不毛地帯第13話(1.28)

January 30 [Sat], 2010, 2:00
千代田自動車米国フォーク社の提携を進めてきた近畿商事
だが、東京商事鮫島@遠藤憲一の暗躍により、フォーク社は他社と提携してしまう。
最悪の知らせを聞き、発作を起こし、倒れてしまう里井副社長@岸部一徳
里井の病状を知った大門社長@原田芳雄は、
壹岐正@唐沢寿明に東京本社に戻るよう指示、
これにより、壹岐は専務取締役に選任され、近畿商事のNO.2となるのだった・・・。

『フォークとの交渉は決裂し、里井の心臓には亀裂が走った・・・』
誰がうまいことを言えと

「あいつにだけは、社長のイスは渡さーん!」
「副社長は事のご認識が甘すぎます」という壱岐の発言に激怒、
心臓発作を起こす危険があろうが、周囲の忠告も聞かず、
今回も日米間を行き来していた里井副社長、
いつぶっ倒れるかとワクワクもといヒヤヒヤしながら観ていたのですが、
フォーク社との提携が立ち消えになったのを知って、失神ですかあ
里井が療養に専念したら、壱岐はやりやすいでしょうが、ドラマは大きな戦力ダウンだ

これで、千代田自動車編(?)は終了かな。
岸部一徳劇場遠藤憲一の存在感は見応えがあったものの、
相変わらず、不完全燃焼な展開
秋津千里@小雪の存在を知った途端、態度が豹変した家政婦ハル江@吉行和子
提携話に口をはさもうとした自由党幹事長田淵@江守徹etc、
本当にドラマに必要なの?という登場人物・エピソードが目立つのよね
原作に登場してるのかもしれないけどさあ。
登場人物やエピソードをたくさん盛り込んだ結果、
全体的に薄っぺらく感じてしまうストーリーになってしまってる気がする。
提携話のなくなった千代田自動車がどーなったか?を描くべきだったんじゃないかなあ。
一番問題があるのは、壱岐があまり切れ者に見えず、
何を考えてるのか、伝わってこないことですな。
主演なのに、パっとしない唐沢寿明が気の毒に思うわ。
ダイワマンのCMの方が生き生きしてるぞ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

相棒8第13話(1.27)

January 29 [Fri], 2010, 7:47
『マジック』  脚本:ブラジリィー・アン・山田 監督:東伸児
たまき@益戸育江に誘われて、ミスター・アキこと秋川満@中村有志
マジックショーを観に行く杉下@水谷豊
だが、ショーの最中、秋川の弟子澤田(本名:田中慎一郎)が転落死してしまう。
やがて、田中慎一郎が、秋川と妻香奈恵@クノ真季子の離婚を進ませるため、
調査会社から派遣されてきた人間であったことが判明する。

「私はこの世界で一番だ。私の才能を脅かす者はすべて敵だ・・・」
小粒でありながら、基本に堅実だった回でしたわ
黒い布を床に見せかけて、田中慎一郎を転落死に追い込んだミスター・アキ、
田中を殺害したのは、四年前に弟子を殺害していたのを見破られ、口封じしたかったから。
(しかし、天井から転落させて、そう計算どおりに死ぬものかね??)
弟子を殺害したのは、マジシャンの才能を畏れたため・・・
そして、香奈恵と離婚しようとしたのは、
自分以上の才能を持つ息子元@竹内寿がマジシャンになるのを断念させるため・・・
器の小さい親父だ。最終的には、息子も殺してたかもしれんなあ

ナポレオンズ360度頭が回転する男のマジック(?)が好きだ
『笑点』で何度観たかわからんが、あれを観ると癒される。
ああいうネタを考えつくのって、凄いと思うわ。コロンブスの卵みたい。
珈琲やワインの味や香りの違いはわかりません
なので、角田課長@山西惇のこと、笑えません(笑)

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒1の感想★
第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第8話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第13話 第15話 第17話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★劇場版の感想★
劇場版相棒

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒8の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

今シーズン観る予定のTV番組(2010.1-3)

January 28 [Thu], 2010, 8:46
だいだい1月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  ブラッディ・マンデイ2君たちに明日はない龍馬伝インディゴの夜
      ハンチョウ 神南署安積班2コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命2
      泣かないと決めた日相棒8853 刑事・加茂伸之介不毛地帯
      宿命 1969−2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京
バラエティー ウチくる!?、笑点、ダウンタウンDX
アニメ  ケロロ軍曹、クロスゲームグイン・サーガとある科学の超電磁砲
特撮   侍戦隊シンケンジャー天装戦隊ゴセイジャー仮面ライダーW
      連続人形活劇 新・三銃士
特番   救命病棟24時SP、ダイ・ハード4.0、僕の彼女はサイボーグハッピーフライト
      フラガール、ルパン三世 the Last Job樅ノ木は残ったスパイダーマン3
再放送 眠れる森ランチの女王
DVD  仮面ライダー剣

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組
今期のドラマは、続編モノが多いですね。
ブラッディマンデイ・ハンチョウ・コードブルー・サラリーマン金太郎、
特上カバチはカバチタレの続編で、エンゼルバンクはドラゴン桜の外伝だそうですし。
面白い作品の続編が作られるのは嬉しいですが、
新作を作る活気がないのかも?とも思ったり。
そんな今期のドラマでダントツは、コード・ブルー2期
フェローたちの成長を感じさせつつ、
決して彼らをヒーローにはせず、シビアな結末が描かれており、
医者・患者・その家族、それぞれの心情に共感できるストーリーになってますな
あとは、相棒・ハンチョウ・853は安定感のある刑事ドラマになっていますね。
853は相棒が好きな人は観てほしい作品ですわ。
アニメは今期はまれた作品がなかったのよね。残念。来期に期待

泣かないと決めた日第1話(1.26)

January 28 [Thu], 2010, 8:44
新人OL角田美樹@榮倉奈々が壮絶ないじめに遭いながら成長していく物語
確かに、入社して配属されたばかりの第1話から、いじめは壮絶だったのですが、
真剣に同情しながら観てた人には申し訳ないのですが、ありえない展開に笑ってしまった
・妹を怪我させた負い目から、会社を辞められない主人公
・社外秘の資料をコピーするつもりが、
誤って他社にFAXしてしまい、主人公に押しつける先輩OL・A
・FAXしたのは自分ではないという主人公の言葉をまったく信じない女上司
・机の引き出しから、『死にたい』と書かれた前任者のノートが発見
・いじめられてる主人公の様子を隠し撮りのカメラで見物してる男性社員A
・主人公に仕事を奪われた怒りから、主人公のいない隙に資料を変えてしまう先輩OL・B
・突然ブチ切れ、主人公に「ふざけんなよ」と掴みかかる男性社員B
・主人公に創立記念日の式典を誰も教えない
・主人公が要潤と親しいことに嫉妬、冷凍室に閉じこめる主人公の同期

お笑い番組のコントドラマみたいなありえん展開。『笑う犬』の小須田部長を思い出した。
冷凍室に監禁って、いじめを通り越して、殺人未遂だろ。こんな会社、辞めてしまえ(笑)
どっちかというと、「今まで欲しいものは全部手に入れてきた・・・」などと言う女の方が
いじめられる気がするんだがなあ

さて、このドラマ、どーするかねえ?
要潤・藤木直人と僕の中で好感度の高い人が出てるしなあ。ちょっと様子見かな。
要潤は『小公女セイラ』に続き、こんな役かあ。最終回あたりで死にそうな予感
藤木直人が丘の上の王子様で、要潤はアンソニーという感じだ。
二人が共演するなら、もっといいドラマに出て欲しかったなあ。
あとは、木村佳乃・有坂来瞳・片瀬那奈・杏etc、キッツイ顔立ちの女優陣が揃ってるわ。
せめて撮影は和気藹々とやっていただきたいものですわ

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命2第3話(1.25)

January 27 [Wed], 2010, 7:47
今回、藍沢@山下智久・橘@椎名桔平らフライトドクターが向かった現場は、
乗客が将棋倒しになる事故の起きた駅の階段。
現場に着いた藍沢・橘らは、「どうなってるんだ?」と愕然とする。
剥き出しのスキー板に、三人の男女が串刺しになってしまっていたのだった。

うーむ、剥き出しのスキー板はそんなに突き刺さるものなのかあ。絵が痛々しかったねえ
で、今回の主役は、松井@濱田岳だったなあ。
『コードブルー』を初めて観たとき、
藤川@浅利陽介『プロポーズ大作戦』の濱田岳のポジションだなあと思ったものだ。
ペラペラよく喋り、三人組の中で一番元気そうに見えて、実は一番危険だった松井。
しかも、恋人エリ@小林涼子をかばおうとして、致命傷を受けたのに、
エリが恋人だと思ったのは松井の勘違いで、エリの本命だったのはもう一人の木沢
何も、こんなときに、エリも告白しなくてもいいのにのう。おまえの方がじゃ

失意の松井に更に試練が続く・・・。
「助かる可能性の高い方から優先順位を決めざるをえないんです・・・」
助かる可能性の高いエリと木沢を救うには、三人に繋がったスキー板を切断するしかない。
しかし、スキー板をはずせば、松井は出血死してしまう・・・。
事情を知らされた松井が了承した結果、エリと木沢は救われるが、松井はやはり死亡・・・。
「松井さん、あなたが喋り続けてくれたおかげで、ほかの二人も落ち着いていられた。
あなたは役立たずなんかじゃない。あなたが二人を守ってあげたんだ・・・。」

藍沢が松井の遺体に声をかけ、針と糸で傷を縫ってあげたり、
「あの松井ってやつ、最期まで自分の好きな人を支えようとした。凄いな・・・」
橘が松井の男気に感嘆したりしてたけど・・・
死んだ後に、見ず知らずの医者の賛辞を受けてもねえ
意識があるだけ、いろいろ辛いことを知らされた松井は気の毒だったなあ

白石@新垣結衣は、回復の見込みのない患者の心臓マッサージを断念した結果、
患者の母親から鬼呼ばわりされ、
とどめは、冴島@比嘉愛未の恋人田沢悟史@平山広行
「何を頑張るの?
やれるオペがあるだけいいって言っただけだ。本心だよ。
今の俺を見りゃ、わかるだろ?
あんな子にまで、同情されているのか、俺は・・・」

中居正広主演『白い影』で、いかりや長介
「患者はみんな頑張ってるんだ。頑張れなんて言うな」と言っていたのを思い出した。
白石を鬼呼ばわりした母親も、悟史も、彼らの立場からすると、わかるんだよねえ。
安直に奇跡を起こさないのが、『コードブルー』のいいとこだと思うわ。胸が痛むけどさあ。

それに比べると、「おまえが殺した」という婆ちゃんのうわ言山田一郎はどーでもよすぎる。
ニクソンネタはまだ重たい雰囲気を和らげようとしてたのだろうけどさあ。

★コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話 SP

★コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命2期の感想★
第1話 第2話

インディゴの夜第11話-第15話(1.19-1.25)

January 27 [Wed], 2010, 7:44
居酒屋で知り合った元ホスト樹@真山明大をスカウトする高原晶@森口瑤子
だが、無愛想な樹は他のインディゴの面々とそりが合わない。
樹が働くことになった直後、インディゴの店内が何者かに荒らされる。
ちょうどその頃、ホストたちが何者かに襲われる事件が多発しており、
被害者が樹と人気を張り合っていたホストたちであったことから、疑われる樹。
だが、犯人は、エステティックサロン社長佐々木耀子@山口いづみ
その正体は樹の母親。息子をNO.1にしたいという親心からの犯行だった・・・。

インディゴNO.1ホストは、ジョン太@和田正人なのかあ
てっきり、犬マン@天野浩成かと思ってた。頑張れ、犬マン。
でも、インディゴって、確かに仲良し動物園という感じだもんな
正統派はウケなさそう。ドンペリとか、高い酒、誰も頼みそうな気がしないし。
そのジョン太の携帯に、晶の名前がオバハンと登録されてるのにフイた。
森口瑤子もねえ、ちょっと前までは、吉瀬美智子のポジションだったのにのう

★今までの感想★
第1話 第2話-第5話 第6話-第10話

仮面ライダーW第19話(1.24)

January 25 [Mon], 2010, 22:48
『Iが止まらない 奴の名はアクセル』  脚本:三条陸 監督:石田秀範
鳴海探偵事務所に現れた警視・照井竜は、奇怪な凍結事件の調査を依頼、
竜と共に事件を調査することになった左翔太郎だが、
ハードボイルドが似合う竜のことが気に入らない・・・。

「俺はいずれ仮面ライダーになる男だ。
この町の連中はドーパントを倒す超人を仮面ライダーと呼ぶんだろう?
ならば、俺が代わる。Wでは力不足だ・・・。」

新ライダーアクセルこと照井竜警視登場
氷のドーパントが憎い相手なのか、ガイアメモリに手を出す人間が憎いのか?
竜役の木ノ本嶺浩は、『ディケイド』の井上正大っぽい顔立ちだなと思った。
竜は、『キバ』の名護さんっぽいキャラだなあ。いずれキャラが崩れそう。
「俺に質問するな」という身勝手な台詞・冷静さを失うところは、脆さを感じさせるし。
で、アクセルは・・・仮面ライダーというより、消防署勤務という雰囲気の造型・・・
ふむ、バイクにトランスフォームするのか 「ちょっとくすぐったいぞ・・・」

アクセル紹介篇だったわけですが、氷のドーパントの方がインパクトがあった
道路を凍らせ、アイススケートのように滑る・・・。うーむ、ホワイトアルバム
ドーパントにしては、珍しく、造型もなかなかよかったし。
その正体は、フラワーコーディネイターの片平真紀子・・・
のように見せておいて、実は・・・という展開?でも、ドーパントの声、女性だったんだよなあ

そして、竜にアクセルドライバーを渡した謎の人物シュラウド
ガイアメモリを開発できるのは、ミュージアムだけだと思う。
でも、竜をアクセルにすることが園咲家にとってメリットがあるとは思えない。また実験?
となると、シュラウドの正体は来人の母かな?
『ビギンズナイト』での鳴海壮吉への依頼人もこの人かもしれない。

うーん、やはり癒し系だった霧彦さんの抜けた穴は大きいな
照井竜は個性的なキャラではあるものの、あまり愉快な人物ではなさそうだし、
若菜姫からは、すっかり笑顔や舌打ちがなくなっちゃったしなあ。
「ジョーカー・・・ジョーカー・・・ジョ・ジョ・ジョ・ジョーカー・・・」
やっぱ、「ジョーカー」の響きは秀逸。立木文彦、イイ仕事してるわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 劇場版W&ディケイド 第15話 第16話 第17話 第18話

ブラッディ・マンデイ2第1話(1.23)

January 25 [Mon], 2010, 22:44
警視庁公安特殊三課THIRD-iテロリスト集団の戦いに巻き込まれた
天才ハッカーファルコンこと高木藤丸@三浦春馬の活躍を描くドラマの続編
『ブラッディ・マンデイ』がこれまでのTBSの土曜8時枠ドラマで一番印象が強いね。
つっこみどころが多くて、マジメに考えると馬鹿馬鹿しくなるけど、ノリが楽しめる・・・
あまり大人向きに作られていない雰囲気が土曜8時枠にピッタリだと思う
THIRD-iとテロリスト集団もどこか抜けてるしなあ。
『左目探偵EYE』は、SPがいまいちだったので、観ません。面白かった方、ごめんなさい。

2期は、1期から2年後という設定
藤丸は、コンビニでバイトしながら、
犯罪やテロに繋がるサイトをコツコツ退治していたと。うむ、自宅警備員だ。
藤丸の仲間は・・・こと安斎真子@徳永えりは退場(?)したものの
九条音弥@佐藤健朝田あおい@藤井美菜・藤丸の妹遥@川島海荷は健在・・・
かと思ったら、 あおいは第1話でいきなり退場。中の人のスケジュールのためかな
代わりに、藤丸のバイト仲間水沢響@黒川智花が参入。
佐藤健の髪型とメイクがイケてない気がした。女の子はああいう方がいいのかな

で、1期のテロリスト集団を超える凶悪な組織魔弾の射手が今回の敵のようですな
白髪になったJ@成宮寛貴折原マヤ@吉瀬美智子らも彼らの標的らしい。
彼らのことだから、そして、このドラマのことだから、どう転がるかわかりませんが。

対するTHIRD-iは、霧島@吉沢悠・加納@松重豊・南海@芦名星が健在。
そして、霧島さんの無能っぷりも相変わらずだ。
飛行機で護送中のJに勝手に動き回られるわ、
爆弾が仕掛けられていることを公表し、機内を混乱に陥れるわ・・・
あのシーンで、爆弾の存在を公表する必要はないべ。先が思いやられるぜ。

そんな霧島さんに代わるTHIRD-iの新指揮官は萩原@高嶋政宏
あ、怪しすぎる・・・。
サングラスといい、物腰といい、不審者以外の何者でもない。
露骨に怪しすぎて、逆に、裏切者の可能性はないんじゃないかと思うわ。
2期から登場した面々は、黒川智花・秋田真琴・堀部圭亮・満島ひかりetc、どれも怪しい。
演じてる人も土壇場まで自分が裏切者と知らされずに演じているような気がする。
もちろん、Jや折原マヤの怪しさ・妖しさも健在。折原マヤの太ももも健在
2期も期待できそうだ。あとは、Jに早くメロンソーダを飲ませてやれ

★ブラッディ・マンデイ1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話

宿命 1969−2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京第2話(1.22)

January 24 [Sun], 2010, 7:58
互いの思惑が一致し、婚約する有川崇@北村一輝白井尚子@上原美佐
笹山宣子@小池栄子は尚子につきまとい、崇の恋人だったことをアピールするが、
崇と尚子それぞれから現実を突きつけられてしまう
一方、崇の母有川三奈@真野響子は、
尚子の父白井眞一郎@奥田瑛二が元恋人だと気づき、衝撃を受ける

「ブランド物の服を着て、高級マンションに住んで、四千万の年収を自慢する・・・
そんな女が俺にはふさわしいのか?
俺にとっては、普通のOLも為替ディーラーも別に関係ないよ。
僕と君の間に結婚という選択肢はなかった・・・。」

崇が宣子と10年付き合っていたというのに違和感が・・・。
宣子との別れに、苦悩とか断腸の思いとか感じられなかったし。
結婚相手にふさわしい女性が現れなかったから、ズルズル付き合ってたのかね

で、やはり、崇と尚子は異母兄妹のようですな。
事実に気づいた三奈ママが「この結婚、絶対、ダメ・・・」と動揺してる頃、
兄妹は一線越えようとしていて・・・。
このドロドロな世界なら、異母兄妹くらいどーでもいいような気もしますが(笑)。
崇と尚子の結婚は白紙になるのか?
三奈ママは事情を説明できないだろうしなあ。
眞一郎パパが事情に気づいたら・・・どうするんだろうね?
どうも、親の世代も含めて、夫婦関係が崩壊しそうな予感。
1969年から因縁=宿命が始まってた!・・・だと、宣子って蚊帳の外なキャラだなあ。
ウルトラセブン宣子の父@森次晃嗣も、学生運動に関係した人物なのかな?

★今までの感想★
第1話

★1月23日(土)の日記★
右下の関連キーワードに、記事に書いてない単語が羅列されるのは、なんなのかね
このためのメンテナンスだったのだろうか

連続人形活劇 新・三銃士第22話(1.22)

January 24 [Sun], 2010, 7:55
ラ・ロシェルの要塞に反乱軍が立て篭もり、
ロシュフォール伯爵率いる政府軍が鎮圧に向かうことが決定した頃、
三銃士の下宿先に、ポルトスへの求婚者コクナール夫人が現れ、
一方、コンスタンスに夢中になっているダルタニアンに、
アトス友達の話をして、諌めようとした・・・というお話。

前回は、総集編だったので、感想は休み。
出番はたった数秒なのに、
「俺の出番、ここだけかよ・・・」
の一言で、美味しいトコをすべて持っていったボナシューさんが凄すぎる
で、IKKOさん似のコクナール夫人はレギュラーですか。
また強烈なキャラが現れたもんだ

で、今回は、アトス&ミレディーの過去が明かされた回でありました
アトスが友達の話ということにしたのに、タイトルは『アトスの後悔』だよ(笑)。
かつて、アトスの友達ある女と愛し合い、結婚したが、
女に罪人の証である百合の刻印があったため、
男は世間体を守り、女を守らなかった・・・と。
ふむ、人形劇版は、男の方も悪いという描き方なのね。後悔してるし。
はっきり原作を覚えてるわけではないのですが、
男の正体は高貴な貴族で、女の正体は脱獄した死刑囚だったと思う。
なので、人形劇版は、あの女性キャラがかなり美化されてますな
ダルタニアンとコンスタンスの恋は・・・ダルタニアンの片思いに終りそう

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE