人形劇三国志 第56回 関羽の涙

January 30 [Wed], 2008, 23:09
樊城の曹仁の援軍に向かう魏の于禁龐徳
しかし、この両者の仲がしっくりいかなかったのが、よくなかった。
龐徳は関羽と一騎打ちをし、優勢に戦いを進めるが、
功を奪われると焦った于禁は、退却のドラを鳴らし、勝利の機会を逃してしまう
最後は、水攻めに合い、両将とも生け捕りになってしまう。

龐徳に功を奪われると焦った総大将の于禁。
男の嫉妬が醜く描かれてましたが、気持ちは判ります。
曹操の旗揚げ時から仕えてきたのに、
新参者の龐徳が功績を独り占めしたら、面白くはないだろう。
あと、降服したことも醜く描かれてたけど、それはどうなんだろうね。
確かに、降服を断固拒否した龐徳は潔く見える。
でも、生きていれば、また曹操のもとに戻り、汚名返上する機会はあるかもしれない。
関羽だって、一度は曹操に降服し、機会を待ったこともあった。
降服したことで、ここまで無様に描かれる于禁に、ちょっと同情しちゃいました。

于禁とは反対に、降服を断固拒否する龐徳。
「わしとて、武運つたなく捕らえられれば、降参するよりは死を選ぶであろう。」
と、龐徳の首をはねる関羽。
敵対したとはいえ、関羽と龐徳は価値観が近かったんでしょうね。
龐徳の忠義心に関羽・曹操が心を打たれるのがよかったです。
そして・・・龐徳と同じ覚悟を、関羽がするときが近づきつつあります

★今までの感想★
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回 第38回 第39回 第40回 第41話 第43回 第44回 第45回 第46回 第47回 第48回 第49回 第50回 第51回 第52回 第53回 第54回 第55回

貧乏男子ボンビーメン第3話(1.29)

January 30 [Wed], 2008, 23:08
だんだん小山一美@小栗旬の能天気ぶりにイライラしてきた
利息がといちになっても、相変わらずのお気楽ぶり。
本当に借金で困ってる人が観たら、もっとイライラするだろうねえ。

引田@八嶋智人は女にカネを騙されやすいタイプだったのね。
オムオム@ユースケ・サンタマリアが言ったとおり、
騙すヤツも悪いけど、騙されるヤツも悪いと思うよ。
騙されるヤツがいっぱいいるから、
オレオレ詐欺だの振り込め詐欺だの円天だの、騙そうとするヤツが現れるんだと思う

★今までの感想★
第1話 第2話

あしたの、喜多善男第4話(1.29)

January 30 [Wed], 2008, 23:05
喜多善男@小日向文世が自殺するまで残り8日
宵町しのぶ@吉高由里子に終始翻弄させられた回でした。
単なるオバカ女にしか見えなかったしのぶですが、
なかなか可愛い子じゃないですか。
そばにいたら、苦労しそうだけど

矢代平太@松田龍平から善男殺害の依頼を受けた殺し屋片山@温水洋一
なんと善男の殺害がデビュー戦
ゴルゴ13だろうが、どんな殺し屋だろうが、デビュー戦はあるのですが、
それを口にされると、依頼人は不安に感じちゃいますねえ。
だいたい、依頼人のためにパスタを料理するというのが、間違ってると思うんだ(笑)。
「明日、やっちゃダメですか?」と言ったら、
「じゃあ、この話はなしだ」と平太に言われて、
「ええーーーー!?」って、ショックを受けたトコが笑った。
もうこれでリタイアかと思ったよ。

しのぶの気まぐれで、誘拐犯扱いされてしまった善男。
ネガティブ善男のアドバイスもあり、身代金要求までしちゃいます。
お蔭で、平太は善男の真意をはかりかね、
長谷川リカ@栗山千明は、独断で片山に善男殺害を依頼する。
ここにきて、リカの方が保険金殺人に積極的になってきました。
しのぶは政治家たちのやばい秘密を握っているらしく、ほかにも追っ手が現れそうです。

そして、箱根温泉にまで現れた杉本マサル@生瀬勝久
杉本と金髪男のやりとりは面白いわ。『トリック』っぽくはあるけど。
善男とネガティブ善男のやりとり(?)を目撃してしまいますが、
喜多善男の秘密を知ることはできるのでしょうか。

そして、ネガティブ善男・・・
やっぱ、善男は、喜多善男を演ずることに疲れちゃったんじゃないかねえ。
前回、「もう私の前に現れないで」と言ったみずほ@小西真奈美を「ひどい女だ」と言ったり、
身代金を要求しようと提案したネガティブ善男の考え方は、善男の一部だと思うのよね。
100%善人な人間などこの世にはいない。
善男がネガティブ善男を受け入れるときが、
自殺願望を捨てるときのような気がしてならないです。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

人形劇三国志 第55回 五虎大将関羽 出陣す

January 29 [Tue], 2008, 23:40
玄徳漢中王となったことに怒る曹操
そんな曹操に、呉に荊州を攻めさせるよう献策する仲達
それに対し、樊城の曹仁がまず荊州を攻めるよう条件を出す孫権
魏・呉の動きを察知し、荊州の関羽に曹仁を攻めるよう命を下す玄徳。
いよいよ荊州の関羽を中心としたストーリーに突入しました。

親類の娘と関平を結婚させ、親睦を深めようとした孫権に、
「虎の子を狗の子を迎えるようなことはできぬわ!」
と一喝する関羽
威勢はいいけど、
「北は曹操に辺り、東は孫権に和す」
という孔明の助言をすっかり忘れているなあ

★今までの感想★
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回 第38回 第39回 第40回 第41話 第43回 第44回 第45回 第46回 第47回 第48回 第49回 第50回 第51回 第52回 第53回 第54回

薔薇のない花屋第3話(1.28)

January 29 [Tue], 2008, 23:38
このドラマで僕が関心があるのは、
なぜ安西@三浦友和英治@香取慎吾を憎むのか?
・・・それのみです。
英治と美桜@竹内結子の恋の行方にはあまり興味沸かないです

「私はどうしても娘の気持ちが理解できないんだ。
愚かな娘ではなかった。
男の外見や甘い口車に乗せられて、判断を見誤ることなどなかったはずだ。
それなのに、どうして、なぜ、あんな男に惹かれたのか。
未だに、まるで理解できない。
あんな卑劣な男の・・・一体何に。」

英治は、どんな卑劣な男だったのだろうか。
今回、英治は、万引き少年名も無き戦士と評し、かつての自分に似ていると語った。
名も無き戦士とは、家庭や社会、価値観に抵抗していたってこと?
たぶん、かつての英治は荒れていたのでしょう。
美桜がチンピラに暴力を振るわれてキレたときの姿が、英治の本性だったんだと思う。
そして、彼女@本仮屋ユイカは、英治のせいで失明してしまったのではないだろうか。
だとすれば、安西が美桜に目の不自由なフリをさせて接近させたのもわかる。
目の不自由な美桜を英治が放っておけないと踏んだのだろう。
そして、美桜も彼女と同じように英治を好きになるのか試したかったのかもしれない。

では、なぜ安西が英治を憎むのか。

仮説@ 安西と彼女は親子
英治のせいで彼女が失明してしまう。
にも関わらず、彼女は英治を愛してしまう。
彼女が亡くなり、安西には憎しみだけが残る。

仮説A 安西と英治は親子
安西は英治に病院を継がせようと、英才教育を施そうとしていたが、
反抗する英治は事件ばかり起こし、その挙句、彼女を失明させてしまう。
失明した彼女を引き取ったのは、安西の病院
一家の面汚しである英治を、安西は許せないでいる。
そして、そんな不肖の息子をなぜ彼女が愛したのか、安西には納得できない。

こんなこと書いて、はずれてたら、笑いもんだが・・・(苦笑)。
今のところ、@がぴったりのように思える。
それでいて、僕は、なんとなくAのような気がする。
名も無き戦士とか、彼女の「君に家族ができる」云々の台詞とかから、
英治は家庭に恵まれてなかった人だったのだと思う。
それに、@だと、安西と英治の関係が絶対修復するようには思えないのよね

★今までの感想★
第1話 第2話

篤姫第4話(1.27)

January 29 [Tue], 2008, 0:19
於一@宮崎あおい第二の父親島津斉彬@高橋英樹と対面するの巻。
それにしても、誰に対しても、言いたいことをずけずけ言う娘です
今回は、斉彬に叱責され、珍しくへこんでましたが。
斉彬が人格者でラッキーだったよ
短気なお殿様だったら、実家にまで被害を蒙ったと思うぞ。
実際のところ、日本で最も男尊女卑の考え方をした薩摩に、
この大河の於一のような女性はいなかったでしょうね。
かと言って、男尊女卑な雰囲気の『篤姫』を観たいとは思わないですけどね。

お国入りしても、反対派だった家臣を罰しなかった斉彬。
罰せられると覚悟していた家臣たちは感謝するだろうし、
この処置は正しいでしょうね。
斉彬死後、久光が薩摩藩の実権を握っても、
血の粛清がなかったのはこのときのお蔭かな。
もっとも、斉彬派だった人たちは、歯がゆい思いをしたでしょうけどね。
怖いもの知らずの於一をへこませたことと言い、
ベテラン高橋英樹の貫禄を感じました

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話

仮面ライダーキバ第1話(1.27)

January 29 [Tue], 2008, 0:15
まず、『電王』の話題から。
佐藤健秋山莉奈のブログによると、Vシネマの製作が決まったそうです
「いつか未来で・・・」が早くも現実化することになりそう。
モモタロスが来て、「未来が大変だ、来い、良太郎!」「え〜、そんな、あ〜」って展開か?
今から楽しみです

そんな『電王』からバトンタッチした『キバ』
石ノ森章太郎生誕70周年記念
『電王』の後は大変だろうなあ
脚本は、『鳥人戦隊ジェットマン』『超光戦士シャンゼリオン』
『仮面ライダーアギト』『仮面ライダー555』
井上敏樹
なので、きっと面白くなると思います。
でも、現在放映中の『キューティーハニー』はリタイアしちゃった

で、第1話、
『運命・ウェイクアップ!』  脚本:井上敏樹 監督:田ア竜太
を観た正直な感想は・・・わかりにくかった
僕は、ネタバレとかが嫌いなもので、何の予備知識もないまま、観たのですが、
最初、ストーリーについていけなかった。
公式HPのあらすじを見てから、見返して、やっと理解しました。
現代1986年の出来事が交互に流れるストーリー展開なんですね。
ずっとこのパターンなのかな。
登場人物の名前もわからなかったし、ちょっと不親切だなあと思いましたね。
公式HP見たり、何度も見ないと理解できない内容は、
子供向け番組としてどうかなと思ったよ。
『電王』は、タイムパラドックスだの特異点だの裏設定は難しいものの、
ストーリーそのものは、判りやすい内容で、
第1話からモモタロスがイイ味出して、掴みはOKだったのと比べると、
苦しいスタートになっちゃったと思う。
ただ、井上脚本はいつもスロースタートだし、
キャラに見慣れてくると、面白いストーリーになると思います・・・思いたいです

・キバに変身する主人公紅渡
第1話では、もう平然とキバに変身して、戦っています。
これから、キバ誕生秘話とかがあるのでしょう。
で、普段の渡は、この世アレルギーとかで、マスクをしているのですが、
結局、アレルギーでも何でもなかった様子
アレルギーだと思いこんでたのでしょうか?
野上良太郎は肉体的に弱かったけど、この子は精神的に弱いのでしょうか?
そして、魚の骨を集めてたのは、父親のバイオリンを作りたいため。
でも、そのために、家の周辺に悪臭が漂い、警察沙汰に
うーん、好感の持てないヒーローだ。

・ファンガイアと戦っていた麻生恵
彼女は独りで戦っているのでしょうか。
普段は、美貌を生かして、モデルをやってるのに、焼き魚定食を好む庶民派。
定食屋のシーンが井上脚本らしかったです

・渡の面倒を見ている野村静香
この子は、渡と一緒に暮らしてるのでしょうか。

・紅渡の父紅音也
軽薄そうな親父だったなあ。
ひょっとして、親父も変身して戦うのでしょうか。
ファンガイア出現は、こいつのせいのような気がしてならない。

・麻生恵の母麻生ゆり
親子二代でファンガイアと戦っているんですなあ。
紅音也と麻生ゆりは、2008年には生きてないのでしょうか。

・ファンガイア
『555』のオルフェノクのように、死者が怪物化してるのかな?
最初に現れたスパイダーファンガイアは、結局、倒されてなかったね。
ホースファンガイアは、1986年に出現し、その後、現代に現れた。
1986年に倒されず、現代まで生存していたのか。
それとも、1986年から現代に通じる通路でもあるのだろうか。

・仮面ライダーキバ
マッチョなトコを除くと、平成ライダーらしい造型
『龍騎』『響鬼』を見てるので、あまり違和感は感じません(笑)。
渡が既に何度か変身してるせいか、落ち着いて戦っていました。
そのうち、強敵が現れるのでしょう。
ライダーキックは久しぶりに迫力のあるキックになりました。
バックに蝙蝠の紋章が出るのが凝ってますね。
ただ、毎回、ドラゴンキャッスルが現れて、ファンガイアの魂(?)を食べるのかねえ。
折角のライダーキックの迫力が台無しになっちゃうと思うのですが。
次回からバトルテーマがかかるのかな

獣拳戦隊ゲキレンジャー第47話(1.27)

January 29 [Tue], 2008, 0:14
何なんだ、このあっけない展開は・・・。
理央様メレちゃんをゲキレンが受け入れたのも、
永遠に生き続けてきて退屈していたなどと言っていたロンのやられ方もあっさりしすぎ
あのロンは、真のロンの分身とか言うオチ?
本当のロンは、サンヨの甲羅の中にいるとか?

雪山の理央様、寒そうだったなあ

★今までの感想★
第10話 第20話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話 第44話 第45話 第46話

大阪府知事選

January 27 [Sun], 2008, 23:50
今日行われた大阪府知事選、やはり橋下徹氏が当選してしまいました
他府県のことなので、口出しすることでもないのですが、
この人には、当選してほしくなかったなあ。
弁護士としての知識や識見が持ち味というより、
弁護士でありながら、軽薄で不見識な発言を繰り返すことで、
面白がられる人だったからねえ。
東国原知事のような効果を大阪府民は期待したのかな。
橋下氏に切り替えができるのかどうか。
まあ、僕が住んでる東京都の知事も、
外国をけなすことだけが取り柄の石原氏なので、
あまりよそのことを言えないのですが。
大阪府民のためにも、いい行政をお願いしたいところです。

<大阪府知事選>タレントで弁護士の橋下徹氏が初当選
大阪府知事選は27日投開票され、無所属新人のタレントで弁護士、橋下徹氏(38)=自民府連推薦、公明府本部支持=が、元大阪大大学院教授、熊谷貞俊氏(63)=民主、社民、国民新党推薦▽弁護士、梅田章二氏(57)=共産推薦=ら4人を大差で破り、初当選した。全国最年少の知事となる橋下氏は、若さと抜群の知名度で、大阪の再生に挑む。33年ぶりに国政の与野党3極の対決となった府知事選で、与党が推した橋下氏の完勝は、年内に予想される衆院選にも影響しそうだ。
橋下氏は当選後、「必要なものはやっていく。無駄な部分は省く。府民の声としてやり抜かなければならない」と述べた。
橋下氏は、1947年の知事公選制導入後では歴代3番目に若い知事で、30代の知事誕生は57年ぶり。現職の最年少知事は、高知県の尾崎正直知事(40)だった。また大阪府知事では、横山ノック氏に次ぐタレント出身者となる。
「2万%ない」と否定しながら一転出馬した経緯や、核武装などテレビ番組での発言なども問題視された。
争点となった関西経済の浮揚策や全国最悪の水準にある府財政の再建で、指導力が問われる。公約に掲げた出産・子育て支援策も注目される。
3選を目指した太田房江知事が「政治とカネ」問題で出馬を断念。79年以来続いた共産対非共産の構図が崩れ、国政の与野党3極の対決になった。
自民、公明は府レベルの推薦・支持にとどめた。一方で、自民は古賀誠選対委員長ら幹部が大阪入りし、水面下で関西財界に働きかけるなど党推薦と同等の態勢で支援した。
熊谷氏は知名度不足のうえに太田知事との政策の類似点が目立ち、無党派層を取り込めなかった。民主は「衆院選の前哨戦」と位置づけ、小沢一郎代表らが応援に入り、昨年11月の大阪市長選に続く民主推薦候補の連勝を狙ったが、かなわなかった。梅田氏は大型事業の見直しなどを訴えたが、及ばなかった。

シゴフミ第4話(1.26)

January 27 [Sun], 2008, 23:49
今回の主人公は、女子テニス部八広蘭
フミカが届けた立石尚子という人物からのシゴフミをなぜか受け取らない。
実は、立石尚子は蘭を捨てた実の母親
しかし、蘭が受取拒否しても、フミカは何度も何度も現れる。
かなり迷惑だなあ
確かに、死んだ人の手紙なんかあまり受け取りたくないよなあ。
それも、許せない人からのシゴフミは
結局、シゴフミを読んで、昔のしがらみからは解放されたからよかったけど。

今回は、光がペットボトルに当たったせいで、家屋が炎上するわ、
母の愛のお蔭で、雨が降り、火事を消すわ、
蘭の百合仲間が実は母親似だったとか、ちょっと流れが強引な気がしました。
てっきり、シゴフミを読んで、百合から卒業すると思ってました

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE