ゴルゴ13第8話(5.30)

May 31 [Sat], 2008, 23:37
『動作・24分の4』
今回のゴルゴの標的は、ニューヨークマフィアドン・ジョバンニ
シマを奪われた弱小マフィアのボスが、復讐のため依頼。
ゴルゴに狙われていると知ったドンは、
居場所であるホテル21階の部屋の窓ガラスを防弾ガラスに変え、
暗殺部の部長トムソンにゴルゴ抹殺を指示。

まず、暗殺部の三人が路上でゴルゴを狙うが、あっけなく返り討ちに合う。
しかし、三人は、データを取るための捨て駒。
トムソンは暗殺部選りすぐりの三人を呼び出し、作戦会議。
隠し撮りしていたフィルムから、
ゴルゴが、24分の4秒=約0.17秒で拳銃を抜き、
0.04秒で一人を射殺する
のを指摘する。

ドンのいるホテルから、700m離れた場所から、ゴルゴは銃を乱射
防弾ガラスでゴルゴは動揺しているとトムソンはほくそ笑むが、
そこに、ドンが射殺されたという知らせが!
ゴルゴの残した銃から、防弾ガラスの一箇所に全ての弾丸を撃ち抜き、
ガラスを粉砕して、ボスを射殺した
と悟るトムソン。
三発の銃声が鳴り響き、トムソンが現場に向かうと、
暗殺部ベスト3が皆殺しにされていて、更に、自分を狙うゴルゴの姿が!

このストーリーは、僕の中で傑作の一つ
原作に比べると、だいぶ割愛されてる箇所が多いけど、
それでも、緊迫感のある描き方になっていました。
原作ラストの、トムソンを射殺するトコまではあえて描かずに、
トムソンを狙って、ゴルゴが銃を構えているトコで終わらせているのが好きですね

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

Around40第8話(5.30)

May 31 [Sat], 2008, 23:36
岡村@藤木直人の家庭へのトラウマが解消されたのに、
夫への不満から、家を飛び出した瑞恵@松下由樹奈央@大塚寧々
聡子@天海祐希のマンションに押しかけてきて、一難去ってまた一難な回でした。

で、マーくん@筒井道隆の女性キャラへの批評で、ドラマの結末が見えた気がしました。
聡子=綺麗で優秀で面倒見がいいのに、自分のこととなると全然ダメで、素直になれない人
瑞恵=平凡だけどいくらでも幸せになれる環境にいるのに、別の人生探し始めちゃう人
奈央=人に幸せに見られるのが一番大事で、好きでもない人と一緒にいる人

うーん、的確すぎる
彼女たちが間違いを正す方向に向かうと考えると・・・だいたい、予想はつきますね

やはり、一番安定してるのは、
その人の前にいると素直になれる相手を見つけた聡子でしょうか。
結婚に否定的だった岡村も、家庭へのトラウマが解消したことだし。

瑞恵は仕事は軌道に乗ったものの、
家事がおろそかになったことから、旦那@神保悟志と喧嘩をしてしまう
同性であるせいか、この旦那の気持ち、わかるところはわかるのよね。
女性の方は不快に感じるだろうけど。
この旦那は、奥さんは家にいてほしいという考え方の人だと思う。
僕の周りにも何人かいるし、僕の弟もそうなんだけど、
奥さんが仕事するのを許さない人って、結構、いるのよね。
その点、許してあげた旦那は、割と寛容じゃないのかなと思ったもんだ。
家事は完璧にやるという条件で仕事するのを許したのに、
肝心の家事がおろそかになっちゃったから、怒る・・・のは理解できちゃうのよね。
ちょっとは手伝えばいいのに、とか、
母親への花は、自分で手配すればいいのに・・・とは思いますが
ところで、定食屋の親父が、瑞恵に気があるように見えてしょうがないのですが、
進展は・・・ないだろうな。瑞恵、面食いそうだし

奈央は、完全に旦那@丸山智己とすれ違い状態。
マーくんから、奈央が太っていたという話を聞いた旦那は、
奈央はコンプレックスの塊で、
自分の価値を高めるためのアクセサリーとして、自分を選んだのだろう

と見下すように言い放ち、マーくんの怒りを買っていたけど・・・これは図星だろうね
しかし、旦那は、なぜ第1話の頃、熱烈に奈央にアプローチしてたんだろ?
それが不思議でならない。
あと、マーくんは、奈央の幼馴染で、その頃から好きだったのに、
なぜこの歳になるまで告白とかしなかったんだろ?
勇気がなかったのか?
「心が大事」と言いつつ、定食屋であることにコンプレックスがあったのか?
マーくんのニックネームの由来より、そっちが気になるわ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

古畑任三郎3第3話

May 31 [Sat], 2008, 23:35
今回の舞台は、風邪をひいた古畑@田村正和がたまたま立ち寄った人里離れた村
今泉@西村雅彦が知り合った日下部薫子@あめくみちこという女性が
村から姿を消してしまい、村人もまたそんな女性は知らないと言う。
実は、日下部薫子は村から大金を奪った詐欺師であり、
村人から親方様と慕われる村長@松村達雄が殺害していた。
しかし、村長を逮捕させたくない村人は、
日下部薫子という女性はいなかったということで口裏を合わせていた。

村人全員が犯人を匿っているため、証言が当てにならないというシチュエーション。
クリスティーの小説にも、こういう話がありますが、面白いねえ。
それにしても、こういうロケ地をよく探すもんだ。
ところで、焼酎焼蛤って、似ている・・・かねえ

★古畑3期の感想★
第1話(市川染五郎) 第2話(真田広之)

古畑任三郎3第2話

May 30 [Fri], 2008, 23:10
この回の犯人は、多忙メディアプランナー由良一夫@真田広之
ホテルに宿泊している由良は、
別の部屋で宿泊している政治家を射殺するが、
「隣のビルでオフィスラブを楽しむカップルを見た」という一言が決め手となり、逮捕。
犯行当時、ホテルは、イルミネーションを使ったイベントが行われていて、
由良の部屋からは、隣のビルは見えなかった。
したがって、由良は犯行現場にいたことになるというわけ。
実は、そのイベントを企画したのが、由良自身だったのだが、
由良はあまりにも忙しくて、そんなイベントのことを忘れていた。
由良が最後に言い残した「いい休暇になりそうだ・・・」も冴えてました

この回は、真田広之に尽きる。
眼鏡をかけて、知的に見える由良と古畑@田村正和のやりとりは、テンポがあってよかった。
携帯電話が普及することで、
コミュニケーションやら異性へのアプローチやら、いろいろ変わったけど、
推理ドラマのアリバイ工作も変わったなあ。
「そのときは、電話してました」という台詞は、アリバイ崩しの必須項目だもんなあ

★古畑3期の感想★
第1話(市川染五郎)

★5月30日(金) の日記★
ちょうど今、報道ステーションの古舘伊知郎と水谷豊の対談を観てました
明日も雨かあ。
それにしても、今週はじめは暑かったのに、昨日今日と寒いなあ

ホカベン第7話(5.28)

May 29 [Thu], 2008, 23:15
今回、灯@上戸彩が引き受けた案件は、
浪人生戸塚源一@遠藤雄弥が起こした強姦致傷事件の弁護
戸塚は、予備校が終わった後、
バイクがパンクして困っていた信用金庫勤務の松沢明美@片瀬那奈
助けたことをきっかけで、カラオケボックスに行き、暴行を働いていた。
ちなみに、戸塚は、初犯ではなく、再犯
また、戸塚の父は市議会議員で、
エムザ法律事務所としては、何としても執行猶予を勝ち取りたい。

弁護を引き受けた灯ですが、
男に襲われる想像をするわ、
松沢明美に「なぜ女のあなたが弁護するのか?」と詰られるわ、
被害者の代理人である弁護士@小市慢太郎に示談の話をちらつかせて、
100%非があると不用意に発言したのを録音されてしまうわ、いつもどおり苦戦
灯が男に襲われてるシーンを思い浮かべて、トイレでもどしたりするから、
そういう苦い経験があったのかと思ったら、あれは想像だったのね。
ちょっと想像力過剰じゃないの?と思ってしまうのは、僕が男のせいですか。
あと、代理人弁護士が隠しマイクを使っていたのは、
加害者側だろうが、被害者側だろうが、関係なく、
弁護士の世界は、裁判に勝つことだけが正しいということなんだろうねえ。厳しい世界だ

杉崎@北村一輝が灯に与えた指示は2つ。
・現場には、戸塚と松沢明美しかいなかったのだから、証言できる者はいない。
強姦の事実はなかったと戸塚に供述を変えさせろ!
・松沢明美の過去を調べ、不利な材料を見つけろ!

適切だけど、かなりえげつないやり方ですね。
僕も、えげつない仕事は結構やったことがありまして、
心中複雑ながらも、仕事ならしょうがないと割り切ってやったものですが、
灯のような正義感の強い人にはキツいかもしれません。

あまりの非道な指示に、「本心ですか?」と尋ねる灯に、
「死刑になりゃあいいんだよ。
暴力で女を犯すようなヤツ、誰が弁護したいんだよ。
俺だって人間だよ、それぐらいわかってるんだよ。
何が正しいかくらいわかってるんだよ。
法律だ、正義だ、
そんなヤツ守るために、弁護士になったんじゃねえよ。
おまえに言われなくたって、わかってるんだよ!」

と、怒鳴り散らす杉崎
杉崎は杉崎で、不本意な案件に借り出されるのに、うんざりしてたのね。

で、肝心な裁判はというと、
個室のカラオケボックスに誘ったのは、被害者の方じゃないかと主張、
更に、松沢明美に万引きの補導歴があったことを暴露し、
弁護人としての最善を尽くした上で、
戸塚に松沢明美のバイクをパンクさせるよう指示された友人を
相手側の弁護士に相談するよう仕向けて、証言させることで、
計画的に犯行を企てていた戸塚を刑務所送りに持っていく。
初の敗訴となったわけですが、灯にとっては、満足できる判決だったことでしょう。
裁判が終わって、杉崎が灯を飲みに誘ったり、久しぶりに明るく締めた回でした。
しかし、灯と飲んでも楽しくなさそうだなあ

男が議員の御曹司で、女が信用金庫の職員だから、
てっきり、女が使い込みでもしていて、男をハメたのかと思ってました
ひどい推理だと思うかもしれないけど、
初対面の男と、個室のカラオケボックスに入るというのがねえ.、
ありえなさそうだから(僕の感覚の方がおかしいのかな)、疑っちゃったわけよ。
襲っちゃう男は絶対悪いけど、
のこのこ行っちゃう女もそれなりに悪いんじゃないのって思っちゃった。

昨年の強制わいせつや強姦の警察への認知件数は約1万件で、
そのうち、検挙されたのは、半数ぐらい
という話が、劇中で出てきました。
脚色ではなく、事実なんでしょうね。
そして、たぶん、この数字は、減ることはないんだろうなあ。
最近、短絡的に犯罪を犯す人が増えているし・・・何とかならんのかねえ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

ふしぎ遊戯第44話

May 29 [Thu], 2008, 23:12
箕宿に肉体を乗っ取られた張宿は、
精神を振り絞って自らの体を傷つけ、箕宿を道連れに死亡。
それぞれ影の薄い七星士でした。
しかし、これは引き金に過ぎず、これから次々に登場人物が散っていくのよね

青龍召喚の儀式を阻止しようとする美朱たちの前に立ちふさがるのは心宿
「おまえたちに礼が言いたくてな。
おまえたちは本当に愉快だったよ。
なあ、鬼宿、
おまえの家族をあそこまで残虐に角宿に殺させたのは、なぜだと思う?
ひどければひどいほど、我々を許せなくなるだろう?
朱雀の巫女がそう思い動かなければ、唯様もまた動かない。
そうして、おまえたちは、いつも計算どおりに行動を起こしてくれた。
ほかの青龍七星士とも相討ちしてくれたしなあ。
唯様には、私一人がいればいい。
願いはたった3つしかないのだからな。
本当に感謝するよ。
お蔭で、こうして青龍を呼び出すことができるのだから。」

ここまでの流れを講釈してくれる心宿先生。
いや、まったく心宿の望みどおりに、美朱たちは動いちゃったものです。

ここで井宿が心宿に問いただす。
「なぜ、あんたは倶東国についているのだ?
その目、その髪の色、
14年前、倶東国の領土拡大の折、
ことごとく滅ぼされたはずだった濱族の特徴そのもの。
もし、あんたがその生き残りなら、なぜ倶東国についているのだ?
青龍に何を望んでいるのだ!?」

しかし、心宿はそれについては何も語らず・・・。
心宿様には、やはり複雑な事情があるようで、フフフ。

そして、心宿が時間稼ぎをしている間に、
(またしても、心宿の計算どおりだ・・・)
玄武と白虎の神座宝を手に入れた唯ちゃんが、青龍召喚の儀式を始めちゃうのでした
いよいよ、次回は、青龍出現!

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話

古畑任三郎3第1話

May 29 [Thu], 2008, 23:11
昨日から、東京では、『古畑任三郎3期』の再放送が始まりました。
6月に、古畑の中学時代を描くSPが放映されるからでしょうね。
同じく再放送されている『相棒』ともども、ねちっこい逮捕劇を楽しみたいと思います。

古畑任三郎3期は、1999年の作品。
ちなみに、1期は、1994年放映。
もう10年以上前の作品だったんだねえ
真犯人やトリックが既にわかっているのに、面白い。
事件の展開を視聴者も推理しながら楽しむ『相棒』に対して、
古畑@田村正和と豪華ゲストが演じる真犯人とのやりとりが面白いのよね
好きな回は、中森明菜・堺正章・明石家さんま・唐沢寿明がゲストの回かな。
どれも、面白いので、選ぶのに困りますが

第1話の犯人は、落語家の気楽家雅楽@市川染五郎
人気はあるが、古典に詳しくない若旦那
新作落語の盗作をした末、兄弟子苦楽@モロ師岡を殺害。
アリバイを巧みに工作するが、
死の間際に、苦楽が握った煮干が、
若旦那を示すダイイングメッセージであることを
古典に詳しくなかったため、気づかず、
扇子に血痕が残ってたために、御用となってしまう。
雅楽の師匠を演じたのは、『仮面ライダーカブト』じいやを演じた梅野泰靖だったのね。

3期は、パワーダウンしていたイメージがあったけど、この話は面白かったなあ。
再放送ゆえに、カットされた部分が多かったのが残念でしたが。

おせん第6話(5.27)

May 28 [Wed], 2008, 23:00
ひょんなことから、お見合いをすることになったおせんさん@蒼井優
お相手の千堂@小泉孝太郎は、申し分のない好男子。
おせんさんもまんざらではないご様子。
しかし、千堂は、一升庵の料理を食べると、
まだまだ自分はおせんさんにふさわしくないと悟り、去っていくのだった。

うーん、今回のストーリー、何を描きたかったんだろう
千堂が去っていったのは、笑うトコか?
おせんさんが千堂と結ばれようが、ヨシ夫@内博貴と結ばれようが、
どうでもいいことでやんすよ。
ドラマなら、描きそうなシチュエーションだけど、
おせんさんの恋愛模様には興味ないし、
そういうのを描くドラマではないと思うんだけどなあ。
ハンバーグは美味しそうでしたけどね

船場吉兆が廃業することになったらしい。
当然の結末でしょうね。
安心して料理を楽しめないし、接待とかに使えないだろうし。
あれで行く気になれるのなら、よっぽどおめでたいお客さんだよ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

★5月28日(水)の日記★
今日から、東京では、『古畑任三郎』の再放送が開始。
『相棒』も再放送しているので、
杉下&古畑、二人のねちっこい犯人逮捕劇を堪能する日々が続きそうです

無理な恋愛第8話(5.27)

May 28 [Wed], 2008, 22:57
かえで@夏川結衣とデートの約束を取りつけた立木@堺正章だが、
人間ドッグを受けた結果、ポリープが発見され、検査入院することに
年寄りだと思われたくないので、出張だと、かえでに嘘をつく立木だが、
同じ病院に龍彦@徳井義実が入院したことから、あっさりバレてしまう。

これは、立木のおっちゃんの気持ち、判るよお
僕が立木の立場でも、嘘ついちゃうかもしれない。
好きな女性にあまり弱いトコ、見せたくないもんねえ。
まして、立木には、かえでと歳が離れているという負い目もあるし。
まあ、立木のおっちゃんの場合、初回でいきなりぶっ倒れて、
かえでにパンツ脱がされちゃっているんですけどね

あと、ポリープだと告知したお医者さんに、
「60歳過ぎてるんですから、仕方がないですよ」
と言われて、落ち込んじゃうシーンにも共感しちゃったなあ。
医者に悪気があったわけではないし、僕自身ぽろっと言っちゃいそうだけど、
特に、立木みたいに年齢よりは若く見える人には、
ショックを与えちゃう言葉かもしれないなあ。
高齢化社会を迎えるわけだし、
こういうドラマ、これから流行るかもしれないなあ

冒頭の人間ドッグに行くのを渋る立木に、
「根本的に、考え方が間違っています。
人間ドッグというものは、勝負ではありません。
いい結果を出すために、頑張る場所ではありません。
そこで、見栄張って、何の意味があるんですか?」

と、ばっさり言い放つ祥子@青木さやかがよかった
芸人・青木さやかはあまり好きではないけど、このドラマの青木さやかは好きだ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

絶対彼氏第7話(5.27)

May 28 [Wed], 2008, 22:55
創志@水嶋ヒロ元カノ平井夏美@酒井彩名登場
どうやら、創志にまだ未練があるご様子。
創志と夏美の関係を勘違い(?)し、
親友だと思っていた美加@上野なつひに裏切られた梨衣子@相武紗季は、
遂に、ナイト@速水もこみちの胸に飛び込む。

うーん・・・現実逃避してるようにしか見えない
あまりにも、梨衣子に相手にされないので、
いくらもこみちでも、流石に同情してきていたのですが、
かといって、梨衣子と結ばれるというのは、ちょっと嫌なのよね。
そうなっちゃうんだろうけどさ。

ふじ子姐さん@真矢みきが、ナイトがロボットだと気づいちゃったようです。
いずれ、誰かにバレるとは思ってましたが、
まあ、ふじ子姐さんなら、問題ないか。
ナイトには、バーコードがついているようですが、
並切@佐々木蔵之介部長@篠井英介、どちらかにバーコードがついていそう

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE