最強武将伝 三国演義第22話(8.29)

August 31 [Tue], 2010, 0:12
周瑜(鈴木一真)諸葛亮(石井正則)の謀殺には失敗したものの
旧友であり、間諜である蒋幹を利用することで、
曹操(鶴見辰吾)軍の水軍提督蔡瑁張允の謀殺には成功したという話

三国志演義の蔡瑁は荊州に居候していた劉備を陥れようとした悪役なので、
因果応報みたいなこの謀殺が面白いのですが、
『最強武将伝』は荊州時代が描かれてないから、爽快感がないのう
二日酔いの曹操に誤解されて、打ち首になった哀れなメタボのおっさんだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話

仮面ライダーW最終話(8.29)

August 30 [Mon], 2010, 0:30
『Eにさよなら この街に正義の花束を』  脚本:三条陸 監督:石田秀範
フィリップが消滅して一年後、
ガイアメモリは未だに風都で取引されており、左翔太郎の戦いは続いていた
翔太郎は、青山晶という少年の依頼で、晶の姉を探すことに。
ガイアメモリの取引をしていた組織EXEから唯を救う翔太郎だが、
突如現れたエナジー・ドーパントの不意打ちを喰らってしまう・・・。

『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』は、
『未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ前編』
500人を殴り殺した宇宙最強のボクサーボリバルに災魔の残党が協力、
タイムレンジャーとゴーゴーファイブも手を組むが、異空間に飛ばされたという話。
永井マサル、若いなあ。
「500人殴り殺した」と自慢げのボリバルだけど、一般人殴り殺しちゃいかんわ。

『未来戦隊タイムレンジャー』は観てました。
メインの脚本は『龍騎』『電王』『シンケンジャー』小林靖子
来週からの『仮面ライダーOOO』、期待しとります
そうそう、脱獄囚を追って、現代にタイムスリップした未来警察官という設定で
現代で暴れる囚人を逮捕しては冷凍保存していく・・・というストーリーだった
だから、再生怪人は現れないストーリーなわけで、
同じキグルミを使って、兄・姉・叔父・又従兄弟・隣の住人というかたちで
登場させてたのが面白かった。「隣に住んでた・・・」からって、犯罪者になるなよ。

『天装戦隊ゴセイジャー』は、
幽魔獣の洗脳で崖下に転落しそうになった髭息子髭男爵が救った話
髭男爵はマスターヘッドでは?とちょびっと疑っていたのだが(笑)、一般人だったようだ。

前回、勝手にゴセイジャーに戦いを仕掛けたビッグフットの筋グゴン
ご機嫌斜めのブロブの膜イン
幽魔獣組は独断専行を嫌う組織らしい。
組織としてはあるべき姿だが、幽魔獣組らしくはないような気もする。
筋グゴンが姿をくらまし、ここぞと膜インに取り入ろうとするチュパカブラの武レドランだが、
「おまえに頼るほど、焼きがまわっちゃいないよ・・・」
あひゃひゃ、武レドランさんの信頼度、土偶以下だった
三文芝居で膜インの心を掴んだ武レドランさんですが、どう動くのでしょうか?

『W』は、
「人類の未来のために、地球を変えるのは、園咲の使命、
でも、一番ふさわしいのは私じゃない。誰よりも優しいあなたよ・・・」

若菜の体と引き換えにフィリップは復活、Wの戦いはこれからも続くという話でした
なるほど、今回、時系列はバラバラだったのね
若菜が出ていた場面は、フィリップが消滅した年の話だったんだ。
フィリップ消滅の一年後、再建されたはずの風都タワーが、
若菜がガイアインパクトを仕掛けたときは、建設途中だったし。

でね、『あーあー、やっちゃった・・・』というのが、観終わった後の正直な感想です
『Wはこれからも風都を守り続ける・・・』という締め方にするのなら、
最初からフィリップを一度死んだ人間になどするべきではなかったと思う。
死んだ人間を安直に生き返らせちゃうのって、好きではないのよ
死者が甦る可能性があるという世界観の『555』ならともかく、
『W』のストーリーでフィリップを消滅させる必要性はなかったと思う。
でも、子供たちはフィリップの復活を素直に喜ぶのだろうし、
冬に『劇場版仮面ライダーOOO&W』が放映されるから、しょうがないか

『W』全体を振り返ると・・・例年になく、洗練されたストーリー展開だったと思う
でも、同時に物足りなさも感じられたのよね
前回も書いたけど、肝心のバトルシーンにあまりワクワクできなかった。
ドーパントはそれぞれの欲望に負けた人間が変身しているだけだし、
翔太郎たちの目的はあくまでメモリブレイク、
打倒W!とか考えていた敵はほとんどいなかったしなあ。
『劇場版』のエターナル戦・前回の加頭戦は燃える展開だったけど、
それって、敵をNEVERという不死の怪物にしたお蔭かなと思ったりしました。
終盤の怒涛の展開に突入したというのに、
ドタバタ喜劇で緊張感を台無しにしてしまうというのも興醒めでしたわ。
鳴海亜樹子は苦手なヒロインだったなあ。

あと、もっと左翔太郎というキャラを描くべきだったんじゃないかと思う
主役なのに、翔太郎って、印象薄かったなあ。
翔太郎役の桐山漣がイイ演技してただけに、気の毒な気がした。
『W』の世界って、翔太郎に救われた世界だったと思う
翔太郎のハーフボイルドぶりが、
非人間的だったフィリップ、復讐しか頭になかった照井竜、
フィリップと照井竜に復讐心を植えつけ、園咲家と戦わせようとしたシュラウド、
ガイアインパクトを起こそうとした園咲若菜に影響を与え・・・風都を救ったのでしょう。
そういうのがもっとストーリーに出ていてもよかったんじゃないかと思う・・・。

魅力的な登場人物が多かったのは、平成ライダーらしかったなあ。
寺田農の異様な迫力がミュージアムを魅力的な悪の組織にしていたよ
そして、立木文彦は声だけで番組を盛り上げてたよ
そういえば・・・園咲家は、死後、やっとひとつの家族になっていたけど、
確か、この家には、婿養子が一人いたような・・・
そうか、あの人は最後まで園咲家の一員になれなかったのか

で、来週から、いよいよ『仮面ライダーOOO』ですな
小林靖子脚本なので、かなり期待してます。
造型はあまり惹かれませんでしたが、まあ、そのうち慣れるでしょう。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 劇場版W&ディケイド ビギンズナイト 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話第26話 第27話 第28話 第29話第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 劇場版FOREVER AtoZ 第47話 第48話

ハンマーセッション!第8話 & チャンス第1話(8.28)

August 30 [Mon], 2010, 0:23
・ハンマーセッション!第8話
今回、スポットが当たったのは、
年上の女性理恵@片瀬那奈に夢中になってしまった広瀬巧海@竜星涼
だが、理恵には本命の金持ちの婚約者がおり、
巧海は借金八百万円を婚約者に隠して返済するための金づるに過ぎなかった
そんな理恵への音羽4号(偽名:蜂須賀吾郎)@速水もこみちハンマーセッションは、
結婚式ですべてを暴露して、
理恵の純白のウェディングドレスを墨汁入りの水風船で真っ黒にしてしまうというもの
こんな結婚式、出席したくねえーー。ご祝儀、返してもらえるのでしょうか?

うーん、なんかスケールのちっちゃい話だったなあ
確かに、理恵は悪女ではあったけど、小悪党という感じで、
ハンマーセッションするほどの標的・事件かなあと思っちゃった。
大体、片瀬那奈が金持ちでもない高校生を金づるにするというのがねえ
校長@小日向文世は詐欺師と知った上で、蜂須賀を採用してるのだし、
もっと生徒側の舐め腐った性根を叩き込むような話にしてほしいんだけどなあ。
なんだかんだいって、3年B組、イイ子ばかりなのよね。もっと問題児がいないと(笑)
綺麗なお姉さんだった片瀬那奈は、『プロゴルファー花』といい、
性悪女系女優にシフトしてきてますなあ。

音羽4号を追跡する立花刑事@堀部圭亮の事情聴取を受けるかたちで、
ギャレン天野浩成が前回に続き、登場 でも、もう出番はないだろうなあ。

・チャンス第1話
株取引で大損害を出してしまい、顧客の一人が自殺、
傷心の証券ディーラー藍田沙矢子@藤原紀香が、
たまたま迷い込んだ牧場で牝馬のハルコと出会ったことから立ち直っていく話
『鉄の骨』が面白かったので、期待していたのですが、リタイアです。
面白かった方、ごめんなさい。
主人公が自分勝手すぎて、観ていてムカムカした
恩人が自殺したというのに、職場放棄して、牧場に居候生活を続けた上、
(まあ、ここはしょうがないかなあとも思ったけど・・・)
牧場の懐事情も知らずに、「ハルコを殺さないで」と泣き喚き、
サラブレッドのハルコに子供を産ませて、チャンスを与えたいと考える・・・
いや、遺族に謝罪したり、ほかにまずやることあるんじゃないか?と思ってしまった。
市川亀治郎が株価操作していたと聞き、不快さを隠せない・・・というのも、
藤原紀香の年齢だと、青臭すぎるんじゃないの?と思えたし。
チャンスというタイトル、藤原紀香の笑顔すら不快に感じた。
いや、藤原紀香には罪はないのよ。あくまでこのドラマの中の話。
演技力あるのに、ドラマには恵まれない人だよなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

20世紀少年 第3章 ぼくらの旗(8.27)

August 29 [Sun], 2010, 0:15
2009年公開作品
ともだち暦3年(2017年)、世界大統領となっていたともだち
再び殺人ウィルスを世界中にばら撒こうとしていた
それに対して、ヨシツネ@香川照之率いるゲンジ一派、
氷の女王カンナ@平愛梨率いる抵抗組織がゲリラ活動を行っていた。
そんな中、東京へ潜入するオッチョ@豊川悦司、そして、ケンヂ@唐沢寿明
武装蜂起を計画していたカンナだったが、オッチョの説得で人命救助を優先することに。
万博会場にはウィルスを撒かれないと気づいたカンナは
音楽のフェスティバルを開き、できるだけ多くの人を集めようとする・・・。

ともだちの正体やともだち誕生秘話が描かれ、
第1章第2章でともだち(と制作陣・・・)がやらかした大騒動をどう収束させるか、
広げすぎた風呂敷をどうまとめるか・・・に専念した第3章でしたな

すべての発端は・・・
ともだちから大阪万博の話を聞いて、興味を持ったケンヂが
駄菓子屋で万博グッズを万引き(婆さんがいないときに引換券は置いたのだが・・・)、
その万引き犯と間違われたことから、ともだちは皆にいじめられるようになり、
死んだ人間と扱われるようになってしまったと
で、過去にタイムスリップした大人のケンジが
子供の頃の自分やともだちを後押しして、彼らの心を救ったことで、
タイムパラドックスが起き、世界は救われたということかな
ケンジが2017年に戻ったとき、まったく違う世界になってるのでしょうな
最後のまとめ方はうまかったかなと思う

でも、第3章、そして、三部作を振り返ると・・・何も感じるもののなかった作品でした
ハラハラドキドキワクワクもせず、キャラに感情移入することもなかった。
ともだちの正体は誰なのか?も興味なかったです。
平成ライダーを『風呂敷広げすぎて、畳めないまま、終わらせる』と批判する人がいるけど、
『20世紀少年』よりは数段出来がいい・・・と思ったよ。
登場人物も、『この人、必要なの?』と感じさせるキャラが多かったしなあ。
原作の登場人物を無理矢理出しちゃったのでしょうね
トヨエツのなかなか観られない演技・扮装が観れたのがめっけもんだったかな。
スターウォーズのオビワン=ケノービ(だったっけ?)みたいだったわ。

大作のように扱われてたし、どんな作品だったのか興味はあったので、
三週連続で放映してくれた日テレには感謝してますけどね

★今までの感想★
第1章 第2章

川本喜八郎さん他界

August 29 [Sun], 2010, 0:14
『人形劇三国志』『平家物語』の人形美術を担当された
川本喜八郎さんが他界されたそうです。享年85歳。
ご冥福をお祈りいたします。

最近まで『連続人形活劇 新・三銃士』が放映されていましたが、
決して悪い作品ではなかったけど・・・あれを観て、
『人形劇三国志』はクオリティーが高かったんだなあと改めて思った。
とても20年以上前の作品とは思えない
NHKはまた再放送すればいいのになあ。
再放送される度に、三国志を好きになる人がきっと増えると思うんだけど。

長野県飯田市にある川本喜八郎人形美術館
行ってみたいとは思うんだけど、遠いのよね。
僕の家からだと片道5時間くらいかかっちゃうのよね。

明日で『仮面ライダーW』が放映終了、
初回から観返そうと思っているのですが、
それが終わったら、『人形劇三国志』のビデオを観ようかな

セキレイ Pure Engagement第8話(8.22)

August 26 [Thu], 2010, 0:15
「未だ勝ち星のないアシカビは最早ゲーム参加意思がないものと見なし、
その手持ちのセキレイをすべて機能停止とする。
その猶予は本日から二週間としよう。
条件にあてはまる諸君は奮って戦ってくれたまえ・・・」

突然ルールを変えてくるゲームマスター御中広人
「アシカビとセキレイを力ずくで別れさせるなんて納得いかない」
怒る
「だから、なれらは甘いというのじゃ。
セキレイとは戦うために存在するのじゃ。
戦わずのセキレイなどそもそもセキレイ計画には不要なのじゃ・・・」

月海が反論してましたが・・・月海の方が正しいのでしょうな。
セキレイ同士を戦わせて、最後の一羽を決めるゲームなのだから

勝ち星のある佐橋皆人は、今回問題はなし (標的にされる恐れはあるが・・・)
でも、ゲームマスターにセキレイを機能停止する権限があるということは、
最後の一羽が決まるまで戦いは終わらないということですな。
結や月海たちが最後まで残ったら、仲間同士で戦わされるのでしょう。
あと、今回、帝都から脱出させてくれと皆人に話を持ちかけたアシカビがいたけど、
帝都から出たら、機能停止の話は除外になるものなのでしょうかね。
1期で帝都脱出した鷸ハルカのセキレイ久能は機能停止になるのかと思ったんだけど。

南の御子上隼人・東の氷峨泉・西の真田西も問題ないのでしょう
瀬尾香は羽化前のセキレイを光&響に襲わせていたので、勝ち星なし
結構、アシカビやセキレイを再起不能にしてきた皆人の妹佐橋ユカリだが、
機能停止まではしてなかったらしい 趣味でいたぶっていたらしい
勝ち星のないユカリはガチでいくと決意。
そして、氷峨に命じられるまま、セキレイを襲っていた鈿女
勝者不明という扱いだったため、勝ち星なし
氷峨の部下柿崎に北のセキレイを機能停止にしろと命じられた鈿女、
2期は、鈿女退場で終わりそうな予感・・・

★セキレイの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 最終話

★セキレイ Pure Engagementの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

GM 踊れドクター第6話(8.22)

August 24 [Tue], 2010, 23:57
今回は、総診の医師たちに批判的な看護士情熱大陸本木健介@大倉忠義
スポットが当たった話
ニックネームが情熱大陸って、このドラマでは優遇されているな。
多部ちゃんなんかお菊だの猫目少女だの散々なのに。
(でも、ネズミ男漆原@生瀬勝久「一緒に妖怪界に帰りましょう」
結構楽しんでいる(?)猫目少女小向桃子@多部未華子が可愛かったぞ
売り出し中の若手ジャニーズだからだろうか。
だけど、もっとひどいニックネームの方が本人は美味しかったと思うぞ。

今回、総診に来た患者墨田栄子@あめくみちこは、
いろいろな病院で全身に激痛が走ると訴えてきたのに、
原因が特定できなかった患者さん
いやあ、いつもは微笑ましく感じられる総診のダメな雰囲気が
墨田さんが辛そうだったから、ちょっと不快に感じちゃったよ
氷室@椎名桔平はTV番組に出たことで浮かれてるし、
後藤@東山紀之はTV局出入り禁止になって、患者を看ようとしないし、
他の医師たちは、患者を安直にシックロール(病人であることへの
居心地の良さから、病気だと訴えること)と決めつけてるし。
本木が軽蔑するのも無理ないと思ったわ

TV番組に出ていた氷室を観て、名医と勘違いした(笑)墨田さんは、
藁をもすがる思いで、氷室を頼ったものの、
氷室はそんな墨田さんをシックロール扱い。
ほかの病院でも、墨田さん、鬱病だの慢性疲労だの詐病とまで言われてたなあ。
だが、墨田さんは骨軟化症で全身が骨折している状態だった(ひえー) 
そして、骨軟化症となってしまった原因は、
25年前、墨田さんが極度の尿失禁から膀胱の再建手術を行ったことにあった
当時、膀胱の再建手術には大腸が使われていたそうで、
大腸には酸を吸収する性質があるため、
酸が骨を溶かすことで骨軟化症を引き起こしたらしい。
膀胱の再建手術を改めて行えば、墨田さん、かなり楽になるそうだ。
総診の医師に反抗的だった本木も、五浪さん氷室に心が打ち解け、めでたしめでたし

うーむ、今回も、患者の病気の特定をするのって難しいんだなあと痛感したなあ
後藤は「患者は嘘をつく」と言ってたけど、
墨田さんは膀胱の手術を恥ずかしくて告白しなかったものの、
全身の激痛の原因などとは思ってもいなかったのだからなあ。
そして、ドラマだと、墨田さんが本当に苦しんでいるのだろうと想像がつくのだけど、
シックロールも多くいる中で、『この人は本当に病気だ』と見極めるのは難しいだろうなあ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

最強武将伝 三国演義第21話(8.22)

August 24 [Tue], 2010, 23:56
孫権曹操(鶴見辰吾)と戦わせるため、
江東へ単身向かった諸葛亮(石井正則)は、
舌戦を仕掛けてきた張昭ら文官を論破、
更に、呉の重臣周瑜(鈴木一真)と対面すると、
「曹操は江東の二喬という美人姉妹を狙っている」と
二喬の一人小喬(戸田菜穂)が周瑜の妻と知った上で挑発、
周瑜を開戦派にすることで、孫権を曹操と戦わせることに成功する
一方、周瑜は、諸葛亮の智謀を恐れ、密かに暗殺を目論むのだった・・・。

流石、三国志のクライマックス赤壁の戦いのあたりは丁寧に描きますな。
で、『人形劇三国志』でもそうだったけど、
『最強武将伝』も、周瑜は孔明の「曹操は奥さんを狙ってるよ」で
開戦を決意しちゃったか。
男としては正しいのかもしれないが、将軍としてはどうなのかなと思う
『吉川三国志』だと、本音は言わなかっただけで、
心の奥底では開戦を決意してたような印象を受けたのですが。
『三国志演義』だとどうだったっけ?

そんな初登場の周瑜、声は鈴木一真
胡散臭い役がお似合いの鈴木一真ですが、声は純粋そうだったなあ。
で、小喬役が戸田菜穂か。そこ、力を入れるとこだろうか?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話

仮面ライダーW第48話(8.22)

August 24 [Tue], 2010, 2:08
『残されたU 永遠の相棒』  脚本:三条陸 監督:石田秀範
フィリップの苦しみが園咲若菜の復活に繋がると悟り、
左翔太郎を殺害しようとするユートピア・ドーパント(加頭順)
そんな翔太郎の危機を救ったのはタブー・ドーパント(園咲冴子)だった。
だが、死者蘇生兵士NEVERだった加頭を倒すことはできなかった。
やがて、翔太郎の周囲の人物が加頭に次々と襲われていく。
フィリップの苦しむ姿を目の当たりにした翔太郎は、
単身、加頭のアジトに乗り込んでいく・・・。

『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』は、
『救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン後編』
闇王ギルが命と引き換えに暗闇獣を呼び出したものの、
ゴーゴーファイブとギンガマンが退治したという話。
なんか赤しか目立ってなかったなあ

『天装戦隊ゴセイジャー』は、
皆の陰口を聞いて、アグリ(黒)が落ち込んだ話。
実際は、人のコンプレックスを幻聴に変える幽魔獣の仕業だったのですが。
前回今回と、『ゴセイジャー』、面白くなってきたかも・・・。
とりあえず、黒と青はいいやつかなと思えるようになってきたぞ

「早くビービーを出せ!おまえが役に立つのはあれだけだ!」
一方、牢獄からやっと出してもらったものの
幻聴ではなく、本当にボロクソに罵られていたチュパカブラの武レドラン
下っ端戦闘員を出すことだけが取り得って
で、ビッグフットの筋グゴンの暴言を喰らった武レドランさんは
筋グゴンにこっそり幽魔獣の鱗をつけて、陰口の仕返し。
器ちっちええ。しょぼい仕返しにがっかりだよ
しかし、筋グゴン、単細胞っぽいのに、コンプレックスあったのね。

『W』は、
「止めるさ、何度でも、この左翔太郎が街にいるかぎり・・・」
「たとえ、おまえらがどんなに強大な悪でも、
風都を泣かせるヤツは許さねえ。
体ひとつになっても、喰らいついて、倒す・・・
その心そのものが仮面ライダーなんだ。
この街には仮面ライダーがいることを忘れるなよ・・・」

翔太郎とフィリップが最後の変身をし、強敵ユートピアを倒したものの、
フィリップは消滅してしまったという話でした
今回は燃える展開だったなあ
特に、翔太郎が変身もせずに、単身、ユートピアに立ち向かったところが。
あそこで、OPがかかるのが心憎いわ

『W』のバトルって、燃えるものが感じられなかったんですよ
ドーパントはガイアメモリを悪用した人間だったわけで、
翔太郎の目的はあくまでメモリブレイク、
だから、バトルが業務処理みたいな感じだったのよね。
でも、最後の最後で、NEVERという人間外の存在の加頭が現れた。
しかも、フィリップを苦しめるために、翔太郎の周囲の人物を襲うという
極悪非道な作戦に出てくれたお蔭で、翔太郎が本気で戦おうとしたのが伝わってきたわ。

願望や感情を奪い取るといういまいち凄いのか凄くないのかよくわからなかったユートピア。
ラストバトルは燃える展開でしたが、実力を発揮できなかった感じがします。
冴子姉さんを本気で好きだったらしい加頭さん、
『北斗の拳』のユリアを女王にしようとしたシンみたいな心境だったのかな。
その冴子を殺したことで、理想郷を創る理由もWに勝つ理由も失ってたような気がしました。
ああ、シンがケンシロウにあっさり負けたのもそのせいだったのかな。
そうそう、加頭さん、NEVERだったのね。
一人っきりの理想郷創っても、空しいよね
『劇場版FOREVER AtoZ』大道克己にヘリの情報流したのは加頭だったのかな
ユートピアがやられると、
「財団はこれで正式にガイアメモリから手を引く・・・」
唐突に現れた女局長が宣言したのに笑ってしまいました。財団Xは風都からも撤収かな。

ずっといがみ合ってきた若菜を助けようとして、命を落とした冴子姉さん
いい最期だったんじゃないでしょうか。
死んじゃったのは、しょうがないでしょうね。
冴子姉さん、好きなキャラだったけど、鳴海荘吉霧彦さんを殺しちゃってるし。
一生罪を背負って、巡礼の旅に出るとかでもよかった気もするけど。
あと、弟であるフィリップに冴子姉さんの死を悲しんでほしかったですなあ。

次回はいよいよ最終回 『Eにさよなら この街に正義の花束を』
ミュージアムが壊滅し、財団Xはガイアメモリから手を引いたのに、
ガイアメモリを悪用する者は後を絶たないらしい
「俺たちはミュージアムを継ぐ者・・・」なんてほざく連中も現れちゃってるようで。
ある意味、純粋にガイアインパクトを実行しようとしていた若菜が
「この汚れた街を浄化する・・・」と怒るのも無理ない気がしますな。
そして、仮面ライダーWは・・・フィリップはどうなるのでしょうか?
フィリップの消滅は悲しいですが、安直に復活させてほしくないと思いますな。
一年間の集大成、どうまとめるのか、期待してます。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 劇場版W&ディケイド ビギンズナイト 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話第26話 第27話 第28話 第29話第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話 劇場版FOREVER AtoZ 第47話

ハンマーセッション!第7話(8.21)

August 22 [Sun], 2010, 23:53
今回は、ダンスに情熱を注ぎ、恋人の怪我に責任を感じている
坂本洋平@菅田将暉にスポットが当たった話
そして、音羽4号(偽名:蜂須賀吾郎)@速水もこみち
かつての詐欺の師匠関谷徹@沢村一樹と激突した話でした
今回は面白かったなあ
関谷が久々にハンマーセッションの標的にふさわしい相手だったし。
まあ、かつて自分を裏切った蜂須賀にペラペラ本音を喋って、
隠し撮りされちゃう関谷は、詐欺師としてどうなのよ?と思ったし、
蜂須賀がやったことは、関谷の儲け話を潰しただけで、
「詐欺師に罪はない。騙されるヤツが悪い。」などと言い放つ関谷を
もっと懲らしめてほしかった気もしますが、
どうも、このドラマ、蜂須賀の過去を描くようだし、
そのときに関谷との過去や再対決も描かれるのでしょうな。
速水もこみちがロボットとか詐欺師とか一般人離れした役が合ってるように、
沢村一樹は好青年な役よりも、影のある役の方が合ってるなあと思ったわ。
『警視庁失踪人捜査課』でも思ったけど。

あと、特撮好きの僕としては、見所の多い回でしたわ
『仮面ライダーW』のフィリップ役の菅田将暉がメインだった上に、
ダンスグループギャレンケンジ役が
『仮面ライダー剣』の橘朔也(ギャレン)役の天野浩成
ギャレンって、狙ってるとしか思えん
そして、関谷の詐欺の手伝いをしてしまったギャレンのテツ役は
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のロン役の川野直輝だよ。
ここまでやったのなら、「おまえの罪を数えろ!」とか、
「捻挫した足でダンスを続けたら、坂本の体はボロボロだ!」とか、言わせてもよかったかも。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE