三遊亭円楽さん他界

October 31 [Sat], 2009, 1:55
『笑点』の司会でお馴染みの三遊亭円楽さんがお亡くなりになったそうです。
僕は以前はお笑い番組が好きだったのですが、
最近のお笑いはなんか楽しめなくてね、
ギャーギャー騒がしいだけだったり、人を必要以上に罵ったり、
そういうのを観てると、素直に楽しめなくて・・・
そんな中で、『笑点』は、子供の頃から、安心して観ていられる番組ですわ
最近、やっと歌丸さんの司会と藍色の着物に慣れてきたけど、
『笑点』の司会というと、まだ円楽さんのイメージなんだよなあ。
来年、円楽を襲名する楽太郎さんも、師匠に見守られながら襲名したかったろうねえ
(楽太郎さんが円楽になるというのにも違和感が・・・)
ご冥福をお祈りいたします。

三遊亭円楽さんが死去…76歳肺がんで
日本テレビ系の演芸番組「笑点」の司会などで知られた落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・吉河寛海=よしかわ・ひろうみ)さんが、29日午前8時15分、肺がんのため亡くなった。
76歳だった。告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、和子さん。
東京・浅草生まれ。1954年に六代目三遊亭円生に入門。全生を名乗り、58年に二つ目、62年の真打ち昇進と共に五代目三遊亭円楽を襲名した。
端正な顔立ちと博識で人気を得て、60年代の演芸ブームでは立川談志、古今亭志ん朝、橘家円蔵さんとともに「寄席四天王」と呼ばれた。78年に円生とともに落語協会を脱退、翌年の円生の死後も一門を率い、円楽一門会の名で活動を続けた。「笑点」では、83年から2006年まで司会を務めた。
脳こうそくやがんなどと闘い、07年に落語家を引退していた。

おのれ、ディケイドのせいだ・・・

October 31 [Sat], 2009, 1:51
やはり、あの最終回、批判が多かったんだなあ
テレビ朝日の社長が『仮面ライダーディケイド』の最終回を
「表現方法として不適切だった」と発言したそうだ。
『どう締めるのか観たいのなら映画館に行ってくれ』というのが、露骨でしたからね
テレ朝社長がこういう回答をしたことだし、中途半端な最終回はもうやらないでしょう。
ところで、来週、『仮面ライダーW』も『相棒』もお休みなのよね。おのれ、テレ朝

「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて…
テレビ朝日が8月30日に放送した特撮番組「仮面ライダーディケイド」の最終回で、本編終了直後に同作品の映画告知を続けて放送したことについて、同社の早河洋社長は、29日の定例会見で「表現方法として不適切だった」と発言した。
最終回は、戦闘シーンの途中で番組が終了。その直後に、「ライダー大戦は劇場へ」の字幕とともに、12月公開予定の映画の予告編が流された。
「映画を見てもらうため、わざと最終回を中途半端な形で終わらせたのではないか」との声が上がり、放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の青少年委員会にも多数の批判が寄せられ、審議されていた。
同社は今月21日、不適切な表現だったことを認め、本編と予告編の区切りをはっきりすべきだったとする回答を送り、同委員会は27日、これを了承していた。

不毛地帯第3話(10.29)

October 31 [Sat], 2009, 1:49
近畿商事の推す戦闘機ラッキードF104が墜落したという知らせが届く
東京商事鮫島@遠藤憲一毎朝新聞田原@阿部サダヲに情報をリーク。
毎朝新聞の動きを察した壹岐正@唐沢寿明は、
久松@伊東四朗の力を借り、毎朝新聞の記事を抑えることに成功、
東都新聞にスクープされるアクシデントはあったものの、
ラッキード社社長に安全性をアピールさせることで、事態を沈静化させるのだった。
だが、小出@松重豊芦田@古田新太が防衛庁の機密漏洩の疑いで拘束されてしまう。

「本当に卑劣なのは、壹岐正だ!」
松重豊の迫力が凄まじい。
コメディーもシリアスも善人役も悪役もこなせる役者さんなのですが、
今まで観てきた芝居の中で、一番迫力を感じた。
ひきつった笑顔で怒るのが、こんなに怖いものなのか。
ただ、警察に捕まったトカゲの尻尾な小出が、これから活躍するとも思えないのですが。

ということで、松重豊や阿部サダヲをはじめ出演陣の演技は素晴らしいのですが、
それ以外はねえ、なんかそそらないのよね
何より、主役の壹岐正に共感できないですわ。もう、この人、支離滅裂ですな
戦闘機の選定に政治家の利権が絡んでいる現実に憤りを感じ、
優秀な戦闘機ラッキードF104を次期戦闘機にしようと考えていたはず。
でも、そのラッキードF104が墜落しても、
事実を隠蔽しようとし、欠陥があるのかどうかなど気にもとめない。
もうラッキードを次期戦闘機にすることしか頭にないのね。
やり方といい、鮫島なんかより、よっぽど悪辣な気がします
大学教授になるという野心に燃えた『白い巨塔』の財前の方がまだ純粋に見える。
本人も汚れていることを自覚してるようですが、その表現が薄いのよね。
いまいち思いが伝わらない。
だから、ストーリーに感情移入できない。淡々と観てしまう。
壹岐が考えていることをいちいち口にするようなキャラではないのはわかるけど、
心の中の声とかで表現できないものかなあ

★今までの感想★
第1話 第2話

交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2第2話(10.29)

October 31 [Sat], 2009, 1:48
サマークローズと名乗る謎の人物が密輸拳銃をばら撒いた事件、
拳銃を手に入れ、暴走した引き篭もり青年を説得しようとした結果、
甘利@高岡蒼甫、殉職・・・。
唐突に殉職させちゃった感があるけど、
1期では、出世のために、宇佐木玲子@米倉涼子を監視するキャラだったからなあ。
宇佐木がSITに溶けこんだ2期は、不要なキャラになっちゃったのかもね。
しかし、内部情報を漏らしてたのは、いただけないわ

サマークローズは『アンタッチャブル』の名なしの権兵衛みたいな存在かな。
何の根拠もないですが、宇佐木の妹のバイト先の店員が怪しいなあ

★交渉人1の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 最終話 SP

★交渉人2の感想★
第1話

白い巨塔第4話

October 31 [Sat], 2009, 1:45
大手建設会社社長の手術を
財前五郎@唐沢寿明に一任する東教授@石坂浩二
その一方で、財前に見切りをつけた東は、
後任の教授に、石川大学の菊川@沢村一樹に白羽の矢を立てる。

財前の手術が成功に終わり、舌打ちをする東教授、
気持ちはわかるが、
常々ご自身が口にしている医者の品位が欠けてると思うぞ(笑)
一方、東が退官前ということで、くれない会の副会長の座から落ち、
屈辱と焦りから、東教授にはっぱをかける東夫人@高畑淳子
まるでマクベス夫人みたいだった。
東教授はなんでこんな世間体を気にする女性と結婚したのかねえ

そして、教授選の対抗馬菊川登場
そうそう、沢村一樹だった。『白い巨塔』で名前を覚えたんだ。
どんな職場か見ておきたいと浪速大学病院を訪ねた菊川でしたが、
この生真面目さがこの病院とは合わなかったんだと思うわ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

相棒8第3話(10.28)

October 30 [Fri], 2009, 0:49
『ミス・グリーンの秘密』  脚本:太田愛 監督:和泉聖治
コンピューター会社のプログラマー野村弘が殺害される。
情報提供してくれた主婦の話を聞く杉下@水谷豊神戸@及川光博
野村のマンションにゴミが散乱していることについて主婦が雑誌に投稿したところ、
ある老婦人が場所を尋ねてきたというのだ。
杉下たちはその老婦人二宮緑@草笛光子を訪ねることに。

「ミスグリーン、あなたに新芽を摘めません・・・。」
この台詞は、神戸だからこそ言える台詞ですな
優しさの中に計算があるのか、計算の中に優しさがあるのか・・・。
劇的な展開や意外性はなかったものの、
神戸尊という新キャラの意外(?)な一面を紹介する、いいエピソードでした。

野村と共に悪質な動画を作っていた武井敦夫を演じたのは、
『仮面ライダー響鬼』のトドロキこと川口真五ロン毛、似合わないなあ
『相棒』はたぶん二度目の出演。
以前出たときは、部屋からボーガンで小学生を威嚇し、
子供たちからろくでなしと呼ばれている男の役だった。
ということで、トドロキ、またしても、ろくでなしな役でした

★土曜ワイド劇場枠の感想★
第1話

★相棒1の感想★
第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第8話 第10話 第11話最終話

★相棒2の感想★
第1話第2話 第3話 第4話 第5話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒3の感想★
第13話 第15話 第17話

★相棒4の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 最終話

★相棒5の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 最終話

★相棒6の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★劇場版の感想★
劇場版相棒

★相棒7の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 最終話

★相棒8の感想★
第1話 第2話

白い巨塔第3話

October 30 [Fri], 2009, 0:47
里見脩二@江口洋介から緊急オペをする必要がなかったことを聞かされ、
財前五郎@唐沢寿明を教授会で査問することにする東教授@石坂浩二
財前は里見に告発をやめるよう求めるが、里見は病院改革の好機と聞く耳を持たない。
追いつめられた財前・・・だったが、
舅の財前又一@西田敏行は、浪速医師会会長岩田@曽我廼家文童と共に、
鵜飼教授@伊武雅刀の説得に成功、教授会の実施を阻止するのだった

里見、高潔な人柄だけど、融通が利かなすぎるなあ。
医者としては信頼できるけど、一緒に仕事したくない人だわ

この回は、財前又一・岩田・鵜飼の腹の探りあいですな。
西田敏行・曽我廼家文童・伊武雅刀の演技のいやらしいこといやらしいこと
料亭はこういうために使われる場所なんだと言わんがばかりの勢いだ。世の中、コネとカネだ♪

で、査問を潰し、危機は逃れたものの、財前と東教授の対立は更に深刻化
「しかし、万一、そうなったときは、
泣き寝入りをしないような方策を考えさせていただくと思います。」

次期教授に推薦されなかった場合は、手段は選ばないと宣戦布告する財前。
医局員や患者の前であからさまに挑発しあうから、困ったもんだ

★今までの感想★
第1話 第2話

白い巨塔第2話

October 29 [Thu], 2009, 1:25
里見脩二@江口洋介に頼まれ、
小西みどり@河合美智子の手術を引き受けた財前五郎@唐沢寿明
だが、みどりの膵臓癌を見落としてたのが鵜飼教授@伊武雅刀だと知り、
鵜飼教授の機嫌を損ねることを怖れた財前は、
東教授@石坂浩二の不在時に、極秘で手術をすることに。
手術自体は無事に成功したものの、
患者の命より自己の保身を優先する財前の生き方に里見は納得できない。

東教授の下が財前・鵜飼教授の下が里見、逆だったらよかったのに。
あまり財前が野心家という印象は受けられず。
出世願望の強い人は、最近少なくなったといいますが、
なんだかんだ言って、こういう人は結構いますしね。
鵜飼教授に400万の絵を送るというのは凄いですが。
どっちかというと、里見の方がどうなのかなと思ってしまった。
無理してオペしてくれた財前の立場とかまったく考えてないしなあ。
もうちょっと融通が利いてもいいんじゃないかと思うんだけど

患者から饅頭を貰った財前が、
箱の底や包装紙に金品を潜ませてないか、念入りに調べて、
「なんだ、ただの饅頭か・・・」とぼやいたのが笑えた

★今までの感想★
第1話

古畑任三郎2第2話

October 29 [Thu], 2009, 1:22
この回の犯人は、ミッション系の高校の教師宇佐美ヨリエ@沢口靖子
宇佐美は、同僚教師の阿部哲也@相島一之を撲殺、
脚立から転落死したことに見せかけようとする。
戒律や校則を遵守してきた宇佐美が、校風を一新しようとする阿部との対立の末、
殺害したのだろうと考えた古畑@田村正和だが、
阿部は高校を去ろうとしていたことがわかり、殺害する動機が見当たらない。

見返して気づいた。
この事件、古畑は宇佐美が殺害したことを立証してないのね。
古畑が見抜いたのは、殺害の動機と宇佐美の人間性だよ。
普通の人が相手なら、あんな問いかけで自白したりしないだろう。

ということで、厳しい戒律や校則を守ることを生甲斐とした犯人の話。
嘘をついてはならない・笑顔を見せてはならない・化粧をしてはならないetc
といった戒律・校則を守る犯人像のため、
沢口靖子は終始無表情(ラストでほんの少し笑みを浮かべていたけど)、
初見のときは、この犯人、魅力を感じなかったし、ストーリーもいまいちに感じた。
前回の犯人が、正反対のキャラのさんまさんだったしね。
しかし、改めて観ると、刑事からアリバイを尋ねられたケースを考えて、
音楽を聴きながら、阿部を殺害するやら、徹底してるなあ。
清楚なイメージの沢口靖子が演じているが、かなりの偏執狂だ。
というか、戒律や規則の前に、法律を守れよ

★古畑1期の感想★
第1話(中森明菜) 第2話(堺正章) 第3話(古手川祐子) 第4話(笑福亭鶴瓶) 第5話(坂東八十助) 第6話(木の実ナナ) 第7話(小林稔侍) 第8話(鹿賀丈史) 第9話(石黒賢) 第10話(小堺一機) 第11話(桃井かおり) 最終話(菅原文太)

★古畑2期の感想★
第1話(明石家さんま)

★古畑3期の感想★
第1話(市川染五郎) 第2話(真田広之) 第3話(松村達雄) 第4話(大地真央) 第5話(津川雅彦) 第6話(市村正親) 第7話(田中美佐子) 第8話(福山雅治) 第9話(玉置浩二) 第10話最終話(江口洋介)

★古畑ファイナルの感想★
第1話(藤原竜也・石坂浩二) 第2話(イチロー) 第3話(松嶋菜々子)

★古畑SP★
古畑中学生

白い巨塔第1話

October 28 [Wed], 2009, 1:37
東京では、昨日から『白い巨塔』
今日から『ロングバケーション』の再放送が始まりました
白い巨塔→古畑→ロンバケと豪華なリレーですわ。
今期のドラマは、『JIN-仁-』『相棒8』は秀逸なのですが、
それ以外はいまいちでねえ、
『東京DOGS』も結局リタイアしちゃいました。ノリについていけない
月9、リタイアしたのは久しぶりだ。
なので、今期は、再放送やDVDでも楽しむことにしますわ

『白い巨塔』は2003年放映の作品
ちなみに、田宮二郎版は観たことがありません。
いつかDVDで観たいとは思ってるんだけど。
唐沢版は6年前だったのか。3年前くらいかと思っていた。
唐沢寿明・江口洋介・石坂浩二・西田敏行・伊武雅刀・高畑淳子・黒木瞳
伊藤英明・佐々木蔵之介etc
、豪華なキャスティングだよねえ
伊藤英明と佐々木蔵之介が若造扱いだし、やっぱ6年前なんだなあ。
高畑淳子はこの作品で演技派女優と認められた気がする。

ストーリーはというと、
腕利きだけど野心家の外科医財前五郎@唐沢寿明が教授の座を狙っており、
周囲も助教授である財前が順当に教授になるだろうと見なしていたが、
退官前の東教授@石坂浩二は内心才能豊かな財前を嫉妬し嫌悪している。
で、五郎と対照的に、患者を救うことだけを純粋に考えてる里見脩二@江口洋介
五郎の成功を願い、援助者となる義父財前又一@西田敏行
(↑この人のポジションは『華麗なる一族』の大川と同じですな)
夫の評判を気にする東夫人@高畑淳子、五郎の愛人花森ケイ子@黒木瞳etc、
いろいろな立場の登場人物がおり、複雑な人間関係が交差していく・・・と。
『ディケイド』の鳴滝さん役の奥田達士が医局員の中にいますね。
欲望・愛人・陰謀の三拍子が揃った山崎豊子原作らしい作品ですな(笑)。

ということで、第1話を観たのですが、やっぱ面白いわ
大学病院という身近にありながら、それでいてどこか近寄りがたい場所を
舞台にしているのが、惹きつけられるのだと思う
この作品の成功で、今期、『不毛地帯』をスタートさせたんだろうけど、
次期戦闘機の選定は、やっぱ身近な話じゃないんだよね。そそらないんだわ。
『不毛地帯』のPRで再放送してるのだろうけど・・・作品の差を感じちゃったなあ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE