働きマン(11.28)

November 30 [Fri], 2007, 0:04
松方@菅野美穂が失恋のショックから立ち直る・・・の巻。
失恋しようが、変わらず仕事に集中の毎日を送ると思っていた松方ですが、
それなりにショックは大きかったようです
どちらかというと、こういう場合、男の方が未練が残りやすく、
女の方がスパッと断ち切れるイメージがあるのですが、このドラマでは、逆でしたね。

今回、視聴者の同情を誘うためか、失恋の痛手を強調する演出でしたが、
あまり同情する気にはなれなかったなあ。
だって、付き合ってた頃が、ひどかったもん
番組が始まった頃からずっと冷えきったカップルだったもん。
「こいつが振られるのは当然だけどな。
むしろ、彼氏がよくここまで耐えたなって話じゃないですか。
俺は男として、彼氏のその健闘を称えたいですね。天晴れ♪」

菅原@津田寛治の台詞に頷いちゃったよ。
でも、本人に聞かれてビビるくらいなら、声に出しちゃいかんよ、菅原(笑)。

新二@吉沢悠は今回でクランクアップかな。
松方との電話でよりを戻すのでは?と思ったけど、すっぱり別れてよかったと思った。
「松方の荷物は送った。自分の荷物は捨てていい。」
と電話で伝えた時点で、松方への想いも断ち切ってたんだろうねえ。
一方的な電話内容が、かえって新二の優しさを感じたよ。
別れる彼女に優しい声をかけてもいけないし、
かと言って、メールで伝えたら、冷たいしね。
でも、現実だったら、あそこはメールだろうなあ

さて・・・今後、このドラマ、見所あるんでしょうか
松方がひたすらバリバリバリバリ仕事をしていく姿を見せていくのか、
それとも、松方の新しい恋を描いていくのか。
うーん、なんかイマイチだなあ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

相棒6第6話(11.28)

November 30 [Fri], 2007, 0:01
『この胸の高鳴りを』  脚本:入江信吾 監督:森本浩史
人気ミュージシャン丹野翔平@松田悟志がギターの弦で絞殺され、
恋人の笠井夏生@前田亜季があっさり犯行を自供。
翔平は女遊びが激しかったため、嫉妬による殺人かと思われたが・・・。

丹野翔平には、友人の福地の作った曲を盗んだという過去があった。
その後、不遇のまま、福地は他界。
そして、福地の死後、提供された心臓の移植を受けたのが、偶然にも笠井夏生だった。
福地の恋人添島可奈子@大谷允保は、福地の心臓を移植された笠井夏生が
丹野翔平と付き合っていることが許せなかった。
動機のある添島可奈子。自首した笠井夏生。真犯人は!?

真犯人は・・・結局、別の人でした。
丹野翔平のマネージャーの三原
曲が作れない丹野翔平のゴーストの作曲家を三原はしていたのでした。
笠井夏生との出会いから嘘をつくことに耐えられなくなった丹野翔平が、
全てを告白すると決意したため、三原は殺害。
添島可奈子を犯人と勘違いした笠井夏生は、かばうために自首していたのでした・・・。

「君は楽譜は読めませんでしたか?」
亀山@寺脇康文杉下@水谷豊が尋ねるシーンが面白かった。
亀山は楽譜読めないだろう。
観察力洞察力の優れた杉下が、長年の相棒をまだ把握していないのはおかしい。
これはきっと杉下流の嫌味に違いない

凶器の弦を綺麗にふき取るとは冷静すぎるという判断から、
杉下は、笠井夏生の犯行を疑ってたようだけど、
恋人の死体を見た後の笠井夏生は、かなり冷静だったように見えました(笑)。

殺された丹野翔平を演じたのは、
『仮面ライダー龍騎』で秋山蓮(仮面ライダーナイト)を演じた松田悟志
この人も雰囲気変わってないねえ。
今回、やたら歌が流れていたけど、相変わらずいい声してます。
恋人の笠井夏生を演じたのは前田亜季ちゃん。
子役の子は、オトナになるとになっちゃう人が多いのですが、
前田亜季ちゃんは随分綺麗になったねえ。いい目の保養になりました

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

ふしぎ遊戯第18話

November 29 [Thu], 2007, 23:59
「俺はおまえを抱けない。
俺が心から愛しいと思うのは、
全身全霊をかけて護りたい人は、たった一人だ。
美朱だけだ。
だから、俺はおまえに応えてやれない。」

朱雀七星士が揃ったのを知り、倶東国を立ち去ろうとする鬼宿に、
唯ちゃん、勇気を振り絞って告白しますが・・・振られちゃいます
鬼宿の言葉はストレートで男らしいけど、振られる方はキツイのう。
どんな言葉でも、失恋はキツイですが。
「出会ったのは、私も美朱も一緒なのに・・・」
恋愛なんてそんなもんなんですが、唯ちゃんの気持ちも判ります。
でも、男の手を自分の胸に押しあてて告白する唯ちゃんは、きっとテクニシャンだ

部屋を飛び出した唯ちゃんの前にいたのは、心宿
イイ場面で現れるのう、心宿は
「鬼宿を行かせたくない」と泣いてる唯ちゃんを抱き寄せながら、
「ご安心ください。唯様、あなたには私がいるじゃないですか。」
となだめる心宿。
唯ちゃんが鬼宿に振られて、心宿の胸に飛びこむという流れが劇的でした

心宿が唯ちゃんに与えた秘策は・・・鬼宿に薬を飲ませ洗脳すること。
「唯様、欲しいものを手に入れるとき、人は時として非情になるべきです。
あなたはご自分から青龍の巫女になることを望んだのでは?
あなたを裏切ったあの朱雀の小娘に思い知らせてやるために。
鬼宿をむざむざとあの小娘に返すのですか?
そして、朱雀が呼び出され、あの小娘が幸せになるのを許されるのか?」

ためらう唯ちゃんをそそのかし、鬼宿に薬を飲ませることに成功する心宿。
すべてが心宿の計算どおりの展開に向かってますね。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話

Myself;Yourself(11.27)

November 29 [Thu], 2007, 23:58
先生の声、一声聞いただけで、若本規夫さんだとわかりました。
特徴ある声って、凄いよなあ
なんでこんな声やってるんだろと思いきや、
遊園地のヒーローショーの悪役電波将軍の声がメインだったんですなあ
たった1話かぎりなのがちょっと残念。

菜々香の実家の放火犯は、あの叔父なのか??
リストカットした過去のある佐菜、
実家を放火されてトラウマの残っている菜々香
複雑な家庭環境の若月姉弟、そして謎の婆さん
火種がいっぱいのこの作品、ハッピーエンドになるんでしょうかねえ

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

魔人探偵脳噛ネウロ(11.27)

November 28 [Wed], 2007, 23:25
世界の歌姫アヤ・エイジアの周辺におこる殺人事件。
今回は、アヤの周辺で起こる嫌がらせのみ解決。
嫌がらせをしていた変態を演じたのは飛田展男さん。
変態を演じさせたら、ピカ一だと思う

全然関係ないけど、今朝、『めざましテレビ』をたまたま観てたら、
小杉十郎太さんが出ていた。何となく、朝からラッキーな気分でした。
相変わらず、イイ声だよねえ。
でも、『ビバリーヒルズ青春白書』のディランよりは、
『少女革命ウテナ』の鳳暁生『アリーmyLOVE』のリチャードなんだよなあ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

逆境無頼カイジ(11.27)

November 28 [Wed], 2007, 23:24
古畑&安藤に裏切られて、次のステージに行けないカイジ
カイジ起死回生の策は・・・
同じ部屋にいた岡林が隠し持っていた2000万の指輪を盗み、
岡林のグループに指輪と交換に、次のステージに進むことに成功
エスポワールの乗客は、借金に追いつめられた人たちばかりかと
思ってたけど、そういうわけでもないのね。

「いい加減にしろ、ゴミ共め!こんなカネは捨ててやる!!」
古畑&安藤から奪い取った星や金で、同じ部屋にいた石田を救い
カネに振りまわされている状態に呪詛の叫びをあげるカイジ。
萩原聖人の叫びの演技は素晴らしいけど、
起死回生の策が泥棒だったり、
最後の最後で、カネがすべての世界を全否定したり、
偽善者みたいに、石田を救ったり・・・正直、いまいちに感じた。
大事な指輪の入った絆創膏を背中に貼っていた岡林も、
カイジに星や金をあっさり渡す古畑&安藤も、どうかしてると思ったぞ。ざわざわ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

スワンの馬鹿〜こづかい3万円の恋〜(11.27)

November 28 [Wed], 2007, 23:21
息子と離れ離れになる時田@梶原善が主役の巻。
キャッチボールのシーン、よかったねえ
奥さんが再婚するため、子供と距離を置こうとする父親・・・。
離婚する夫婦が増えてるから、こういう父親も増えてるんだろうなあ。
数年前、僕の友人(♂)も同じことを言ってた。
奥さんとは縁を切れても、子供のことは愛しているのになあ。切ないねえ。
しかし、真澄@田中美佐子理英@美山加恋の画像を、
俺の再婚相手と腹いせに送っちゃったのは、大人気ないぞ(笑)。気持ちはわかるけど。

志摩子@森口瑤子が元カノだとバレてしまう諏訪野@上川隆也
「志摩子さんが元カノというのはいいの。それを隠してたのが許せないの」
奥さんの言うとおりだと思いますねえ。
ただ、元カノが誰なのか、娘にまでバレてしまうのは、恥ずかしいなあ

今回は、珍しく高宮課長@矢島健一がイイ仕事をしました。
部下に鍋に誘われ、奢らされる役目になりそうな諏訪野を救う高宮課長。
どうやら、高宮課長も小遣い三万円みたい。
キャラ濃いし、こづかい3万円トリオに仲間入りしてもいいと思います。

そして、相変わらずドラマから浮いている川瀬@成宮寛貴
冷えきった関係の香月@芦名星にいきなり指輪を渡し、プロポーズはありえないなあ。
川瀬は、香月の父親の会社を敵対買収し、父親を破滅させたんですなあ。
香月は、そんな川瀬を憎みつつ、実はまだ好きだったりするのかな。
この子は、何考えてるのかよくわかりません。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

人形劇三国志 第28回 淑玲 死す

November 28 [Wed], 2007, 23:20
前回、突如現れた赤い星
玄徳「赤い星が不吉な輝きを見せたとしても、私が必ず死ぬとは限るまい」
孔明「・・・そのときには、どなたか殿の最も身近な方が、
身代わりになって、死ぬことになりましょう」


赤い星が玄徳の代わりに祟ったのは淑玲でした。
思えば、玄徳の仲間が亡くなったのは、これが初めてですな。
淑玲が我が身を犠牲にして救った阿斗が、
どう成長していくか考えると、別の意味で涙がとまりません
趙雲が助けたりしなければ
ひょっとして、趙雲、間違って、別の男の子を連れてきてしまったのでは

★今までの感想★
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回

ガリレオ第7話(11.26)

November 27 [Tue], 2007, 23:42
今回、不可解な事件の相談を湯川@福山雅治内海@柴咲コウに持ちかけたのは、
いつもは内海の相談を邪魔に感じている栗林@渡辺いっけい
栗林の友人で、会社を経営している菅原@塚地武雅は、
自分の部屋から浮気相手の冬美が首吊り自殺するのを目撃。
遊びにきていた後輩の峰村が冬美の部屋に着いたときには、すでに死んでいた。
この一件で浮気がバレた菅原は妻の静子@深田恭子から離婚を言い渡され、
多額の慰謝料やマンションの権利書を取られてしまった。
首吊り自殺の一週間前に、菅原は、冬美が首を吊るところを見ており
「自分は予知をした」と主張したことから、湯川は事件に興味を感じる。

真相は、慰謝料目当てに静子・峰村・冬美が仕組んだ狂言。
ただし、冬美は、電圧を使った装置で首吊りの狂言をしたつもりが、
静子・峰村にはめられ、本当に首を吊る羽目になってしまった。
菅原が見た予知は、本番に向けたデモンストレーションだった。

今回は、深田恭子の悪女っぷりに尽きる。
可愛らしい深田恭子に悪女が演じられるとは思わなかったなあ
菅原が復縁をお願いしても、首を吊ろうとしても、無関心だったのに、
「余命一ヶ月で、全財産を遺すつもりだった」の台詞で豹変するわ、
湯川がとどめを刺すつもりで
「金に執着する人間には(科学者は)無理です」
と言っても、
「だったら、私には無理ね」
と、にっこり笑顔で返すわ・・・大した悪女っぷりでした
でも、可愛らしい深田恭子が演じたせいで、
『怖い女』とか『憎たらしい犯人』とか思う気にならず、
『こんな可愛い悪女なら騙されてもいいや』と思ってしまったのは、
キャスティングに問題があるのではなく、僕に問題があるのか

ただ、肝心の犯行トリックの方は・・・
ご大層な仕掛けをしたり、部屋のアンペア変えたりしてたけど、
慰謝料が目当てなら、こんな危険なトリック、わざわざ選ぶ必要ないんじゃないかねえ。
単純に、冬美が家に乗りこんできて浮気発覚→慰謝料請求という流れでいいだろうに。
分け前が惜しくなって、冬美を殺しちゃったのかな。
深田恭子ならありえるか(笑)。
あと、一週間前に首を吊っていたのを見て、「予知した」と思うかなあ。
ちょっと無理を感じたぞ。

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

人形劇三国志 第27回 不吉な赤い星

November 27 [Tue], 2007, 1:21
劉jが降伏したため、戦うことなく荊州を手に入れる曹操
蔡瑁には水軍大都督を命じます。
曹操軍は水上の戦いに詳しくないため、しばらく水軍の訓練を任せ、
用が済んだら、始末しようという考えです。さすが丞相閣下
そして、何の役に立ちそうにもない劉jと蔡夫人は暗殺してしまいます。
そんなことしたら、蔡瑁や降伏した家臣は動揺するだろうし、
今後、曹操に降伏する人がいなくなるんじゃないかと思ったものですが、
劉jと蔡夫人の暗殺は、三国志演義の創作で、史実だと長生きしたらしい。
三国志演義の作者は、蔡夫人が嫌いだったんだろうなあ

曹操軍に追われる最中、赤い星を発見し、玄徳の危機を知る孔明
領民を置いて、すぐ逃げるよう忠告する孔明ですが、
さすが頑固な玄徳、領民を見捨てられないと忠告を聞きません。
玄徳「赤い星が不吉な輝きを見せたとしても、私が必ず死ぬとは限るまい」
孔明「・・・そのときには、どなたか殿の最も身近な方が、
身代わりになって、死ぬことになりましょう」

死兆星出現です
亡くなるのは、玄徳か?それとも・・・?

★今までの感想★
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE