検事・鬼島平八郎第2話 & SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿第4話 & 秘密第3話(10.29)

October 31 [Sun], 2010, 0:41
・検事・鬼島平八郎第2話
なるほどね、人情家検事らしく、相手の良心に訴えていくわけね。
ドラマのスタイルは大体掴めましたが・・・リタイアです。
面白かった方、ごめんなさい。
やはり、このドラマ、惹かれるものを感じませんでした。

・SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿第4話
自殺サークルを利用する快楽殺人者に娘を殺されたと思い込み、
警察に捜査を依頼しつつ、復讐しようとした母親@奥貫薫だったが、
快楽殺人者はほかならぬ娘だったというお話
うーん、特殊能力者が殺人犯というパターンのこのドラマ、
特殊能力があれば、警察にバレることなく、犯行を済ませられそうなものだけど、
それではドラマにならないので、
当麻紗綾@戸田恵梨香が真相を暴く流れに持っていかざるをえない・・・
なんか制作スタッフがストーリー作りに苦しんでいる感じがします。
ストーリーの出来が秀逸なら、出演陣の妙な表情や仕草・小ネタ、
謎の少年@神木隆之介公安幹部@椎名桔平の怪しい動きが
ドラマを引き立たせるのかもしれないけど、
そうでないと、ストーリーの拙さ・粗さを誤魔化そうとしてるように見えちゃうのよね

・秘密第3話
「専業主婦みたいな生き方は嫌だって、
お母さんみたいな生き方は嫌だって、言ってただろ?」
「言ってたじゃない?
お母さんから、私とお父さんと庭の花を取ったら、何が残るんだろうって。」

直子@石田ひかりが娘藻奈美@志田未来の本心を知って、ショックを受けたという話
そうそう、第1話で転落事故が起きる前から違和感を感じてたのよね。
直子と藻奈美の母娘の関係に
「どうして結婚したの?」と尋ねた藻奈美に
「藻奈美ができちゃったからよ・・・」と直子が答えてたけど(怖かった)、
将来の可能性を奪った娘をこの母親は恨んでるのかなと思った。
まして、娘が自分の人生を否定していたことを知ってしまったしなあ。
直子ママ、高校の勉強を熱心にするようになったようだし、
藻奈美としての生活を・・・第二の人生を楽しみ始めてますね。
なんとなく、このドラマの終着点が見えたような気がします・・・。

★10月30日(土)の日記★
僕の住んでいる地域は、もう台風の脅威を心配する必要はなくなったようです
僕の母校の大学は、昨日の金曜から明日の日曜までが学園祭だそうで、
今日は、午後3時で終了せざるをえなかったらしい。気の毒に。
明日は晴れるといいね。

あと、声優の野沢那智さんがお亡くなりになったことを知りました
『ベルサイユのばら』のフェルゼン・『エースをねらえ』の宗形コーチが印象深いです。
受験生時代は那智チャコのラジオをよく聴いていたなあ。
ご冥福をお祈りいたします。

★検事・鬼島平八郎の感想★
第1話

★SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿の感想★
第1話 第2話 第3話

★秘密の感想★
第1話 第2話

医龍 TEAM MEDICAL DRAGON3第3話(10.28)

October 30 [Sat], 2010, 0:52
野口@岸部一徳の提言を採用し、
医療版ミシェランIMA取得を目指すことにした鬼頭@夏木マリ
そこで、明真の医療レベルをアピールするため、ライブデモンストレーションを行うことに
だが、ライブで腕を披露するのは、朝田@坂口憲二ではなく、黒木@遠藤憲一
今や明真はカテーテル医全盛ブームとなってしまっており、
外科医は内科医のお手伝いをさせられる状態に陥っていたのでした。

そんな風潮に焦りを感じたのが加藤@稲森いずみ
朝田も加藤もユニバーサルで活躍できる人材なので、
明真に固執する必要はないと思うのですが、
そんなことを言ってたら、ドラマにならない。明真で頑張ってもらうしかにゃい
そこで、加藤先生は、大動脈弁狭窄症の15歳の少女山内遥@金澤美穂のオペを
通常の弁置換術ではなく、最高難度のロス手術を行うと鬼頭に猛アピール、
ライブデモンストレーションを野口・黒木組からもぎとるのでした。
ロス手術だと、薬を一生服用する必要がないとか
出産時の危険性を避けられるとか、患者にとってのメリットもあるのですが、
加藤先生の心中には野口・黒木組との主導権争いが大きく占めていたようで、
ライブへの同意を渋る遥に『ライブを断るなら、ロス手術は行えない』と暗に脅迫。

3期って、野口・黒木コンビが悪者という印象がありますが、
(野口に至っては、シリーズ一貫として)
実際のところ、悪いことは何もしていないと思います、今のところは
カテーテルの優位性を謳い、外科医の時代は終わったと主張、
外国の富裕層が利用したくなる病院経営を勧めているだけですし。
それに比べると、加藤先生の今回のやり口はかなり悪辣だったなあ
加藤ちゃんって、こんなキャラだったっけ?
朝田がカテーテル医の台頭に動揺するようなキャラではないので、
そういう嫌な面を全部押しつけられちゃった感じがしました。
「加藤先生、あんたは医者だ。
患者にとってベストな選択をする・・・それが医者だろ?」

でも、患者を救う朝田の姿を見て改心したようだし、
これで本当の意味でチームドラゴンに復帰をした・・・ということかな。

今回、一緒にオペをした荒瀬@阿部サダヲも、
何かイベントをクリアして、チームドラゴンに復帰していくのでしょう。
前回唐突に現れた北川響@初音映莉子は器械だしだったのね
こうなると研修医真柄冬実@谷村美月に活躍の場はあるのでしょうか?
木原@池田鉄洋と一緒に待機応援組かな。
そして、「加藤先生は頼りない」と陰口を叩いてた伊集院@小池徹平
こいつも成長してないなあ
成長してたら、印象薄くなりそうだし、
成長してないと、『3期にもなって・・・』と思ってしまうし、面倒なキャラだ

そして、チームドラゴンに立ちはだかる黒木、
チーム黒木が完成しつつあるようですが、チームには興味ないご様子。
チームプレイに魅力を感じないスタンドプレイヤーか。
そして、ロス手術に嫌な思い出があるようでしたね。
はぐれ悪魔超人黒木が朝田の姿勢を見て、改心
チームドラゴンに仲間入りするというキン肉マンな展開か?(笑)
改心したら、黒髪にイメチェンしたりしそうだなあ。
そんな黒木を黒ちゃん呼ばわりしたり、バランスボールで遊んでた野口、
なんだかんだでミス鬼頭のタブーをやたら口にしてるし、
岸部一徳さん、ノビノビ演技しとりますなあ。これからも盛り上げてくれ

★医龍 TEAM MEDICAL DRAGON2の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話

★医龍 TEAM MEDICAL DRAGON3の感想★
第1話 第2話

相棒9第2話(10.27)

October 29 [Fri], 2010, 0:46
『顔のない男 贖罪』  脚本:戸田山雅司 監督:和泉聖治
人気女流作家水元湘子の死の真相を追う杉下@水谷豊神戸@及川光博
湘子のアシスタントの岡崎の転落死の現場に遭遇、
謎の男@徳重聡が立ち去るのに気づいた杉下は現場にあった指紋を見つける。
謎の男の正体は、元SAT隊員上遠野隆彦
SATの訓練の最中、パニックを起こした隊員を射殺して依願退職した男だった・・・。

女流作家水元湘子・アシスタントの岡崎・豊日商事の笠井宏樹の死の真相・・・
自衛隊が官費で購入したジェット燃料の一部が航空会社に横流しされ、
政治家伏見亨一良@津嘉山正種や自衛隊幹部の裏金となっていたという事実が
笠井経由で水元・岡崎に漏れてしまった
笠井は、伏見にとって、娘婿にあたる人物。
だが、『大勢の命を守るためなら、目の前の一人が命を落としてもかまわない』
信条の伏見は、迷わず笠井・水元・岡崎の口封じを上遠野隆彦に命じた。
一方、正当行為だったものの同僚を射殺してしまったことで苦悩していた上遠野は、
伏見の信条に救われたことから、伏見に命じられるまま、三名を殺害したと

この解決編、最初観たときは、いまいちに感じた
組織の腐敗と走狗の悲劇を両方描こうとして、ごちゃごちゃした印象になっちゃったかなあと。

でも、もう一度観たら、それでも物足りなさはあったものの、よくできた話だったと思った
『大勢の命を守るためなら、目の前の一人が命を落としてもかまわない』
という伏見や上遠野の信条と
『この世に命と引き換えになるものなどない』
という右京さんの信念との対立軸が今回のメインだったのね
上遠野を追いつめ、説得しようとした右京さんでしたが、
結局、上遠野は自分の信条に従い自殺、
右京さんはかけがえのない命が目の前で散るのを見届けるしかなかった。
無念だったろうね

物足りなく思えたのはねえ、
伏見の背信を知り、怒った上遠野が報復しようとしてたけど、
笠井の妻享子@梅宮万紗子の怒り・嘆きも描くべきだったんじゃないかと思った
父親である伏見こそ、夫笠井の殺害の黒幕だったわけだからね。
しかも、裏金作りがバレそうになったからという醜悪な動機で。
どこが『大勢の命を守るためなら・・・』だよ
上遠野の印象が薄くなってしまうのを避けたかったのかなあ。
あと、この前後編のタイトルは、『顔のない男』より『一粒の麦』の方がよかったかも。

来週は『相棒』休みだそうです。残念。祝日だからこそ、放映すればいいのに

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒1の感想★
第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第8話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第1話第2話第3話 第4話第5話 第6話 第8話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話 劇場版

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒8の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒9の感想★
第1話

フリーター、家を買う。第2話(10.26)

October 28 [Thu], 2010, 1:19
土木のアルバイトを始めた武誠治@二宮和也
仕事をやり遂げることの素晴らしさを知ったという話
完成した道路を見て、感激する誠治の姿は微笑ましかったけど、
半面、これでいいのかな?と思わなくもない。
母ちゃん@浅野温子、一人っきりで家に置いといて大丈夫なんだろうか
就職してないのをこれ幸いと、母ちゃんの容態が安定するまで、
誠治が隣で支えてあげてもいいような気もするけど。
でも、入社して三ヶ月で会社を辞め、1年アルバイトを転々としている誠治は
これ以上空白の期間を作るわけにはいかないか。
今の社会って、再出発しようとする人間に厳しい社会だからなあ。
それに、誠治が仕事をすることが母ちゃんを安心させることになるしなあ。うーむ。

昨日の『流れ星』の感想で、『ドラマ自体は面白いが共感はしずらい』と書きましたが、
このドラマもストーリーは惹きつけられるものの、登場人物に共感はしずらいです
武ファミリーって、全員、問題がありますよね
青臭い誠治・独善的な親父@竹中直人は同じ家族だったらたまらんけど、
(でも、ウチの親父はこんな親父だったなあ。エリートだっただけにもっとひどかった・・・)
母ちゃんにも問題があったと思うよ。
息子にも親父にも近所にも言いたいことが言えず、
ガマンしてガマンしてガマンしてガマンしてガマンして・・・破裂しちゃったんだと思う
隣のオバハン@坂口良子、タチ悪いねえ。出番少ないのに、ムカッとくるわ
もっと思っていること、素直に言えたらよかったのに。
遺伝なのか、姉@井川遥も同じような状況に陥ってますね
あの親父はいけすかない親父だけど、浮気疑惑はミスリードだと思う・・・のですが。

★今までの感想★
第1話

灼眼のシャナ1第3話

October 28 [Thu], 2010, 1:17
シャナが消滅した平井ゆかりとして生きていくことになったという話
シャナが平井さんであることが通用されていることに坂井悠二は苛立ち、
シャナはそんな悠二の反応に困惑する。
この頃の悠二は理不尽な世界観に苛立っているなあ
まあ、自分がいつ消滅するかわからん状況で、
平井さんの消滅を誰も気づいていないというのは耐えられないでしょうな。
そんなシャナ&悠二の前に、紅世の徒・狩人フリアグネが登場
そうそう、お人形さんをこよなく愛するヤツでした。

★灼眼のシャナ1期の感想★
第1話 第2話

★灼眼のシャナ2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 最終話

流れ星第2話 & モリのアサガオ第2話(10.25)

October 27 [Wed], 2010, 0:25
・流れ星第2話
偽装結婚して、肝臓移植が必要な妹マリア@北乃きいのドナーになってほしい
という岡田健吾@竹野内豊の提案に槇原梨沙@上戸彩が同意したという話
結婚してから、ドナーに適合するのか検査するものだそうで、
(そりゃあ、ドナーになる資格のない人を検査する必要はないからねえ・・・)
結婚すれば、ドナーに適合しようがしまいが報酬300万が支払われ、
更に手術が成功すれば、成功報酬100万が支払われ、めでたく離婚と
ドラマの導入部分が終わったという感じですね。
これで全11話はやはりキツそう。落語男は時間稼ぎのためのキャラの感じがするし

あっちこっちのブログで評判の悪かった(笑)梨沙の兄修一@稲垣吾郎
でも、極悪人というわけでもなく・・・妹の寄生虫のようですな
なんで、この人、いつもスーツ着てるんでしょ?(笑)
梨沙の方にも、兄妹という意識があって、兄妹の縁を完全に切れないようで。
で、妹のために偽装結婚までする健吾と妹にたかる修一は対比的なのですな。
そんな妹には優しい健吾も、梨沙に対しては、臓器だけが目的、
カネでカラダをいただこうとするという点では、風俗店に来る客と変わらないわけね。

ドラマ自体はなかなか面白いし、
登場人物の心情の流れは自然ではあるのだけど・・・共感はしずらいです
もし、臓器移植の必要な家族がいても、僕は偽装結婚しないと思う。
倫理や法を遵守するとかでもなく、妹のためとはいえそこまでするかねえという感じでね。
『おまえに家族愛がないだけだ』と責められるとそれまでなのですが。

・モリのアサガオ第2話
末期がんの被害者遺族の女性と会った及川刑務官@伊藤淳史
死刑確定囚星山@大倉孝二の現在の気持ちを探ろうとしたという話。
「どんな人間でも犯した罪を悔い改めることができる・・・
僕らの仕事はそんな確定囚の改心を手助けすることなんだ」

星山を改心させることができ、刑務官の仕事のやりがいを見出す及川。
必死に死刑囚の気持ちをわかろうとする伊藤淳史の熱演がかえって興醒めでした
伊藤淳史が悪いのではなく、制作サイドの要望どおりの演技をしているのだけどね。
うーん、僕が観たかったのは、こういうドラマではなかったなあ
死刑確定囚の心情や拘置所の雰囲気を淡々と伝えるドラマであってほしかった。
(それでは1時間持たせるのは無理なのかもしれないけど・・・)

★今までの感想★
第1話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない第4話(10.24)

October 27 [Wed], 2010, 0:23
桐乃の友人たちの前で、桐乃を押し倒してしまった京介
お詫びに桐乃を夏コミに連れて行ったという話
「何よ、要らなかったかしら?それとも、人の話が通じないのかしら?」
「そこまで言うなら、貰ってあげるわよ。感謝しなさいよね。」

桐乃と黒猫のツンデレ同士の会話が微笑ましい
TPOで高貴な喋り方と庶民的な喋り方を使い分ける沙織バジーナ
生天目仁美voiceがピッタリでしたな

京介、本当に桐乃を押し倒しちゃったか。エロゲーだとありそうだなあ
そんな京介に好意的な視線を送っていた桐乃の友人新垣あやせ
夏コミから帰ろうとした京介・桐乃たちとバッタリ
どういう反応をするのでしょうか?この子も意外と夏コミに来てたのかな?
夏コミは行ったことないのよね。
同人誌はよくわからないし、人混みが苦手なもんで。
待っているのが嫌いなので、モ×バーガーに行くこともないのだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

最強武将伝 三国演義第30話(10.24)

October 26 [Tue], 2010, 0:25
劉備(船越英一郎)のために西川を攻めるという口実で
呉軍を通過させるフリをして荊州を占領しようと企んだ周瑜(鈴木一真)だが、
またしても諸葛亮(石井正則)に見破られてしまい、憤死してしまったという話
「殿からの伝言だ。
殿と劉璋は漢王室に繋がる同族。同族同士が戦うなど断じてありえぬ」

何気に趙雲の伝言がひどい。
劉璋の領地西川を奪うまでというのが、荊州の貸借条件だというのに。
まあ、この頃の劉備サイドの本音ではあるのでしょうが

「素晴らしい英雄でした。尊敬に値する人です・・・」
周瑜の死を知り、嘆く諸葛亮。うーむ、なんか白々しいなあ
周瑜って、天下を取れる才能があったのに、
諸葛亮が同時期にいたばかりに夢を果たせなかった悲劇の人・・・
というポジションなのだろうけど、あまりにもやられすぎて、好敵手には見えないわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話

仮面ライダーOOO第8話(10.24)

October 26 [Tue], 2010, 0:21
『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』は、
『爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー後編』

アバレンとハリケン、皆の心が一つになって、邪忍イーガを倒したという話。
なるほど、アバレキラー(白)はダークヒーローだったのね。
もうこの頃になると、戦隊側の巨大ロボの出来は今と変わらないなあ
アバレンとハリケンのロボが合体してたけど、ゴセイジャーのロボとも合体できそう。
子供たちに当時の玩具を
「もうすぐゴセイジャーで出てくるメカだよ」とプレゼントしても通用するレベルだわ

『天装戦隊ゴセイジャー』は、
アスリートを夢見る短距離選手と出会ったアグリ(黒)
「人間にとって大事なことはなあ、
夢って希望に向かって前に進み続けることなんだよ!
夢を信じて、突き進む・・・その力に限界はねえ!」

有能な人間をメカ人類に改造しようとしたマトリンティスの野望を打ち砕いたという話
今回、よかったなあ
『なんだかよくわからない奇跡でなんとかなった』なストーリーでなかったのがよかった。
シーイックパワーでやかんの水をかけるハイド(青)
とうとうお笑い担当になってしまったゴセイナイトもGOOD
うん、『ゴセイジャー』は見習い護星天使の成長物語であるべきだと思うのよね
人間界を知らない見習い護星天使という設定なのだから、
人間から何かを学んで、戦いに活かすというストーリーにした方がいいと思うんだけど。
そして、『こういう大人になりたいな』『こういう大人はダメだな』と
子供たちに感じさせるようなゲストキャラを出してほしいわ。
あと、環境問題とかを護星天使が子供たちに問いかけるようなストーリーね。

『仮面ライダーOOO』は、
『サボリと無欲と休憩中』  脚本:小林靖子 監督:諸田敏
火野映司が夫婦喧嘩を仲裁して、クスクシエで働くことになったという話
残念ながら、ストーリー的にはあまり見所がなかったなあ
グリードのキャラの魅力で乗り切ったという感じだった。それはそれで大したものですが。
バイソンヤミー「自分で歩けよぉ・・・」とぼやくガメル(銀)がラブリーでした
ダメ亭主は元カメラマンだったか。
そう言われてみると、最近ブレイクしてる戦場カメラマンに風貌が似てたような

この前後編のポイントは、鴻上会長が映司にコアメダルをプレゼントしたことでしょうな
完全体になるためにコアメダルを探すグリードたちですが、
鴻上会長が何枚か隠し持っている可能性がある・・・ということですな
その可能性に気づいたアンクだけど、
グリードやヤミーと戦うには、メダルシステムが必要なため、鴻上に手を出せない。
映司に弱ってるトコを観られるわ、映司が得もしないバトルを勝手にするわ、
小学生にいじめられるわ、怪力妹に木から落とされるわ・・・アンクさん、散々だなあ

「あんなふざけてるのかマジメなのか、
わけのわからない一般人に戦わせるくらいなら、私が!」

自分の方がオーズにふさわしいと言わんばかりだった後藤
名護さんっぽくなってきた。5103というニックネームがつけられるのも近い?
ちなみに、オーズがグリード四体を倒す回想シーンが流れてましたが、
鴻上会長が観たはずもないので、事実かどうかは胡散臭いですな
大体、オーズとグリード完全体が戦えるはずがないのよね。
オーズがコアメダルを持っていたら、グリードは完全体になれないわけなのだし。
それとも、あのシーンのグリード四体は完全体じゃなかったのかな。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

バクマン。第4話(10.23)

October 25 [Mon], 2010, 0:15
ジャックの手塚賞に入選したのが15歳新妻エイジと知った真城最高高木秋人
夏休みに漫画を仕上げて、編集に持ち込もうと決意したという話
甘酸っぱい青春ストーリーと漫画家への成長物語を両立させているなあ
最高が類まれな画力の持ち主であるのはわかるのですが、
秋人の原作者としての実力はどんなものなんでしょ?
どういう方面の作品を考えているのだろう?構想とかあるのかな?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE