最終話
一人ひっそり最期のときを迎えようとした澤本大地@反町隆史だったが、
華織@井川遥羽雲@加部亜門を見守りながら、静かに息を引き取ったと
しんみり静かに終わりましたね。この結末でよかったと思える最終回でした。

このドラマ、完成度は決して高いとは言えない
自分の死を知ったら、わっくんがショックを受けると考え、
遠くへ行ったことにしようとした大地、
実際にこんなことする父親はいないだろう。
鹿賀丈史演ずる美術教師はこのドラマに必要とは思えなかった。
でも、大地とわっくんの父子愛にほっこりさせられたよ
傑作とは言えないけど、視聴率は振るわなかったけど、イイ作品だったと思う
久しぶりに、フジのドラマでイイドラマを見せてもらったなと思った。
そして、反町隆史の演技に感心させられたなあ
このドラマが始まる前は、演技の上手い役者さんという印象がなくて(ごめんなさい)
主役や父親役より悪役系を目指した方がいいのにと思っていたのですが、
不器用な父親を好演してましたわ。このドラマで観方がかなり変わったな
澤本父子を温かく見守る榮倉奈々の笑顔も自然で良かった

・下流の宴第5話
「20年間、あの子を育ててきましたから・・・」
「20年、翔ちゃんにプレッシャーをかけ続けてきたということじゃないんですか?
はっきり言っちゃいますけど、
翔ちゃんの心が折れたのはお母さんのせいだと思いますよ。」

宮城珠緒@美波は息子翔@窪田正孝をダメにする存在
と思い込んできた福原由美子@黒木瞳が、
翔に居場所を与えなかった自分に問題があったのでは?と悔やんだという話
翔に子供の頃から英才教育を施すことでプレッシャーを与え続け、
長女可奈@加藤夏希がエリート証券マン北沢玲一@眞島秀和を自宅に連れてくると
翔を医大志望の浪人生として紹介、翔を傷つけてしまった由美子、
翔が福原家を嫌う気持ちもわかるが、由美子ママの気持ちもわかるなあ
初回の頃は黒木瞳の好演もあり、由美子が滑稽に見えたのだけど、
だんだん由美子が可哀相になってきました。
というか、由美子みたいな感情的な母親・翔みたいな無気力な子は
実際にはいないのかもしれないけど、こういう親子関係は結構ありそうだよなあ。

医大を目指す宮城珠緒だが、学力は著しく皆無
バイト&恋人と同棲という環境で医大に合格できるレベルになるのか?
長女可奈はエリート証券マン北沢玲一に接近、妊娠するが
北沢に結婚の意思はなし 鈴木裁判を思い出した。
北沢は可奈に好意を抱いていたんだなあ。恋愛感情はないものと思っていた。
次回予告だと結婚式を挙げるようですが、
玉の輿願望の強い可奈がこのドラマでこのまま幸せになれるとは思えない
可奈は「ママみたいな人生を送りたくない」をよく口にするけど、
由美子は島田直樹@遠藤憲一を振ったことを後悔してるのかな?


これで今期視聴していたドラマはほぼ終了
『ハンチョウ』『グッドライフ』『下流の宴』、面白いドラマの多かったシーズンでした。
今期の僕にとっての最優秀ドラマは、たぶん『下流の宴』になるんじゃないかな
コミカルでありながらシリアス、いろいろ考えさせられるイイドラマですな。
今のクオリティーがラストまで維持されることに期待
最優秀男優賞は反町隆史(グッドライフ)、最優秀女優賞は黒木瞳(下流の宴)
最優秀助演男優賞は窪田正孝(下流の宴)、最優秀助演女優賞は美波(下流の宴)ということで。

★グッドライフ ありがとう、パパ。さよならの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

★下流の宴の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話

鈴木先生最終話(6.27)

June 29 [Wed], 2011, 7:33
出来ちゃった結婚をする鈴木先生@長谷川博己
罪があるのかないのか白黒つけるための鈴木裁判
一つの価値観が絶対的正義ではないという考え方から
保留という名の黙認が下されたと
生で性交渉する主義と公言していた鈴木先生だったが、
秦麻美@臼田あさ美が妊娠したと知ると、かなり動揺していたし、
覚悟をした上で性交渉したとは、僕には思えなかった。
まあ、この作品で出来ちゃった結婚や避妊は本当はどうでもいいのだろう。
酢豚は少数派の意見も尊重すべきとするこの作品の象徴だったわけね

古沢良太脚本ということで今期最も期待していた作品。
考えさせられた回もあり、最近の月9などよりは見所があったが、
僕の好みではなかった
過度に歪んだ登場人物・ヒステリックな登場人物がやたら出てきたり、
下世話な話が多かったのが興醒めだった。
原作ありきなので、しょうがないのでしょうね
面白いと感じるのも一つの価値観。そう感じられないのも一つの価値観。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

ハンチョウ 神南署安積班4最終話(6.27)

June 29 [Wed], 2011, 1:03
安積@佐々木蔵之介狙撃されるの報は安積班の面々に衝撃を与える
改めて事件を捜査する決意を固める安積班。
日下部管理官@小木茂滝本警部@津田寛治ら捜査本部は
犯人を内藤英治@弓削智久と決めつけていたが、
安積班は事件の鍵は中原美奈子@広澤草の自殺にあると判断、
やがて、美奈子があるひき逃げ事件の目撃者だったことがわかる・・・。

滝本警部が真犯人なのだろうと思っていたのですが、
日下部管理官も共犯だったのね
警察庁幹部のバカ息子からひき逃げ事件を揉み消してと泣きつかれ、
その警察庁幹部が重要法案可決を目指すキーマンだったことから
日下部管理官と滝本警部が事件の隠蔽を図ったのがすべてのはじまり
滝本が恋人であり目撃者である中原美奈子に口止めを指示したところ、
美奈子は良心の呵責から自殺してしまった。
更に、美奈子の兄中原一平@本宮泰風が激しくショックを受けたため、
美奈子が自殺したのは安積が弄んだためだと滝本が嘘をついたところ、
中原は安積に脅迫状を送った上、高野警部@宇梶剛士を射殺してしまったと。
安積が美奈子を弄んだ相手に選ばれたのは、
美奈子が働いていた保育園に強盗が逃げ込む事件が以前あり、
保育園を訪ねた安積が美奈子と接点のある刑事だった・・・からなのでしょうな。
なんだよ、安積さん、完全にとばっちりじゃないかよ(笑)。
脅迫電話の「まだ思い出せないのか?」、こんなもん、思い出せるわけがないわ。
しかも、滝本警部、おまえが美奈子の恋人だったのかよ。ひどいヤツだな
滝本なりの正義があるという描き方だったが、かえって醜さを感じたぞ。
当の警察庁幹部がまったく隠蔽を望んでなさそうな人物だったのが
救いがあったのか、なかったのか・・・

安積狙撃される?の衝撃的な映像に始まり、
ラストに怪文書が安積のもとに届いて、不安を煽らされた4期も無事終了
今シーズンも堅実で好感の持てるストーリーが多かったです。
ただ、『ハンチョウ』に煽る演出は要らないと思うのよね。
清涼感が持ち味の作品なのだし、ラストは気持ちよく終わらせてほしいな。
ストーリーも視聴率も安定してるし、
5期もいずれ放映されることでしょう。期待してます

★ハンチョウ 神南署安積班1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第7話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班2期の感想★
第1話 第2話 第8話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班3期の感想★
第1話 第3話 第4話 第5話 第7話 第10話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班4期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第8話 第9話 第10話 第11話

江 姫たちの戦国第24話(6.26)

June 28 [Tue], 2011, 0:31
徳川家康@北大路欣也が国替えを命じられ、
豊臣秀吉@岸谷五朗の弟秀長@袴田吉彦が他界、
秀吉が千利休@石坂浩二に切腹を言い渡したという話
この大河の秀吉が利休を切腹に追い込んだのは
可愛さ余って憎さ百倍みたいな動機だったな
で、利休切腹というタイトルなのに切腹するのは次回なんですな(笑)

今回は秀長の死がよかったな
「今薨られたら、豊臣は・・・殿下はどうなりまするか・・・」
病床の秀長に黒田官兵衛@柴俊夫が悲痛に訴え、
「兄者の弟などに生まれるでなかったわ。
百姓から関白に上りつめるなどどれだけ苦労させられたか。
それでも面白かった。
並みの人間では到底過ごせぬ一生を楽しませてもろうたわ・・・」
「甘いことしか言わん者より耳に痛いことを言うてくれる者を信じるんじゃぞ・・・」

述懐と諫言を秀吉に残して、息を引き取る。イイ最期だったよ
あまり評判の芳しくない『江』を僕が結構好きなのは、
豊臣秀長と黒田官兵衛を登場させているのが理由の一つだったりします。
この両者って、あまり大河ドラマで登場してこないのよね。
秀吉・秀長・前田利家・小早川隆景のうちの誰かが家康より長生きしたら、
徳川の天下にならなかったんじゃないかなと僕は思う。
最近観返している『おんな太閤記』では、秀長役を中村雅俊が好演してます。
本当は利休の切腹より秀長の死の方が歴史的影響が大きいと思うんですけどね
秀長が生きていたら、利休は切腹に追い込まれなかったんじゃないかと思う。
九州の大名大友宗麟は大坂城に赴いた際、
「公儀のことは秀長が、内々のことは千宗易(利休)が承る」
と秀長から言葉をかけられたらしい。両者の関係は円満だったのだろう。

今回残念だったのは、信長の次男織田信雄のことが触れられなかったことだな
家康が関東への国替えを命じられていたが、
その家康の旧領に国替えを命じられたのが、家康のかつての同盟者だった信雄、
だが、信雄は国替えを拒否した結果、秀吉の怒りを買い、改易になってしまう。
時勢に逆らわず、国替えを受け入れた家康と
抵抗してすべてを失った信雄、好対照でいいエピソードなのになあ。
信雄は江@上野樹里の従兄弟なのだし
信雄の凋落のために、徳川秀忠@向井理は信雄の娘と離婚したのだから、
描いた方がよかったんじゃないかと思うのですが。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話

★6月27日(月)の日記★
飲酒運転疑惑を誤魔化した俳優が出演しているドラマでも視聴率を稼げるのだから、
薬物に手を出した芸能人が簡単に芸能界に復帰できるのもしょうがないのだろうね

海賊戦隊ゴーカイジャー第18話 & 仮面ライダーOOO第39話(6.26)

June 27 [Mon], 2011, 1:00
・海賊戦隊ゴーカイジャー第18話
『恐竜ロボットドリルで大アバレ』  脚本:荒川稔久 監督:加藤弘之
「鎧、おまえはゴーカイジャー6人目の仲間だ!」
伊狩鎧マーベラスらに仲間として認められたという話
オチがあるんだろうなとは思っていたが、
五人がシンケンジャーに変身する中、鎧がキングレンジャーに変身したのに笑った

鎧がゴーカイシルバーに変身できたのは、
トラックに轢かれそうになった少女を救ったことで
アバレキラー(爆竜戦隊アバレンジャー)・ドラゴンレンジャー(恐竜戦隊ジュウレンジャー)
タイムファイヤー(未来戦隊タイムレンジャー)
に認められ、変身アイテムを貰ったため。
この三人はそれぞれの作品の劇中で死んでしまった戦士だそうで
鎧はあっちの世界に行きかけたというわけですな
今回、ジュウレン・タイム・アバレの大いなる力も手に入れたようで、
この三戦隊はもうピックアップされることはなさそうです
冥界戦士の中にブラックコンドルが含まれてなかったのにホッとした。
ジェットマンの回はこれからあるということですな
ただ、鎧が仲間に加わったことで、五人のキャラが薄くならないか、ちょっと心配。
特に、お調子者キャラがかぶっているドンさんことハカセ・・・
二週間不貞寝しているワルズ・ギル殿下も頑張れ

『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』
まだ観れていません。今週中に観に行かないと・・・

・仮面ライダーOOO第39話
『悪夢と監視カメラとアンクの逆襲』  脚本:小林靖子 監督:石田秀範
「アンク、おまえのメダル貰うよ」
「オーズが組むべきアンクはおまえじゃない・・・」

アンク火野映司を脅威に感じるようになっていた中、
アンク(本体)が完全体になるために動き始めたという話

二週間ぶりの『OOO』だったのですが、がっかりさせられた回だった
前回の伊達さん退場回は面白かったのになあ。
先々週の予告の「オーズが組むべきアンクはおまえじゃない・・・」
映司の台詞がずっと気になっていたので、夢オチだったことにまずがっかり。
そして、ヤミーを翻弄する比奈&知世子
お気に入りのコスチュームに着替えて登場する里中君
緊張感のない展開にしらけちゃった
比奈の怪力設定は要らないと思う。比奈>>>ヤミーではバトルシーンが熱くならないわ。
次の作品の情報がちらほら出回っていますが、
バトルシーンが熱くなるストーリー展開にしてほしいなあ。

一番の不満は、映司とアンクに友情だの絆だのを感じられないことだな
何度か書いているけど、映司は、他の人間に対するときと比べて、
アンクに対して冷ややかな印象を受けるのよね。
「もし、私があのときアンクに出て行ってほしいと言っていたら、
映司くん、どうしてた?」

比奈の問いかけに対する映司の返事が聞きたかったんだけどなあ。
次回に描かれるのかな。後編が面白くなることに期待

★海賊戦隊ゴーカイジャーの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話

★仮面ライダーOOOの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 OOO&W MOVIE大戦CORE 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話

★6月26日(日)の日記★
今日の『ウチくる』のゲストは中野裕太
『キバ』のスパイダーファンガイアだったことを知り、ビックリした。チューリッヒ♪

東野圭吾3週連続スペシャル 回廊亭殺人事件(6.24)

June 26 [Sun], 2011, 0:56
資産家一ヶ原高顕@北村総一朗の秘書桐生枝梨子@常盤貴子
恋人里中二郎@田中圭に旅館回廊亭で無理心中を図られ、
そのショックから飛び降り自殺した・・・と思われている女性。
だが、枝梨子は生きていた。
里中が何者かに殺害されたものと考えた枝梨子は
犯人に復讐するために自殺したものと見せかけたのだった。
整形手術で顔を変えた枝梨子は、本間美代子と名乗り
一ヶ原高顕の遺産の分配が発表される回廊亭に姿を現す。
犯人を揺さぶるため、枝梨子の遺書を持っていると罠をかけたところ、
高顕の姪一ヶ原由香が遺書を盗んだため、犯人と判断、
由香の部屋に忍び込み、殺害しようとする枝梨子だったが、
由香は既に何者かに殺害されていた・・・。

ラストの大爆発に呆気にとられた
これ、原作通りなのかなあ
大映テレビ製作協力というのがいかにもな演出でさあ(笑)
大体、爆発させる必要性ないだろお。
枝梨子は一ヶ原一族に恨みがあるわけでもないし、
刑事の追及を逃れるために爆発させたのかね。傍迷惑な女だなあ

すべては一ヶ原高顕の遺産を手に入れるための里中二郎の陰謀だったわけね
里中二郎は一ヶ原高顕の隠し子だった。
但し、枝梨子が里中二郎と思っていたのは、偽物の里中二郎、
弁護士事務所の助手鯵沢弘美が名前を騙っていた。
一ヶ原家と関わり合いを持とうとしなかった本物の里中二郎は
鯵沢弘美に殺害され、枝梨子と心中したものとして扱われた。
恋人里中二郎を失った復讐をすると言い続けていた枝梨子でしたが、
里中二郎(本物)の遺体を見てるわけだし、
一ヶ原高顕の葬儀で鯵沢弘美の顔を見たそうだし、
回廊亭に来る前から、鯵沢弘美の裏切りには気づいていたのでしょうね。
弁護士事務所の助手である鯵沢弘美が相続人に簡単に認められるとは思えないし、
一ヶ原由香殺しの真相の判明があっさりしたものだったし、
ミステリーとしては疑問に感じる点が多かったですが、
愛する男に裏切られた女の妄執が出ていて、ドラマとしては面白かったです

★東野圭吾3週連続スペシャルの感想★
11文字の殺人 ブルータスの心臓

おんな太閤記VOL.6

June 26 [Sun], 2011, 0:50
第20話 秀長の祝言
しの@田中好子羽柴秀長@中村雅俊の奥方になる女性として
一族や家臣団の前で紹介するねね@佐久間良子
不快そうな羽柴秀吉@西田敏行だったが、
諸将の手前怒るわけにもいかず、二人の結婚を認めるのでした

再び中国攻めを開始した秀吉は、
因幡中の米を買占め、鳥取城を包囲、兵糧攻めにする
鳥取城も三木城と同じく兵糧が尽き、城主吉川経家が自害して落城。
一方、秀吉に内通した備前岡山城主宇喜多直家@森塚敏が病死、
直家の功労に感謝した秀吉は直家の子秀家を岡山城主にする一方、
直家の未亡人ふく@倉野章子を自分の側室にしようとする。
宇喜多家を守るために側室になる決心をしたふくに同情したねねは
羽柴家の養子にすることで秀家の立場を守った上で、ふくに出家を勧め、
ねねの心遣いに感謝したふくは出家するのでした。
ふくが側室になった作品を観た記憶があるな。竹中直人主演『秀吉』だったっけ?

その後、備中高松城を水攻めにする秀吉。
いろいろなアイディアが浮かぶ人だな、秀吉は
武田勝頼を滅ぼした織田信長@藤岡弘は京へ、
秀吉の援軍を命じられた明智光秀@石濱朗は準備のため亀山城へ
これから何が起こるのか、まだ誰も知らない・・・

第21話 本能寺の変
「信長に討たれる前に信長を討つ。
討たねば、わしが討たれる。
信長に代わって、この光秀が天下を治めてみせるわ。」

羽柴秀吉@西田敏行の援軍を命じられた明智光秀@石濱朗だったが、
主君織田信長@藤岡弘を討つことを決意
人質に出した母親を死なせてしまった恨み、
徳川家康の接待役を罷免された恨みもあるが、
丹波近江の所領を召し上げ、出雲石見に国替えすることは
自分を京から遠ざけるもの、自分の先は見えたと判断
備前とは正反対の京に進軍し、信長の宿泊する本能寺を急襲、
信長は奮戦するが、是非に及ばず、自害するのでした
派手なBGMもかからず、淡々とした本能寺の変だったな。
最近のドラマが騒がしすぎるのかな。
この大河の信長はあまり怖さを感じられず、
時折理不尽な命令で秀吉を悩ませる信長でしたわ。

光秀の謀反を知り、ねね@佐久間良子は驚愕、
明智軍が攻め寄せてくるかもしれないと長浜城を脱出、
逃避行中、襲ってきた野武士を返り討ちにしたねねさんは
大吉寺へ避難し、不安な日々を送るのでした。
ここまで不安そうな表情を見せるねねさんは初めてだな。
長浜城は明智方についた京極高次が占拠。
一方、光秀の娘婿細川忠興@谷岡弘規は髪をおろし謹慎、
おたま@岡まゆみを遠ざけることで謀反に加担しないことを世に示す。

光秀謀反の知らせは備中高松城を水攻めにしていた秀吉のもとにも届く
呆然自失したものの、光秀を討つ決意をした秀吉は、
信長と光秀が大軍を率いてくると脅した上で
備中美作但馬の割譲と高松城主清水宗治の切腹を条件に毛利に和議を要求、
講和が成立するや、備中を去り、中国大返しを開始する
はったりもいいところだな。
信長の死で天下取りのチャンスを握ったとよく言われるが、
実際はこのときの秀吉は大ピンチだ
当時、丹羽長秀と信長の三男信孝は四国を攻めようとしていたが、
信長の死の報が届くや、大混乱、軍が瓦解してしまっている。
主君の死を知っても、豪胆な策謀を思いつくところが秀吉ならではですな。

TIGER&BUNNY第12話 & 逆境無頼カイジ 破戒録篇第12話(6.21)

June 25 [Sat], 2011, 7:18
・TIGER&BUNNY第12話
「どうして・・・どうして僕を信じてくれなかったんです?
折角あなたをパートナーとして信じてみようと思っていたのに。
自分のことを信じてくれないような人は信じられません・・・」

ウロボロスのアジトへの偵察を独りで任せてくれなかったことで
バーナビー虎徹に不信感を抱いてしまう中、
ヒーローにタイマン勝負を要求したジェイク・マルチネス
スカイハイ・ロックバイソン・虎徹を次々に撃破していったという話
牛角さん瞬殺に泣いた。『聖闘士星矢』のアルデバラン以下の扱いだな
「俺にはすべて聞こえてるんだ」という台詞、
そして、虎徹の出会いがしらのキックがなぜか当たったこと、
ジェイクのもうひとつの能力がアレだとすると、バーナビーに勝ち目はなさそう
折紙さんが助かったのには、ホッとさせられた

しかし、ルナティックさんはまったく動こうとしないなあ
ジェイクがレジェンドに捕えられたときの資料が失われてしまったのは、
ヒーローの力を測ろうとするルナティックの仕業でしょうか。
なんとなくジェイクにとどめを刺すのはルナティックのような気がします。

・逆境無頼カイジ 破戒録篇第12話
磁石を仕込んだ缶ビールを武器にパチンコに挑む坂崎だったが、
沼のパチンコ玉が真鍮製だったため、撃沈、
だが、カイジは沼攻略の秘策に気づいた(?)という話
二時間で4362万を使い果たし、残金638万となった坂崎、
『残ったカネを競馬で6000万に増やせばやり直せる』
などと言い出すところがギャンブラーの救いようのなさだったな
カイジは638万を元手に沼で大当たりを出すのでしょうか?
今回初登場のカジノの店長一条、声は浪川大輔
カイジに一泡食わされるのが今から楽しみだ

★TIGER&BUNNYの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

★逆境無頼カイジの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 最終話

★劇場版(実写版)の感想★
カイジ 人生逆転ゲーム

★逆境無頼カイジ 破戒録篇の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら第10話 & 下流の宴第4話(6.21)

June 24 [Fri], 2011, 0:40
・グッドライフ ありがとう、パパ。さよなら第10話
「俺の願いは一つだけです。
俺のいない世界でもあいつには強く生きていってほしい・・・」

死期が迫っていることから身辺整理をした澤本大地@反町隆史
羽雲@加部亜門に別れを告げたという話
わっくんが自分の死を知ったら、ショックを受けると考え、
華織@井川遥に託し、遠くへ行ったことにする大地だったが、
『わっくんが本当のことを知ったら、きっと後悔する』
紺野七海@榮倉奈々の説得で、わっくんと会うことを決意、
しかし、かける言葉は
「父さんなんて最初からいなかったと思って生きるんだ」かよお
こんな別れをしたら、わっくん、絶対後悔するだろお。
ホント、大地はダメ親父だな。毎回毎回泣かされるぜ
次回は最終回。澤本父子がイイ別れをしてくれることを願ってます

・下流の宴第4話
「今日会えてよかった。あの頃の気持ちを思い出した。
由美ちゃん、あの頃からちっとも変わっていない。
それが昔の俺に引き戻してくれた。
上から見下ろされた人間にしかわからない下流の気持ちだ・・・」

息子翔@窪田正孝の説得を依頼する福原由美子@黒木瞳だったが、
島田直樹@遠藤憲一宮城珠緒@美波を育てる決意をしたという話
↑の台詞、僕にはかなり辛辣な台詞に感じられたのですが、
あまり響いているように感じられなかったのがいかにも由美子らしかったなあ

予想通り、島田先生が珠緒の面倒を見ることになりましたが、
そうなったことに納得できる展開だったな
この人もまた、由美子に見下されたことをバネに這い上がった人だったのね
高校の卒業式の日に由美子に告白したが、振られてしまった。
そのとき言われたのが「私と島田君は住む世界が違う」の一言。
その由美子の一言が島田を発奮させ、東大医学部に進学させた。
それも、医者になりたいからとかではなく、
自分を馬鹿にした連中を見下ろしたくて、東大に進学した。
うんうん、島田先生が珠緒を育てようとする気持ちがわかるわ。
しかし、由美子のやることはすべて裏目に出ているね
今回由美子が会いに行かなければ、島田は珠緒を育てようとはしなかっただろう。
由美子の偏見が二人の人生を大きく変えるのだから、ある意味、大したもんだ(笑)

一方、由美子が最も人生観を変えたい翔は相変わらず
珠緒が医大に進学したら、翔の人生観は変わるのだろうか。
この二人、似た者同士だったから付き合っていられた感じがするのですが。
長女可奈@加藤夏希は派遣社員であることがバレたものの
エリート証券マン北沢玲一@眞島秀和との関係がやや進展、
でも、外資証券というのが危険な匂いがする・・・。
そして、夫健治@渡辺いっけいはやはりリストラを宣告、
由美子にとって、更に不快な展開に向かっていきそうですなあ

★グッドライフ ありがとう、パパ。さよならの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

★下流の宴の感想★
第1話 第2話 第3話

ハンチョウ 神南署安積班4第11話(6.20)

June 22 [Wed], 2011, 1:34
凶弾から安積@佐々木蔵之介を庇った結果、高野警部@宇梶剛士は死亡
警視庁から日下部管理官@小木茂滝本警部@津田寛治らが来訪、
直ちに神南署に捜査本部が設置されるが、
事件の重要参考人である安積は謹慎を命じられ、
安積班のメンバーも冷静な捜査ができないと見なされ捜査からはずされる。
事件解決に執念を燃やす安積班は独自で捜査を開始することに・・・。

安積に脅迫文書を送り続けたのは、休職中の刑事中原一平@本宮泰風
妹の美奈子@広澤草が半年前に自殺しており、安積を恨んでいたらしい。
なぜ中原が安積を恨んでいたかというと・・・
三年前美奈子が保育士をしていた保育園に強盗が逃げ込んだことがあり、
その事件で保育園を訪ねたことだけが安積と美奈子の接点だったのだが、
安積に弄ばれた傷心から美奈子が自殺したと思い込み、安積を恨んだ・・・らしい。
で、中原は不可解な死を遂げ、前科者内藤英治@弓削智久に容疑がかかっていると。

4期初回から予告されてきた『安積、狙撃される』ときが遂に来ましたね
初回を観たときから、この狙撃は素人ではできないだろうと思ってました。
内藤英治はフェイクじゃないかな。黒幕はたぶんあの人でしょう
妹を亡くした中原はまんまと利用されちゃったのかな。
わからないのは、なぜ安積が命を狙われなければならないのか、ですな
最終回、うまくまとまることに期待しましょう。
高野警部はやはり亡くなってしまったか。いいキャラだったのに残念。
最終回で息子さんに事件解決の報告をしてあげてほしいものだ

『仮面ライダーOOO』の鴻上会長役の宇梶剛士
『仮面ライダー龍騎』の大久保編集長役の津田寛治
『仮面ライダー剣』の伊坂(ピーコックアンデッド)役の本宮泰風
『仮面ライダー龍騎』の吾郎ちゃん&『仮面ライダーカブト』の三島役の弓削智久
さすが特撮枠の『ハンチョウ』ですな

★ハンチョウ 神南署安積班1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第7話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班2期の感想★
第1話 第2話 第8話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班3期の感想★
第1話 第3話 第4話 第5話 第7話 第10話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班4期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第8話 第9話 第10話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE