2008年最後の書きこみ

December 31 [Wed], 2008, 20:01
もうすぐ2008年が終わろうとしています。
今年もあっという間の一年だったなあ

2008年は、漢字1文字にすると、だったそうで。
米国のサブプライムローンやリーマンショックによる世界同時恐慌、
それに伴う企業の倒産・失業問題、
「誰でもいいから」と短絡的に起こされた大量殺人事件etc、
今年も暗い印象の一年だったなあ。
この雰囲気は、残念ながら、当分続きそうな気がする。
来年は、いい意味で、変化のある一年であってほしいものですが。

最後に、テレビの感想書いてるブログなので、テレビ番組の一年の総括を
ドラマでは、ダントツに、『篤姫』
宮崎あおいがイイ演技をしていましたよ
始まる前は、長澤まさみ・上戸彩・相武紗季・新垣結衣・堀北真希らと
同じクラスかと思ってましたが、こんなに演技派だったとはね。
篤姫効果か、今、出ているCMの多いこと。
家族愛や役割というテーマを描いたストーリー展開もよかったし、
堺雅人・高畑淳子・中村梅雀etc、他の出演者も素晴らしかった。
あとは、『あしたの、喜多善男』『ゴンゾウ〜伝説の刑事』『イノセント・ラヴ』
僕のベスト3作品ですな。
どれも、視聴率がいまいち伸びなかったのが、不思議でならない。
アニメ・特撮だと、やはり、『機動戦士ガンダムOO』『仮面ライダーキバ』か。
『OO』は登場人物・世界観は好きではないものの、
ストーりー展開が面白く、見ずにいられなかった。

今年は、ブログに楽しませてもらったなあと改めて感じさせられた一年でもありました。
コメントやTBを頂いたり、他の皆様のブログを閲覧させていただいたお蔭で、
自分に近い感想を見て、共感し、
自分と違う感想を見て、こういう視点もあるのかあと感じさせられたり、
自分が気づかなかった点を書いてあるのを見て、なるほどと感心したり、
TV番組をより楽しむことができました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします

仮面ライダー龍騎VOL.12

December 31 [Wed], 2008, 19:54
2008年ももうすぐ終わり
『キバ』が終盤・・・ということで、このところ第1話から見返していて、
『龍騎』のDVD鑑賞を中断していたのですが、
2008年のうちに完結させとこうかなと思いまして、残り5話を観ました。
やはり、『龍騎』は、レベル高いねえ。盛り上がりが違うわ

第46話 タイガは英雄  脚本:小林靖子 監督:長石多可男
神崎士郎がライダー同士を戦わせる目的が、
20歳の誕生日で消滅する妹優衣を救うためであることを知る真司君

蓮は、これまで通り、恋人小川恵里を救うために、戦いを続けることを決意。
士郎が利用しているとしても、少なくとも、優衣は救われる。
どちらかが助かるのなら、それでいいという考え方。なかなか思慮深い。

しかし、真司君は、答えが出せない。
優衣が消えるのも嫌だが、誰かを犠牲にするのも嫌。
相変わらずな真司君に、
「お前は今までずっとそうやって迷ってきた。それで、誰か一人でも救えたのか?」
と、蓮は厳しい一言。痛烈だ。
そして、真司君の出した結論は、
「蓮・・・俺、やっと答えを出した。
戦うよ。優衣ちゃんを助けたい。
おまえの言うとおり、迷っていても、誰一人救えないなら、きっと戦った方がいい。
戦いの辛さとか重さとか、そんなの自分が背負えばいいことなんだ。
自分の手を汚さないで、誰かを護ろうなんて、甘いんだ・・・」

でも、真司君の場合、積極的に戦おうとするのが間違ってるようにしか見えない

一方、北岡先生は、英雄を目指す東條悟に、
「なあ、おまえさ、絶対英雄になれない条件が一つあるんだけど、教えてやろうか。
英雄っていうのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ。
おまえ、いきなりアウトってわけ。」

と、これまた痛烈な台詞を言い放つ。
さすが、北岡先生、年長者で弁護士であるだけのことはあります。

悩める東條悟は、ダンプに挽かれそうになった親子を救い、落命。
皮肉なことに、死後、英雄と扱われる。
確かに、皮肉だけど、東條悟が英雄扱いなんて、もったいないと感じちゃった

第47話 戦いの決断  脚本:小林靖子 監督:長石多可男 
この回は、真司君の痛々しさに尽きる。
神崎優衣を救うために戦うことを決意した真司君は、
龍騎サバイブとして戦い、ナイトサバイブを圧倒、
しかし、やはりとどめを刺すことはできない。
苦衷を気づかれないように、笑顔のフリをする真司君、
真司君を心配そうに見守る
真司君を見て、苦しむ優衣ちゃん、
三者とも、見ていて、痛々しい

そして、遂に倒れてしまう北岡先生
北岡先生に駆け寄り、絶叫する吾郎ちゃん
吾郎ちゃん役の弓削智久、イイ演技してたなあ
北岡先生に駆け寄ったシーンは、カメリハが良かったのでそのまま採用されたそうだ。

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第13話(12.28)

December 30 [Tue], 2008, 1:44
「ロックオン・ストラトス!!」
「その名のとおり、狙い打つぜ・・・」

アロウズ衛星兵器メメントモリの破壊に成功するソレスタルビーイング
イノベイターガデッサ刹那ダブルオーライザーが引きつける間に、トレミーが突撃、
衛星兵器の攻撃はトランザムで無効化にし、
二代目ロックオン兄貴の狙撃で衛星兵器を破壊
トランザムの無敵ぶりが卑怯すぎるな。戦術もへったくれもあったもんじゃないぞ。

この戦いで、矢尾一樹声のアーバ・リント少佐が戦死
散り際に「いやあぁぁぁ・・・」とヘタレな台詞を残したり・・・早々の退場が惜しいキャラでした。
陰険根暗なリント少佐でしたが、この最期は同情したよ。
トランザムは卑怯すぎるし、イノベイターは勝手な行動取るし。
今回のヒリング・ケアもそうですが、イノベイターは自信過剰すぎるのか、
挑発に乗りやすくて、目先の行動に飛びつくヤツらが多いなあ
ライセンスを与えまくってるリボンズが悪いと思うぞ。指揮官が気の毒だ。
大体、重要拠点である衛星兵器の防御に、イノベイター1人というのが間違ってると思う。

ほかにも、衛星兵器の内部構造の情報をリークする王留美とか、
王留美にムカついて、ヒリング・ケアの妨害をするネーナ・トリニティなんて要素もありました。
一泡吹かせたと上機嫌のネーナだが、王留美を喜ばせるだけだろうに。
王留美が衛星兵器の情報を廻したことに、
「どうやって、入手を・・・?」
不思議に思っていたソレスタルビーイングのメンバー達、いい加減、正体に気づけ
(追記:情報をリークしたのは、ネーナだったようです。王留美、気づくだろうなあ)

ラスト、セルゲイ大佐の前に現れた屋良有作声のハング・ハーキュリー大佐
ひょっとして、クーデターのお誘い?
ダブルオーライザーは、刹那1人で操縦できるのかあ。沙慈が乗る意味ないじゃん
二人いないと、素っ裸現象が起きないのかな。

★一期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

★二期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

地獄少女三鼎第13話(12.27)

December 29 [Mon], 2008, 1:30
御景ゆずきの親友高杉秋恵の家庭教師として現れた真山梓
梓の父親は、自動車事故に巻き込まれた結果、寝たきり状態になっており、
警察が事故を揉み消したと思い込んでいる梓は、
加害者ではなく、警察署署長である秋恵の父親を恨んでいた。
梓の正体を知ったゆずきは、梓が秋恵の父親を地獄へ流すのを阻止するが、
安心したのも束の間、秋恵を地獄へ流されてしまう

いずれ、ゆずきの友達が事件に巻き込まれると思ってましたが、
明るい秋恵が地獄へ流されちゃいましたか。
それも、この作品らしい理不尽な流され方
確かに、秋恵の父親の立場だと、自分が地獄へ流されるより、
娘の秋恵を地獄へ流される方が辛いでしょうから、
復讐を考えてる梓が、こうするのはおかしくはないのですが、
ほかの男に秋恵をレイプさせようとしたり、もう復讐のレベルを超えてますね
加害者ではなく、警察署署長を恨むのも、なんだかなあという感じだし。
ここまで歪んでいると、警察が揉み消したというのも、本当なのかどうか。
年内最後の放送にふさわしいストーリーでした。

そして、『地獄少女三鼎』は、次のステップへ
ゆずきの体に憑依していた閻魔あいが完全復活。
親友を失ったゆずきは、地獄通信を憎み、利用者をとめようと奔走するのか?
あと、水樹奈々声の保健の先生は、やはり、1期の柴田つぐみのようですね。
ゆずきと柴田先生が協力していくのかな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

ゴルゴ13第38話(12.26)

December 28 [Sun], 2008, 1:55
『少女サラ』
少女サラ・ベリアンは、恋人のパトリックと共に、スリを働くパリの家出少女。
だが、パトリックが奇妙なメモの入った財布をスったことから、
パトリックも財布をスられた男も、謎の組織の男に殺害され、
サラ自身も命を狙われるようになってしまう。
そんなサラを助けたのは、ゴルゴだった。

単行本132巻に収録されてる話
読んだことがあるような、ないような・・・おぼろげな印象の作品。

年内最後の作品のせいか、ゴルゴが家出少女の足長おじさんになる話でした。
しかし、家出少女の前に、車の扉を開けて、
いきなり、「乗れ・・・」は怪しすぎる
まあ、ゴルゴには、家出少女を助ける気など、まったくなかったでしょうが。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話

北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王最終話(12.26)

December 28 [Sun], 2008, 1:52
いまいちパッとしなかった『北斗の拳ラオウ外伝』も最終回。
拳王ラオウ聖帝サウザーの死闘は、なかなか決着が着かない。
サウザーの体には、ラオウの北斗神拳はなぜか通用しない。
傷ついた二人が、最後の拳で決着を着けようとしたとき・・・
二人の拳の前に、サクヤが身を投げた結果、
両雄は、勝負をやめ、再び、不可侵協定を結んでしまう。
サクヤ、余計な真似を・・・勝負に水を差しちゃったという感じしかしない
南斗六聖拳ユダが、ソウガリュウガにボコボコにされたり、納得いかんなあ。
ユダ、扱い悪すぎるだろお
サウザーは別格として、シン・レイ・ユダ・シュウは同レベルだと思うのですが。
サウザーが、恐怖政治を執るラオウの天下は長続きしないと語っているのが笑えた。
おまえも似たようなもんだろ。

ラストに、カサンドラが陥落したという知らせが届き、
ラオウがケンシロウと戦う決意をし、本編に繋がるという締め方。
ソウガとレイナは、ラオウがケンシロウの前に現れる時点で
死んでるのかなと思っていたのですが。

拳王ラオウが勢力を拡大する一方で、
ケンシロウの救世主伝説が少しずつ広まり、
じわじわと圧迫感を与えていくという展開は面白かったです
ただ、『北斗の拳』の見せ場である拳の闘いがあまりなかったのがいまいちだったかな
あと、カサンドラが陥落したということは、
ジャギアミバはもう死んでいるということなのよね。
オリジナルキャラのソウガ・レイナ・サクヤよっか、ジャギとアミバを描いてほしかったよ。
おれの求める北斗神拳はまだ遠い!!

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

チーム・バチスタの栄光最終話(12.22)

December 25 [Thu], 2008, 1:33
「やるねえ、グッチー
すべてはサザンクロス病院から始まってたんだ・・・」

遂に、CASE27の真相に到達する田口公平@伊藤淳史白鳥圭輔@仲村トオル

CASE27の真相・・・
初めての器械出しとなった大友@釈由美子・緊急オペ・鳴海@宮川大輔の不在・・・
CASE27での術死は、真犯人が、不運な偶然が重なったなのを利用して、
桐生@伊原剛志視力低下しているのかどうかを試したために、起きてしまったもの。
真犯人が、ターニゲットというひもで、心臓を必要以上に持ち上げ、
心臓を回転させたことで、本来切除させるべきでない箇所を
桐生に切除させた結果、患者を死なせてしまったのだった

そして、真犯人は・・・やはり、こと垣谷@鶴見辰吾でした。
垣谷の娘は、10年前、米国サザンクロス病院で、
執刀医の桐生のもと、心臓移植手術を受けた結果、
手術自体は成功したものの、後日拒絶反応を起こして、死亡していた。
帰国した桐生から誘われて、共にバチスタ手術に関わっていくうちに、
桐生が視力低下しているのでは?という疑惑を持ち、
娘のオペのときも、視力低下していたのでは?という思いに駆られ、試してしまった・・・。
患者死なさなくても、視力低下ぐらい確認できそうなもんですが・・・まあ、いいでしょう(笑)

原作は読んでないので、それほど違和感を感じずに、楽しめました
原作を知らない人でも楽しめるように、ストーリーを変えた結果、
氷室@城田優・酒井@鈴木裕樹、そして、垣谷、
チームバチスタから三人も殺人者が出ちゃった
ちょっと現実離れしたストーリーには、なってしまった。
しかし、原作を読んでない僕は、イメージがないから、良かったけど、
原作を楽しんでいた人は違和感を感じただろうね。
真犯人を変えちゃうというのは、どうなんだろう?
原作者がドラマに出てるくらいだから、黙認してたんでしょうが

このドラマは、キャスティングが良かったと思う。
桐生役の伊原剛志、垣谷役の鶴見辰吾、鳴海役の宮川大輔、氷室役の城田優etc、
チームバチスタは、どれもこれも怪しい人ばかりで、真犯人特定に迷った。
おまけに、嘘つきばかりだし。
伊原剛志と鶴見辰吾は、ファンではないけど、ドラマに出てくると嬉しい存在。
地味だけど、実は腕利きという垣谷の設定は、鶴見辰吾そのものだと思った。
桐生にチームバチスタに誘われたときの複雑そうな表情がよかった。
あと、宮川大輔は、なかなかいい演技してました

前回で、真犯人が垣谷だというのは、わかってました。
しかし、ラストにとんでもないサプライズが。
『術死は続く・・・』という脅迫状を書いたのは、白鳥、おまえだったのか!
ホント、人として最低だな(褒め言葉)。
このドラマ、最初から最後まで、白鳥圭輔の魅力で引っ張ったドラマだったと思う。
傲慢不遜で挑発上手な白鳥圭輔を、仲村トオルが自然に演じてました

これで、今期のドラマは、殆ど終了しました。
ブラッディ・マンデイ・イノセント・ラヴ・チーム・バチスタの栄光・相棒7・流星の絆、
(相棒7はまだ続きますが・・・)
推理・ミステリー系が多く、推理小説好きな僕には嬉しいシーズンでした。
そして、が真犯人というのが多かったなあ。
しかし、ほとんどが原作ありきの作品ばかりなので、
ブログを閲覧する際に、ネタバレしてるトコを観ないように気を遣ったよ
そういう意味だと、イノセント・ラヴは、安心して観れいられるドラマだった(笑)。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

イノセント・ラヴ最終話(12.21)

December 24 [Wed], 2008, 0:41
幾多の困難を乗り越え、結ばれる長崎殉也@北川悠仁秋山佳音@堀北真希
だが、二人の結婚式に、イノセントの女王遠野聖花@内田有紀が現れる
殉也を取り戻したいという思いに駆られたこと聖花は、
教会のテラスから飛び降り自殺を図り、
咄嗟に飛び出し、聖花を救った殉也は、意識を失ってしまう・・・。

・・・と、ここまでは面白かったんだけどねえ、
こういう過激なドラマにありがちな、失速した最終回となってしまいました
前回で、終わりにしとけばよかったんじゃないかねえ。
殉也と佳音の結婚式に、足元のおぼつかない聖花が現れ、番組終了・・・
その方が、何をやらかすんだろう?って、つづきが気になるじゃん。
最終回に関しては、『ブラッディ・マンデイ』の方が見せ方がうまいなと思ったよ。
耀司兄ちゃん@福士誠治も、予定調和のように、好青年になっちゃったしなあ
刃物や鉄パイプを持たない耀司兄ちゃんには、魅力を感じられないです(笑)。
殉也が記憶を取り戻すのもねえ、このドラマだったら、
佳音が下着を脱いで、それを見た殉也がプールに飛び込む
・・・みたいな演出でもいいんじゃないかと思っちゃったよ

最終回に関しては、不満が残る内容でしたが、
全体的に見ると、楽しいドラマでした。
今期のドラマでは、一番お気に入りでした(笑)。
こんなドラマばかりでも困るが、こういうドラマがたまにあってもいいかなとは思う
始まった頃は、
・佳音の両親を殺したのは誰なのか?
・聖花はなぜ寝たっきりになったのか?

といった謎が気になっていたけど、
いつの間にか、そんなことはどーでもよくなっていた。
佳音が父親@平田満から性的虐待を受けていて、
父親を刺そうとしていたことすら些細なことにしか思えないほど、
ぶっ飛んだ展開に毎回楽しませてもらいました。
特に、何やらかすかわからない耀司兄ちゃんと聖花の暴走振りは、
強烈な印象を与えてくれました。
目を開けて横になっているだけなのに、聖花の怖いこと怖いこと
結局、あまり活躍しなかった瀬川昴
でも、『ブラッディ・マンデイ』のJと二つの役を演じた成宮寛貴
この人の雰囲気、好きですわ。
好青年も怪しい役もこなせる数少ない役者さんだと思う
殉也役の北川悠仁は、最初、なんでキャスティングしたんだろ?と不思議に思ったが、
この人の決してうまいとは言えない演技は、このドラマには合っていたと思う。
とにかく、登場人物だけでなく、世界観もぶっ飛んだドラマでした
もうイノセントワールドが観れないのが寂しい

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第12話(12.21)

December 23 [Tue], 2008, 1:27
ダブルオーライザー、鮮烈のデビュー
その超パワーは、人間を超えたイノベイターの操縦するMSをすら凌駕する。
小惑星も軽く粉砕。
イノベイターは顔が似たようなのばっかで、区別がつかないのが難だな。
そして、ダブルオーライザーの登場は、各陣営に波紋を呼ぶ。

「僕も知らないガンダムの力だと・・・」
珍しく、動揺を隠せなかったのは、リボンズ
アムロの声で、この台詞を聞かされると、感慨深いものがある。
古谷もとい蒼月昇もいろいろ感じるところがあったのだろうか。
嘲笑気味に話しかけた王留美だが、
「黙っていろ、意地汚い小娘が!」
と、罵られた上、平手打ちされ、色を失ってしまう。
アンチ王留美なので、いい気味だと思っちゃった
でも、こういう女は、根に持ちそう大丈夫か、リボンズ?

「なぜなんだ。どうして、こんなことに・・・」
ルイスアロウズにいることを知ってしまった沙慈
この子は、どんどん辛い立場に追い込まれていくのう
1期のバカップルの頃が懐かしい。
そんな沙慈の心中を察した刹那は、
「戦え!
ルイス・ハレヴィをアロウズから取り戻すには、戦うしかない。」

と忠告(?)するが、
「冗談じゃない。僕はおまえらとは違うんだ。一緒にするな!」
と、言い返された上、殴られてしまう。
そりゃあ、そうだろう。
ルイスはソレスタルビーイングに両親を殺害されて、アロウズに身を投じたのに、
ガンダムに乗って説得したところで、取り戻せるはずがないべ。
でも、オーライザーで脱走しようか迷ってる沙慈を
遠くから見るだけで、とめようとしなかったのは、
戦争バカな刹那にも考えさせられるところがあったのかもしれない

しかも、沙慈がソレスタルビーイングにいることを知ったルイスは、
とんでもない結論を出してしまう。
「沙慈、いた、ソレスタルビーイングに・・・
パパとママを殺したやつらと一緒に。
刹那、彼も組織の一員だった。
その彼の隣に沙慈が・・・
関係してたんだ、あの頃から・・・」

自分と付き合ってた頃から、沙慈はソレスタルビーイングの一員だった・・・。
付き合ってた当時、刹那と沙慈は、マンションの隣人同士だったしなあ。
とんでもない誤解なのだが、ルイスがこう思ってしまうのも無理ない
ダブルオーライザーに乗って、沙慈が説明しても、誤解が解けるとは思えない。
「華奢な手だ」と言いながら、ルイスの手を触ったアンドレイ・スミルノフが、
機械の義手の手で軽く捻られたシーンは笑えた。
そこは笑えたのだが、
これからますます「どうして、こんなことに・・・」という展開になってしまいそうだ

★一期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 最終話

★二期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

★12月22日(月)の感想★
昨日今日と体調がおかしいせいか、なんか暑いなあと思ってたら、
本当に、暑い日だったらしい 自分がおかしいのかと思ってた。
で、明日は、寒くなるらしい。
こりゃあ、本当に、体調がおかしくなりかねないな

仮面ライダーキバ第45話(12.21)

December 23 [Tue], 2008, 1:18
『ウィズユー・最後の変身』  脚本:井上敏樹 監督:長石多可男
今回も、ほとんど過去編。
「音也と会ったら、太牙を殺す。
裏切者の血が流れているヤツに用はない、たとえ息子であろうと・・・」

真夜キングに脅かされている事情を知って、
「おまえの子供なら、俺の子供だ・・・」
キングを倒して、登太牙次狼たちを助ける決意をする紅音也
そのやりとりを聞いて、
「俺が力を貸してやろうか・・・」
協力を申し出るキバットバットU世
そして、遂に、音也がダークキバに変身、
キングの変身したバットファンガイアと戦う・・・。
過去編の最終決戦にふさわしい盛り上がりを見せた回でした

キバットバットU世が唐突に寝返った感があったけど、
これは、キングと音也を比べた結果なのでしょうね。
「裏切り者の血が流れているヤツに用はない」と言ってしまうキングと
「おまえの子供なら、俺の子供だ・・・」と言える音也との差なのでしょう。
キバットバットU世も、真夜と同じ結論に至ったというわけですな。
キバット親子の会話が少なかったのが残念でした。

でも、僕は、キングの方に、同情しちゃいますけどね。
未来(現代)から、紅渡がやってきたということは、
真夜と音也がいずれ結ばれ、子供を産むという未来がくることを意味しているわけで。
奥さんと間男に子供ができると知ってしまったら、そりゃあ旦那は冷静ではいられないべ。
しかし、キングなのに、クイーンや部下に裏切られる親子だなあ。孤独な王だ
キングのファンガイア態であるバットファンガイア、造型がかっこよかったなあ。
ファンガイアはステンドグラスをモチーフにしてるそうですが、
あまりそそらなかったんですよね。
でも、バットファンガイアは、過去編のラスボスだけのことはあって、完成度が高かった

渡と協力して、捕われの身の次狼・ラモン・力を救出する音也。
封印が解かれる次狼たちだが、
ダークキバ(音也)vsバットファンガイア(キング)を見て、
「何やら激しく盛り上がっているようだな」
「今のうちに逃げよう」

と、死闘を尻目に、とっとと退散してしまう
確かに、音也だとはわかりにくいでしょうが、印象が悪すぎる

現代では、鈴木深央の死を悲しんでいる太牙に、
ビショップが衝撃的な告白をする。
「クイーンはキングであるあなたを傷つけた。
ですから、私が・・・」

なんと、深央は、渡が殺してしまったのではなく、
キバのキックを受けた後に、ビショップにとどめを刺されてしまったらしい
ビショップの告白を聞いて、太牙激怒、
「許さん、キングの名において、貴様だけは・・・」
ビショップを滅多打ちにしてしまう。
このシーン、迫力あったなあ。
太牙を演じる山本匠馬の熱演もさることながら、
ビショップを演じる村田充が痩せぎすなものだから、本当に滅多打ちという感じだった
しかし、ビショップもなんでカミングアウトしちゃうのかね。
『銀英伝』のオーベルシュタインのような策士かと思いきや(外見も似てるし)、
「なぜこのような仕打ちを・・・」
と、太牙の怒りがまったく理解できてなかったようだし。
これで、深央の死で、太牙が渡を憎む理由がなくなったわけですが、
どうやら、ビショップが太牙をキングの座から引きずりおろそうと考えちゃったようで。
こりゃあ、現代編のラスボスは、ビショップかな。
ビショップが過去編に出てこないのが残念なのよね。出てくるべき人だと思うんだけど

全体的には、音也が主役の回だったのでしたが、
最後に、美味しいトコを持っていったのは、名護さん
753Tシャツをプレゼント紹介しながら、
「これを着て、私の弟子になりなさい!」
面白すぎる。
753Tシャツ、欲しいなあ。外に着ていけないけど

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 劇場版電王&キバ 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 劇場版 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE