みなみけ〜おかわり〜最終話(3.30)

March 31 [Mon], 2008, 22:42
『みなみけ〜おかわり〜』も遂に最終回。
やっと終わってくれたというのが、正直な感想です
春香姉さまの留学の噂を知り、
安心して留学できるよう、
夏奈千秋がドタバタながらも家事を頑張るが、
春香姉さまに留学の意思はなし、
保坂だけが異国に旅立つ・・・
という南家三姉妹のほのぼのとしたストーリーはよかったけど、
フユキの手紙は要らなかったぞ

うーん、違和感を感じた『おかわり』でした。
千秋に対してすら鬼のような怖さを見せた春香姉さま、
そのKYぶりが不快にすら感じさせた夏奈、
存在そのものが違和感の塊だったフユキ、
どれも迷走してるなあと感じた。
僕のお気に入りキャラだったマコちゃんは、
春香姉さまのそばにいたいが故に、心ならずも女装してたはずだったのに、
春香姉さまと一緒のシーンはまったくなく、ただの女装少年になっちゃったし
演じてる方も違和感があったのではないでしょうか。
『無印版』がよすぎた。そういうことにしておこう。ばかやろぉ

★今までの感想★
無印版最終話 第1話

篤姫第13話(3.30)

March 31 [Mon], 2008, 22:39
篤姫@宮崎あおい、やっと江戸に着きましたねえ
しかし、桜島といい、富士山といい、よく叫ぶお姫様だ
幾島@松坂慶子、注意しなくていいのかね。

江戸の薩摩藩邸で篤姫を待っていたのは、
島津斉彬@高橋英樹の正室英姫@余貴美子の冷たい出迎え。
英姫、顔を布で隠し、怪しさプンプンだったなあ。
篤姫が島津本家の養女になったことや将軍家への輿入れが不快なのかな。
英姫は、徳川一門の一橋家の出身。島津家より数段格上のお家柄。
斉彬も一緒にいると、くつろげなかっただろうねえ。
篤姫と実際に確執があったのかどうか知りませんが、
分家の姫だと、身分が低いと見られても、仕方がないかもねえ。
余貴美子の演技といい、『大奥』という雰囲気がだんだん出てきました。

一方、江戸に行きたいと願い出る肝付尚五郎@瑛太に許しは下りず。
篤姫のそばにいたいという動機が軟弱すぎるんですが。
幕末の志士なのに、こんな扱いでいいんだろうか

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

仮面ライダーキバ第10話(3.30)

March 31 [Mon], 2008, 0:02
『剣の舞・硝子のメロディ』  脚本:井上敏樹 監督:石田秀範
師匠と慕ったバイオリン修復家の大村フロッグファンガイアだったことで、
人間を襲わないファンガイアもいるかもしれないと考える紅渡でしたが、
そこは、独善家の名護啓介、そんな渡の意見など一蹴
仮面ライダーイクサに変身して、フロッグファンガイアを倒してしまいました。
珍しく名護さんに意見した渡だったけど、今回は、名護さんの方が分があったかな。
絶対音感のせいか、ビルの工事の騒音で暴れてしまう大村は、ちょっと危険すぎました。
かといって、名護さんがまったく正しいとも思えない。
渡の意見に対して、
「俺に逆らうな!俺は常に正しい!俺が間違うことはない!」
と言い放った名護さんは、かなり危険人物だ(笑)。
名護さんのことも尊敬している渡の目も覚めたかな?
渡と名護さん、キバとイクサ・・・共闘は難しそうです

1986年の方では、前回、ガルルこと次狼が変身したのを見た紅音也が、
次狼を怪物だと訴えるが、
そこまでして素晴らしき青空の会に入りたいのかと、誰からも相手にされない(笑)。
『カフェ・マル・ダムールでおにゃんこの曲がかかるのを、次狼はどう思ってるんだろ?』
と、前回、書いたけど、どうやら次狼さんは、おにゃんこファンらしい。
それも、会員番号32番山本スーザン久美子がお気に入りの様子。
それを聞いて、
「これではっきりしたな。おにゃんこファンには化け物はいない・・・」
と結論を出す
アホだ、こいつら。大丈夫か、素晴らしき青空の会
やっぱ、1986年チームは、面白いのう♪

そういえば、大村が
「もう22年間、人間のライフエナジーを吸ってはいません。」
と、渡に告白するシーンがありました。
1986年に現れたファンガイアが22年間も倒されないのが不思議だったので、
タイムワープでもしてるのかなと思ってきたけど、
どうやら単純に生き延びてきているようです。
ということは、1986年の素晴らしき青空の会は、成果をあげてないということですな

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

君が主で執事が俺で最終話(3.29)

March 31 [Mon], 2008, 0:01
随分、おとなしい最終回にしちゃったんだなあ。
アリー・アル・サーシェス似の親父が
モビルスーツでも乗るんじゃないかと思ってたんですが

パロディーと色っぽい絵で楽しませてもらいました。
僕は、TVKで観てたんですが、
true tears→破天荒遊戯→君が主で執事が俺で→シゴフミ
の流れが好きでしたねえ。
たてかべ和也さんの出番が少なかったのが、ちょっと残念でした

★今までの感想★
第1話

true tears最終話(3.29)

March 30 [Sun], 2008, 23:59
仲上眞一郎が出した結論。
好きな相手は、湯浅比呂美であり、
石動乃絵は絵本を描けるようになった恩人。

最後まで眞一郎がどっちを選ぶのかわからなかったなあ
番組が終わって、やっと安心した。
比呂美の部屋に眞一郎ママが訪ねたときは、もうダメかと思ったよ。
それでいて、第1話の時点から、
眞一郎が好きな相手は、終始比呂美だったようにも思える。
とにかく、比呂美が幸せになってくれそうで安心した

絵の清清しさのせいか、地方を舞台にしているせいか、
清純な印象を受ける不思議な作品でした。
本当は、昼ドラ並みのドロドロさなのにね。
実写ドラマ化してもいいんじゃないかと思うくらい、ドラマの完成度が高い作品でした

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

機動戦士ガンダムOO最終話(3.29)

March 30 [Sun], 2008, 23:53
2クールかけて放映されてきた『機動戦士ガンダムOO』でしたが、
どうやら第二期のための壮大な前振りだったみたい

最終防衛戦は・・・ガンダムマイスターほぼ壊滅状態。
ティエリアは、ナドレのGNドライブプトレマイオスに委ねて、おそらく死亡。
ティエリアの女性疑惑は、このまま闇の中?
アレルヤは、セルゲイ中佐&ソーマ少尉との激闘の末、ハレルヤのみ死亡(?)。

残るは、ガンダムエクシアに乗る刹那
対するは、自ら出撃したアレハンドロ・コーナー
よくよく考えると、刹那をはじめプトレマイオスの人たちって、
アレハンドロのこと、知らないのよね(笑)。
国連大使であることも、ソレスタルビーイングの監視者であることも。
バトルの最中、アレハンドロが自らの野望をペラペラ喋ってくれたお蔭で
刹那は諸悪の根源だと気づくのですが、
黄金のモビルアーマー黄金のモビルスーツという悪趣味さ、
国連大使なのに自ら出撃しちゃう小物ぶり、
死の間際に、リボンズから利用されていたことを聞かされ
ショックを受けながら散っていったアレハンドロは、
コーラサワー以上に道化な存在でした
おまけに、グラハムの参戦で、ラスボスの座も失っちゃうし。
でも、ここまで道化役だと、確かにラスボスにはふさわしくないかも。

そして、アレハンドロを撃破した刹那の前に現れたのは、GNフラッグに乗ったグラハム
あらら、来ちゃったのかよって感じ。何か空気読んでねえ登場だなあ
ブログを閲覧してると人気のあるグラハムですが、
どうも僕は、この人の自分に陶酔してるような言い回しが好きになれない。
「会いたかったぞ、ガンダム」
「私と君は赤い糸で結ばれていた」
「この気持ちはまさしく愛だ」

勝手に思いをぶつけた挙句、刹那と相撃ち。
・・・アリー・アル・サーシェスとは別の意味で戦争屋だったんだなあ

密かに貧乏姫に遺言を送ってた刹那ですが、たぶん生きてるんでしょうね。
宿敵アリー・アル・サーシェスも生きてることですし。
先週の段階では、第二期で仮面を被って現れるのは、
刹那か、アリー・アル・サーシェスか、コーラサワーか(笑)、と思ってました。
エピローグで、仮面被ってた人がいたし、それはなさそうですけどね。
そういえば、かつて刹那の前に現れたガンダムを操縦していたのは、誰だったんだろう?
明かされることはないのかな。


で、本編より気になったエピローグ
西暦2312年ということで、第1話から5年後。
国際連合地球連邦に改名、
各国の軍隊は解体され、地球連邦平和維持軍に一元化。

平和維持軍の制服は、セルゲイ中佐には似合わないのう
セルゲイ中佐は、この最終回で、ソーマ少尉の盾になって、戦死するかと思ってました。
助かってくれて、ホッとしましたね。
「中佐がいなくなってしまったら、私は一人になってしまう」
というソーマ少尉の告白もよかった。
養子縁組か、入籍でもして(笑)、二人仲良く暮らしていることでしょう

そして、カティ・マネキン大佐の背後に平然と立ってるコーラサワーに大笑いした。
あんた、生きてたのか
きっとこの二人も一緒に暮らしてるような気がする

アザディスタン王国では側近のメガネが貧乏姫からお暇をいただいたのは、
何か意味あるんだろうか。
リボンズは、すべての黒幕で、第二期のラスボスかな?
そして、仮面を被ったグラハムに、酒で気を紛らわしているアリー・アル・サーシェス
仮面を被るのは、グラハムでしたか。
ただ、あの禍々しい仮面は、気障なグラハムらしくはなかったなあ。
アリーが荒れてるのは、平和維持軍などができて戦闘のない世界になったせいか、
それとも、前回の戦闘で、重傷を負ってしまったせいか。

暗黒面に引き込まれたかに見えた沙慈は、立ち直ったご様子。
ホッとしつつも、ガンダムを見ても動じない姿にちょっと物足りなさも感じた。
もうソレスタルビーイングへの憎しみの気持ちは消えたのかな。
そして、ルイスのそばにいたティエリアのそっくりさんは何なんだ?
ロックオンのそっくりさんといい、第二期はそっくりさんが続々出ちゃうのか?
ルイスの左腕を奪ったネーナ・トリニティは、
ソレスタルビーイングの基地に合流したようですが、表情がやけにうつろだったなあ。
洗脳されているのだろうか。


最後に・・・
武力行使による戦争根絶という理念を掲げるソレスタルビーイング
そして、その理念を信じてやまない刹那たちは好きになれなかった
父性愛のセルゲイ中佐、お笑いのコーラサワー等、
微笑ましく感じるキャラはいたんだけど、
生き方や考え方に共感し、応援したくなるキャラは遂に現れなかったなあ

そんな僕にとって、『ガンダム00』の見所は、
武力行使による戦争根絶という考え方が正しいものとして描かれるのか?だった。
しかし、この第一期では、そこら辺は、曖昧にしたままだったなあ。
更に、アレハンドロ・コーナーやトリニティ兄妹という明確な悪の存在を出すことで、
正義vs悪の立場をある意味判りやすくしたが、
その分、陳腐にしてしまったのが残念だった。
第二期を観てみないと何とも言えないけど、
視聴者に判断を任せて、結論は描かれないような気がする。

ソレスタルビーイングや刹那の理念、異常に強すぎるガンダムetc不満もあったけど、
最終話まで観ずにはいられないパワーのある作品だった。
ルイスが左腕を失ったときは、久しぶりにアニメで泣いたり怒ったりしたもんなあ。
第二期も楽しみにしてます。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話

灼眼のシャナU最終話(3.28)

March 30 [Sun], 2008, 23:52
悠二零時迷子を取り戻しハッピーエンド
ラスト、笑顔のシャナ・涙目の吉田一美の様子だと、
悠二はシャナを選んだようですな。
吉田一美、フィレスを呼んでたら、救いがなかったなあ

絵的には、迫力のある最終回だったけど、
シャナ側もバラマスケも犠牲者はなく、
適当なところで切りあげたという中途半端な印象。
テンポの悪いところは、『シャナU』を象徴した最終回に感じてしまった
『ガンダムSEED』や『ガンダム00』みたいに、
キャラを死なせればいいってもんではないけどさあ。
が何だったのかも、さっぱりわからなかったなあ。

★灼眼のシャナ1期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第11話 第13話 第14話第15話第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話第23話最終話

★灼眼のシャナ2期の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 最終話

ロザリオとバンパイア最終話(3.27)

March 29 [Sat], 2008, 0:08
人間だということがバレて、処刑寸前の月音のもとへ
『月音が人間でも構わない』という気持ちになった萌香・胡夢・紫・みぞれが結集。
諸悪の根源である公安委員会の九曜を倒す
九曜を倒したのがなぜか月音のお手柄になり、
人間だというのも、早とちり扱いされて、めでたしめでたし

お気楽に観ていられる楽しい作品でした。
1クールで終わっちゃったのが、残念。
それにしても、パンチラが目立つ作品でした(笑)。
九曜へのとどめになったのが、萌香のパンチラキックだったのも、
作品らしさが出ていて、GOODでした

★今までの感想★
第1話

ふしぎ遊戯第35話

March 27 [Thu], 2008, 23:41
玄武七星士に認められて、
そして柳宿の命と引き換えに、やっと手に入れた神座宝
しかし、狼の姿と化した尾宿にあっさり奪われてしまう美朱
もう、何やってんだか

神座宝は、心宿のもとへ
そして、お手柄の尾宿は・・・最早、用済みと、ばっさり始末
流石、心宿、冷酷なお方です。
でも、狼の尾宿は、結構、イイ仕事するんじゃないかと思うんだけどなあ

焦る美朱の前に現れた太一君は、
心宿の気の力は強力だが、交われば、気の力を弱められる・・・と、忠告。
交われば・・・って、遠回しに言ってますが、要するに、えっちしろってことです
しかし、神座宝を失い、焦る美朱は、
交わるため、もとい、気の力を弱めるために、心宿のもとへ

しかししかし、その太一君は、青龍七星士・氏宿(とも)が作った偽物。
美朱の処女を奪うことで、朱雀の巫女の資格を失わせよう・・・という心宿の作戦。
心宿をはめようとした美朱でしたが、
罠にかけられていたのは、美朱の方だったんですなあ。
でも、美朱も、自分の方から、交わろうとしてたしなあ。
結果的には、変わらんわけですが。
それにしても、夕方放映するには・・・少女漫画の割には・・・過激な内容だ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話

逆境無頼カイジ第25話(3.25)

March 27 [Thu], 2008, 23:40
兵頭会長カイジの最終決戦
カイジは、勝てば、一億の大金が手に入るが、
負ければ、持ち金2000万と指4本を失う
しかし、こうしてゲームが開始されると、
ティッシュボックスに手をつっこんで、当たりくじを探す
というのは、想像以上にしょぼいゲームだなあ
知能戦でも駆け引きでも何でもないし。

カイジは、ティッシュボックスに仕込んだもうひとつのの当たりくじを掴もうとするが、
なぜか隠し場所に当たりくじはなし
たぶん、先攻の会長にイカサマを見抜かれちゃったんでしょうね。
さて、当たりくじ自体は、今、どうなってるんだろう。
ティッシュボックスの中に、二枚、当たりくじがあるんだろうか?
それとも、会長が握っている?

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE