手裏剣戦隊ニンニンジャー第34話(10.18)

October 18 [Sun], 2015, 11:17
『伝説の世界忍者、ジライヤ参上!』  脚本:下山健人 監督:竹本昇
牙鬼軍団と戦うニンニンジャーの前に山地闘破(ジライヤ)が出現、
妖怪コナキジジイの術で天晴が闘破を背負う羽目となり大ピンチになるが、
闘破の助言で危機を脱出するや、コナキジジイを撃破したと

世界忍者戦ジライヤ復活!
当時のアクションや演出が再現され、BGMも多数流れ、感動の30分だった。
ジライヤの愛刀磁光真空剣は最終決戦の前に宇宙に手放されたのですが、
それが今回戻ってきた、ちゃんと手放されていたという
元の作品を大事にした扱いだったのにも心地いい感動を覚えました。
今回闘破が着ていた道着はジライヤ放送当時に使われた道着だそうで
東映さん、物持ちいいなあ。
その道着を使用できて、天晴君が闘破を背負うシーンが出来たのは
闘破役の筒井巧さんが当時とそれほど変わらぬ体型を維持されてるからなのでしょうな。

ジライヤは僕が最初に好きになった特撮作品でした。
当時は時代劇が好きで、忍者戦というタイトルが気になって。
ジライヤの話題を学校でしていたら、敵役の声優さん(飯塚昭三さん)なら
仮面ライダーにも出ているよと教えてもらって、RXも観るようになって。
飯塚昭三さんが出ていたので、ミスター味っ子やアイドル伝説えりこも観たのだし、
この作品がなかったら、僕の人生観はいろいろ変わってたかもしれません。
ジライヤが放送された頃は、日曜9時半からテレ朝でジライヤ、
10時からTBSでRXが放送されていました。
当時実家にビデオデッキがなかったからラジカセで音声だけを録音していて、
ジライヤが終わるとすぐチャンネルを切り替えてたなあ。
その後実家がビデオデッキを購入して、
RXはレンタルビデオで借りてダビングできたんだけど、
ジライヤはビデオもDVDも置かれず、
ネット配信されるまで長いこと観ることができなかった。
人気シリーズとそうでない作品の差を思い知らされたものでした。
今でこそメタルヒーローシリーズと呼ばれているけど、
忍者コスチュームに装着しているジライヤはどこか浮いてたんだよね。
そんなジライヤが放送中の作品に再登場する日が来るなんて思わなかったな。
長生きするもんだ。

★手裏剣戦隊ニンニンジャーの感想★
第1話 第7話 第9話 第10話 第33話

ルパン三世第3話(10.15)

October 18 [Sun], 2015, 2:10
マリー・アントワネットの首飾りを盗んだルパン三世の前に
MI6のニクスが現れる。
追跡を逃れようとするルパンだったが、
なぜかニクスはルパンの逃げ道を見抜く

次元を一撃で倒し、ルパンをあと一歩まで追いつめたニクス、
こういう敵キャラが現れるとストーリーに緊張感があっていいですな
殺しのライセンスを所持し、ルパン殺害も厭わないニクス、
銭形のとっつあんとも気が合わないか。

★劇場版の感想★
ルパンVS複製人間(1978) DEAD OR ALIVE(1996) ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE(2013)

★TV SPの感想★
霧のエリューシヴ(2007) sweet lost night(2008) ルパン三世VS名探偵コナン(2009) the Last Job(2010) 血の刻印 永遠のmermaid(2011) 東方見聞録(2012) princess of the breeze(2013)

★LUPIN the Third 峰不二子という女の感想(2012)★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 最終話

★ルパン三世4期の感想(2015)★
第1話 第2話

オトナ女子第1話 & コウノドリ第1話(10.15-16)

October 18 [Sun], 2015, 2:09
・オトナ女子第1話
オトナ女子とは、年を重ねても、若々しく可愛らしい大人の女性
のことを言うらしい。
そんなオトナ女子の中原亜紀@篠原涼子の奮闘を描く作品
篠原涼子主演ということで『anego』『ラストシンデレラ』を思い出した。
うん、主人公が後輩に慕われておらず、ああはなりたくないと思われているのを除くと、
新鮮味のない内容だったな。
石原さとみちゃんや堀北真希ちゃんの世代が主演でこういう作品だったら、
まだ惹かれたかもしれない。
しばし様子見。

・コウノドリ第1話
原作は『モーニング』で連載されている漫画だそうですが、原作未読
児童養護施設出身の産科医鴻鳥サクラ@綾野剛の奮闘を描く作品
借金まみれで妊娠がわかると男に逃げられ、
病院に通うカネもなく、社会に援助を求められなかった風俗嬢、
未来に希望が持てず、子供を捨てて病院から逃げるが
サクラたちの説得で子供と向き合おうとする・・・
綺麗事が鼻につくシーンもあったが、
現代社会の闇が描かれていて、考えさせられた。
感想は書かないかもしれませんが、最後まで観ると思います。
主人公が素性を隠してピアニストをやっているのは
いつかストーリーに活かされるのかな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE