ホタルノヒカリ2第4話(7.28)

July 30 [Fri], 2010, 1:15
雨宮蛍@綾瀬はるかラブラブを意識するようになった話
うーん、一時間が長く感じた
この2期は、蛍が高野部長@藤木直人と結婚するまでの
道程を描くドラマなのだろうから、しょうがないのだけど、
恋愛モードの話になると、つまらなくなるなあ
千夏@石井萌々果を悲しませたくないためとはいえ、
浅田小夏@木村多江と箱根に行った高野部長にもガッカリだ

★ホタルノヒカリ1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

★ホタルノヒカリ2期の感想★
第1話 第2話 第3話

ハンチョウ 神南署安積班3第4話(7.26)

July 28 [Wed], 2010, 1:38
ゲームセンターに強盗事件が発生、
犯人を追跡する安積@佐々木蔵之介が警察犬を要請したところ、
警察犬のサブローが安積を案内したのは山崎夫妻の豪邸
山崎夫妻の娘七海の部屋に犯人が入ったのでは?と思われたが、
七海は誰も部屋に入らなかったときっぱり否定。
だが、物怖じしない七海の様子から、
七海は警察が来ることをあらかじめ予期していたと推測する安積。
やがて、安積は、七海が山崎家の養女であることを知る。

ああ、この話、刑事ドラマとしてだけでなく、普通によかったなあ
子供を亡くした過去のある山崎夫妻の養女となったことで、
死んだ子供の身代わりと冷ややかに感じていた七海が、
監禁場所に養母が一人で現れたことで、親子愛を取り戻し、
嫌々やっていたピアノを捨てようねと母親が提案すると、
「捨てないで、あれは私のお姉ちゃんの形見だから・・・」
本当の娘になるという流れにジーンとした
うんうん、『ハンチョウ』はこういう人情派ドラマであってほしいなあ。
村雨@中村俊介が犬が苦手だったという意外なオチも微笑ましかった

★ハンチョウ 神南署安積班1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第7話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班2期の感想★
第1話 第2話 第8話 最終話

★ハンチョウ 神南署安積班3期の感想★
第1話 第3話

セキレイ Pure Engagement第4話(7.25)

July 28 [Wed], 2010, 1:37
女性化が進行するにつれ、篝(焰)佐橋皆人を意識するようになる中、
御中広人『北エリアに羽化前最後のセキレイがいる』と暴露したため、
アシカビたちに狙われることになってしまったという話
人間としては最低だが、
さすがゲームマスター、面白い展開にしてくださる。
次回は、焰のクチビル争奪戦
出雲荘のキャラで浮いてる感のあった篝だったけど、
随分可愛いキャラになってきたなあ。この人もツンデレキャラだったのか。

★セキレイの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 最終話

★セキレイ Pure Engagementの感想★
第1話 第2話 第3話

GM 踊れドクター第2話(7.25)

July 28 [Wed], 2010, 1:33
元ダンサーである(?)スタッフ達の生活を安定させ、再びダンスできるようにするために、
総合診療科(総診)に残る決意をする後藤@東山紀之
そんな総診に要注意患者の真咲泉@中村ゆりが送られてくる。
泉はスキューバダイビング・登山・ジョギングをするたびに体調を崩しており、
総診はなかなか泉の病気を突きとめられない。

前回、ノリは楽しかったものの、面白いドラマとは言い切れなかったのですが、
今回は断定しよう。これは面白いドラマだわ
変人医師ばかりの医療バカドラマ・・・というより、バカ医療ドラマ
GMの腕は世界レベルなのに、踊らずにいられないファイア後藤、
扉を開けると、なぜか部屋で踊っているヒガシがおかしくてしょうがない。
ペットボトルの水も均等にしなきゃ気が済まない潔癖症というのもいいね。
ちょこまかちょこまか、変な行動を取ってるし。
同じ林宏司脚本『コード・ブルー2期』で凄腕の救命医を演じてた椎名桔平が、
この作品では、人間としても医者としても残念なキャラというギャップも楽しい。
対人恐怖症の医者吉沢悠だったのね。前回気づかなかった。すごい役作り
唯一マトモに見える日本人形(ひでえ職場)な小向桃子@多部未華子だけど、
「他の医者は元ダンサー」とか「椎名桔平は元ZOO」とか、
とんでもいでまかせを平然と言い放つし、絶対マトモじゃないわ(笑)。
医療ドラマなのに、緊張感がないって新鮮だよなあ

それでいて、患者の病気を特定しようとするトコは真剣さを感じさせるのよね。
病気を特定しようとするというのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』と同じなんだけど、
『ジェネラル・ルージュ』では、病気を特定するのに1時間かかった速水が
有能だとあまり思えなかったのに、
(速水は飴舐めながら、部下に「急げ」と指示するだけの印象だったしなあ)
このドラマ観てると、世界レベルの医者でも病気を特定するのは大変なものなんだ
という感じ方をしてしまうのよね。脚本の差なのかなあ。

ということで、おばかなシーンばかり目立つけど、
このドラマのテーマって、『人生はやり直せる』なんだろうなあ
初回の患者は、四十代にして、カメラマンを目指そうとした中年男性、
この回の患者は、元カレとの恋愛をやり直したいと願う女性。
後藤自身も世界最高峰のGMでありながら、ダンサーへの転身を夢見た人だし、
総診のダメ医者たちも後藤と出会ったことで、医者としてやり直していけるのかも。
この先の展開が楽しみなドラマですな。

★今までの感想★
第1話

最強武将伝 三国演義第17話(7.25)

July 27 [Tue], 2010, 1:15
曹操(鶴見辰吾)に追われて、荊州の劉表を頼った劉備(船越英一郎)は、
軍師単福(本名:徐庶)を手に入れるが、曹操の謀略で引き離されてしまう
徐庶から諸葛亮(石井正則)を軍師にと推薦された劉備は、
三度、諸葛亮の住まいを訪ねるのだった・・・。

今回も、曹操に追われた劉備が劉表を頼り、
単福を軍師にして、戦で勝利を収めたのに、引き離される・・・というのが、
冒頭数分の鹿賀丈史のナレーションで片づけられ、急ピッチだったなあ
お蔭で、水鏡先生、登場しないし。
で、遂に登場した諸葛亮孔明・・・まだはっきり姿は見せてないのですが、
情報で驚かされたアリキリ石井正則の声は結構マッチしてました

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

仮面ライダーW第44話(7.25)

July 27 [Tue], 2010, 1:09
『Oの連鎖 シュラウドの告白』  脚本:長谷川圭一 監督:坂本浩一
オールド・ドーパント(老けさせ屋)に老人にされてしまった左翔太郎
みゆを老婆にするよう依頼したのが関根光子だと知った後藤良枝は、
今度は自分が老けさせ屋を雇い、光子の娘久美を老婆にしてしまう。
一方、井坂深紅郎にウェザーメモリを渡したのがシュラウドだと知った照井竜は、
シュラウドを問い詰めた結果、シュラウドの正体と目的を知るのだった・・・。

『スーパー戦隊VSシリーズ劇場』は、
『救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士前編』
獣魔王ゴルモアに苦戦するゴーゴーファイブが
獣魔王を追ってきた獣魔ハンタージークと遭遇したという話。
『救急戦隊ゴーゴーファイブ』は観てなかった
五人兄妹が悪の組織と戦っていたらしい。
五人兄妹の親父兼司令官マイク眞木。少子化の時代に貢献しとる
ゴーグリーン『仮面ライダー555』の三原修二(デルタ)役の原田篤ですな。
あと、惣流・アスカ・ラングレー宮村優子が顔出しで出てたのね。
この頃が人気絶頂だったのかな。でも、お邪魔虫みたいなキャラ。
「あんた、バカ?」まで言ってたぞ。サービスサービス?

『天装戦隊ゴセイジャー』は、
幽魔獣が人間にクーラーを使わせて、温暖化を進行させようとした話
今年はわざわざ幽魔獣がそんなことをしなくても
水着姿を披露してくれたゴセイガールズでしたが、
残念ながら彼女たちにはそそるものがないのだ。
ブラがはずれても、嬉しくない。来年に期待
幽魔獣も飽きてきたなあ。
そろそろ武レドランさんに新たな動きをしてもらいたいのだけど。
次回は、また奇跡の力でパワーアップか

『W』は、
「その女の本名は、園咲文音。私と来人の実の母親よ・・・」
シュラウドの正体と目的が明かされた話でした。
若菜クレイドールエクストリームに進化させ、更に何かを企む園咲琉兵衛に対し、
特殊体質の息子来人(フィリップ)照井竜Wサイクロンアクセルエクストリームにして、
復讐しようとしたシュラウド(園咲文音)
ここまでの『W』は、ほぼ琉兵衛パパとシュラウドの計算どおり、動いてきたわけですな。

そんなシュラウドの計算を崩してしまったのが、やはり左翔太郎だったのかな。
Wは二人で一人の仮面ライダー
というか、二人いないと変身できない仮面ライダー
『ビギンズナイト』で翔太郎とフィリップがWに変身したのはたまたまだったわけで、
(フィリップ救出を鳴海荘吉に依頼したのはシュラウドだと思う・・・)
本来は、フィリップと別の誰かが変身するはずだったのだろうと思っていた。
それが照井竜だったのでしょうなあ。
だから、翔太郎の出現は、シュラウドにとっては不測の事態だったわけだ
しかも、翔太郎のハーフボイルドな考え方が、
フィリップに影響を与え、照井竜から復讐心を奪った。
たぶん翔太郎って、ストーリーや他のキャラに大きく影響を与えている・・・のだろうけど、
『龍騎』城戸真司が他のキャラに影響を与えたように・・・)
なんか存在感が薄いのよね。主役なのに。
もうちょっと劇的に描けなかったのかなあ。もったいない気がする

これで、シュラウドママは『W』のTV本編からは卒業かな
財団Xの理事長かな?とも思っていたのですが。
そうそう、井坂医師にウェザーメモリを渡したのは、あくまで琉兵衛パパを倒すためで、
井坂医師が照井一家を皆殺しにしてしまったのは計算外だったらしい。
でも、井坂医師に照井一家を皆殺しにさせることで、
照井竜の復讐心を煽り、アクセルに変貌させたという流れの方が自然だったと思う。
フィリップ&照井竜をWにするのに邪魔な翔太郎を
オールド・ドーパントに葬らせようとする非情さがあったくらいなのだから

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 劇場版W&ディケイド ビギンズナイト 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話第26話 第27話 第28話 第29話第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話

ハンマーセッション!第3話 & 鉄の骨第4話 & 美丘 君がいた日々第3話(7.24)

July 25 [Sun], 2010, 23:57
・ハンマーセッション!第3話
母親@荻野目慶子に逆らえない黒沢正宗@竹内寿
音羽4号(偽名:蜂須賀吾郎)@速水もこみちハンマーセッションした話
泉ピン子風な母親、誰だ?と思ったら、荻野目慶子だったか。
今回は、イラついたなあ。
モンスターペアレントな母親・・・ではなく、マザコン坊やの正宗に。
ああいうなよなよした男、嫌いなんですよ
母親は・・・学園ドラマだとああいうのがよく出てくるけど、
あまり現実味がなくてね、デフォルメしすぎでしょ(それともいるのかな?)、
でも、ああいうなよなよした男の子は結構いそうな気がする。
後輩の女の子にすべてをなすりつけるヘタレぶり
あんな男のどこがいいんだ?と思っちゃった。
『あんな男はやめとけ』と女の子にハンマーセッションしてほしかった(笑)。
今回、正宗が強くなったとは思えなかったが、
偽の養子縁組で母子を騙すトコが詐欺師の手口らしかったかな

次回は、堀部圭亮・デビット伊東に続き、鈴木一真が登場
どんな変態っぷりを見せてくれるか楽しみだ(あくまで演技の話よ←フォロー)。
そんでもって、もう一人の変態俳優堀部圭亮はなかなか出番がないのう

・鉄の骨第4話
東京地検特捜部の北原検事@小市慢太郎に執拗に追及され、
真野建設長岡営業部長@志賀廣太郎が自殺してしまった話
真野建設に強制捜査が入ったのは、
山関組三橋@中村敦夫・城山代議士@北村総一朗の報復か?
と思ったが、純粋に談合疑惑を暴こうとしていたらしい。NHKドラマだと当然か。
小市慢太郎のねちっこい演技と志賀廣太郎の善良そうな雰囲気のお蔭で、
特捜部=悪・真野建設=善に映ったけど、本当は逆なのよね

で、志賀廣太郎さん、やはりあなたは自殺する役だったかあ
会社のために、すべてを捧げちゃったのね。
談合は必要悪だと開き直った富島@小池徹平がこのまま人生を歩んでいけば、
同じ末路を辿ることになったのかも・・・
長岡はそれを富島や視聴者に伝えるキャラだったのだろうなあ。
「主人は死ななければならないような仕事をしてたのですか?」
社長に恨み言を言う長岡未亡人の姿は、
富島と結婚した場合の野村萌@臼田あさ美の未来図に見えたわ

土木部に異動した頃は、談合に違和感を感じていた富島だったのに、
「犯罪」ではなく、「生き残るための知恵」だと都合よく解釈する変貌ぶり。
富島は、地元に野球場を作った父親の影響で建築業界に入ったはずだけど、
今のまま仕事を続けたら、家族にも建築物を見せられないのよね。
もう入社した頃の夢などどうでもよくなっているのかもしれない。
逆に、富島にうんざりしていた遠藤課長@豊原功補
土木課を離れると、談合を否定するようになっていたのが面白かった。
政治家・官僚・会社員etc・・・
新人の頃は純粋でも、人間は環境に染まる生き物なんだろうなあ

次回は、早くも最終回
全5話なのよね。『美丘』と逆だったらよかったのに。
「地下鉄十五号線新多摩川工区の入札はガチンコで行く・・・」
高らかに宣言した尾形常務@陣内孝則だったけど、
一谷組はメインバンクからも融資を断られていたしなあ。体力あるのかな。
そして、この第4話は2006年時点の話でしたが、
2010年現在、富島そして一谷組はどうなってるのでしょうか?

・美丘 君がいた日々第3話
峰岸美丘@吉高由里子の病状を知った上で、
美丘と橋本太一@林遣都が付き合う決意をしたという話。
うーん、素直に『よかったね』という気持ちになれない
美丘が余命いくばくもないから・・・とかではなくて。
何度も書いてるけど、吉高由里子の演技は好きなのよ
だけど、峰岸美丘という女性は好きにはなれない。病気は同情するけど。
今回も、闘病生活を送る女性を描いた映画を友人たちから誘われて、
そして、『お婆ちゃんが長生きしてよかった』という親戚の言葉を聞いて、
不快感を露にしてたけど、
こういう奔放というか、周囲を気にしない性格って、好きになれない。
美丘の立場だと、不快になる気持ちはわかるのだけどね、
(健康な人間なので、100%わかるとは言い切れないけど)
大学生の彼女は、もうちょっと思いやりがあってもいいんじゃないかと思う。

『美丘に近づかないで!』と言いつつ、
『元カレは病気と知ると美丘を捨てた』とプレッシャーをかける母親@真矢みき
なぜか太一がこのドラマで一番追いつめられていってるような。
しかも、美丘は記憶が失われていく病気なのかあ。
大事な人のことを忘れてしまい、悲しむこともなくなるのであろう美丘も可哀相だが、
大事な人に忘れられてしまう太一の方が可哀相だなあ

★ハンマーセッション! & 美丘 君がいた日々の感想★
第1話 第2話

★鉄の骨の感想★
第1話 第2話 第3話

満福少女ドラゴネット第4話(7.24)

July 25 [Sun], 2010, 1:35
ストーカーに狙われているわがままな人気モデル
司城摩耶(赤)が護衛したという話。
虎族は登場せず、司城三姉妹が変身する必要性が感じられない話でしたな
赤は可愛いけど、表情が硬く見えるのよね。瞬きしてないぞ。
まとめ役な赤男勝りな青ぶりっこメガネな黄というスタンスらしい。
で、変身したのに、一般人に「探偵」とバレてたけど、それでいいのか??

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

警視庁継続捜査班第1話(7.22)

July 25 [Sun], 2010, 1:32
自らのプロファイリングで高校生を自殺させてしまった過去のある
プロファイラー貴志真奈美@木村佳乃
警視庁継続捜査課で未解決事件を追っていくという刑事ドラマ
初回は・・・6年前、4人の女性を毎週金曜に絞殺した後、姿を消し、
なぜか犯行を再開した金曜日の絞殺魔と呼ばれる殺人鬼を追った話。
テレ朝の刑事ドラマは、『相棒』『科捜研の女』etc、堅実だし、
このドラマも期待してたのですが・・・うーん、微妙だったなあ
主人公がプロファイラーなので、猟奇的な殺人事件が多そう。
でも、猟奇殺人って、あまり好きではないのよね(刑事ドラマの話よ)
『犯人はこういう心理状態だったかと思われます』
プロファイラーが見抜いて、事件を解決させても、なんかスッキリしないし。
そんでもって、この初回の脚本は『もう誰も愛さない』の吉本昌弘
この人の脚本は『相棒』にもあったけど、ちょっと苦手なのよね。
刑事ドラマは、毎回同じ脚本家ではないし、次回に期待することにしよう。
木村佳乃にイヤな笑みを見せていた謎の男
自殺した高校生の親友で、最終回あたりに復讐しそうだなあ。
・・・って、それじゃあ、『アンフェア』

今シーズン観る予定のTV番組(2010.7-9)

July 25 [Sun], 2010, 1:29
だいだい7月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  ハンマーセッション!鉄の骨美丘 君がいた日々コールドケース2龍馬伝
      GM 踊れドクターハンチョウ 神南署安積班3ホタルノヒカリ2、科捜研の女
      警視庁継続捜査班
バラエティー ウチくる!?、笑点、ダウンタウンDX
アニメ  生徒会役員共最強武将伝 三国演義、戦国BASARA弐
      セキレイ Pure Engagement、ケロロ軍曹、けいおん!!アマガミSS
      ストライクウィッチーズ2
特撮   満福少女ドラゴネットスーパー戦隊VSシリーズ劇場天装戦隊ゴセイジャー
      仮面ライダーW仮面ライダーOOO
特番   絶対泣かないと決めた日 緊急スペシャル、20世紀少年 第1章第2章第3章
再放送 湯けむりスナイパー、GOOD LUCK!!パパと娘の7日間
      医龍 TEAM MEDICAL DRAGON2
映画   劇場版 天装戦隊ゴセイジャー&仮面ライダーW
DVD  仮面ライダー剣
      劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー DC版

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組
僕の今期のお気に入りは、『ハンマーセッション!』『鉄の骨』『GM 踊れドクター』
『ハンマー』と『鉄骨』は視聴率では苦戦してますが、なかなか面白いです。

『ハンマー』は、土曜8時枠というのが、
あまり人がドラマを観る気のしない時間帯なのかなあ?
でも、もこみちが弾けてるし、
問題児たちを詐欺師ティーチャーが懲らしめていくという
『GTO』の現代版みたいな展開が結構面白いんだけどなあ。

『鉄骨』は、建築業界の談合を取り扱ったドラマで、
女性視聴者には受けが悪そうな気がしますが、
泥臭くギラギラした内容が惹きつけられますなあ。

『GM 踊れドクター』は、風変わりな医師たちの奮闘ぶりが楽しいです。
踊らずにいられない主人公役のヒガシがイイ味だしてますわ。

今期は、フジテレビのドラマはすべてリタイアしてしまった
という記念すべき(?)シーズンでした。
『面白いドラマは大体フジテレビ』という印象があったんだけどなあ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE