軍師官兵衛第44話(11.2)

November 03 [Mon], 2014, 2:34
男児が生まれ、関白の地位を譲った甥秀次@中尾明慶
邪魔に感じる豊臣秀吉@竹中直人
黒田如水@岡田准一の心配も虚しく、秀次は自害に追い込まれる。
一方、明との和平交渉は決裂し、秀吉は再度の朝鮮出兵を決意、
如水や次男熊之助@今井悠貴が出兵への参加を決意する中、
如水の好敵手だった小早川隆景@鶴見辰吾が息を引き取ったと。

やはり小早川隆景退場回でしたね
『軍師官兵衛』は内容的にはかなり不満があるのですが、
両川や安国寺恵瓊といった毛利の描き方は好きでした
特に小早川隆景に鶴見辰吾さんがキャスティングされたのがよかった。
小早川隆景は、本人はあくまで毛利家の補佐役であることを願ったものの
秀吉の乞いを拒めず、大名に取り立てられた上、
大老の一人に選ばれた程の才人だったのですが、
秀吉より先に他界したので、あまり大河ドラマには出てこないのよね。
僕は秀吉秀長兄弟・前田利家・小早川隆景が家康より長生きしていれば、
コ川幕府は成立しなかったのではと思ってます。
鶴見辰吾さんといえば、滝沢秀明主演『義経』での平宗盛役が印象深いのですが、
(この作品で鶴見辰吾さんを俳優として見直しました)
今後小早川隆景といったら、鶴見辰吾さんを思い出すだろうなあ。お疲れさまでした

ただ、小早川隆景の退場に時間を割いてくれたのは嬉しかったのだけど、
小早川秀秋@浅利陽介がなぜ隆景の養子になったのかも描いてほしかったな。
小早川秀秋の元の名は、北政所@黒木瞳の甥で秀吉の養子だった羽柴秀俊
この人物もまた、拾(秀頼)の誕生で秀吉から厄介者扱いされた。
そこで奔走したのが黒田如水。
子供のいない毛利輝元に秀俊を養子としては如何と働きかけるが、
毛利本家を乗っ取られてはかなわんと小早川隆景が自分の養子にした。
如水が秀次の相談相手だったなんてフィクションに時間を割くよりは
(如水を秀次事件と関わらせたかったのでしょうが、
秀次に伏見に行くようアドバイスしてたし、
余計如水を無能な軍師にしか見えなくさせてしまってたな・・・)
このエピソード、入れればよかったのになあ。関ヶ原にも関わってくることだし。
何より、秀次は救われなかったが、
如水の智謀が秀俊(小早川秀秋)を救ったという話にできただろうになあ・・・

★軍師官兵衛の感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話 第30話 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 第43話
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まっつー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月3日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ--ドラマ・アニメ・特撮と幅広く視聴
    ・読書--クリスティーの推理小説が愛読書
    ・恋愛--・・・って、これ、趣味か??(笑)
読者になる
主にTV番組(ドラマ・アニメ・特撮)の感想を綴っています。今観ている作品・これまで観てきた作品は、こちらです。
コメント・トラバはお気楽にどうぞ
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE