白い春第3話(4.28)

April 30 [Thu], 2009, 2:45
高村真理子@紺野まひるの墓がどこにあるのか、
尋ねる佐倉春男@阿部寛だが、
「病気の真理子を放り出して、
刑務所に入ったような人間に墓参りなんかしてほしくない・・・」

パン屋こと村上康史@遠藤憲一に拒絶されてしまう。
前回、あれほど嫌がらせをしておいて、
「そう、つんけんするなよ・・・」とご機嫌を伺う春男に笑ってしまった。
800万猫ババしたと勘違いされたことだし、
春男がなぜ刑務所に行ったのか、
康史も察してもいいんじゃないかとは思いましたけどね。
で、そのどこに行ったのかわからなくなった800万、
「その話はもういいや・・・」という春男の言葉を聞いて、
妙に頬を緩ませていたデビット伊東。お約束なのも程があるぜ

一方、木の高い所に飛ばされた写真を取ってあげたことから、
村上さち@大橋のぞみ真理子の忘れ形見だったことを知る春男。
だが、自分の娘とは気づかず、パン屋と真理子との間の子だと思ってしまう
「二度とあの子に手を出すな。パン屋の娘だぁ!
いじめっ子を睨みつける春男の尋常でない眼光、
そして、さちのインパクトのある春男の似顔絵が可笑しすぎる。。
あの絵を見て、クスリともしないパン屋は、余っ程、春男のことが不快なのだろう

さちがパン屋(康史)と真理子の子だと思いこみ、動揺を隠せない春男。
だが、康史の方も、さちを実の娘のように大事に育ててきたのに、
ろくでなしの父親(春男)がいきなり現れ、
しかも、さちと急速に接近していっていることに焦りを感じている。
パン屋は、真理子と付き合う(?)前から、妊娠してることを知ってたのね。イイ人すぎる。
心優しきパン屋のお蔭で、真理子は安らかに旅立った・・・と思いたい
このドラマ、春男視点で見たり、パン屋視点で見たり・・・その度にウルウルさせられるよ
もうね、パン屋がさちを春男に任せて、手放すシーンが目に浮かぶのよね。
クスリと笑わせるのに、ホロリと泣ける。ホロリと泣けるのに、クスリと笑わせる。
絶妙のバランスだよ ラストまで、この調子でお願いしたいところ。

★今までの感想★
第1話 第2話

★4月29日(水)の日記★
新宿ヒルトンのケーキ食べ放題に行ってきました。
いやあ、食べた食べた。
食べ過ぎて、眠くなり、家に帰った途端、一眠り・・・というスイーツな一日でした

婚カツ!第2話(4.27)

April 29 [Wed], 2009, 0:23
内定を貰うためについた「近々結婚する・・・」という嘘が町中に知れ渡り、
雨宮邦之@中居正広婚カツせざるをえなくなる・・・という初回は、
『世にも奇妙な物語』みたいなノリで面白く感じたんですが・・・微妙だなあ
やっぱ、佐藤隆太は苦手だ。拒絶反応が・・・。
ずっと迂闊な人や口の軽い人に邦之が振りまわされるという展開なのだろうか。
切羽詰った事情を把握しているはずの邦之自身が結構口が軽いしさあ。
謎の婆さんのオチはよかったけど

結婚相手に条件を求めてる村瀬優子@釈由美子
嫌な女みたいな感じで描かれてるけど、
結婚相手に求める年収が600万以上というのが、結構、控えめ・・・と思っちゃった
年収1000万以上とか言う子、多いじゃないですか。これも不景気の影響?

★今までの感想★
第1話

ハンチョウ〜神南署安積班〜第3話(4.27)

April 29 [Wed], 2009, 0:22
暴力団組長が何者かに撃たれる事件が発生。
犯人は、かつて安積@佐々木蔵之介が逮捕したことのある岩城@徳井優だった。
安積が更生させたはずの岩城がなぜ犯罪に走ったのか?
岩城は病気療養中の妻の治療代を稼ぐために鉄砲玉を引き受けたのだった

・・・って、そりゃあ、『白い春』と同じじゃないかあ
偶然似たようなお話になっただけで、パクったわけじゃないんだろうけどね。
ちなみに、奥さんは助かったので、深夜にバス停やお地蔵さんを運ぶ必要はなし
賀集利樹が駆け出しの刑事というのはそろそろ無理があるような。

★今までの感想★
第1話 第2話

ぼくの妹第2話(4.26)

April 28 [Tue], 2009, 0:35
300万円を貸すのを断った相手桐原里子@ともさかりえ
ビルの屋上から転落死したことで、
警察の取調べを受ける羽目になる江上盟@オダギリジョー
釈放されたものの、盟は里子の死が気になってしょうがない。
里子の部屋に手向けの花を贈りに行った盟は、
里子が死亡した前日、妹颯@長澤まさみが里子を訪ねていたことを知る

このドラマ、格別面白いとは感じないんだけど、なんか気になるんだよなあ。
これからの展開が想像つかない。
里子の死の真相を探るドラマなのだろうか。
たぶん・・・颯が突き落としたのだと思うんだけど。
先週は、里子が盟を騙して300万を取ろうとしたこと、
大事な兄を騙そうとしたことが許せないのかなと思ったんだけど、
もしかしたら、好きな男の心を奪ったから、許せなかったんだろうか。

事態に振り回されてるのに、妙に淡々としている盟をオダジョーがうまく演じてるよ
あと、大滝秀治の穏やかそうな雰囲気がいいわ
千原ジュニアは・・・芸人がドラマに出るのは好きじゃないんだけど、
この人の目・演技には、狂気が漂ってるねえ。
謎の男九鬼には、何しでかすかか、わからん怖さがあるよ。
あんなのには、つけまわされたくない

★今までの感想★
第1話

天地人第17話(4.26)

April 28 [Tue], 2009, 0:20
直江信綱@山下真司の非業の死に伴い、
樋口兼続@妻夫木聡上杉景勝@北村一輝の命でお船@常盤貴子と結婚、
直江家に婿入りして、直江兼続となる
しかし、新婚を祝う余裕などなく、
上杉と同盟していた武田勝頼@市川笑也織田信長@吉川晃司に攻め滅ぼされ、
更に、信長は上杉領にも大攻勢をかけてくる・・・。

今回はよかったんじゃないでしょうか
信長と石田佐吉@小栗旬の対面シーンは必要ないんじゃないかと思ったけど。
今回最もよかったのは、景勝が勝頼に援軍を送ろうとし、
それに対して、勝頼が「備えは万全なので、心配無用」と断ったエピソード
武田勝頼直筆の返書が存在するとは知りませんでした。あの返書で説得力が増したね
あと、『直江兼続誕生』というタイトルではあったけれど、
兼続&お船の婚礼など描かず、お祝いムードにしなかったのもよかったと思う
上杉家の情勢はそれどころじゃなかったし、
この大河の兼続&お船には、好感が持てないからねやたらでしゃばるし。
とはいうものの、直江家への婿入りの話を父樋口惣右衛門@高嶋政伸に報告したり、
泉沢久秀@東幹久たちが「兼続、おめでとう♪」と言うシーンくらい、
あってもよかったんじゃないかとも思いましたが。

『兼続とお船は心が通じ合っている一方、
直江信綱とお船の夫婦仲は冷えきっていた・・・』
という描き方は、
兼続を主人公にするなら、しょうがないかなと思ってました。信綱は気の毒でしたが
直江家の未亡人妙椿尼@萬田久子は、
謙信の遺言を発表することで、景勝支持を真っ先に主張、
景勝としては、名門であり功労者である直江家を断絶するのは忍び難かったのでしょうな。
そんな直江家に婿入りしたことは、兼続の発言力を更に大きくしたことでしょう。
そういえば、昨年の『篤姫』の小松帯刀@瑛太も同じような境遇だったなあ
兼続は生涯妾を作らなかったそうで(NHKも安心だ)、お船に頭が上がらなかったのかも。

そんな上杉家に迫る危機・・・。
一つは、上杉家の重臣新発田重家の反乱
直江信綱が御館の乱での恩賞に不満を持つ者から殺害されてましたが、
新発田重家も恩賞の不満から、天正9(1581)年、越後北部で挙兵。
織田軍とも連携を取り、景勝・兼続を大いに悩ませます。
今回、景勝陣営の軍議で話題には出ましたが、新発田重家自体は登場しないのかな。
「しばた」と言われると、織田軍の柴田勝家もいるので、紛らわしいなあ。

もう一つは、同盟者であった武田勝頼の滅亡
景勝と菊姫@比嘉愛未の政略結婚、一週間で価値がなくなってしまうとは
勝頼は御館の乱で景勝を生かすために、身代わりになったようなもんだなあ。
御館の乱で上杉景虎@玉山鉄二を支援するはずが、
景勝側の買収工作に乗ってしまった結果、
怒った北条氏政(景虎の兄)は武田との同盟を破棄し、織田・徳川と同盟締結。
外からは、織田・徳川・北条の軍に攻められ、
内からは、木曾義昌・穴山梅雪・小山田信茂etc有力家臣が次々に寝返ってしまう。
初音@長澤まさみの父(笑)である真田昌幸は武田の家臣なのですが、
武田家滅亡の前から北条氏に内通しつつ、
武田家が滅亡すると、信長にとっとと臣従・・・と老獪さを見せてます。

もともと勝頼が武田の家督を継いだことに不満を感じる家臣が多かったらしい
当初、武田家の世継は信玄の長男義信であり、
信玄の四男である勝頼は諏訪家に養子に出されていた。
しかし、信玄と義信が対立してしまい、義信は死亡。
その結果、勝頼が世継となったが、
他家に養子に出されていた勝頼に、家臣たちは決して心服しなかったらしい。
ちなみに、中井貴一主演の大河『武田信玄』では、
信玄@中井貴一vs義信@堤真一という、今考えると凄いキャスティングだった。

この結果、天正10(1582)年3月、武田勝頼は天目山・嫡男信勝と共に自害。
このとき、勝頼に従っていたのは、41人の家臣と50人の女性だけという有様。
勝頼の妻は、北条氏政・上杉景虎の妹。
勝頼の子信勝は、勝頼と前妻(信長の養女、既に病死)の間の子。
勝頼の妻は、武田と北条の同盟のために、武田家に輿入れしたのに、
夫勝頼は兄上杉景虎を見捨て、その挙句、兄北条氏政に攻められ自害。哀れだ

で、武田家を滅亡させ、織田軍は上杉領を完全包囲して大攻勢をかける。
柴田勝家・前田利家・佐々成政・佐久間盛政らが北陸から攻め寄せ、
織田軍の進撃をとめるために、
死亡フラグ出しまくり吉江宗信@山本圭安部政吉@葛山信吾魚津城に加勢
御館の乱による疲弊・新発田重家の反乱・織田軍大侵攻、
状況は景勝・兼続にとって圧倒的に不利・・・といったところで、次回につづく

「ご貴殿とは心通じ合う間柄でございますれば、
今宵のこと、決して他言いたしませぬ・・・」

信長に足蹴にされ、不穏な様子の明智光秀@鶴見辰吾の怪しいお誘いに、
これまた怪しい返事をしていたのは、徳川家康@松方弘樹
どうやら、この大河の家康は、例の事件の黒幕という扱いのようだ。
確か、竹中直人主演の大河『秀吉』での家康@西村雅彦もそんな感じだったような。
松方弘樹の家康、なかなかいいね。腹の底が読めない感じが頭はおかしいけど

あと、信長の非道を強調するためか、
武田家の菩提寺恵林寺を焼き払ったというエピソードを紹介してましたが、
あれは、恵林寺が武田の残党を匿い、引渡しを拒んだため。
信長が一方的に悪者に描かれるのは、どうなんでしょ?
このとき、恵林寺の僧快川紹喜が言い残したとされるのが、
有名な「心頭滅却すれば火もまた涼し」負け惜しみではない。
どうも、この大河の信長は天の怒りを買ったために破滅し、
景勝・兼続は義を貫いた故に奇跡が起きる・・・という描き方になりそうな予感

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

今シーズン観る予定のTV番組(2009.4-6)

April 27 [Mon], 2009, 0:26
だいだい4月開始の新番組が出揃いました。
で、視聴予定の番組は以下のとおりです。

ドラマ  ゴッドハンド輝MR.BRAIN天地人ぼくの妹ハンチョウ〜神南署安積班〜
      婚カツ!アタシんちの男子白い春臨場アイシテル〜海容〜BOSS
      LOVE GAMEスマイル名探偵の掟
バラエティー 恋のから騒ぎ、ウチくる!?、笑点、踊るさんま御殿、ダウンタウンDX
アニメ  ケロロ軍曹、ドラゴンボール改、クロスゲーム咲 -Saki-
      はじめの一歩NewChallenger、Phantom〜Requiem for the Phantom〜
      けいおん!、クイーンズブレイド 流浪の戦士、戦国BASARA
特撮   侍戦隊シンケンジャー仮面ライダーディケイド
特番   レッドクリフPartTトランスフォーマーMW 第0章 悪魔のゲーム
再放送 ゴンゾウ〜伝説の刑事黒革の手帖僕の生きる道
映画   劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド

赤字はお奨め番組もしくは期待してる番組
僕の中で今期スタートの良作ドラマは、白い春・アイシテル。
白い春は中年男の哀愁と親子愛で感動を与え、
アイシテルは息子が殺人を犯した母親を描くことで考えさせる作品になりそう。
それにしても、今期は、世相を反映しているのか、暗いor重い作品が多いねえ
重さだと、スマイル>>アイシテル>>>>>>>白い春>>>その他というところか。
アイシテルとスマイルは視聴前にある程度の覚悟が必要だよ。
不景気でどんよりしている脚本家や制作陣が
視聴者も巻き添えにしてやろう・・・とわざとこういう作品を作ってるんだろうか(笑)。
欝展開なドラマを観た後は、咲やけいおんetc明るい作品で癒してもらうことにします

仮面ライダーディケイド第14話(4.26)

April 27 [Mon], 2009, 0:22
『超・電王 ビギニング』  脚本:小林靖子 監督:石田秀範
門矢士ご一行が次にやって来たのは、電王の世界
士や小野寺ユウスケ・光夏海イマジンが憑依し、大混乱する中、
なぜか建物が突如次々と消滅していき、光写真館までもが消滅してしまう。

日曜朝8時に『電王』が帰ってきましたね
『仮面ライダー電王』は、2007年放映の平成ライダー第8弾作品
メインの脚本家は、『仮面ライダー龍騎』『侍戦隊シンケンジャー』etcの小林靖子
今週来週のスーパーヒーロータイムは、1時間丸ごと、スーパー靖子にゃんタイムですな。
運が悪く、気弱な青年野上良太郎電王に変身、
モモタロスたち心優しきイマジンと協力(時に衝突)しながら、
歴史を変えようとする悪しきイマジンと戦い、成長していく物語。
良太郎とモモタロスたちとの交流、個性あるイマジン、時を駆けるデンライナーetc、
観ているだけで楽しくなる、お祭りみたいな作品でした。答えは聞いてない。
『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド』が5月1日に公開し、
『超・電王シリーズ』としてスタート・・・賛否両論ではありますが、僕は楽しみにしてます
野上良太郎を演じた佐藤健もすっかり売れっ子になったお蔭で、
『超・電王シリーズ』には出演しないのが、嬉しくもあり、悲しくもありますね。
ちなみに、僕の中で、平成ライダーの順位は、
アギト=龍騎 ≧ 555 >>> 剣 >> カブト=電王=ディケイド >>キバ>>クウガ>>響鬼

で、今回の『ディケイド』・・・
これまで『ディケイド』に登場するかつての主役ライダーたちは
ディケイドの引き立て役みたいな扱いだったのですが、完全に番組を乗っ取っていたね。
士やユウスケ・夏海にモモタロスたち憑依して、
ストーリーは何の進展もないまま、気がつけば30分が過ぎてたよ。面白かったからいいけど
効果音だけでなく、『電王』で使われたBGMが流され、電波ジャックした感が強かった。
かつての主役ライダーも、それぞれのBGMやバトルソングを使えばよかったのに。
夏海がイマジンに憑依されたのが意外だったなあ。
U夏海の太もものムチムチ感R夏海の愛らしさがGOOD♪
その点、Mユウスケはまったく似合ってなかったなあ。
士とユウスケ、結構、身長差あるのね。
電王ソードフォームに対抗して、海東大樹が召喚したのは、サソード&サガ
響鬼の世界がまだなので、モモタロスvs響鬼の鬼対決が実現しそうもないのが残念
『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド』は次回観てから、見に行く予定です

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

スマイル第2話(4.24)

April 26 [Sun], 2009, 0:19
バイト先のロッカーから覚醒剤から見つかり、
覚醒剤の売人と疑われ、裁判にかけられる早川ビト@松本潤
だが、ビトを救いたいと思う三島花@新垣結衣
真犯人近藤@大口兼悟の覚醒剤売買の映像を隠し撮りし、
伊東一馬弁護士@中井貴一が法廷で弁護したことから、
ビトに無罪の判決が言い渡されるのだった・・・。

うーん、ビト、無罪になっちゃったかあ。
一見、ハッピーエンドに見えつつ・・・これは苦い展開だな。
なぜなら、2015年にビトは刑務所にいる未来がもう確定してしまっている
これからビトから笑顔を奪う事件が待ち構えているということなんだよなあ。
ラストで、町村フーズで作った赤飯から食中毒事件が起きてしまいましたが、
またビトの殺人の前科・フィリピン人の血、ほかの従業員の前科に対する偏見から、
町村フーズが異物を混ぜたという疑いとかかけられたりするんだろうなあ。
(業者が大目に材料を渡してたし、質の悪い材料でも押しつけられたのかな。)
で、この食中毒事件でビトが刑務所に送られる・・・のではないでしょうね。
ビトを刑務所送りにするのは、林誠司@小栗旬絡みの事件なのでしょう

ビトが冤罪で疑われるというだけなら、
「ビト、可哀相に・・・」と同情しつつも、
そういうドラマなんだ・・・と、そこそこ気楽に観てられるドラマで終わると思うのよね。
でも、その冤罪の裏に、ビトに流れるフィリピン人の血への偏見があるから、
息苦しさや苦々しさ、不快感を感じてしまうのよね。
で、その不快感は、「こんな差別あるわけないだろ!」とは言い切れず、
「こういう差別があってもおかしくはない」と思えるから、起きるのだろうなあ。

三島花が失声症になった原因はわかりませんが、
伊東一馬弁護士は・・・たぶん、韓国人の血が流れてるのでしょう。
この人も名前を変えるまで、差別に苦しんできた人なんだろうなあ。
ビトの弁護を受けようとしなかったのは、自分の秘密がバレるのを恐れたのか。
これからビトが刑務所送りにされる事件も描かれるのでしょうし、
『スマイル』というタイトルとは対照的に、鬱展開になりそう

★今までの感想★
第1話

Phantom〜Requiem for the Phantom〜第4話(4.23)

April 26 [Sun], 2009, 0:18
標的であるマフィアのボスを仕留めるたった一度のチャンスは、
孫娘への誕生日プレゼントを買いにショッピングモールに現れたときだけ
ということで、アインツヴァイが恋人のフリして、
ボスに銃弾をプレゼントしちゃうストーリー
殺人マシーンのようなアインに、可愛い女の子を演じられたとはなあ。
表情豊かだしさあ。
あんな可愛い笑顔見せておいて、演技だと言われたら、
一緒に暮らすツヴァイとしちゃ、たまらんと思うぞ。蛇の生殺し

感情を失ってるかに思われたアインが、
ツヴァイの存在をかなり意識していたのも意外。異性としても意識してる?
彼女が演じた普通の女の子、アインの願望の姿なのかもなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

けいおん!第4話(4.23)

April 26 [Sun], 2009, 0:16
学園祭に向け、夏合宿で海に行った軽音部メンバーが、
猛練習・・・などまったくせずに、
秋山澪のナイスバディーな水着姿に萌え萌えきゅん♪になるお話
恥ずかしがり屋なのに、掟破りの黒ビキニ・・・。
一応、物語の主人公は、平沢唯ということになってるのですが、
原作通りなのか、スタッフに気に入られているのか、
澪の魅力を最大限に引き出す展開になっていますねえ。
どうせだったら、唯の妹も夏合宿に連れて行けばよかったのに

相変わらず、「めざせ、武道館」と言ってますが、
こりゃあ、最終回あたりで、軽音部が、
そして、声優さんたちまでも、
武道館でコンサートやりそうだなあ。それだけのパワーを感じるよ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE